2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2015-10-14 ツール本を「分かりやすく」「簡単に」書くことは、難しいです。 [長年日記]

WordやExcelには、500円で購入できる入門本があります。

We can get some book for "MS word and excel" just for 500 yen.

しかし、私が見る限り、あまり良い出来ではないように思えます。

Unfortunately, I am afraid that the quality of the books seems not to be good.

内容が難しい上に、字も小さく、ほとんど使うこともないような機能までビッシリ記載されていて、読みにくいことこの上もない。

Difficult, small characters and all kinds of function that will not be used --- in short, they are illegible books.

ただ、それは仕方がないとも思えるのです。なんたって、500円本ではコストをかけられないだろうからです。

But it cannot be helped. Publishing companies don't pay much money for the 500 yen books.

それに、500円は魅力です。

And the "500 yen" is attractive for me.

-----

先週、神田の書店街で、MATLABやSimulinkの500円本を探していたのですが、入門書すら見付かりませんでした。

Last week, I went to Kanda's book street to find MATLAB and Simulink of the 500 yen book, and it was in vain. Moreover I could not find a book for beginners.

考えてみれば「市場」がありませんね。

Come to think of it, there is no market, indeed.

ただでさえ少ない日本中の研究員の、その中でも、高度な数理処理、統計処理、連続系/離散系のシミュレーションを必要とするのは、恐しいほど小さい市場でしょう。

Absolutely, the market size is determined by the number of research engineer who in special have a high-mathematical mind, need statistical work and hope to make sequenced and discrete event simulation technologies.

そもそも、一式80万円~200万円もするソフトウェアですからね。

Above all, the prices of the software are more than 800k~2000k yen.

(でも、学生パックなら1万円程度で手に入るのですけどね。私が学生だったら、バイトしてでも絶対に買うけどなぁ)

(If I were a student, I could get them at about 10k yen, and absolutely would buy it.)

-----

ツール本を「分かりやすく」「簡単に」書くことは、難しいです。

It is difficult to write the explains of software tool easy-to-understand.

ツール本で、最高のセンスが問われるのは、機能のどれを「盛り込む」のではなく「捨てる」にかかっています。

The most important point is not "how to add the function" but "how to delete the function". It depends on editor's philosophy.

機能の全てが記載してあれば、そりゃ読者はクレーム付けにくいですよね。なんたって、全部記載されているんですから。

If all functions are described, the readers are difficult to complain about the book.

でも、結局のところ、「全てを記載する」ということは「全てを記載しないこと」と、同じだと思うのです。

But after all, I think "describing all" is the same of "describing nothing".

はっきり言って『長文は最低』ですよね。

To tell you the truth, "writing long is disgusting!"

-----

突然ですが、今日の日記は、ここで中止致します。

Suddenly, I decided to stop today's diary now.

今しがた、「自分で、自分の首を締めている」ことに、気がついたからです。

I have just noticed that "it is me that who ties myself down"