0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|

2013-02-19 「デジタル」という名の「裸の王様」 [長年日記]

いつでも不思議に思っているのですが、

「パソコン設定サービスのNPO法人」

というのが登場してこないのは、何故でしょうか。

私は、日本の最南端にある嫁さんの実家のパソコンに、自宅から操作できるエージェントを設定して貰いたいのですが、それができずにいます。

それさえできたら、嫁さんの実家のパソコンは、私の家から、自由自在にメンテナンスしてみせます。

嫁さんの実家では、ギガビットの光回線が、満足に使用されないまま放置されており、こういう状態が、なんとも我慢できないのです。

例えば、どの地方であっても、大学生などゴロゴロいるはずなのです。

「パソコン設定サービスのNPO法人」が、各地区の大学生のアルバイトを組織化して、パソコン設定サービスを開始すれば、どれだけのパソコンを扱えない人々を救うことになるだろうか ―― と思っていたのですよ。

あの、朝日新聞の記事(あの「オープンソース」の記事)が出るまでは。

-----

もしかして、私は、かなり大きな勘違いをしていたのかもしれない、と思い始めています。

世間のコンピュータリテラシーは、私が想像しているよりも、遥かに低いのではないか、と。

「下調べ」や「裏取り」を行うことが重要な業務である、新聞社の人間ですら、びっくりするような間違いを書くことがある ――

この事実は、「勘違いをした側」ではなく、「勘違いを指摘する側」が間違っていることを示しているようにも思えます。

もし私が、世間一般のコンピュータリテラシを、正確に認識できていないのであれば、エンジニアとして、完全に失格と言われても、仕方ありません。

-----

話を戻します。

私は、大学生(の中でも得に理系)であれば、パソコンなんぞサクサクと扱えて、各種設定や、機器の増設も思いのまま、と本気で思っていました。

ですから、

■軽音サークルは、MIDIを軽々と扱い、少ない人数でも迫力のあるバンド演奏をして、

■漫画研究会は、似顔絵を書くのに、PIXIAやSAIをインストールしたパソコンを使って、サクサクと書いたものをプリンターから印刷し、

■映画研究会は、MMD(ミクミクダンス)に自作のキャラクタテンプレートをインストールして、映画を作成している、

と、勝手に信じていました。

先日、早稲田大学の学祭に行ってきたというお話を致しました。

私は、アート系サークルをくまなく探したのですが、パソコンを使った創作物は、私が見た限り、たったの1点、

美術サークルが"SAI"で作成した絵、一枚のみでした。

(勿論、見逃している可能性もあります)

若い人であれば、コンピュータリテラシーが高い、というのは、私の思い込みなのかもしれません。

-----

しかし、そうではなく、もっと怖い理由に因るものかもしれないと考え始めています。

今の若者は「デジタルの表現力に限界を感じつつあり」そして、「デジタルとかアナログという区別自体に意義がない」と、気がついてしまったのかもしれません。

■あのクソ重いiPadを持ち歩くアホらしさに気がつき、文庫本をポケットから出すスマートさに気がつき、

■電子手帳よりも紙の手帳の方が、よっぽど拡張性に優れており、特にアイデアを創成する場合には、電子機器など逆に邪魔になるということに気がついてしまい、

―― もし、そのような価値観の相転移が、すでに行われてしまったとすれば、

それは、ヤバい。相当に、ヤバい。

我々、ITエンジニアは、「デジタル化」なるものが「裸の王様」のような価値観で支えられていることを知っています。

デジタルが、創作の本質ではないことを、ずーーっと前から知っています。

しかし、そのことについて沈黙を続けています。おそらく、多分これからも。

なぜか。

世間がそのことに気がついてしまうと、我々ITエンジニアの「飯のタネ」が失われるからです。

ですから、私はこの事実を決して開示することなく、隠し続けなければならないのです。

-----

神さま。どうか、誰にも気がつかれませんように。

あと、たったの十数年でいいんです。

なぜなら、私が退職した後のITの世界がどうなろうが、私の知ったことではありませんから。