0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|

2013-12-16 『リア嬢』と『プア嬢』 [長年日記]

先日、次女の洋服タンスを購入する為に、何年ぶりかで家具の量販店に行きました。

The day before yesterday, I went to furniture merchandising store after an absence of several years to buy the second daughter's chest.

通年、3着のGパン、3着のシャツ、そして2着のカーディガンと2着の上着で生きている私にとって、嫁さんの話す「衣服収納」の概念は、1mmも理解できないのですが、

I have only three blue jeans, three shirts and two cardigans, two jackets all year. As far as I am concerned, I can't understand my wife's concept of clothes store,

―― 私は、嫁さんを信じているので、きっと意味はあるのだ

I believe that the concept must be meaningful, because I believe in my wife.

と、信じています。

それはさておき。

-----

その家具の量販店から帰宅する車の中から、国道沿いの店舗を見ながら、嫁さんは、私に「あそこのケーキは美味しい」「ここのプリンはいける」ということを教えてくれていたのですが、

When I came back home, my wife told me "The cake of the shop is good", "The pudding in the store is excellent" with viewing retails along the road.

「あの店の『煎餅(せんべい)』が美味しい」

When I hear her phase "The Japanese cracker is wonderful"

というフレーズを聞いた所で、私は、ハっと思いました

I caught my breath.

―― もしかして、我が妻は『リア嬢』ではないかと。

She might be a "REA-JYO" isn't she?

「リア王」ではないですよ。「リア嬢」―― リアルお嬢様、です。

Not Lear-Ou(King Lear) but REA-JYO. It means a girl of the rich.

ケーキのブランドを知っているとか、パリのどこぞのレストランが美味しかっただのと、そういう話を語るのは簡単なんですよ。しかも後発的に。

It is very easy to tell us some brands of cake, or names of nice restaurant in Paris as latecomers.

そういう、できあいの上品さは、しょせんは「ガラスの仮面」であり、その程度のお嬢様とは「プア嬢」―― プアお嬢様なのですよ。

Such an extemporaneous chastity can be made easily. It is so called "glass mask", and the girl is a just "POR-JYO" that means a girl of the poor, after all.

-----

江端:「いったい、どうやって、そんな美味しい『煎餅(せんべい)』を食せる訳?」

"How did you get such a delicious Japanese cracker on earth?

嫁さん:「どうやって、って、うちのバアバ(私の義母)が、買ってくるから・・・」

Un? My mother bought them as usual in my childhood".

これですよ、これ。

That's it.

このような「ブランド煎餅」が、日常に登場する風景を、あなたは想定できますか。

Do you make the image of daily scenery, with such a brand food as usual?

年に1回、誰かからお歳暮で貰うときに口にする程度の生活水準では、「ブランド煎餅」の名称は絶対に出てこないのですよ。

The name of the brand Japanese cracker never appears in our daily life, when we eat the crackers just once a year, for year-end gift-giving, for example.

-----

―― そうか、私は「リア嬢」と結婚してたのか

I have got married "REA-JYO".

と感慨深くなったのですが、

Though I was overcome by deep emotion,

しかし、嫁さんは、私と結婚した時点で、そのブランド価値を自ら放棄したのです。

My wife abandoned the value of the brand "REA-JYO" by herself when she was selected by me.