2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2013-04-26 「R世界線を、岡部倫太郎もろとも、カー・ブラックホールで破壊する牧瀬紅莉栖」 [長年日記]

劇場版 シュタインズゲートを見にいってきました。

海老名の映画館にいってきたのですが、22時から始まるレイトショーが満席。追加で午前3時上映というのもありました(何、この人気)。

私の左隣り席が、どうみても、定年退職した技術者(なんか哀愁の匂いを感じた)。

右隣り席が、どうみても、入社5年目の技術者(なんか郷愁の匂いを感じた)。

さすがは、科学者と技術者の為のアニメ、シュタインズゲート。

-----

で、まあ見てきた訳なのですが。

見終わった後、しばらくネットを見るのが怖くて。

酷い批判されているのではないかと思いまして。

今日、意を決して見てみたのですが、ネットで見る限り、結構評価は高いようで、安心しました。

D-Mailの発明者(私)としては、シュタインズゲートは、もはや身体の一部みたいなものなので、批判されると「とても痛い」。

-----

もちろん、作品としては、文句なしに素晴しかったです。

シュタインズゲートを全話視聴された方には、お勧めできます(逆に、視聴していない人が見ても、なんのことやら全然分からない映画です(断言))。

ただ、私個人としては、ちょっとなー、あまりにも期待が大きすちゃったなかー、・・・という感じでした。

原作第23話の「あの絶望的な状況を、全部ひっくり返す、驚愕のパラダイム」みたいなものを期待しすぎていましたね。

-----

時空間関係ストーリーであれば、やっぱり

■「ときかけ」の「最後に一回だけチャンスが戻ってくる」

■「まどか」の「システムの効力で、そのシステム自体を破壊する」

という様な、

『あーー! やられたー! その手があったあーー!!』

と、盲点を突かれるような、そういうネタを期待していたので。

まあ、そうそう、そういうネタは出てきませんよね。

-----

でも、どうせなら、

「R世界線を、岡部倫太郎もろとも、カー・ブラックホールで破壊する牧瀬紅莉栖」

くらいの、過激性があっても良かったかなあ、と。

そんなことして、どうやって話を収束させるか? それは、製作者の皆様にお任せすると致しまして(無責任な奴)。

しかし、「想い」とか「愛」とか、そんなものより、やはりシュタインズゲートで大事なのは「科学」と「技術」でしょう。

-----

と、言う訳で、提案です。

「科学技術」を前面に押し出した、科学者・技術者向けハードSF「劇場版 シュタインズゲート2」製作開始 !

私は、シュタインズゲートで、まだまだ、行けます。