2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|

2013-11-19 男性から女性への離婚請求の第9位に「DV」がランクイン [長年日記]

最近、「結婚を計算する」をテーマに連載の執筆をしています。

Recently, I am writing a column whose theme is "calculation of marriage".

今回、人類未到、荒唐無稽な、無茶な計算に挑んでいますが、その計算を行う為に、離婚の原因の数値を調べています。

Now I am trying to calculate something of first and probably the last and illusion-promoting, and investigate many divorcement data.

法務省のデータを読んでいたのですが、離婚の理由の順位が、私の認識とはずいぶん違うことがわかりました。

When I read the data in Justice Ministry, I noticed that the rotation of the divorcement reasons differ somewhat from mine.

DV(ドメスティックバイオレンス)は、離婚理由としては、トップではありませんでした。

For example, DV(Domestic Violence) is not the top of them.

それより、私が驚いたのは、男性側からの離婚裁判の請求理由に「DV」が4.6%もあったことです(女性は13.5%)。9位にランクインしています。

Above all, what I was really surprised is that “DV” was 4.6% from the male side. (13.5% from the female side). It was ranked in the 9th.

-----

違うか。 That's not the case isn't?

これは「妻から夫への暴力」ではなく、「妻から子どもへの暴力(虐待)」の意味かもしれません。

This might mean the violence not “from wives to husbands” but “from wives to children”

しかし、一定の確率で「妻の暴力に耐えられない」という男性がいても、決して不思議な話ではありません。

But it is natural if there are some husbands who feel intolerable burden from their wives

女性が強くなった --- というよりは、男性が弱くなった(草食化、絶食化)しているというお話も聞いていますし。

I heard that men become weaker and weaker (plant-eating, ambrosia) recently, not women become stronger.