0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|

2013-08-13 創作者は、どう転んでも『勝ち組』 [長年日記]

私の著書に関して、ツイッターで批評をしてくる人に関して、一種の法則性があることを見つけました。

[第一の法則] 凄く早い段階でツイートする

大体Webで公開されてから3時間以内。しかも、サラリーマンであれば就業時間と思われる時間帯にツイートしている。しかも、一日中、ツイートを続けている(例えば平均数分程度で)。

[第二の法則] 「誤読」や「検討違い」なツイートをする

とにかく急いで自分のツイートを付けたい気持先行して、多くの場合、論理破綻している。

[第三の法則] 自分では創作しない

そのような人の過去ツイートを見てみると、ニュースや人の意見に関する批判や、あるいは半分以上がリツイートばかりで、ゼロから立ち上げた「自分の意見」や「自分の創作」が絶無。

[第四の法則] 論理展開できない

まず、ツイートの内容が乱暴な言葉のみから構成されており、基本的に無知性かつ幼稚。きちんとした理由の開示を求めると、沈黙する。

-----

これらを纒めてみると、この法則に当てはまるツイートをしてきた人の属性が見えてきます。

■原則、潤沢な自由時間がある→ヒマである

■自分が批判の初端であることを示したい→目立ちたい

■しかし、自分自身で論理展開できない→力量がない

-----

これは、これで、結構幸せな生き方だと思います。

ロジック不要で、感性だけで人を貶(けな)せる。

しかも、自分では何も創作しない以上、誰からも批判されることはない訳で、一方的に、批判だけして生きていれば良い。

しかし、この程度の属性の人間に、私や私の著書を批判されるのは、私の嫁さんや娘たちと同様に、私のとても大切なものを汚されたような気持になります。

凄い嫌悪感を感じます。

-----

先日、漫画家の赤松先生にインタビューに参上した時、

「ロジックのない批判をしてくるツイッターに腹が立ちます、先生はどう対応されていますか?」

と、相談させて頂きました。

赤松先生:「そのツイッターの相手と議論して『勝てる』と思いますか?」

江端:「確信を持って『勝てる』と思います。私は、一本のコラムを書くのに、積み上げれば30cm以上にもなる書籍や資料を読み込んでいます。あの程度のツイートごときに負ける訳がありません」

赤松先生:「じゃあ、もし、腹が立ってしかたがないのなら『ニコニコ動画の生放送』に生出演を要求してみればどうですか。そのような人は、絶対に出てきませんから」

江端:「・・・(凄いこと思いつく人だなぁ)」

赤松先生:「それに、意味のある意見であれば、黙って、その意見を自分の創作に採り込んでしまえば良いですよね」

江端:「・・・(しかも、器も大きい)」

赤松先生:「どちらにしても、何もしなくても、あなたは『もう、既に勝っている』のですよ」

―― と、赤松先生は、おっしゃられました。

-----

―― 創作者は、どう転んでも『勝ち組』

第一線で活躍するマンガ家の「凄み」を見せつけられて、圧倒された瞬間でした。