2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2016-01-10 愚かな若者も多いですが、同程度にバカな大人も多いです。 [長年日記]

つくづく不思議に思うのですが、アドバイスとか忠告とか説教とか、

I wonder utterly, but an advice or a sermon

―― 常に、年長から年少に行われる

is done from the older to the younger.

ということは、結構、不合理なことだと思うのです。

It is irrational, I think.

愚かな若者も多いですが、同程度にバカな大人も多いです。

There are many stupid youths, but there are many stupid adults at the same level.

ならば、若者から大人に説教しても良いと思うんですよ。

Then I think that you may preach an adult a sermon from a youth.

しかし、そのようなことは、滅多に行われません。

However, such a thing is rarely performed.

なんでかなーと、考えてみたのですが、「大人への説教というのは、将来の自分への説教になってしまうから」 ―― あたりが、多分、正解なのだろうと思います。

I think about it, and it might be a correct answer of "the sermon to an adult is the same of the sermon to oneself in the future".

比して、「若者への説教」というのは、時間方向が不可逆であるが故に、安心です。自分に火の粉が降り注ぎませんからね。

In opposite, "the sermon to a youth" is reliable, because time is irreversible.Sparks do not pour into oneself.

さらに狡いことに、「自分はこういう失敗をしたから、君達は、同じ失敗をするな」という、「逃げ道付きの」のおいしい説教です。

In a more unfair thing, it is convenient sermon with an escape route."You do not do the same my same failure for you."

全く、嘔吐が出ます。

This phrase really causes vomiting.

(続く)

(To be continued)