0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2017-07-19 『なんか、幸せを実感できない』 [長年日記]

不器用ながら、スマホと付き合っています。

I live with a smartphone clumsy.

なるほど、「確かに、スマホは『ネット世界とのインターフェース』である」を実感します。

Indeed, "I realize that smartphone is" interface with the net world ".

ニュースも、音楽も、映画も、情報収集も、位置検索も、なにもかも、いつでも可能である、と感じます。

I feel that news, music, movies, information gathering, location searches, everything is possible at all times.

今、私達 ―― ネットワークエンジニアでもあった私を含み―― は、私達の目指した究極の世界を手に入れたはずなのですが、

Now, we - including me, as a network engineer - could have obtained the ultimate world we had aimed, however,

『なんか、幸せを実感できない』

"We can not feel happiness somewhere"

のです。

「目指した世界を作っている途中の方が、はるかに幸せだった」と感じるのは、

"It is far more happy for us on the way to making the aimed world" seems to be similar to

いわゆる「文化祭の当日より、文化祭の準備の方が楽しい」という考え方に似ているように思います。

the thought that the preparation for the cultural festival is fun from the day of the cultural festival.

-----

ただ、私が思っていたことは、

However, what I have thought,

文化祭は、文化祭を「やりたい」と思う人だけで、思う存分、準備を楽しんで貰えればいいと思うことで、

For the cultural festival, people who think "I want to enjoy the cultural festival", enjoy the preparation,

文化祭を、その組織の構成員全員に強制的に適用するのは ―― まあ、「文化祭」の性格上、仕方がないことかもしれませんが ―― なんとかならないものかな、ということでした。

I wonder if we can find good way to avoid applying the cultural festival forcibly to all members of the organization --- even I know well it cannot be helped from the view point of the character of the "cultural festival"

(続く)

(To be continued)