0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2016-12-11 「江端さん。『おはよう』『こんにちわ』に、情報量がありますか?」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

同僚:「江端さんは、コミュニケーションというものが、情報を伝達する手段としてだけ考えているでしょう、コンピュータ間の通信みたいに」

C:"Ebata-san. You think that "communication" is as a media vehicle, like computer communication"

江端:「その通りだ。その通りだろう?」

Ebata:"That's right, right?"

同僚:「コミュニーケーションの大部分には、情報は添付されていませんよ。そもそも、コミュニケーションの目的は、情報伝達ですらありません」

C:"Most of the communication doesn't have information. In the first place, the purpose of communication is not even media vehicle "

江端:「はい?」

Ebata:"What?"

同僚:「コミュニーケーションの目的は、コミュニケーションそれ自体です」

C:"The purpose of communication is communication itself"

江端:「そりゃそうだろうが」

Ebata:"Maybe so"

同僚:「江端さん。『おはよう』『こんにちわ』に、情報量がありますか?」

C:"Ebata-san. Are there some information in" Morning "or" Hello? "

江端:「いやいや、それは、『私がここに来た』『私はここにいる』という、イベント通知だろう?」

Ebata: "No,no. it is an event notice that" I came here "" I am here""

同僚:「なんで、そうなるんですか」

C:"Why is that so?"

江端:「じゃあ、『本文情報をする前の前処理』のアック(acknowledgement)と考えればいいのかな」

Ebata:"Well, how do you think that it is an acknowledgment of preprocessing before information body?"

同僚:「なんで、コミュニケーションの全てに意義を持たせようとするんですか」

C:"Why do you try to make all communication meaningful? "

-----

最近、「つなげる」だの「絆」だのという言葉が、必要以上に使われているような気がします。

Recently, The word 'ties' but 'bonds' seems to be used more than necessary.

それが、ネットのアプリやらサービスごときで主張されると、私は違和感を超えて、不快感を感じます。

When they are repeated in the Internet applications and services, I feel uncomfortable beyond the sense of incongruity.

(続く)

(To be continued)