0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|

2013-05-22 今井美樹を歌いたいおじさん [長年日記]

「初音ミク」関係で9つの寄稿をしたにも関わらず、私自身は、未だ、ボーカロイドの楽曲にのめり込んでいく、という兆候が見られません。

音楽をゆっくり観賞する時間があまり取れない ―― というのは、言い訳でしょう。

やっぱり、私には「人工音声」は聞き取り難いのです。こればかりは特性なので、どうしようもないと思っています。

それはさておき。

-----

昔、新人の時代に、上司に誘われて飲み会の二次会に参加したことがありました。

そこで、私の同期の女性に、デュエットを申し入れる見知らぬおじさんがいて、違和感を感じたことが、ありました。

「若い女性を口説く」為の口実にしては、雑すぎる。

同期の新人が3名が、しかも上司付きでいる中で、こんなことをする男性は、戦略を誤っているとしか思えません。

あまりの懸命さに、彼女はデュエットを引き受けたのですが、そのおじさんがした選曲を聞いて、私は、「ああ、そういうことか」と納得したのを覚えています。

選曲は ―― 今井美樹さんの、名曲「PIECE OF MY WISH」

♪ 朝が来るまで 泣き続けた夜も ・・・ だけど最後の答えは一人で見つけるのね ~ ♪

-----

文句なしの名曲です。

しかし、これを「おっさん一人で唄う様」は、本人は勿論だが、周りの人も正直「困る」。

確かに、女性のデュエットという態様を取らないと様(さま)にならない、と思えます。

おじさんの戦略は、全くもって正しかったのです。

-----

性差や年齢を越えて、誰の歌であれ、素晴しいものは、素晴しいのです。

しかし、それぞれの歌には、それぞれの歌が選ぶ「主体」というものがあります。

主体が変わったときに、「誰の歌であれ、素晴しいものは、素晴しい」と、必ずしも言えないことがあるのも、残念ながら事実なのです。

-----

私、「ボーカロイド」というものは、歌手としての自分を代替する「楽器」である、と思っています。

■米寿を迎えるおじいさんが、ジュブナイルの心を、「初音ミク」を使ってポップ調の調べで謳う。

■中学生の男子生徒が、人妻に恋焦がれる「不倫の心」を「初音ミク」を使って演歌で謳う。

少し適用例が違うかもしれませんが、「今井美樹を歌いたいおじさん」の心を受けとめる効果が、「ボーカロイドにはある」と私は信じているのです。