0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-05-24 「吉野屋の牛丼」という「概念」 [長年日記]

上記のイラストで、娘が「金欠なう」との文言を入れております。

これは、私がこずかいによる金銭的な虐待をしている訳ではありません。

理由を尋ねたところ、

―― 友人と二人で、2000円で食べ放題のしゃぶしゃぶ屋に行ったから

なのだそうです。

女子中学生が、二人でしゃぶしゃぶの鍋をつついている絵。

想像するに、なんともシュールな光景です。

-----

私も、人生で2回程、「低料金の食べ放題のしゃぶしゃぶ屋」にいったことがあります。

一度は大学生の頃。もう一度は社会人になってからです。

大学生の頃、あんなに美味しいと思ったあの牛肉が、社会人になってから「これは『紙』か?」と思うくらいに、文字通り「味気ない」味と感じました。

「舌が傲った (おごった)か?」とも思ったのですが、多分そうではないと思います。

大学生の時、私は、低料金の食べ放題のしゃぶしゃぶ屋で、「牛肉」ではなく「牛肉という概念」を食べていたのだと思うのです。

「牛肉」という非日常を食す ―― これは、ビンボーな苦学大学生にとって、一大イベントであったはずです。

「牛肉」という有体物ではなく、「牛肉という概念」という無体物を食して喜んでいられた。それはそれで、幸せな時代だったのだろうと思います。

-----

嫁さんは、学生の頃に「吉野屋の牛丼」を一回食べたきり、その後の人生で食べたことがないそうです。

「牛肉の味がしない」のだとか。

嫁さんは間違っているのです。

「吉野屋の牛丼」に、「牛肉の味」などを求めてはならないのです。

「吉野屋の牛丼」とは、「牛丼」ではありません。あれは「吉野屋の牛丼」なのです。

米、牛肉、タレ、紅生姜、七味唐辛子、(ときどき生卵)が有機的に結合した一つの作品なのです。

そして、何よりあれは、「吉野屋の牛丼」という「概念」なのです。

-----

ですから、嫁さんが「牛肉の味がしない」というのは当然です。

「吉野屋の牛丼」からは「吉野屋の牛丼」の味しかしないのですから。