0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-04-23 つまるところ、私のロジカルとは、この程度の事案に耐えられない程、軟弱なものなのです。 [長年日記]

私は、感情を排して、数字に基づく論理的な思考ができる人間である ―― とは思っていません。

I do not think that I am a human being who is able to get rid of emotions and perform logical thinking based on numbers.

以下は、その例の一つです。

The following is one of the examples

娘:「友人の○○ちゃんが、ピアスをしているということで、お母さんが嘆いているんだって」

Daughter: "My friend's mother is lamenting that my friend is piercing."

江端:「同じ年の友人なんだろう? ピアスなんぞ、今時、別に珍しくもないだろうし ・・・そのお母さんは、古い保守的な思想を持っている人か?」

Ebata: "Are you a friend of the same age? Piercings, now, will not be unusual. Does the mother have an old and conservative thought?

娘:「いや、ピアスといっても、付けている場所が問題らしいんだけど」

Daughter: "The problem is the place where she is piercing."

江端:「ああ、『くちびるピアスか』」

Ebata: "Well, 'Kippiru Pierce?'"

娘:「その以外も」

Daughter: "Other than that"

江端:「何?」

Ebata: "What?"

娘:「『舌(した)ピアス』」

Daughter: "Tongue piercing"

江端:「ごめん。今、一瞬で、お母さんの方に気持ちが傾いてしまった」

Ebata: "I'm sorry. Now, in a moment, I could understand how the mother felt"

-----

―― 舌にピアスなんぞしたら、不衛生だし、第一、飯が不味くなるだろうーーー!

"If you pierce the tongue, it will be unsanitary, and it will make your dishes poor, firstly !"

と、『自分で"舌ピアス"を試してもいないうちから』語る姿勢を、これまで散々批判(非難)してきたのは、他でもないこの私です。

It is me that has been criticized so far, in spite of "I have not tried "Tongue piercing" by myself"

つまるところ、私のロジカルとは、この程度の事案に耐えられない程、軟弱なものなのです。

After all, my logicalness is, too weak to withstand this sort of incident.

-----

この手の問題は、所詮は時間と数で解決する問題です。

This kind of problem is an issue that solves in time and number, after all.

例えば、大学生の半分が、『舌(した)ピアス』をファッションとする日常が登場すれば、だれもが、それに対して批判しなくなります ―― というか、感じなくなります。

For example, if half of the university students come up with "tongue piercing" in fashion, everyone will not criticize it. Or everyone will not feel it.

This is the same as the "Google Street View" story that I have mentioned many times.

そのそも、「耳ピアス」がO.K.で「舌ピアス」がN.G.という、論理的な説明ができないからです。

That's because we can not explain logically that "ear piercing" is OK and "tongue piercing" is NG.

そして、論理的に説明できないものは、基本的に「時間と数」 ―― つまり「慣れ」で、社会に受け入れられていくのです。

And what can not be explained logically basically come to be accepted by society using "time and number", in other words,"familiarization".

------

ただ、「耳ピアス」の歴史に対して、「舌ピアス」の歴史は、まだまだ短いです。

However, the history of "tongue piercing" is still short, against the history of "ear piercing".

また「グーグルストリートビュー」のように、マジョリティ戦略も取りにくい案件です。

In addition, it is difficult to take majority strategy like “google street view”.

ですので、私は、「舌ピアス」のこれからの100年戦争を、弾丸の飛んでこない安全なところから、見守り続けたいと思います。

So, I would like to keep watching over the coming 100 year war of "Tongue piercing" from a safe place where the bullets don't fly.