0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2013-05-16 攻撃型財政シミュレーションプログラム [長年日記]

このような数値シミュレーション自体は、それほど難しいものではないと思うのですが、その作成には時間がかかりそうです。

まず、政策や経済モデルを根っこから理解しないと、プログラムを作ることができないと思います。

規模にもよると思うのですが、10人くらいのチームが半年くらいはかかるではないかと、見積っています。

しかし、それにしても、各政党が、このようなシミュレーションをやっているとしたら、

―― どこにプログラムの外注を出しているんだろう?

私は今でも、どこにも外注していなくて、ただ、「我が党の政策で、財政建て直しが可能!」と選挙カーの上から叫んでいるだけ、という疑義は晴れていないのです。

「我が党は、ちゃんと試算シミュレーションをやっている」という政党の政策責任者の方。是非御一報下さい。私の方から、皆さんにお報せ致しますので。

もちろん、「そのソースコード開示しろ」などという、空気を読まないようなお願いはしません。

それはさておき。

-----

しかし、自分の党の政策数値シミュレーションを開示するのは、結構危険が一杯ですよね。

簡単に「ボロ」がでそうで、その攻撃に対して、その言い訳に終始することになりそうです。

で、考えたのです。逆のアプローチをするのはどうかな、と。

自分の政党ではなく、対立政党の政策数値シミュレーションのプログラムを開示する、と。

これはやりやすい。

何しろ、政敵のシミュレーションの結果を「財政破綻」に導けば良いからです。

自民党は民主党の、民主党は自民党の財政数値シミュレーションをやれば良いのです(共産党の分は、予算が付かないかも)。

で、当然、そのプログラムで攻撃された政党は、そのプログラムに修正をかける訳です。

パラメータの初期値とか、係数値の変更とか、経済モデルサブルーチンの入れ替えとか。

これが、選挙戦の期間、ずっと開示され続ける訳です。ソフトウェアエンジニアの間では、燃え上ること間違いなしです。

しかも、理念とか信念とか、そういうものではなく、ただ「数値」のみで闘うという、極めて客観的な手段で、です。

-----

という訳で、各政党政策(財政)担当者の皆様。

このような仕事の依頼を頂けましたら、ご相談の上、お受けできる可能性があります。

仕組みや理論さえキチンと教えて頂ければ、我々がプログラムに仕立て上げることは、それほど難しいことではありません。

ただ、「そこは、根性だ」とか「政治的理念さえあれば」とか、「信頼によって」とか、そのような要素は全部排除されます。それは、プログラムできないからです。

-----

もし、同じ会社にバラバラの政党から依頼が来たら ―― 面白い。

各担当セクション間が、物凄く険悪な雰囲気になることは間違いありません。

考えるだけで、ワクワクします。