0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-07-27 ―― 政治、宗教、野球、恋愛については、人と議論してはならない [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Over the AI(13) ---- beyond a reach of our imagination of AI"

Artificial intelligence remains weak ---- "How to make "strong AI" with fear of death

-----

処世術として、良く言われることの一つに

There is a famous "how to get on in the world"

―― 政治、宗教、野球、恋愛については、人と議論してはならない

"Don't discuss politics, religion, baseball and love affair to others"

というものがあり、私は、このフレーズを守って生きています。

I have kept this phrase absolutely.

(まあ、時々、これらのネタについて『書い』てはいるのですが、他人の『議論』はしません)

(Sometimes I write about these issues, however, I never discuss them)

-----

さて、実は、今回のコラムは、EE Times Japan編集部の担当者のMさんより、以下の文章について、削除を依頼されました。

In fact, at this time, Ms.M who is working on my columns at the EE times Japan office, asked me to delete the following lines.

私は、このMさんの判断を「正しい」と思いました。

I could agree with her, because I think that her judgement was really right.

「宗教」については、いらんことは書かないに限ります。

The best thing to do is that "we don't talk about "religion"".

この辺については、Mさんも私もよく分かっているので、「あ・うん」の呼吸で合意しました(と思う)。

Both Ms.M and I know well, so we can come to compromise about this issue easily,

----

ですが、折角書いたので、私の日記の方で復活させてみます。

Now that I've taken the trouble to make the writing, so I want to attempts to revive.

こんな内容でした(英語版は省略します)。

like the following(I omitted the English version).

============= ここから =============

江端:「『あの世』やら『来世』なるものが同時に2つ以上存在する、などと言っている宗教は1つもないのだから、そういう理不尽で不合理な裁判システム(最後の審判)を採用しているシステムは「併存できない」と考える方が自然だろう?」

次女:「確かに」

江端:「さらに腹が立つのが、イスラム教のジハード(聖戦)という概念だ。イスラム教の教義の為の戦争で、 ―― イスラム原理主義者の一部のカルトたちは「自爆テロ」も「ジハード」であると言い張っているんだけど ―― 死んだら、手続、裁判一切不要で、天国(*1)(*2)直行便が確定するんだ」

(*1)コーラン0節から24節の江端的解釈→『至福の楽園の中に住み、永遠の若さを保ち、24時間、飲み放題食い放題サービスを受けながら、美しい美女たちを自分の回りにはべらせ続けられる』(https://ja.wikipedia.org/wiki/天国 (イスラーム))

(*2)イスラム教の開祖の一人によるコーラン第55章への言及→『天女達(フーリー)は、天国に来たイスラーム信者の男性のセックスの相手し、一人につき72人のフーリーが相手をする。彼女たちは永遠の処女であり、セックスを行い処女膜が破れてもすぐさま再生する』(https://ja.wikipedia.org/wiki/フーリー)

次女:「・・・」

江端:「こんな理不尽(で下品)な話があると思うか? もしパパが、そんな馬鹿げたテロの巻き添えで殺されたら、パパは、たった一人でも、その「天国」なるところに報復テロを仕掛けにいくぞ(*3)」

(*3)こういう俗物で下品な天国のイメージで、カルト化した信者(特に若人)の自爆テロへの心理的しきい値を下げさせていることは事実のようです。しかし、本来、イスラム教とは、、唯一神のもとでの人間の完全フラットな平等と自由と、世界平和を説く宗教で ―― そして、イスラム教徒のほとんどは、そういう方々です。

次女:「ちょ、ちょっと。パパ、怖いよ。うん、「パパは『あの世』とか『来世』を信じていない」でいいよ」

============= ここまで =============