2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-06-14 「今年死ぬ確率は1割」 [長年日記]

以前、人口変動シミュレーションプログラムを作って、「3222年に日本人が一人もいなくなる」という結果を出したことがありました。

Before, I made a simulator of population estimation, and got a result that all Japanese is going to vanish away by A.D. 3222.

合計特殊出生率と、死亡率の2つのパラメータを使って行っただけの単順なプログラムです。

It was a simple program that was used both total fertility rate and death rate.

死亡率のパラメータを手で入力していったのですが、これが、なかなか感慨深い作業だったのです。

Though I have to input the death rate in my program source file by my hand, this is an interesting process.

例えば、

For example, the death rate is

■10歳での死亡率は、10000人に1人

One of ten thousand in the 10's

■20歳での死亡率は、10000人に6人

Six of ten thousand in the 20's

ですが、

■85歳での死亡率は、10000人に1200人

One thousand two hundred of ten thousand in the 85's

■90歳での死亡率は、10000人に2025人

Two thousand and twenty-five of ten thousand in the 90's

■95歳での死亡率は、10000人に3188人

Three thousand and eighty-eight of ten thousand in the 95's

となります。

現在の私は、「来年には、もう存在していないかもしれない」という考えを持たないで生きています。

Now I don't have to think that "I still might not to be in next year"

しかし、近い未来に、

In the near future, I am about to calculate

「来年も生き残っている確率は9割」

"The probability to survival is in next year is 90%"

と勘定するようになるのだなぁと思うと、感慨深いですが、

It might interest me, though,

「今年死ぬ確率は1割」

"The probability to death is in this year is 10%"

と考えると、結構恐いかもしれません。

will make me unhappy.