0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2014-02-18 親子でありながら、同時に、双子の姉妹 [長年日記]

私を担当して頂いている編集者の方が、私のコラムの題目に、

When the editor in charge of mine offered me the title of my column,

"Reality of sperm provision services, problems of safety in human cloning, and the latest technologies"

とのオファをされた時、「何かの新手のギャグかな」と思ったのですが、本当にこの題目でリリースして貰いました。

honestly speaking, I thought that this was something new joke, but today I knew this was not joke.

なにやら、学術論文のような、高尚な香りがします(しないか)。

This title seems to be transcendentalism like scientific paper (don't look like it.)

どこかの大学が、このコラムで学位をくれないだろうか(くれないだろう)。

Does any college give me an academic title ? (never do it)

-----

今回は、スケジュール的に、厳しかったです。

This writing was very hard for a deadline.

12日の深夜に脱稿し、13日の日に「17日にリリースします」と言わて、真っ青になりました。

I released the first draft at midnight on the 12th, and the next afternoon I got the mail that said "the publishing date is the 17th" on the 13th . I thought I looked pale.

―― イラストのイメージが、ひとかけらもできていない。

I had no idea of illustration of the column.

今回は、私がイラストを作成するのは無理、と判断しました。

I had judged soon that it was impossible to complete the picture by the deadline.

-----

私は、娘に頭を下げていいました。

I kept my head down and asked my senior daughter the followings.

私:「お願いします。このコラムを読んで、イラストを案出して下さい! ギャラは、普段の倍出しますから!!」

"Please! Please read this column and make your illustration. I will prepare to pay twice as usual."

長女:「パパ。イラストっていうのは、ギャラの問題じゃないんだよ、。一定の時間が必要なんだよ」

"Papa, You don't understand Arts at all. Payment is not problem. The most important thing is time to reach a inspiration"

私:「そこをなんとか! 先生! 是非とも先生のお力で、この不肖の父を救ってやって下さい!!」

Have a heart! Dear Master!! Please save this unworthy father with your talent!!"

長女:「しかたないなぁ、ちょっと考えてみるよ」

"It cannot be helped. Let me think it a little."

私は、自分のミッションの為なら、自分の娘に土下座することなんぞ、どうということはありません。

I don't care at all that I fall on my knees to ask my daughter for my task.

-----

私が風呂に入っている間に、長女は何枚かのエンピツで描いたラフスケッチを出していたのですが、その一枚を見た時、私は、物凄い衝撃を受けました。

While taking a bath, she had made a few pencil sketches, and I was astonished at watching one of them.

私:「これって、あの『20~40年の年齢差のある、自分の双子の妹』のコンセプト?」

"This is a concept of "twins sisters with difference of 20-40 years old" isn't this ?"

長女:「そう」

"Yes"

私は心底感動しました。

I sincerely admired her for a work.

―― こんな技術コラムの内容から、よくこのコンセプトを取り出せるものだ、と。

"How could she subtract this beautiful concept from the my column?"

「親子でありながら、同時に、双子の姉妹」

"Mother and daughter" and "Twins sisters" at the same time

それって、もしかしたら「あり」かもしれないなぁ ―― 私をそんな気分にさせた一枚のラフ画でした。

"It might be good" -- This is a picture that I made me such feeling.

-----

私は、長女に、「この絵は、パソコンのドローツールを使わず、絵の具か、色鉛筆で描画する」ように指示をしました。

I ordered her to complete this picture with paints or color pencils, not to use PC drawing software.

その後、できあがった原画をスキャナで取り込み、長女と二人で、色調の調整や、詳細な線の補正や汚れを落す「デジタルリマスター」処理を、今週末、突貫作業で行っていました。

After that, both she and I tried to make digital re-masters operations, for example adjustment of color, deletion of soil, line offset, with a rush

-----

私は今回、娘の作品に、初めて名称を付けることにしました。

For the first time, I named her work

『ツインズ』

"Twins"

です。