2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2014-06-02 認めたくないものだな・・、自分自身の・・中年が故の過ちというものを [長年日記]

昨日の続きです。

It is a continuation of yesterday.

『いえ、こちらは、初めてきました』

"No. I am a just beginner."

と言うニーチャンの言葉を聞きながら、

Hearing his above saying, I ridiculed him in a loud voice of my heart.

―― くっくっくっ、素人(しろうと)めが。

"You are am amateur aren’t you?"

と私は、内心、陰険に嘲笑していました。

本場、中国の激辛四川料理で、現地の中国人に勝ったことがあるこの私が、初回は「スープを残してしまう」という、敗北に屈したこの「北極ラーメン」。

However when I won local Chinese by spicy Sichuan cuisine in china, I lost "HOKKYOKU-ramen" because of leaving the soup.

店員ですら、注文を差し控えるようにアドバイスするという、この「北極ラーメン」の、『辛さ三倍増』だとぅ?

It is said that the clerk advices guests to stop ordering "HOKKYOKU-ramen". Much more "three times hotter"?

―― 認めたくないものだな・・、自分自身の・・若さ故の過ちというものを

"Everybody doesn’t want to admit mistakes of their youth."

と、私はニヤニヤしながら、そのニーチャンの様子を伺っていました。

I've been watching the young man with grinning.

『だっ・・ゲホゲホ、こりゃ何だ! こんなもん喰える訳ないだろう!!』

"God! Coff coff!! What is that? Who can eat such a ramen?"

と、苦痛に歪む彼の顔を、楽しみにしながら。

with looking forward to distorted his face in pain.

-----

5分後。

After five minutes,

彼は、一口食べるだけで口中に激痛が走る、北極ラーメンの『辛さ三倍増』の麺を、口一杯にほうばり続け、

Thought everyone feels strong pain by the tremendous spicy soup, he kept eating the ramen in his month.

麺を啜り(すすり)、先に注文して食べ初めた私のラーメンの2/3が残っている段階で、そのラーメンを完食しました。

He finished eating the ramen when two-third of my ramen left in my bowl, thought I started eating before him.

無表情のままで。

He remained expressionless.

店員もかなり驚いていたようで、「お客さん。ご先祖はインド方面の方とか?」 と尋ねていました。

The clerk was also surprised to him with saying "You are an offspring of India aren't you?"

-----

―― 認めたくないものだな・・、自分自身の・・中年が故の過ちというものを

"Everybody doesn’t want to admit mistakes of their old."

何故、私がこのセリフを、自分自身に言わなければならないんだ。

Why should I say the saying for myself?

何か、私の半年がかりの仕事の完了に、ケチを付けられたような気持になって、私は店を後にしました。

I left the shop with feeling putting a stingy for my job for more than half year.