2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2010-11-07 完全なる証明

ポアンカレ予想、そのものの内容が良く分からなかったので、ちょっと残念でした。

#もっとも、意図的にそういう構成にしているのは理解できたのだけど。

-----

僅かに登場する「証明」の話がでてくるところでも、書き方が上手いなあ、と感じていました。

サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』『暗号解読』『宇宙創世』と同一の翻訳者だったようです。

難しい話を簡単に説明することは、難しい話以上に難しいです。

翻訳においても同じだと思います。

そして「特許発明」においても。

-----

こういう著者や翻訳者や、そして、自分の発明を上手く説明できる人を、私は本当に尊敬してしまうのです。


2013-11-07 我が社の「親衛隊(SS)の初代大将 ルドルフ・ヘス」

所属している部で、安全と衛生に関する委員に任命されました。

I have the honor of being appointed as a member of "safety and health committee" in my company.

その話を聞いた時、『会社もなかなか「ナイスな冗談」を言うようになったではないか』と思っていたのですが、会社は本気でした。

When I heard the new, I thought that my company seemed to say "nice joke". But they were serious.

―― 会社は、一体、何を考えているのだろうか?

―― What are on earth they expecting me ?

「目的を達成する為には、犠牲はつきものだ」と考える私にとって、「安全と衛生」とは、はっきりいって対立概念。互いに素といっても良いでしょう。

I always think that "The end justifies the means." For me, "safety and health" is conflicting and disjoint concept.

しかし、任命された以上は、職務です。

But a business is a business.

私は今、「ナチスドイツの親衛隊(SS)の初代大将 ルドルフ・ヘス」とも、あるいは「新妻をいびる姑」のような気持で、「安全と衛生」に関する恐怖政治を施行しております。

Now I am ruling by fear, for example, like a mother-in-law who needles her son's new wife, or Rudolf Walter Richard Hes who was an original General of Schutzstaffelz(SS).

分かっています。

I know well.

退職後、(あるいは在任中)私が、アドルフ・アイヒマンのように、同僚に拉致されて、数人からなる簡易法廷で有罪・死刑判決が下された結果、絞首刑に処されるのであろうことは。

After my retirement, I was captured and confined to a closed door by my old colleges, and accused for the death by hanging, like Adolf Otto Eichmann.

-----

長い前置きでした。

Sorry for long prelude.

「置き傘」の処分に困っています。数えたら43本も残っていて、大部分は使用可能です。

I am annoying how to dispose the leaving extra forty-three umbrellas. Most of the all are utilizable.

捨てるのは簡単なのですが、我が社の「ルドルフ・ヘス」は、使えるものを捨てるのが、耐えられない質(たち)なのです。

Of course, it is easy to dispose them, but "Rudolf Hes" in my company can't stand it.

我が社のごく一部に突然発生した「第三帝国」の基本理念は、「MOTTAINAI」です。

The main policy in the new "Third Reich" in my company is "MOTTAINAI".

-----

で、まあ、たわごとはいいんです。

Anyway, let me stop silly talks.

どなたか、43本の傘、引き取って貰えませんか。10本単位でどうでしょうか。

Do you need more than free ten umbrellas?

横浜戸塚駅周辺、または小田急沿線であれば、私が定期券を使って運搬します。

I will bring them to you if you live around Odakyu-railroad or near Totuka-station.

廃棄時間が迫っていまして、今週末までにご連絡頂けましたら幸いです。

I am pleased to tell me if you mail me. I will have to dispose them by this weekend.

ご検討頂きたく、よろしくお願い致します。

Thank you for your offers.


2014-11-07 ―― 大丈夫だよ。きっと、もうすぐ友達はできるから

次女(小学生6年生)は、普段から、その父親の行動である「歩き読書」をやっています。

My second daughter continues "reading a book with walking" every day, as I also do it.

家族からは勿論、地域の住民からも「危ない」「やめろ」と言われても、

Though not only my family but neighbors give her a warring like "Dangerous!" "Stop it!", she said,

―― パパがやっているから

"My daddy also does it"

と、論理武装して、平然と続けています。

with her logic arming, and shows no signs of stopping it.

江端:「パパの場合は、夜中にヘッドライトを付けて、本を読んでいるから、夜道で目立つ。だから、安全なのだ」

Ebata:"In my case, I do it in the middle of the night with head-light. It is safer than what you do."

と言っているのですが、こんな言い訳では、次女は勿論、自分ですら騙せません。

I don't think that this excuse is a self-deception for not only her but me.

しかし、次女の行動は思わぬところから、罰を喰うことになります。

However, her action was going to be punished in an unexpected way.

-----

次女が、学級の仕事で、朝早く登校する必要があった為、一週間連続で、毎日一人で登校していた時のことです。

It was time when the second daughter went to school alone early in the morning every day for one week, for her jobs of the class.

ある日の朝、横断歩道のいわゆる「緑のおじさん」から、声を掛けられたのだそうです。

In morning of one day, she was called out to by so-called "school crossing warden" of the pedestrian crossing.

―― 大丈夫だよ。きっと、もうすぐ友達はできるから

"Don't worry. You can make your friends soon."

と。

-----

■人気のいない通学路で、

- In an school road without the popularity,

■毎日、(ひとり)ぼっちで、

- Lonely every day.

■本を読みながら歩く少女

- A girl who walks while reading a book.

これだけの条件が整えば、「緑のおじさん」の推論が外れていたとして、誰に責めることができるでしょうか。

Who blames the "school crossing warden", if all these condition of him become wrong?

----

もっとも、

In fact,

「私は『ぼっち』じゃない!」

"I am not lonely"

と、次女は激怒していたようですが。

The second daughter seemed to fly into a rage.


2015-11-07 今さら、「友人至上主義」の解説なんて、必要だろうか。

10月15日から11月2日まで、15回に渡って、いわゆるティーンエイジャが陥りがちの「友人至上主義者」の批判を展開しました。

From the 15th Oct. to the 2nd, Nov. I have argued the criticism of "friend supremacist",

今回、私は、この「友人至上主義者」の対立概念として、「ぼっち至上主義者」「ぼっち原理主義者」という、新しいパラダイムを提示しました。

This time, I presented new paradigm of "loneliness supremacist" and "loneliness fundamentalist" as an opposite concept of "friend supremacist".

これに対して、先日、私の連載の付録で頻繁に登場する、「無礼な後輩」からコメントを貰いましたので紹介します。

About this argument, "rude junior coworker" gave us a comment, who has frequently appeared recently. I will introduce this comment to you.

====== ここから =====

(From here)

江端さん

Ebata-san.

やはり原理主義は良くないと思う今日この頃。

I think that any kinds of "fundamentalism" is not good.

『ぼっちに対して失礼である』と言う他者の存在を意識しているご令嬢はやはり相当の切れ者のご推察致します。

I think that it is a great saying of your senior daughter "the concept of "loneliness supremacist" is rude for real lonely person". I think she is a brilliant girl.

(中略)

(Syncopation)

纏めますと、

In conclusion, I want to say,

・『ぼっちに失礼』は素晴らしい視点である。

- "Rude manner for real lonely person" is a great prospect.

・江端さんの一人至上主義は結構だか、友人至上主義側のことを考えていないところが、自分視点主体主義(大半の工学系理系はこれ)っぽい。

" Ebata-san's vision of "loneliness supremacist" is good. But I think that it is missing the aspect of "friend supremacist". Most persons in the science and engineering majors, are often about to reach this mind.

ということです。

===== ここまで ======

(To here)

そうかぁ?

Really?

今さら、「友人至上主義」の解説なんて、必要だろうか。

Do I need the explanation of "friend supremacist" anymore?

3歩歩けば、その主義を唱えているコンテンツにぶつかるくらい、世の中に溢れているじゃないですか。

According to the "friend supremacist", there have been flood tide of contents around us.

ちょっと上げてみましょうか。

Let me pick some examples up.

■入学式の校長の挨拶、卒業式の答辞での、「皆さんは、これから素晴しい友人を(うんぬん)」「この3年間で出会った友人という大切な財産を(うんぬん)」

In greetings of the principal of the entrance ceremony, or address in reply of the graduation ceremony, "you can find good friends from this school life...", "we could get eternal friend of my life in this school..."

■仏教の「縁」、キリスト教の「隣人愛」

"Relationship" of the Buddhism, Christian "neighborly love"

■Google検索での「友人の大切さ」のキーワードヒット307,000 件。比して「友人の不要さ」「友人の無用さ」「友人の不毛さ」ともに、ヒット0件

Hit counts are more than 307k with phrase of "importance of having friend" in Google search. In contract, zero hit with phrase of "needless, unnecessary or unneeded of friend"

■「ワンピース」「プリキュア」の、「俺たちの絆は、そんなもんじゃねえ!」「私達の友情の力を結集して、(どうのこうの→必殺技の名前)!」

"Our bond is beyond your imagination!" or "let's concentrate our power of the friendship" (and call name of special → finisher), in the comic of "One piece" or "pre-cure"

特に、最後のコンテンツに関しては、―― 素晴しい作品であるとは思いますが ―― 「ぼっち至上主義者」から見れば、有害コンテンツの極みですよ。

Especially, the last is an extreme harmful contents from the view of "loneliness supremacist", even if they are supreme works.

(続く)

(To be continued)


2016-11-07 ―― この人たちは、最初から幹部として会社に入社したのだろうか?

幹部、部長、課長クラスが集まる会議を、全社員に公開するという施策を行っている会社があるそうです。

I hear that an certain company try to open an executive meeting including the executives, department manager, section chief, to all employees.

それ自体の試みは、悪くないと思います。

I think that the trial in itself is not bad.

会社の意思決定メカニズムをリアルタイムで見ておくことは、情報共有、意思統一の観点からも、コストの安い良い戦略だと、私も思います。

I also think that it's a cheap good strategy to share the company's decision-making mechanism in real time, from the viewpoint of information sharing and willingness to unite.

しかし、その会社には、「私達、下っ端から意見が出てこないことを嘆く」幹部がいるらしいのです。

However, the company seems to have executive who laments that no opinion comes from the bottom.

私は、そのような話を聞くたびに、

Every time I hear such a story, I think

―― この人たちは、最初から幹部として会社に入社したのだろうか?

"Did this person joined the company as an executive from the beginning?"

と思ってしまいます。

-----

そもそも、私達がそのような場で、自分の意見を出すリスクを、自ら取る訳がない。

In the first place, we can not take the risk of giving such opinion by ourselves.

下手な発言をして悪目立ちする、というのは、大変なデメリットです。

It is a serious disadvantage to make evil speech and make evil stand out.

そもそも、会社という組織において、自分の内心を開示することは、それ自体が戦略として最悪です。

Initially, it is worst itself as a strategy to disclose your inner heart in an organization.

自分の内心を隠して行動してこそ、組織を生き抜いていくことができるのですから。

We can survive our organization only by hiding my inner heart and acting.

(続く)

(To be continued)


2017-11-07 「外部から観察される自分」と、「内部から観察する自分」には、大きな差があるだろう、ということです。

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

―― で、

And,

誕生日がくる日に、私が、思うことは ――

Whenever my birthday comes, what I think that

●私達が、何かを我慢して、辛抱して、努力して、そうして得られたもの(身分、金銭、知識など)は、

- we endure, persevere, strive, and we get something (such as identity, money, knowledge, etc.)

●最期には、醜態を晒し続けながら死んでいくことが運命付けられている私達の人生に対して、

- I double whether our life is really valuable, against being doomed to die, while destroying abomination

●本当に見当っているものなのだろうか

―― と。

私は「見当っていない」と思います。

I think that "they are not valuable"

そして、「見当っていない」のであれば、

If "they are not valuable" is true, I think

●私達は、自分の背丈を超えた努力をすべきではない

- we should not make efforts beyond our performances,

し、

and,

●自分の精神を壊すような、過度な我慢や辛抱もすべきではない

- we should not have excessive patience or perseverance that will destroy our mind.

と思うのです。

-----

ただ、唯一希望があるとすれば、

However, if there is only one hope,

「外部から観察される自分」と、「内部から観察する自分」には、大きな差があるだろう、ということです。

I think that there will be a big difference between "what we observe from the outside" and "what we observe from the inside".

私が、ティーンエイジャだったころ、「半世紀も生きた今の自分」を想像することはできませんでした。

When I was a teenager, I could not imagine "what I am who lived for half a century now."

そして、その当時、「半世紀も生きた自分」は、酷く衰えて、惨めな時を迎えているのだろう ―― と、何の根拠なく信じていました。

And then, at that time, I believed that "I, who lived for half a century" has declined severely and has miserable time without no reasons.

(続く)

(To be continued)