0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-08-03 「役員」やら「管理者」なんぞに、本当に成りたい人がいるのか [長年日記]

女性役員、女性管理者を増やすという、国策(?)について色々読んでいるのですが、「現時点で、私は、理解できていないな」と思っています。

夫婦別姓問題は、ほぼ100%、腹にストンと落ちたという実感があり、同性婚については、理論面からの理解が50%程度という感じです。

特に、夫婦別姓問題にについては、「賛成側」「反対側」どちらからでも論じることができて、かつ、ディベートに持ちこめば、どっちの側に立っても「勝てる」というレベルにあると思っています。

「同性婚」については、まだ、このレベルに至っておらず、「女性役員、女性管理者 増強計画」に関しては、まったく何も論じられないと思っています。

字面(じずら)としては分かるし、別段反対する理由もなく、メリットも理解できる。

しかし、仮に、自分がリーダーとなって、この計画を積極的に進めれるか、というと自信がありません。

-----

この根底にあるものは、私の意識です。

女性であろうが男性であろうが

『「役員」やら「管理者」なんぞに、本当に成りたい人がいるのか』

という、私の個人的かつ本質的な疑問です。

私は、ティーンの時に、身の丈に合わない責任のある立場(学級委員とか、生徒会長とか)をやらされて(もっぱら、大人たちの陰謀で)、

「リーダーは、全く割に合わない」

ということを、身に染みて感じているからです。

「リーダーを行うことで、人間として成長するのだ」

と言われれば、

「なんで、成長する必要があるの?」

と、つぶらな瞳で質問し返してしまうくらい、本当によく分からんのです。

-----

私には、「女性役員、女性管理者 増強計画」というのは、

「不幸な人間を量産するプロセスを、女性のエリアまで拡大する」

という風に読めてしまうのですよ。

ですから、「不幸な女性を量産」しても、得るべき利益がどっかに(国家か、組織か、企業か、なんだかか知らんが)あるのだろうなー、というくらいの意識しかないのです。

-----

分かっています。

今回も、間違っているのは私です。

そこで、ご相談です。

誰か(特に女性でキャリア指向の方)、私の誤った認識の修正を施してくれませんでしょうか?

私は、「上」を目指したいという人がいれば、それが女性であれ、男性であれ、「助けたい」という気持はあります。

少くとも、私は、あなたたちの「邪魔」にはならない程度の、理論武装はしておきたいのです。

-----

で、昨夜、この話を嫁さんと長女に話したら、面白いレスポンスを貰いました。後日続けます。