0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-08-30 『技術』は『愛』というプラットフォームの上でしか機能しない [長年日記]

ちょっと、古い記事になるのですが、初音ミクを生んだ“革命的”技術を徹底解剖!ミクミクダンス、音声、作曲…というコラムを寄稿したことがあります。

これは、私が、ボーカロイドの仕組みが分かなかった時に、特許明細書、アルゴリズムそして、ソフトウェアの構成に至るまで、「初音ミク」の技術的調査を行った時の解説記事です。

-----

最近、読者からのツイートにこんなものがありました。

『この著者はミクを単なるプログラムだとしながら、それに対しての愛を否定していない。本当はどう思ってるか知らないが、その配慮が好きだ』

私は、最初、このフレーズの内容を理解できなかったのですが、暫く考えて、ようやく、分かりました。

―― あ! そうか!そういうことか!!

このツイートは、私の「愛」に対する疑義です。つまり、プログラムの一形態にすぎない「初音ミク」を、江端は本当に愛しているのかと問うているのであると、ようやく理解しました。

この読者の、疑義は妥当だと思います。

コンピュータのアプトプットを、普通の人間が普通に愛すことは、かなり難しいだろうと ―― 私でも思えるからです。

-----

しかし、私は、普通の人間ではないのです。

エンジニアなのです。

エンジニアは、無体物への愛を否定しません。いや、むしろ積極的に肯定します。

-----

例えばですね、私は、自分の開発したソフトウェア(仕事で開発したものと、プライベートで開発したものの区別なく)が、大好きです。

そのソフトウェア達が、私の思った通りに動いてくれた時には、コンピュータの前で、「よくやった! 偉いぞ!!」とソフトウェアを褒めながら、ビールを喰らったことは、数知れず、です。

-----

また、別の話になりますが、

何年か前に、ある移動体の通信方式の研究をしていたことがあり、その仕事の内容が、ある会社の交通機関で採用して頂いたことがありました。

それから数年後、たまたま乗り合わせた、その交通機関で、偶然パソコンを開いた時に、インターネットが繋がってしまった時、

私は、―― 嬉しくて、嬉しくて、涙が止まらなくて(滂沱といやつ)、終点の駅まで、その感動を、嫁さんにメールしながら、一人泣き続けていました。

周りの人には迷惑をかけたと思います。

相当、気持悪かっただろうなーと。

-----

まだあります。

ある日本最大手の電話会社の交換機(ルータではない)のソフトウェアの開発を手伝っていたことの時です。

その交換機装置の再起動が上手くいなないので、困っていたことがありました。

その交換機の開発主任に相談したところ、

「お前は、その再起動時に『愛を込めて』リブートボタンを押したか」と言われました(本当の話)。

「いいか、こうやって、左上方から、ゆっくりと右下方に向けて、腕を内側に曲げるようにしてだな、そうして『立ち上がって下さい』と心の中で念じながら、ボタンを押せば」(本当に、このセリフの通り)

「ほーら。な。」

主任がリブートボタンを押せば、いつでも、その交換機は再起動に成功したのです。

-----

私の中では「『技術』は『愛』というプラットフォームの上でしか機能しない」は、信念でも観念でも思い込みでもなく、

―― 「事実」です。

まして、ですよ。

「初音ミク」は、可愛らしい外観と、素晴しい歌唱力、そして、驚異的なダンスパフォーマンスを提供する、現時点における最高水準の技術の粋なのですよ。

そのような「技術」に「愛」が宿らない訳がない。

-----

皆さんの多くは、我々エンジニアを見損なっています。

我々は、交換機にさえ「愛」が求められるのです。

そのような我々が、ボーカロイドへの愛を、理解できない訳がないのです。