2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2015-10-15 ―― 「友達がいない」ことは問題ではない。「友達がいないように思われること」が問題なのだ [長年日記]

―― 「友達がいない」ことは問題ではない。「友達がいないように思われること」が問題なのだ。

""Having no friend" is not a problem, The problem is "Being looked like having no friend"

は、[次女]の名言として、私の名言集に登録されています。

This is my junior daughter's quote I have registered in my mind.

―― パパに『ぼっち』を名乗る資格はない。全国の『ぼっち』に失礼だ。

"You are not qualified to write down "loneliness". You are rude to "loneliness" in Japan."

は、[長女]の名言として、こちらも登録されています。

This is my senior daughter's quote I have registered too.

その他のアニメや小説などを読んでみても、ティーンエイジャにとって、「友達」という概念は、私の目からは一種の「拷問」のように見えます。

According to their quotes, I think that a concept of "friend" is a kind of torture, from some animations and books I have watched and read.

-----

しかし、振り返ってみるに、昔から集団行動というものが大嫌いだった私にとって、修学旅行や遠足というのは、確かに「拷問イベント」でした。

In retrospect, for me, I dislike any kind of group action, so any school trip and excision is absolutely torture events.

特に「班分け」という、

Especially, "division into small groups", that means,

―― 校外において、教師が、生徒を管理する負担を減らすために存在している

a system of avoidance of responsibility for teachers in order to reduce their tasks in field activities,

責任回避システムの為、私は随分苦労させられたのを覚えています。

annoyed me very much.

こういう「拷問イベント」の度に、私は「ぼっち」を回避する為に、姑息な裏工作をしなければなりませんでした。

Whenever I faced these torture events, I had to make underhanded deals in order to avoid "loneliness".

心底、気が重くて、うんざりでしたものです。

I thought to be depressed and be disgusted indeed.

(続く)

(To be continued)