2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2013-12-25 「マッチ売りの少女」というビジネスモデル [長年日記]

私の誕生日は、11月1日です。

My birthday is November 1st.

これを「イブだよね!」と言われて、勝手に10月31日にパーティを設定されたら、

If someone set my birthday party at October 31th selfishly,

私なら絶対に怒る。

I bet I will get mad with him/her.

2000年程前に亡くなられた故人とは言え、いくらなんでもふざけ過ぎていますよ。

Though the man was dead more than 2000 years ago, we should make fun of him too much.

私は、12月24日に騒ぐ人を、信条や宗教と関係なく、不謹慎であると非難します。

I do blame any person who makes a noise at December 24th because it is too shameless.

江端家の夫婦は、共に「宗教学(特にキリスト教)」が必須科目という不思議な大学の出身者でもありますので、本日25日に、故人の生誕のお祝いを予定しております。

The Ebata's couple had been graduated from the amazing colleges whose indispensable subject was science of religion.

それはさておき。

-----

昨日、12月24日、いつも通り、ダラダラと仕事をして、夜遅くに帰宅をしました。

Yesterday, December 24th, I went back home after doing my works in a sloppy way.

寒風がきつい、酷く寒い夜でした。

It was very cold night with chill wind.

会社から駅に向かう途中にあるコンビニエンスストアが、駐車場にテーブルと照明を持ち込み、出店を作って、「ケーキ」や「カラアゲ」を売っていました。

On the way to the nearest train station, two persons were selling Christmas cake and fried chickens on the ad-hoc desks in the parking lots.

売り子をしていたニーチャンは、明らかに大学生のアルバイトでしたが、この寒空の中、「ケーキはいかがですか!」と叫ぶ姿は、もう、なんといったらいいのか、

Thought the clerks seemed to be apparently college students, the figures shouting “How do you going for a cake?" was, how to say,

―― 痛々しい。

Pitiful.

まあ、現代の若者のクリスマスイブに対する意識がどのようになっているかは、私には知る良しもありません(私達バブルのころの若者の、クルスマスイブに対する振舞は、はっりいって「バカ」だったが)。

I don't care what they thought working at Christmas Eve day, (In my generation case, we had been really foolish absolutely).

いずれにしろ、一番、同情されにくいあの世代の若者をもってしても、

Anyway, though they are not sympathized against all generations, I thought

「気の毒だから、早く在庫(ケーキ)を掃かせる為に、一個購入してやろうか」

"Let me get a cake to reduce inventories with sorry"

と私に思わせたくらいです。

もしこれが、お歳を召されたお爺さんやお婆さん、あるいは小学生が売り子をしていたら、購入してしまったかもしれない ―― と思うくらい、悲惨な風景でした。

If they were old men or women, or junior school students, I absolutely would buy one.

-----

「マッチ売りの少女」の販売戦略は、需要者の購買意欲とまったく無関係な観点から、需要を喚起するという、最強のビジネスモデルだったのだ ―― と昨日、私は思い知りました。

The business strategy "A girl who sells packets of matches" is the strongest business model, and it causes demand to consumers without buying inclination.

I fully realized the above.