2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-11-28 『私の嫁に近づく奴は全て敵』という心理 [長年日記]

昨日、次女の誕生日のお祝いに、ピザの食べ放題の店に行きました。

Yesterday, our family went to Pizza "all-you-can-eat restaurant" as a second daughter birthday party.

私は、スーパーの「持ち帰りの寿司」を自宅で食するのが良いといいましたが、即時却下されました。

I ordered them to hold the party in my house with "Take-out Sushi". They rejected it immediately.

それはさておき。

昨日の誕生日パーティで、私の秘密のネタを公開する、という約束をしていたので、それを披露してきました。

I promised that I disclosed my old secret story, so I showed it off.

-----

20年前、私、結婚式の開催を、当時としては珍しくWebで公開していました(その当時は、Webの個人利用も、それほどには一般的ではありませんでした)

Twenty years ago, I broadcasted our wedding ceremony on my web site. That was rare in those days. To begin with, The Webs were not popular in our life.

公開して暫くした後、私に一通のメールが到着しました。

After opening the ceremony information, I got a mail.

その内容は、嫁さんの昔の同僚と称する男性からのメールで、「昔、一緒に働いていた。『おめでとう』と奥さんに伝えて欲しい」という内容でした。

The mail sender was a man. He told me that he was a co-worker of my wife and asked me to tell her "Congratulations!”

そのメールを私がどうしたか、というと、

What I did after that is...

■メールボックスから完全に削除し、

To delete the mail from my mail system perfectly, and

■さらに、そのメールが届かなかったような偽装をするプログラムを、メールサーバに組み込みました。

To embed the fake program to the mail server in order to return the mail of "mail undelivery”

「職権乱用」ならぬ、「技術乱用」の非難を免れない、暴挙といっても良いでしょう。

This was an act of violence that was called not "abuse of power" but "abuse of technology"

-----

しかし、このメールを送ってきた男性は、マリッジブルーになっている(男性でもなります)結婚直前の男性心理を全然理解できていないと思うのです。

In my opinion, he couldn't understand the man's psychology, which was waiting wedding ceremony before his very eyes, and was so nerves too.

嫁さんを陥落するのに何年も費やした私にとって、『私の嫁に近づく奴は全て敵』という心理を、理解して貰いたかったものです。

I had been waiting my wife's acceptance of marriage for several years, so he should have understood the following my mind,

"Any man who was approaching my future wife was enemy"