0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-05-19 黒歴史 [長年日記]

先日、私の娘(長女)が、

「少女アニメキャラクターのフィギュアのスカートの中を覗き込む」

という、ある種の人間の生態について語っていた、という話を致しました。

-----

先日、めずらしく家族でレストランのバイキングにでかけてきたのですが、その時、娘(次女)と一緒に、同じラインに並んで、話をしていた時のことです。

どういう話の経緯でそうなったのかは、忘れたのですが、私の子供の頃の話になりました。

「パパは、大人と子供の時代を比べると、圧倒的に大人の時代の方がいいな。あんまり、今の方が、自由に生きることができて、楽だよ」

「楽?」

「窮屈(きゅうくつ)、と言ったらいいのかな。クラスとか、チームとか、仲間とか、班行動とか、そういうものが大っ嫌いだったから。ようやく、色々なことから開放されて、今は、とても楽だよ」

「そうかー、パパの子供時代は『黒歴史』だったんだね」

-----

だから、一体どこの誰だ。

私の娘たちに、妙な「言葉」を教えている奴は。