0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|

2013-02-20 私に結婚を思い留まらせる為の合宿 [長年日記]

後僚から「結婚します」の連絡がきたので、「お祝いのメール」を返信しました。

===== 「お祝いメール」ここから =====

これは「突っ込んでくれ」という伏線かな。

では、礼儀として。

「人の言うことを聞かない能力」における、合宿は実施済みですね。

-----

今なら「私に結婚を思い留まらせる為の合宿」が開催された理由が「痛い程」に分かる。

―― みすみす不幸になる女性を見捨てておけるか!

という、研究所の先輩達の切実な想いが、胸に去来する。

-----

私の場合は、電話以外通信手段のない山奥の民宿に軟禁され(ちなみに住所も知らされていなかった)、説得を受けていた。

うちの課の若手の諸君も、私と同様に、すでに彼を人気のない山奥の民宿に拉致して、合宿を実施したと思うが、万が一未実施の場合は、至急実施するように。

===== 「お祝いメール」ここまで =====