2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-03-21 ―― 新人も入社10年以上の人間も、ひとまとめにして「私より若い」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

同じように、人間は、自分より若い人間についても、徹底的に興味がありません。

In the same way, I am not interested in younger persons thoroughly.

特に私のように、他人という人間を、「他人」以外で認識しない人間にとっては、

In particular, a person who doesn't recognize other persons just as a "others", like me,

私より入社年度が後の同僚は、全部同じ同僚です。

the younger co-workers are just same co-workers.

―― 新人も入社10年以上の人間も、ひとまとめにして「私より若い」

"Both rookie and a co-worker in 10 years are collectively "younger than me.""

―― それ以外の感想、一切なし

"Not at all other than that"

です。

「江端は、誰に対しても公平に接している」という評価が仮にあったとしても、それは、不公平に接するパラメータを認識できないだけのことですので、全く賞賛には当たらないのです。

Even if there is a value that ""Ebata is fairly contact to everyone", only he cannot recognize a parameter of "unfairness". Nobody doesn't have to praise him.