0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|

2013-05-03 気持ち悪いまま我慢​する [長年日記]

作品に対して批判されれば腹が立ち、褒められれば嬉しい。

それがツイッターやメールのメッセージに対する、私の基本的な反応です。

しかし、非常に稀ではありますが、第三の反応があるのです。

「どう反応すれば良いか分からないメッセージ」というものです。

-----

「何が書かれているのか、分からん」というフレーズは、、相手に批判に対する批判の応酬で、よく使われるものなのですが、私がこのように書くときは、「本当に分からない」時です。

多分「書いてきた人は分かっている」ということだけは分かるのです(その文章の勢いから)が、なにしろ、「思い」を一方的にただ書いているだけなので、まあ、なんというか、本当に意味不明。

私も精一杯の善意解釈を試みるのですが、その努力も届かないほどに、「訳分からん」

賞賛でもないし、批判でもないし、新しい問題提起をしている様にも見えず、自分の内面を吐露している風でもない。

一体、何をコメントされているのか、本当に分からないのです。

嬉しがることも、怒ることも、考え込むことも、同情することも、何もできないメッセージというのは、「大変困る」というよりも、

―― 気持ち悪い

自分が、"1"入力"0"出力のブラックボックスになったような気持ちになるのです。

-----

なんで、こんなことになるのだろうなぁ、と考えてみました。

これは、ツイッターのメッセージ数の短かさ、とか、ツイッターのその場の気分をそのまま吐き出すとかの、その性質に因るのだろうと思うのです。

140文字程度では、十分な背景の説明もできないでしょうから。

といって、「何をコメントされているのか、分からないです」と返事して、追加の説明をお願いするのは、大変気分を害されるだろうなぁ、とも思えますし。

それに、半分くらいは、自分のリテラシー不足(空気読めない等)の責任があるのかもしれませんし。

-----

多分、正解は「気持ち悪いまま、我慢する」だと思うのです。

今は、「スルーするコミュニケーション」、「白黒はっきりさせないコミュニケー ション」という文化を受忍していく時代なのだろうと思っています。

「論理」を唯一神とする、我々エンジニア教団にとっては、なかなか辛い時代なのかもしれません。