2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-06-26 英語もしゃべれん、空港から一歩も動けん、自分でレストランにも行けん、自分でホテルも取れん、現場に自分で行くともできん ―― そんな舅(しゅうと) [長年日記]

ちょうど私が米国に赴任中の時に、9・11のアメリカ同時多発テロ事件が発生しました。

When I was stationed in Colorado, USA, the United States terrorist attacks of "9.11" has occurred.

この時の事件の関係者のインタビュー番組を見たことがあります。

I had watched the TV Interview program of the Japanese participants of the attacks.

-----

ある夫婦の旦那さんが、この事件に巻き込まれて、行方不明になっていた時に、その旦那さんのお父さんが、事件現場に行こうとしたところ、

When the husband of a married couple had being involved in this accident and gone missing, his father was about to go the U.S.,

その奥さんは、

At that time, the wife of the married couple had told the father

「お義父さん。私は大丈夫ですから」

"Father. Don't worry. I am O.K."

といって、そのお義父さんの渡米を止めるように勧めたのだそうです。

And she had asked him to stop coming to the U.S.

そのお義父さんは、

The father seemed to have been very impressed with saying

『気丈に振る舞っていた』

"She was acting courageously"

と、大変感激されていたそうです。

-----

(もしかしたら、その通りかもしれないけど)、私は、直感的に「違うな」と思いました。

At that time, I felt in my bones that the father has misunderstood the wife's intention.

■旦那さんの生死を確認する為に、その奥さんは毎日現場を、必死の思いで走り回っていたことだろう。

- The wife would be to have been running around in desperation, in order to determine the life and death of the husband every day.

■どんな、ささいな情報でも掴んで、なんとか旦那さんを見つけたいと思っていただろう。

- She wanted to find a husband somehow thought any grabbing and even trivial information.

■そんな所に、英語もしゃべれん、空港から一歩も動けん、自分でレストランにも行けん、自分でホテルも取れん、現場に自分で行くともできん

そんな舅(しゅうと)がやってきたら、

- If the father-in-law, who could not speak English, not goes out of the airport, not go to a restaurant, and not go to the accident site, was coming,

―― 捜索も情報収集も何もできやしない。

"She could not search and collect any information, and could not do anything."

■一言で言えば「邪魔」

- In a word "disturbing"

-----

もちろん、そのお義父さんが、奥さんとは別のルートで、自力で息子の捜索をする、というならともかく、

Of course, if the father-in-law could search his son by himself through another, it was better.

その奥さんの「米国滞在中のサポート」を、当たり前のように当てにしているのであれば、彼は「邪魔」以外の何者でもないでしょう。

But if he was going to count for the wife's assist, it would be nothing more than "disturbing".

-----

で、この話は、当然に一般化できる訳です。

I want to expand the above story to everyday's story.

■現地のサポートを当てにした「慰問」なんか「邪魔」なんですよ。

The "consolation" is "disturbing" if you rely on the support of local.

■業務に、思いっきり差しつかえるんですよ。

My work is going to be stopped by you.

■夕食奢って貰うくらいでは、全然バーターにならないですよ。

I don't need any free dinner party at all.

■自分で自分の面倒も見られないなら、来ないで欲しんですよ。

If you do not see care of yourself, please do not come to me.

■その程度のこと、いい加減分かって欲しいんですよ。

That's enough already.