0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|

2016-09-30 「価値のない人間」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

「老化」に対して、どんなに逆らっても、どんなに準備をしても、結局は無駄なのかもしれません。

It might be in vain against "aging", even if I prepare for it and and counter it with soul and heart.

「老化」は、私たちから、私達から色々なものを奪っていきます。

"Aging" comes to deprive us of several things, like,

運動能力、知能、知覚、その他、何もかもです。

physical capabilities, intelligence, senses, any and every.

-----

私達は、「個性、独創性、創造力などが、その人生の本質的価値である」てなことをに教え込まれてきました。

We are taught to believe that "individuality, originality and creativity are essential values of our life",

私は、それが本当に「本質的な価値」であるかどうかは疑わしいと思っています。

I doubt whether they are really "essential values".

(そもそも、「個性」と呼ばれるものに「凄いバイアス」がかかっている、というお話は以前にしましたので、本日は省略します)

Above all I think that "individuality", so called, is biased toward many people's hope, however I have already told this story and I will omit it today.

それでも、『今日より明日を良い日にする』ことや、『ゼロの状態からプラスにすること』に価値があるという考え方が、重視されているのは事実だと思うのです。

However, it is true that the concepts of "making better today than yesterday" and "make plus condition is more valuable than zero" have been count.

で、この価値観の延長上に何が出てくるかというと、

What is coming on the way of this concept, is

「価値のない人間」

"worthless people"

という概念です。

(続く)

(To be continued)