0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2015-09-06 「未来で待っていたくないものって、結構あるよなぁ」と思うんですよ、最近。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

しかし、考えてみれば無理はないのです。

On the second thought, it can't help.

「2年前の私」は、その当時、どっぷりとその研究に浸っていて、特許明細書執筆当時、その発明に限っていえば世界最高権威だった訳ですよ。

I who was in two years ago, was a kind of the world authority in the research field only, because I was up to my neck in the research.

―― 『瞬間最大風速』的な世界的権威ですけどね。

It is like "maximum momentary wind velocity".

そんな、世界的最高権威の「2年前の私」を、凡人となった「今の私」が理解できる訳がないのです。

It is impossible to understand the invention of the world authority in two years ago for me in the present.

これを制度のせいにしてみれば、現在の特許制度というのは、出願から審査までのタイムラグという、決定的な欠陥がある訳です。

From the view of the patent system, there is an absolute fault about time-lag from filing to examen.

実際、出願したその日に「特許査定」「拒絶査定」確定、というのは、世界中の知財関係者の「究極の夢」でもあります(本当)。

In fact "allowance or rejection on the same date" is an extreme dream of the patent business persons.

-----

ときかけ(アニメ版「時をかける少女」)では、

In the "Tokikake" movie ( The animation "A girl who is a time traveller" ) ,there is the most famous scene as follow,

―― 未来で待っている

To hero's serif "I am waiting for you in the future"

というセリフに対して、ヒロインが、

the heroin gives reply to him,

―― うん、すぐ行く 走って行く

"I will go. I run to you"

と言う名シーンがあるのですが、

「未来で待っていたくないものって、結構あるよなぁ」と思うんですよ、最近。

On the other hand, I recently think that "there are something that I don't want to wait for in the future"