0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2019-02-16 「そうかぁ、家族とは『ITリテラシー』に必須のチームなのだ」 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

江端:「仕事とか、あるいや、ご友人とかとは、メールのやり取りはしないのですか?」

Ebata:"Do you want to get mails from your friends or coworkers?"

女性:「仕事の通達のメールはきますけど、滅多にこちらから返事をすることはないですね。もっぱら読むだけです」

Woman:"I sometimes get a mail from coworkers, however I seldom replay to it, "Read only"

江端:「キー入力が難しくて、イライラしたことはありませんか」

Ebata:"Do you feel the input characters annoy you ?"

女性:「最初は、もちろん時間かかりましたけどね。娘が教えてくれますし」

Woman:"At the beginning, I needed much time for it, however, my daughter helps me"

江端:「質問ばかりで、すみません。実は、私、町内会の役員をやっているんですけど、一部の人間が、メールを使ってくれなくて、本当に困っていまして ―― で、お話の中に何かヒントがないかな、と」

Ebata:"I am sorry for querying you a lot. To tell you the truth, I am a member of a neighborhood association(NA), and I am really in trouble that some people don't want to use e-mails"

この時、本当は、私は「『メールを使えない』と言い張る者たちの『暴力』」と言いたかったのですが、メールを使えない人にインタビューしているので、それは言えませんでした。

At that time, I wanted to say that "sabotage terrorism of them", however, I was interviewing a person who don't use e-mail, so I could not say it.

-----

女性:「本人の"やる気"、とか?」

Woman:"Lack of their can-do spirit?"

江端:「本人に"やる気"があっても、分からないことにぶつかると、"やる気"も失せますよね」

Ebata:"I know that person come to lose the spirits easily, if they face the trouble"

女性:「パソコン教室で学ぶという手もありそうですが」

Woman:"How about going to join a PC class ?"

江端:「といって、パソコン教室にいるのは、高々、一週間に1~2時間程度です。パソコン教室にいるときに、問題が発生する、なんてことは稀(まれ)ですよね」

Ebata:"The class gives them one or two house in a week at most, and it might be a rare case if a trouble happened in the class"

女性:「あ、そうそう、メールと言えば、私、自分のメールアドレス? というのが分からなくて、困ったことがあるんですよ。先方が、メールアドレスを教えてくれ、と言ってきたのですが、全く対応できなくて」

Woman:"Well, I remember that I was in trouble that I could not answer the question about.. how to say "mail address"? I could not do any response of a person"

江端:「で、どうされたんですか?」

Ebata:"And?"

女性:「娘に、『お母さん、もう、携帯電話を先方に渡してしまいなさい』と言われて、その通りにしました」

Woman:"My daughter told me that "Mom, Pass your phone to the person in front" and I did what she said"

江端:「・・・(絶句)」

Ebata: "... (speechless)"

情報漏洩とか、セキュリティとか、もはや、そういう次元の話ではなさそうです。

It seems that it is not a story of such dimension any longer, such as information leakage or security.

『電話番号やアドレスリストが流出すれば、自分だけの問題ではなくなるんだけどなぁ』と思ったのですが、もちろん、黙っていました。

I thought that if phone numbers or mail address list leaked out it would not be a problem for herself. But, of course I remained silent.

-----

なんとなく分かってきました。

Somehow I understood.

つまり、パソコンやメールは、

In other words, for PCs and mails,

(1)自分が困った時に、サポートしてくれる人間(上記の女性の場合は「娘さん」)が、側(そば)ににて教えてくれる

(1) When you are in trouble, people who support you ("her daughter" in the case of the above woman) will tell you the side

(2)パソコンが使えなくても、その代理をしてくれる人間(「旦那さん」)が、側(そば)ににて教えてくれる

(2) Even if the personal computer can not be used, a person ("her husband") who acts for that will tell the side

(3)メールやパソコンを利用する為の、明確な理由(「娘さんとの連絡」)ある

(3) There is a clear reason ("Contact with her daughter") for using e-mails and personal computers

の3つの条件が成立しないと、利用することができない、ということです。

If these three conditions are not established, PC and mail can not work.

-----

これらの条件を成立させる為には、

In order to establish these conditions,

(A)仕事などで、パソコンを使わなければならない状況にある人が、少くとも一人いる

(A) At least, one person in a situation where it is necessary to use a personal computer at work, etc.

(B)電子メール等が通常の通信手段としている世代の人間が、少くとも一人いる

(B) At least, one person of other generation who can use e-mail etc. is as usual communication means

(C)メールを使わなければ連絡が取れない人が、少くとも一人いる

(C) At least, one person who can not contact unless you use mail

という、「24時間営業」の「非営利」の「小集団」の「構成員」でなければならない、ということです。

are needed, and that means, she must be a "member" of a "small group" of "non-profit" of "24 hours sales".

その時、

At that time, I noticed,

―― あ、それって"家族"のことか

"It is "family" isn't it?"

と、気がつきました。

-----

「そうかぁ、家族とは『ITリテラシー』に必須のチームなのだ」

"Okay, a family is an essential team for "IT literacy."

と、深く納得しました。

I could understand it deeply.