2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2018-09-04 『このままでは、銀行はスマートフォンのアプリになる』 [長年日記]

何かの記事で、

Previously, I read an article whose writer said

『このままでは、銀行はスマートフォンのアプリになる』

"At this rate, banks will be taken over by an application of smartphones.

というフレーズを読みました。

私は、「本当にそうだな」と「本当にそうかな」の間で揺らいでいます。

I don't know whether I can agree with the writer, or not.

ここでのキモは、やはり「ブロックチェーン」になります。

In the article, the main topic was "black-chain", after all.

-----

先日、ソフト外注先の開発者の人と会話した時に、

The other day, I chatted with an engineer of an software company, he said to me.

「江端さん。ブロックチェーンというのは、『改竄(書き換え)が不可能なメモ』に過ぎませんよ」

"Ebata-san. "Black-chain" is just a memorandum, but that is unwritable absolutely"

と言われました。

次の日に、自分で、超簡単なテストプログラム(ブロック単位でロックするだけのプログラム)を書いてみて「なるほど」と納得しました。

The next day, I tried to make an easy test program and checked the function. And I could accept what he had told.

In order to tamper with the memorandum, we have to

■どこの誰だかか分からない複数の人の、

- steal several electric secret keys from somebody in somewhere

■電子的な鍵を全部盗んで、

■正確に逆順に開錠していかなければ

- unzip the encrypted memorandum in reverse

絶対に読めないメモ ――

うん、確かにこれでは改竄できないな、と実感しました。

I could understand that "this is unwritable absolutely" at the bottom of my heart.

-----

銀行は、お金の取引に関する信用を与え、リスクを負ってくれる第三者として、存在してきてくれました

The significance of existence of banks is to give us the credit of money transactions, and absorb the risks of them

確かに、この部分については、確かに「ブロックチェーン」でなんとかなり、「銀行はいらない」と言えるようにも思えます。

Certainly, from the viewpoint of them, I think that we will dispose of banks, and use "block-chain" alternatively.

しかし、銀行業務は、お金の取引だけではありません。

However, banking services are not money transactions.

相続、保険などの手続系業務や、融資などの案件単位の与信評価などは、人間のインターフェースや(独善的な)主観なしには、成立しません。

For example, for typical "process works" ,like "succession", "insurance" or "credit assessment works" like "loan", it seems to be impossible to do them without human interfaces and (dogmatic) subjectivity.

その分野は、ブロックチェーンでは、手も足も出ない ―― ようにも思えます。

In the field, even if there is a "black-chain", it can resolve these problemsm, I think.

でも、必ずしも、そうとも言えない面もあるのです。

However, I also think that there are also aspects that can not necessarily be said.

(続く)

(To be continued)