0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2012-04-30 最も大きな都市の一つ [長年日記]

This is one of the biggest cities in the world.
(ここは世界でも最も大きな都市の一つです)

思えば、ここから英語との不協和音が始まったと思うのです。

『最も大きな都市が、どうしていくつもあるのか?』

-----

この言語的矛盾を飲み下せた者が「英語に愛される人間」となり、

あくまでその矛盾に対峙しようとした者が「英語に愛されない人間」となる

のだと思うのです。

とすれば、常日頃から論理的であることを要求されるエンジニアは、運命的に「英語に愛されない人間」となる、と。

つまり、

『エンジニア = 英語に愛されない人間』

という等価式は、極めて論理的に帰納する結論であると言えます。