2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-03-11 ―― ソースコードに黙秘権はない [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

さらに「予測」(経済予測、人口予測等)に至っては、その予測アルゴリズムが開示されていない限り、その内容が妥当かどうか、知り得る手段はありません。

In addition, about "prediction (for economy or population, e.t.c.)", no one can know whether it is correct or not, without opening the prediction algorithm.

そして、政府、国会、官公庁、およびそれらの委員会、調査機関において、それらの予測に使ったプログラムのソースコードを開示しているサイトは、私が知り得る限り、ただのひとつもありません(本当)。

And, as far as I know, there is no movement, diet, administration, and committee to open the source code of the prediction program(It's true).

-----

私は、私は自分のコラムで使ったデータと、予測プログラムのソースコードの全てを開示しています。

In my case, I have opened all of program source codes and data about my columns.

これによって、私のコラムを読んでいる方(の一部)は、私のコラムの妥当性を調べることができます。

These my activities , I believe, give the readers some propriety of contents of my columns.

仮に、だれも検証しなくても、ソースコードを開示すること自体が、私のコラムに信用を与えていると思います。

Even if nobody check the contents of source codes, they are going to give some confident to the columns.

(驚いたことに、EE Times Japanの編集者の中には、本当に、私のプログラムコードをコンパイルして実行している方がいらっしゃるそうです。流石です)

(To my surprise, I heard that an editor of EE Times Japan is trying to compile and execute my codes. Well done.)

では、どうして、権威ある機関が、私と同じアプローチを取らないのか?

Let us think why an authoritative institution takes same approach of mine.

理由は簡単です。

The reason is simple.

そのようなソースコードを開示すると、その権威ある機関が「何を考えているか」が一目瞭然になってしまうからです。

If they open source codes like that, we can understand easily what the authoritative institution is thinking.

■都合の悪いパラメータ、

- Unfavourable parameters,

■見せたくない数値データ、

- Numerical data that you do not want to show,

■能天気な未来予測アルゴリズム

- Optimistic future prediction algorithm

それらが、全部が分かってしまうからです。

All of these information will be opened easily.

一言で言えば、

In short,

―― ソースコードに黙秘権はない

"Source codes has no right to remain silent."

プログラムを読むことのできる私達エンジニアは、一斉にこのようなソースコードの内容を読み取り、それを公表するでしょう。

Our engineers that can read the program, all at once to read the contents of such source code, will publish it.

# あ、これを、仕事にしてもいいな。

# Well, this might be my work.

そして、その内容を知った国民は、批判し、非難し、場合によっては激怒するかもしれません。

And, people who knew its contents, might criticise, condemn and rage in the prestigious institution.

どう考えたって、面倒ですよね。

It is troublesome for them.

だから、「数字」「統計」「予測」は都合よく開示し、都合よく非開示にするるのが、政治運営にとって望ましいのです。

So, it is better for them that "the numbers", "Statistics", "forecast" is conveniently disclosed or non-disclosed.

(続く)

(To be continued)