0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|

2017-11-15 『フッ、所詮、パパも、その程度の器(うつわ)か』 [長年日記]

我が家の次女(中3)は、毎日電車を使って往復3時間くらいかけて通学しています。

My second daughter (the 9th grade) uses a train every day for about 3 hours to go to school.

そして、通学路の途中の「立ち食いそば」について、その辺にいるグルメ評論家に負けないくらいの「一言家」になっています。

And about "stand-up-eating soba noodle shop" on the way to school, she became an "expert", I think that she will not lose to the gourmet critic around here.

私の方が、出張の時に、次女の薦める立ち食いそば屋にいっているくらいです(本当)。

When I travel on business, I am going to a "stand-up-eating soba noodle shop" recommended by my second daughter (really).

―― "そば"を語れる女子中学生 (但し「立食いそば」限定)

"Junior high school girls who can talk about "soba" (However, "stand-up-eating soba" only)"

私の自慢の娘です。

My daughter is proud of me.

マクドナルドとかのファストフードを語る女子中学生など、掃いて捨てるほどいるでしょう。

I think that junior high school girls are now a dime a dozen to talk about fast food such as McDonald's

-----

私もそばが好きなのですが、『今一つ、私が自分の殻を破れない』と思っていることの一つに、

I also like soba too, however, I think that one of "what I cannot break out of my shell" is

「コロッケ入りそば」

"Croquette Soba"

があります。

私は、「コロッケを蕎麦汁に沈める」というパラダイムを、まだ受け入れられないでいます。

I am still unable to accept the paradigm "to sink croquette in soba soup".

「コロッケ入りそば」の素晴しさについては、多くの人が多くの媒体で語っていますので、その真偽については、私は1mmも疑っていません。

Regarding the taste of "Croquette Soba", I don't suspect the good taste, since many people are talking on many media.

間違いなく「コロッケ入りそば」は美味しいはずです。

Definitely "Croquette Soba" should be delicious, I believe.

実際、私は、「かき揚げを蕎麦汁に沈める」ことに躊躇がありません。

In fact, I do not hesitate to "sink Tempura in soba soup".

(ちなみに嫁さんは、「かき揚げは、沈めずに食べるもの」というポリシーの持ち主であることを、今回知りました)

(By the way, I learned that my wife has a policy "Eating Tempura without sinking" this time)

-----

このような「コロッケ入りそば」に対するクローズドマインドな私に対して、

For me with a closed-mind against "Croquette Soba",

次女は、

My second daughter

『フッ、所詮、パパも、その程度の器(うつわ)か』

"Huh, my father has also such a small-heart, after all"

と、冷たい笑みを浮べて、吐き捨てるように言います。

told me to spit up with a cold smile.

そして、彼女は「コロッケ入りそば」の食べ方のイシューについて、熱く語り出しました。

And, she spoke hotly about the issue of how to eat "Croquette Soba".

なんでも、

She said,

『先ず、コロッケを2分割して、半分はコロッケの味を楽しみ、もう半分は蕎麦汁に沈めて、その時間経緯ととにも変化するそばの味を楽しむ』

"First of all, a croquette should be divided into two parts. One half is for enjoying the taste of croquette, another half should be submerged in soba soup and we will enjoy the taste of soba which also changes with the time"

―― というのが、彼女の「コロッケ入りそば」の哲学のようです。

This is her philosophy of "Croquette Soba".

-----

最近の駅の立ち食いそば屋は、美しそうなそばの写真を、巨大な壁全体のディプレイとして施し、集客を図っています。

Recently "stand-up-eating soba noodle shops" are trying to attract customers. with put big photos of a beautiful soba over the huge wall.

朝飯を抜いて出社した朝とか、ダイエット中の会社からの帰宅時などに、

In the morning when I got out of the breakfast or, in the midnight when I go back home while dieting,

"これらのディスプレイが、私にとって、どれほど非人道的な殺人兵器として機能しているか ―― "

"How these displays function work well as murder weapons for me"

皆さんにも、ご理解頂けるものと確信しております。

I believe you can understand that.