0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-08-18 そもそも、なんで『バイク』なんかやっていたの? [長年日記]

今回の帰省では、高速道路を使ったのですが、私の平均巡航速度は、

時速70km

です。

理由は「ラク」だから。

体が疲れずに運転できるからです。

それと、以前、ちょっとした試算して見たのですが、時速100km出そうが、70km出そうが、到着時刻が大して変わらんのです。

例えば、300kmを走行するとしますね。そうすると、単純計算で、走行時間は3時間と、4時間16分という、1時間以上もの違いがあるように思えます。

ところが、渋滞に突っ込めば、この100kmと70kmは、同じく40km程度に押さえられますし、時速70kmの負荷は、100kmの負荷の半分程度と感じます。

実際に運動エネルギー(速度の二乗に比例)や、視野角度などを考えると、疲れ方が小さく、休憩の時間や回数を少なくできることも分かっています。

なにより、高速でない運転は「安全」です。

-----

「『高速道路、平均時速70km』 のポリシーを持っている男を連れてきたら、お前たちの結婚を許してやるぞ」

と、高速道路で運転しながら、娘たちに宣言したところ、

嫁さんに「私は、そんな男は嫌だ」と突っ込まれてしまいました。

「そんなねー、若い内から、爺さんみたいなポリシーを持っている男に、娘は渡せないよ」

のだそうです。

-----

嫁さん:「大体、自分だって、若い内から、そんな考え方をしていた訳ではないでしょう?」

江端:「ちゃうちゃう、それ逆。若いから、このポリシーが完成したんだよ」

嫁さん:「?」

江端:「生まれて始めて、高速道路をバイクに乗った時に、その『怖さ』を思い知ったんだよ。

高速道路をバイクで走行するっていうのは、それ自体が、もう自殺行為みたいなもんだけどね、

これが『夜間』で『豪雨』という悪条件が重なった時というのは、もうなんというか、

―― 目の前に、三途の河の中の魚影まで見えるというくらい―― リアルな「死」が見える訳」

嫁さん:「・・・」

江端:「運送トラックが、バイクの横をすり抜けていく時、ジェットストリームが発生して、バイクが操縦不能になって、トラックの車台の下に吸い込まれていくんだよ。

もうね、『恐怖』なんて言葉では表現できないよ、あれは」

嫁さん:「それで?」

江端:「そして、発見したんだよ。低速で運転すればする程、『死』から遠ざかるという事実を。低速運転では、バイクを安定してコントロールできるんだ」

嫁さん:「・・・」

江端:「それに、運動エネルギーって、速度の二乗に比例するじゃない。70kmの運動エネルギーは、100kmのそれの半分以下なんだよ。『物理I』で習ったよね。運動エネルギーの公式」

嫁さん:「運動エネルギーを計算しながら、高速道路を走っている『バイク乗り』って、あんまり聞いたことがないし・・・最初から『バイク乗り』としての素質が全然なかったんじゃないかなぁ」

江端:「?」

嫁さん:「そもそも、なんで『バイク』なんかやっていたの?」

江端:「ん? そんなの、決まっているじゃん。『燃費』『機動性』『車庫不要』『安価な保険料』『単独行動』」

嫁さん:「・・・違う。何か間違っている」