2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-11-06 「SKKIMEの使い魔」育成計画

我が家は、ITに関する投資が非常に低いです。

My family IT investigation cost is very low.

家長がITの研究員をしているのに、江端家のITへの理解は低いのです。

Though a head of family who works for IT field, the Ebata's understanding for IT field keeps low.

なぜか。

Why did it do so?

利用頻度が非常に小さいからです。

Nobody uses PC except for me.

嫁さんは、月に2~3回、乗り換え案内とGoogleMAPを使うだけ。長女は、PODの音楽更新時に、次女は、YOUTUBEでコナンを見る為だけに使っている有様です。

For example, my wife uses PC for a transmission transportation service application and Google MAP. When the first daughter wants to install new music to her POD. When the second daughter want to see KONAN with youtube.

そりゃ、こんな使用の仕方で、数万円を投資しろというのが無理な話です。

So it is naturally that it must be impossible to ask tens of thousands Yen to my wife.

-----

我が家では、ダイニングにある家族共用のパソコンと、私の部屋のパソコン群による、2つのコンピュータ拠点を有しています。

There are two computer places in our house. One is in the dining room, and the other is in my study room.

この利用頻度では、2つの拠点を維持する必要はなく、私の仕事(コラムの執筆等)も含めて、ダイニングにあるパソコンに集約することにしました。

I think that keeping two places simultaneously is meaningless. Finally I decided to remove the PCs in my room, and integrate these more than two PCs.

我が家では、ダイニングは食事をするだけでなく、子どもの勉強部屋としても機能しております。ここに、父親の仕事環境も加わることもなります。

In our case, the dining room has several functions, those are not only have lunch and dinner but also study room for the children. From now on, a new function that is my work place will be added.

私がコラムを執筆している間、長女はラジオ英会話を聞き、次女が塾の宿題をやり、嫁さんがヘッドホンをつけてドラマを見てると。

When I write a column, the first daughter is listening to the radio of NHK English education program, the wife is watching a soup opera with headphone, and the second daughter is doing prep-school's homework.

はっきりいって、カオスです。

To be honest, it is chaos.

なぜ、個人の部屋があるのに、そのような70~80年代のホームドラマのような環境で作業をしなければならないのか。

Why should we try to do something under the odd circumstance, though we have our own rooms ?

アットホームの雰囲気の家族だから ---- というのは、不正解で、家族全員がが、「誰かの監視下にないと、遊んでしまう」という、惰弱な精神力の持ち主だからです。

We like to spend time together ---- it is inaccuracy. The correct answer is that we all don't have good spirits to achieve something by ourselves.

-----

で、私が今悩んでいるのは、家族で共有するパソコンのチューニングです。私のスキルにあわせれば、私以外の全員が使えなくなり、家族にあわせれば、私の神速の駄文作成能力が発揮できなくなる。

I am annoying that How the PC level tune. Nobody uses the PC with my level, I can't work effectively with my family's level.

ユーザ単位でアカウントを作ることは、許されていません。

It is not allowed to make each accounts of my family members on the PC.

私の作業中に、嫁さんが地図を出せといい、長女が初音ミクのニュータイトルを聞きたがり、油断していると次女が、「犯人はこの中にいる」と決め顔で言う少年を見ている、というーーーこっちも、コンピュータをカオスの状態にしておく必要があるからです。

We all want to use the PC anytime. When I am working with the PC, the daughters and wife interrupt me because of thier wish to use GoogleMAP, Hatune Mike, and KONAN. The PC should be needed to be used by four people simultaneously.

こうして考えてみると、「アカウント」というのは、実に西欧的な概念なのだなあ、と、思い知ったりします。

When you come to think of it, I think that "account" is a typical modern and western concept.

嫁さんのgmailは、家族の誰でも見れる状態になっています。昨日も、嫁さんが浮気をしていないことを、家族全員で確認することができました。

Everyone can read my wife's gmail without restrictions. Yesterday, my daughters and I confirmed that my wife hadn't done something of sexually unfaithful.

4人の人間が、パソコンを一つのアカウントで共有するという(というか、狂っているとしかいいようがない)、セキュリティの常識を遙かに越えた運用管理をしているのが、IT企業の主任研究員宅というのが、なんとも皮肉な話です。

This is irony of my situation that four persons share one PC (according to security issue, it must be mad) and the IT researcher and engineer manages the PC.

------

さて、ここから本論。

A main discussion starts from here.

私は、IMEにSKKIMEという、完成形変体刀(出典:西尾維新先生の「刀語」)もどきの漢字変換ソフトを使っています。

I always use "SKKIME" that is a kind of IME(Input Method Editor). It is absolutely unusual IME in Japan.

SKKIMEと私のダッグによって、超高速駄文作成装置として完成しているのですが、これを一般的IMEと併存させるのが面倒で。

Though I love this IME to realize the ultra-fast document maker, it is bother for me to coexistence between normal IME and SKKIME,

私はSKKIMEしか使わない→Windowsシャットダウン時に切り替えを忘れる→家族からのクレーム電話が、職場にバシバシかかってくる というのが、もう今の段階で予想されます。

Easy to estimate the followings.

I don't use any IME execept for SKKIME → I forget the change the IME before shutdown → My wife and daughter call me to complain my miatake even if I am in work place.

ならば、SKKIMEを江端家標準として強制してしまおうか、と。

I will enforce my family to use SKKIME as the Ebata's de-fact standard.

この完成型変体IMEは、すばらしい速度での文章作成を実現します。訓練は必要ですが、彼女たちにとってもメリットがあるはずです。

This unusual IME work well as the fast document maker. The practice will be needed but the merit might be big.

問題は「他のパソコンが全く使えなくなる」という多大な弊害があるということです。

The only problem is that the family can not use other PC naturally.

私の利益のために子どもを犠牲にするか、子どもの利益のために私を犠牲にするか。

Which is the better, to give up my work environment or to give up my daughter's futuer IT literacy ?

考えるまでもありません。

Needless to say that,

私は、娘たちを、SKKIME使いの中学生と小学生として完成させます。

I will complete to make my daughter better SKKIME familiar spirit of junior or junior high school student.


2014-11-06 確かに、それは「権力」の一態様ではありますが、それが全てではありません。

多くの人は、「権力」というと、「圧政の元で貧困に苦しむ民衆」とセットのイメージだと思いますよね。

According to the word "Power", many people might come to think that the word should be pair with "common person that suffers from poverty under the coercion".

確かに、それは「権力」の一態様ではありますが、それが全てではありません。

Thought it is absolutely the case of "Power", it is not all.

例えば、

For example,

「私の場合、英語の契約書を私に書かせて、その稟議を某部署が3度差し戻し、合計3週間もの時間を費やされた」

"For my case, I had to write an English contract by myself, and the contract was remanded from a department three times, and totally I had to spend more than three weeks"

のに対して、

Against the above issue,

「エラい人から提出された稟議は、某部門が休日出社で対応し、2日で完了した」

"For an executive’s case, the department wrote an English contract and managed awkward transactions by the department. Totally, the only two days were needed."

というのも、これもりっぱな「権力」の一態様です。

This is also a kind of "Power" respectability.

-----

なお、上記は、「権力」を説明する場合の一例であり、江端の身辺とは何の関係もありません。

The above stories are just an example in order to understand "Power", and there is no relationship between the department and Ebata.


2015-11-06 「ダイエットは細部に宿る」(その2)

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

例えば、

For example,

食べる方でのカロリー計算は勿論ですが、私の「細部」は、排出の方にまで至っていました。

According to "detail", I have been concerned about not only food's Calorie but also bodily waste.

■大便をすれば「うん、これは2つ(200g)だ」と、

- When I have a shit, I think "this is two(200g)".

■小便をすれば「3.5(350g)だな」と

- When I have a piss, I think "this is 3.5(350g)".

かなり正確に認識できます。

I can measure the weight accurately.

(前後で体重計に乗って、その差分を測ってきました)

(with mounting the weighing machine, before-after)

さらには、その「細部」は、各データにも及び

Moreover, this "detail" is reaching each data, for example,

■睡眠時間で体重が劇的に変化することや、

- The weight changing in a sleep dramatically,

■アルコールの摂取で体重を減らす(脱水効果)ことが可能であることや、

- It being possible to reduce the weight by an intake of the alcohol (dehydration effect),

■もっとも体重が軽くなるのが、何曜日の何時になるかも分かっていますし、

- I know what day of the week I lose my weight best

■「北極ラーメン」を食べたインパクトが何日後に表われるかも把握しています。

- I grasp how many days the impact comes after eating "Hokkyoku ramen".

自宅には、少くとも3台の体重計が常時測定可能状態で、計測誤差の補正まで行っています。

At least three scales always go in my house, and I revise the scale error.

-----

まあ、ここまで偏狭的にならなくてもいいと思うのですが

Well, I think you don't have to go to paranoid state like this.

それでも、

However, I believe that

―― ダイエットの神は、自分の「うんこの重さ」に思いを馳せ得る者の頭上に宿る

"God of the diet dwells in the overhead of the person who can think about one's "weight of the shit"

と、私は信じています。

少くとも、「楽々ダイエット」などという本を読んでいる者に「ダイエットの神」は降りない。

At least, any God is not coming to persons who read a book whose title "how to diet easily"


2016-11-06 ―― 考えている時間があれば、走り出してしまえ

昨日の話とも関係があるのですが、私の連載コラム、これまで2回ほど出版の話はあったのですが、いずれも流れてしまいました。

This is a related the diary of yesterday. about the series of my column, there were two sale times of printed book, however both were cancelled.

流れてしまった理由は、いずれも、

The reason of the cancel were

―― Webで読めるものを、わざわざ本として提供する価値は何か?

"What is a new value of printed book even if has already opened in the Web site."

という話に戻ってしまいます。

-----

Webのコラムは、枚数の制約も緩やかで、誤植も簡単に直せるし、読者からの苦情にもサクサク対応できるので、

According to the web based column, the restriction of the number of page is loose, the modification of typos are easier and the claim from readers is accepted readily.

私のように、

For me, it is good for a person like me,

―― 考えている時間があれば、走り出してしまえ

"Start running first, even if there is a time of thinking"

というタイプの人間には、結構、相性が良い媒体です。

逆に言えば、ページに制約があり、誤植の対応が大変で、自分の思うような表示(大文字とか、強調とか、改行とか)が自由にできない書籍は、私には合わないのかもしれません。

On the contrary, printed books are not good for me, because I am not good at controlling amount of pages and typos, and I prefer to use several types of fonts of characters.

それでも、やっぱり、本箱に収められる有体物としての書籍には、ある種の「憧れ」があります。

Even so, I cannot help but admiring the printed book on the middle shelf of the bookcase.

-----

しかし、私も、もう、半ば諦めています。

I have already given up the my dream.

私は、「私のコラムが、誰かの何かに役にたった」という話を聞かせて貰えるだけで、十分に嬉しいのです。

In my present frame of mind, "my columns are useful for someone" is enough for my joy.


2017-11-06 いずれ、どこからの誰かに「自分の排泄物の処理」をして貰いながら生きていくことになる。

この歳になると、誕生日というものは、普通の日よりも楽しくないものです。

At this age, a birthday is less fun than ordinary days.

人生の終わりに向っていることは、それほど気にしていません。

I do not care much what I am heading towards the end of my life.

誕生日とは、私にとって、「自分で自分をコントロールできなくなる日」が、確実に近づいていることを、実感する日であるからです。

A birthday is a day for me to realize that "a day when I can not control myself" is surely approaching.

ぶっちゃけて、言いますけど ――

To tell you the truth,

歳を取って、自分で自分をコントロールできなくなった親の姿は、いずれやってくる自分自身の姿です。

The appearance of parents who become old and can no longer control themselves are figures of mine in the future.

で、多分、そこからは、私を含めて誰も逃げられない。

So, maybe no one can escape from the fact.

普段から、世間様に対して、エラそな事を言ったり、書いたりしている私は ――

From everyday, I who am saying or writing elusive things to the world,

いずれ、どこからの誰かに「自分の排泄物の処理」をして貰いながら生きていくことになる。

will live while receiving "treatment of my excrement" by someone somewhere.

-----

『自分だけは特別。私だけは、みっともなくない人生のラストを飾れる』 なんて、そんな都合の良いことが起こる訳がありません。

"Only I am special. Only I can complete the last of life that is not miserable". There is no reason why such favorable things happen for you.

「元気な御老人」と言われている人だって、最終的には「自分で排泄物の処理のできない御老人」となります。

Even those who are said to be "healthy old people" will be ultimately "an old man who can not handle excrement on our own".

そして、その期間が長ければ長いほど、自分の醜態が晒し続けられ、そして、その状態は多くの人の(特に身内の)大きな負担となります。

The longer the period is, the longer our abomination continues to be exposed, and the heavier the state is a burden of many people (especially of the people).

(続く)

(To be continued)