2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-08-19 「お前を、『野球部の部費を使って、タダで』甲子園に連れていってやるよ」と考えればいいんだよ [長年日記]

A few days ago, I wrote a diary to disrespect all kinds of contents that use "I take you to Koushien".

帰省から帰ってくる新幹線の中で、私の日記を読んだ次女(中学生)から、次のように言われました。

In the Shinkansen bullet train, my junior daughter who had read my diary, told me that

-「お前を甲子園に連れていってやるよ」を、そのまま解釈するから腹が立つんだよ

"Papa. you could get mad with the phrase, because of reading it into ASIS."

-「お前を、『野球部の部費を使って、タダで』甲子園に連れていってやるよ」と考えればいいんだよ

"You can exchange the phrase with "I take you to Koushien free of charge by budget of baseball team, in your mind."

-----

なるほど。

I see.

これは、甲子園から遠距離の地域にすむ、高校生にとっては、かなり魅力的な話かもしれません。

This strategy might be attractive to young junior high school girl, especially if she live far from Koushien.

大阪は大きな街ですから、観光やショッピングなども楽しめます。高校生の夏としては、なかなかの非日常を楽しめるかもしれません。

Osaka is one of the biggest downtowns in Japan, so she could enjoy sightseeing or shopping. That will be a relative non-daily time for a high school girl.

もちろん、甲子園で敗退した後(敗退しない高校は1校しかないから、平均98%の可能性で敗退する)、『現地で解散』が条件になりますが、

Of course, after her team loses the game (most of the teams will lose the game with probability 0.98 because the winner is always only one), "breaking-up on the spot" is needed.

『すみません、梅田で一人暮らししている祖母の家に顔を出していきたいんですが』

"I am sorry in advance, however I hope to show my grand-mother up. She lives solo in Umeda."

という、大阪在住の架空の祖母に登場して貰えば足りるでしょう。

It might be enough for her to come on a virtual your grandmother in Osaka.

-----

ただ、この流れでは、甲子園の近く、大阪、京都、神戸あたりにある高校の野球部のマネージャーの心には、ヒットしない点が問題です。

However, even this strategy has one problem. The manager of a baseball team who lives around Osaka, Kyoto, and Kobe near Koushien, doesn't become happy.

この地元の女子高校生マネージャーの心にも響く、

My daughter's next target is

「お前を甲子園に連れていってやるよ」

to make a version-up scenario about "I take you to Koushien".

の、次女の次のロジックを、私は待っています。