2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-03-11 10億円の相当の何かの実験装置 [長年日記]

昨日の話ですが、残念ながら私のオリジナルではなく、何年か前にあった事件をモチーフとして考えたものです。

ある技術系の某組織に勤務している友人から、電話を受けた時のことです。

「そっちの会社で、10億円の相当の何かの実験装置って、ある?」

絶句しましたね。

―― 納期は ?

「今すぐ。いや、それが無理なら3日くらいなら、なんとか」

―― 目的は ?

「後で考えるから、今はいい」

―― 正直にいって、無理だと思う。

「じゃあ、数億円でもいいから」

―― いや、そういう話じゃなくて

-----

あまり公にはできませんが、こういう話って、結構、普通にあったりします。

バブル期の時は言うまでもありませんが、今でもない訳ではありません。

金額の大小はあれ、こういう「駆け込み予算消化」というのは、組織が運命的に持つ、カルマ(業)のようなものです。