0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2014-02-27 「これといった理由は思いつかないんだけどなー。とにかく、なんとなく嫌」 [長年日記]

In my diary of the other day, I wrote the following story.

======

そして、自宅では、絶対に嫁さんが料理してくれることのない料理達が、安価で食せるところがイイのです。

Secondly, the foods are good.

どてやき、とんたん(豚舌)、ガッツ(胃)、レバー、ホルモン(内臓)

Organ stew, pig tongue, gut, lever, and organ meat

======

というお話をしました。

昨夜、「なんで、それらの食材を食べることができないか」という質問を嫁さんにしてみました。

Last night, I asked my wife why she could not eat the above foodstuffs and hates them.

嫁:「これといった理由は思いつかないんだけどなー。とにかく、なんとなく嫌」

"I don't know the reason explicitly. Unconsciously I have believed so."

私:「その気持ちは分かるが、なんとか言語化してみよう。ガンバレ!」

"I can understand the feeling well, but let's try verbalization. Go for it! "

嫁:「そうだなぁ・・・。『内蔵』などが、視覚イメージできてしまうとダメかなぁ」

"Let me see... If I could visualize organs of animal, I never eat the foodstuffs"

私:「しかし、鳥、豚、牛の肉の解体作業なんぞ、バラエティ番組でも普通に放送しているぞ」

"But I think that the images like them are always broadcasting in variety shows.

嫁さん:「うーん、それは『日常』の映像として、形而上化してしまっているんだよ」

"They have already been metaphysical concepts as usual images.

―― と、言うか、

"Let me try another way,"

She continued.

と嫁さんは続けていいました。

嫁:「私は、食肉をスーパーマーケットのパックとして認識している訳だよ。そこに『在る』肉は、すでに、鳥、豚、牛という生物の一部という概念では把握していないの」

"I recognize the meats as packs of food in supermarket. I don't think that chicken, pork and beef meats are parts of creatures.

私:「なるほど。その食肉は、その発生時において、すでに「パック」として存在し続けていた、と」

"I see. They have been the meats as the packs from the beginning of story of creation."

嫁:「でもね、これを、『舌』『胃』『肝臓』『内蔵』と特定されると、いきなり具象化するでしょう?」

"On the other hand, as far as we call them "tongue", "gut", "lever", and "organ", we can image the parts concretely.

私:「つまり、結論として、鶏肉、豚肉、牛肉は、『概念』であって、生物の部位ではない、と」

"In short, chicken, pork and beef are just concepts. They are not part of creature body.

嫁:「そう」

"No"

私:「では、鶏肉の『もも肉』と『ささみ』の違いは?」

"So what is difference between "dark meat" and "white meat"?”

嫁:「味と形と値段の異なる『違う種類の鶏肉』という『概念』があるだけ」

"Both of them are also just concepts. There are differences of taste, form, and price."

-----

とても分かりやすい話でした。

It was a good story to understand easily.

やっぱり夫婦の会話は大切ですよね。

Actually, conversation of couple is important, isn't it?