0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2013-01-11 標準偏差を表示しよう [長年日記]

最近、JHの高速道路情報の掲示システムを批判する内容の文章を、たくさん書いています。

なぜ「2時間以上」などという記述をしなければならないか、について、深く考察しました。

# もっと有意義なことを考察しろ、というご意見は却下

仮説の域を出ないのですが、これは「標準偏差」という概念を導入できないからではないか、と思い当りました。

-----

渋滞の予測というのは過去の事例をもってきても、かなり予測値に揺らぎが発生すると思うのです。

過去のデータの統計値から導き出される最悪の予測値を記載すれば、そりゃ、当然に

「2時間以上」

という掲示にならざるを得ません。

ですから、こう掲載してくれれば良いのですよ。

===============================

渋滞 30km 96分 ± 45分(2σ)

===============================

これなら、

■68%の確率で 74分~118分で

■95%の確率で 51分~141分で

渋滞を通過できるのだな、と即座に理解・・・え、ダメ?

-----

私なら、この表記で、かなりストレス少くなるのですけどね。