0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|

2019-08-23 「いじめの加害者であった自分」を子どもに語るのは、大人にとっては、おそろしく辛く苦しいことだからです。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

『私は、子どものころに、こういう風に、いじめに加担していました』

"I was bullying in this way when I was a child.”

という大人の実体験の発信は、いじめの被害や、その救済方法なんぞを山ほど並べ立てるよより、説得力があるはずです。

Such an actual experience of adults should be more convincing than arranging a bunch of bullying damages and their remedies.

なぜなら、いじめを行っている者は『自分がいじめの実行者である』という認識が100%ないからです。

This is because those who are bullying are not aware that they are the bullyers at all.

しかし、このような話は出てきません。

But such a story does not come out.

これからも出てこないでしょう。

It will not come out from now on.

「いじめの加害者であった自分」を子どもに語るのは、大人にとっては、おそろしく辛く苦しいことだからです。

Talking to a child about "I was a bully performer" is a terrible and painful thing.

-----

小学生4年生の頃、私はとなりの席の女の子にちょっかいを出していました ―― 楽しくふざけた気持ちで、です。

When I was in the fourth grade of elementary school, I was giving a little to the girl in the next seat with a fun and playful feeling.

この時、担任の教師に呼び出されて『女の子から苦情の相談を受けている』と聞いた時、当然に驚いたのですが、それ以上に、私は

At that time, when I was called by my homeroom teacher and heard that I was receiving a complaint from a girl, I was naturally surprised. More than that, I noticed

■自分が「加害者」であること

"I am a perpetrator"

■自分が「加害者」であることには、自分では気づけない

"I do not realize that I am a "perpetrator""

という事に気がついたのです。

この時、担任教師は、私が「いじめという認識を持っていない子ども」ということを、良く分かっていたようで、子ども心に、『気を使われていた』ということに気がついたのです。

At this time, the homeroom teacher seemed to have understood well that I was a child who did not recognize bullying. I realized that the teacher took care of me.

この教師からの指摘がなければ、私は、

If there was no indication from this teacher, I didn't notice

―― 日常の自分が、そのまま「いじめの加害者」になる

"My daily life makes me a "perpetrator of bullying"

という事実に気がつくのにかなり遅れたか、最悪、気がつかないままであっただろうと思います。

I am afraid that I was too late to realize the fact, or at worst, I have never noticed that.

私は、あまり「教師」には感謝しないのですが(大抵の場合、私にとって教師は敵だった)、このことだけは、心から感謝しています。

I haven't been very grateful to "teachers" (in most cases teachers were enemies for me), I am truly grateful for this.

(続く)

(To be continued)