2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-08 『僕は◯◯好きの男子です。◯◯が好きな女の子と文通がしたいです』

昔、私が小学生くらいの頃、「小学5年生」という、少年少女向けの雑誌がありました。

When I was a junior school student, there was a magazine whose name is "the fifth grade" for juvenility.

内容は、勉強のことや、漫画、そして悩み相談コーナまで多岐に渡っており、ふろくなども充実しており、結構楽しめました。

The magazine ranged from study, comics to hiplines, and I was looking forward to supplements of the magazine.

-----

そして「文通しませんか」というコーナがありました。

There was a "Let's begin a correspondence" in the magazines.

『僕は○○好きの男子です。○○が好きな女の子と文通がしたいです』

"I am a boy who likes ○○. I want to have correspondence with a girl who likes ○○ too."

(ちなに○○というのは、「漫画」だったり、好きなアイドルだったりで、決して卑猥な言葉ではありません)。

"○○" is, for example, comic titles or favorite idols, never obscene words.

というメッセージの下に、「住所」が記載されていました。

with their home address.

-----

今となっては信じられませんが、このように個人情報が堂々と雑誌に開示されていた、大らかな時代があったのです。

Believe or not, there was a generous-hearted time when personal information has been disclosed in the magazine.

さて、昔と今、どちらが幸せな時代だったのか ―― どっちにしても、私にはあまり関係のない世界であることには違いないのですが。

I wonder if it was happier than the present --- Anyway both are less relevant to me.

-----

電子メールがある時代だからこそ、手書きの手紙には価値がある ―― という話を、私は「アホか」と思ってきましたが、

Snail mails are valuable because E-mails exist in the present ―― I think it is stupid.

手書きの絵を、娘たちに頼んで、実家の父と母(もう文字を読めず、立ち上がることができない)に送って貰っている日々を鑑みるに、

_ Now I am asking my daughters to draw some illustrations to my father and mother who can't read any characters and walk alone.

手紙というコミュニケーション手段が絶滅することだけは、絶対的に困るのです。

It is troubled with absolute for me that the letter communication becomes extinct.


2014-11-08 ―― 「永遠に生きる」、というのはどういうことか

以前、小学6年生の次女と、以下のような会話をしたことがあります。

The other day, I had discussed the following story to my junior daughter (The 6th grade).

―― 「永遠に生きる」、というのはどういうことか

"What does "to live eternally" means?"

次女:「単に『ずっと死なない』ということだと思うけど」

Daughter:" I merely think that it is that we don't die all the time"

江端:「『ずっと記憶している』ということだと思うんだよね」

Ebata:" I think that it means "to remember everything all the time""

次女:「?」

Daughter:"?"

江端:「記憶というのは、結局、脳のサイズで決定されるから、永遠に記録しておくことってできないんだよ」

Ebata: "Our mount of memory is decided by the size of our brain, so we cannot continue to record what we are doing eternally."

次女:「で?」

Daughter: "And?"

江端:「例えば、最近の100年だけ覚えているとしたら、この人は『永遠に生きる』ということになるかな?」

Ebata: "For example, if we can live eternally and can keep our memory only for 100 years, can we live eternally?"

次女:「つまり、100年間だけ生きている、と?」

Daughter: "We live only for 100 years, don't we?"

江端:「うん。それって、結局、100年の寿命の人生と大して変わらないと思うんだ」

Ebata: "All right. It thinks it not to make much of a difference from the life of the life of 100 years after all."

次女:「だけど、死の恐怖がないという人生は悪くないと思う」

Daughter: "But I think that the life that there is not fear of the death is not bad"

江端:「とすると、『永遠に生きること』の価値は、死の恐怖がない、ということだけになるのかな」

Ebata: "Does the value of "living eternally" have fear of the death?"

(続く)


2015-11-08 ともかく、『無条件に良い』 ―― というものを、私は信じないのですよ。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

とまあ、「比較論」に持ち込むのもカバカしい程、世の中に溢れているじゃないですか。

Like that, there are enormous contents of "friend supremacist", so I think that it is ridiculous to try a cross-culture arguments.

その上、「友人至上主義」の有用性は、検証されることもなく、一方的に主張されているだけで、定量的に分析されている訳でもありません(「ぼっち至上主義の定量化は、今後の私の仕事です)。

More over, the "friend supremacist" seems not to be clearly beneficial, and alleged it only, and have no evidence about the effectiveness quantitatively. (According to "loneliness supremacist", it should be my life work)

ともかく、『無条件に良い』 ―― というものを、私は信じないのですよ。

Anyway, I don't believe something good without condition.

それは、「思考停止」という罪悪ですらあると思っています。

I think it is even an original sin called "lack thought".

-----

自分視点主体主義(ミーイズム(meism))、おおいに結構じゃないですか。

"Meism". That's all fine and good.

ミーイズムとは、「たった一人で、狂っている」ということです。

"Meism" means to be crazy for something by oneself.

私が見る限り、プロジェクトX、ノーベル賞受賞学者、ベンチャー起業の社長、など、全てミーイズムの権化で、「狂ってきた人たち」です。

For me, persons in the TV program "projectX", Nobel Prize winner, presidents of venture company, are meism and crazy for something,

しかし、私は、『彼らが優れた業績を残したから、ミーイズムが良い』というロジックは、否定します。

But I deny a thought that "they are greater than other, so "meism" is good."

ミーイズムは、それ自体が「幸せ」であり、彼らは、ノーベル賞を受賞しようがしまいが、もう、その時すでに「幸せ」を体現していたのです。

Meism itself makes us happy, and all of them has already become happy if they didn't get the Nobel Prize.

ノーベル賞ですら、「グリコのおまけ」のようなものです。

I think even the Nobel Prize is like a free gift of snack.

-----

「大半の工学系理系はこれ(ミーミズム)」であるのであれば、それは以下の結論に帰着することになります。

If most of researchers or engineers in the science and engineering majors are meism, that mean the following.

結論:工学系理系に進めば、みんな、幸せになれる

Conclusion:"When you go to science and engineering majors, you are going to be happy."

少くとも、新興宗教にハマるくらいなら、シャーレや、エンジンや、電子回路や、スーパーコンピュータのコンソールで、徹夜で血眼になってハマっている方が、はるかに幸せである、と断言できます。

If you have a plan to turn to a new religion, I will propose that you go to to science and engineering majors and work with petri dishes, electric circuits, super-computer overnight with tired red eyes.


2016-11-08 本気で、下っ端の意見が聞きたいのであれば、『サクラ』を用意しておくくらいの配慮が必要なはずです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

それに、私達が正直に意見を言えば、怒り出す幹部がいるからです。

In addition, some executives will lose their temper easily, even we say honest opinion.

『それは違うだろう!』と、若手社員の発言中に意見を挟んでくる幹部は、「自分の言動の自己矛盾にすら気がついていないのか」と、呆れてしまいます。

"That is different!" An executive who puts opinions during the statement of a young employee shouted. They amaze me with thinking "they do not even notice self-contradiction of their behavior."

というか、そもそも、「根回し」がなっていない。

Why don't they do "consensus-building" first?

本気で、下っ端の意見が聞きたいのであれば、『サクラ』を用意しておくくらいの配慮が必要なはずです。

If they are serious and want to hear the bottom opinions, they should be careful about preparing "by-bidder".

3人くらいサクラを用意して、的外れな意見を言わせれば、そりゃ、他の社員だって、安心して、自分の意見を言い出すことができると思います。

If they prepare about three "by-bidder" and order to say an exotic opinion first, the other employee can feel safe and start to express the opinion.

昔は、場を和ませて、みんなに自由に意見を言わせることのできる、カリスマ幹部が多かったと思います。

In the past, there seemed to be many charismatic executives who can harmonize the battlefield and make everyone have a free opinion.

(続く)

(To be continued)


2017-11-08 ならば、「自分で排泄物の処理のできない自分」になっても、今の私では想像できないような、何か「面白いもの」を見い出せるかもしれません。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

で、今どうなっているかというと ――

Let me explain about the current "me".

まあ、体に関しては、概ね予想通り、悲惨 ―― とまでは言わないまでも、面倒くさい(見えないとか、痛いとか)状態です。

According to my body and health, as expected generally, "tragedy" is an exaggerated expression. So "annoying" (for example, low vision, or pains) is acceptable for me.

しかし、処世術に関しては、かなり楽になりました。

On the other hand, I think that "philosophy of living" has been improved since now.

無駄に人生を生きてきたので、ユースケースが蓄積されて、若い頃に踏み続けた地雷を、かなりの確率で回避できるようになりました。

I live my life for long time, and many use-cases have been accumulated, and the possibility to avoid problems is higher than of my youth.

そして、地雷を踏んでも、その後の対応も分かるようになってきてています。

And, I come to know many trouble-shooting of each use-case.

「失敗による痛さを短時間で緩和させる」ことができるようになって、人生が「ラク」になってきているのは事実です。

It it true that I come to take my life easy, because I can dull the pain of the trouble for short time.

加えて、私は、間違っても『もう一回、若い頃を繰り返したい』とは思えないのです。

In addition, I cannot think that "I want to repeat my younger days" at all.

これは(少なくとも私には)「加齢」にも一定の価値があることの証明になっていると思うのです。

This means (for me, at least) that it is evidence that "aging" is something valuable.

-----

ならば、「自分で排泄物の処理のできない自分」になっても、今の私では想像できないような、何か「面白いもの」を見い出せるかもしれません。

If it is true, I, who cannot dispose of excremental matter of mine, will find something valuable beyond my imagination.

いたずらに「外部から観察される自分」だけを考えて将来を悲観するのではなく、「内部から観察する自分」に期待したいと思うのです。

I don't give up hope from "my figure from outside", but I want to expect "my figure from inside".

10代には10代の喜びと苦しみがあって、

There was joy and suffering in my 10's, and

50代には50代の喜びと苦しみがあって、

there was also joy and suffering in my 50's, and

「自分で排泄物の処理のできない自分」の時代には、「自分で排泄物の処理のできない自分」の時代の喜びと苦しみが

I wish that

―― あるといいなぁ、と思うのです。

"I, who can not handle excrement by myself", will have the joy and suffering in the era.

-----

ただ、現時点の私は、その可能性について、仮説すら思い浮ばないところが、正直辛いところです。

However, honestly speaking, I am afraid that I can not imagine even the hypothesis of the possibility, at this moment.