2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|

2013-09-14 『英語嫌いエンジニアのエッセイ』なる記載の訂正を要求する

昔、芸能集団(劇団?)大川興業のリーダー、大川総裁の「金なら返せん」といういうコラムが流行っていました。

そのコラムの中で、大川総裁は、

―― 「金なら返せん」とは、「金を返したいという強い意思がある」が「今は返せない」という意味がである。「借金の踏み倒し」とは、全く性質の異なるものである

と主張していたように覚えています。

-----

先日ツイッターで検索していたら、『江端智一て英語嫌いエンジニアのエッセイ』なる記載のされたツイートを見つけました。

多分、このことを言っているのだろうと思うのですが、

―― 全く正しくない

「誤解も甚だしい」とは、まさにこのことである。

-----

私は、

■NHKラジオ番組の「実践ビジネス英語」は、英語の内容は分からんが、そこに出てくる題材は、なんどもコラムのネタにさせて貰っているし、

■英語でしか記載されていない通信プロトコルの仕様書しかないのであれば、諦めないで、ちゃんと読むし、

■通じるかどうかは関係なく、街の中で困っている外国人がいれば、それがどこの国の人であろうとも(英語を母国語としない外国人であろうとも)、英語でしゃべりかけることに躊躇はありません。

ただ、私は、

■ラジオから流れてくる英語の内容が分からず、

■通信プロトコルの内容を正しく理解できず、

■そして、困っている外国人を、結局助けることができない、

■加えて、勉強をすればするほど、TOEICの点が下っていく

という、エンジニアなのです。

私が単なる「英語嫌いエンジニア」ならば、話は単純で簡単で、もしそうであれば、あのような大量のコラム(もう連載20回にもなります)が生まれてくる背景も動機もなかったのです。

-----

私は、英語が嫌いではありません。むしろ、一緒に暮して仲良くやっていきたいと思っています。

しかし、英語は、私のことが嫌いなのです。英語は私なんかには、使われたくはないと思っているのです。

このような一方通行の関係があるからこそ、私は「英語に愛されないエンジニア」なのです。


2014-09-14 ―― この撮影で人死は出ていないんだよな

長女とレイトショーで、映画『るろうに剣心 伝説の最期編』を見てきました。

I went to the movie "Rurouni-KENSHIN, The last legend" with my senior daughter.

前作『るろうに剣心 京都大火編』で、その殺陣の凄さに度肝抜かれたので、 流石に、今回は慣れて見られるだろうと思っていたのですが、

When I watched the previous work, I was really surprised at the swordfight action. So I thought that I got used to seeing the action.

今回は、別の意味でドキドキしましたよ。

However, I felt excited from another view.

―― この撮影で人死は出ていないんだよな

"Nobody were dead in the filming weren’t them?"

と。

どこが良いかというのは、到底纏め切れないと思います。

Thought it might be hard for me explain the good scenes of this movie,

あの殺陣のシーンは、あまりに早過ぎて、複雑すぎて、目による視覚処理と、頭による情報処理、いずれも付いていけていなかったので、正直、あと5回くらいは見たいところです。

This sword fighting is too fast and complicated, and unfortunately I could not process both the sight and information at all.

So I want to watch the movie more than five times at least.

-----

と言う訳で提案なのですが、

The following is my proposal.

『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』の両方で、

For the movie of both "Rurouni-HENSHIN Kyoto big fire" and "Rurouni-KENSHIN, The last legend"

―― 「殺陣シーン」詳細解析ブック

"The detailed analysis book of sword fighting"

というのを、発行するというのはどうでしょうか。

will be published, I hope.

多分、日本の映画、演劇世界に、ある種のパラダイムシフトを起こす―― というのは、正直どうでも良くて、

To tell you the truth, I don't care that whether this book might make a kind of paradigm shift for Japanese movies and theater world.

恐らく、私が、その本を擦り切れるまで読むだろうと思うのです。

Maybe, I will read the book until it crumbles,

エンジニア視点で。

From the viewpoint of an engineer.


2015-09-14 そういう、我が家の娘は ―― 実在します。

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, a new column is released, so I take a day off.

"A nonfiction story of online fraud (the 2nd part)"

"Crib-note for counter-attack to retain bank as an ally"

-----

私が、イラストのイメージを説明した後、

After my explanation of an illustration image,

光源、立ち位置、顔の上下、目の方向、表情、その他を、私に詳細に指示をしながら、

advising me about light, standing point, face angle, sys shot and facial expression in detail, and

デジタルカメラで、今回のコラムのイラストにつかう写真撮影を実施した、

trying to snap a shot of the column of this series

そういう、我が家の娘は、

such a senior daughter of my family

―― 実在します。

has existed.


2016-09-14 例えば、相手の女性が「月子」とか、あるいは変身後の「セーラームーン」だったならば、この翻訳は『なかなか上手いこと言った』と言えると思います。

"I love you"を、「月がとてもキレイですね」と翻訳した作家がいたとか ―― 真偽のほどは知りませんが。

I hear the story that there was a writer who translated "I love you" to "the moon is very beautiful", however I don't know whether it was true or not.

いずれにしても、この発言前の会話の状態を、ちゃんと調べないと、これが翻訳として妥当かどうかは分かりません。

Anyway I think that nobody can know whether it is reasonable as the translation, before reading the states of the conversation around this phrase.

例えば、相手の女性が「月子」とか、あるいは変身後の「セーラームーン」だったならば、この翻訳は『なかなか上手いこと言った』と言えると思います。

For example, as the heroin in the book, her name is "Tsukiko" or, she is a transformed "Sailor Moon", this translation is, I think "quite good."

-----

このような、「人」と「モノ」のコンテクスト変換は、エンジニアである私にはもっとも苦手とする分野です。

Such a context conversion between "people" and "thing" is bad for me, as an engineer.

「苦手」というのは、それが「できない」のではなく ―― というか「できない」なら良いほうで ―― 「完璧に間違った方向に誤解する」ということです。

The "bad" doesn't mean that I cannot do the context conversion. If only I cannot do it, it is better. It means that I understand the wrong direction of the book.

特に古典文学分野で、この傾向が甚だしく、私が覚えている限り、例えば、太宰の「人間失格」、漱石の「こころ」、スタンダールの「赤と黒」など。

Particularly in classical literature field, it is terrible. As far as I can remember, for example, "disqualification as a human" of Dazai, "Kokoro" of Soseki and "red and gray" of Stendhal.

完全な解釈の誤解で、他の人から、ごうごうの批判を受けてきたことは、すでに何度かお話しました。

I already told you that I have received criticism of rumbling from others, by my misunderstanding of complete interpretation of those books.

しかし、「そのような人間でも、コラムの連載のチャンスを頂けることがある」という事実は、多くのエンジニアに勇気を与えている、と信じています(これも誤解かもしれませんが)。

However, the fact that "for even such a person, there might be chance for writing to be given by others" is, I believe has given courage to many engineers, (might this be misunderstood).

(続く)

(To be continued)


2017-09-14 しかし、これが「論文」となると、もう滅茶苦茶に遅い。絶望的に遅い。

私は「王禅寺の特許(明細書)量産機」を自称しているので、明細書を書く速度は速いです(内容はさておき)。

Since I'm self-designating "patent (application) mass production machine", the speed of writing it is fast (Regardless of whether the content is good or bad).

日記や連載コラムを書くスピードも、そこそこ速いと自負しています(内容はさておき)。

I am proud that the speed of writing diaries and serial columns is so fast(Regardless of whether the content is good or bad).

しかし、これが「論文」となると、もう滅茶苦茶に遅い。絶望的に遅い。

However, when this becomes a "paper", it is too slow. Desperately slow.

理由は明快で『これまで、書いたことがないから』です。

The reason is clear that "I have never written a paper before."

なぜ『書いたことがないか』というと、そのようなチャンスがなかったというか、逃げてきたというか、まあ、一言で言えば、

The reason of "why I have not written a paper" is, for example, "I had no chance", or I run away from the task", however in a nutshell,

―― 面倒くさい

"Bothersome"

学会発表用のペーパー(カンファレンスペーパー)なら、何度か(といっても数える程ですが)提出したことがあります。

Until now, I have submitted papers for conference presentation (conference papers) several times (although they were just a few times).

採否判定の条件は緩く(判定しないものもある)、提出後は、発表会場でプレゼンをすれば、任務終了です。

Conditions for acceptance / rejection judgement of conference papers are loose (some do not judge), after submission, if you present at presentation place, mission is over.

カンファレンスペーパーの採否判定の条件は緩く(判定しないものもある)、提出後は、発表会場でプレゼンをすれば、任務終了です。

The acceptance / rejection judgement of conference papers are loose (some case they are not judged), after submission, after you present at presentation place, the mission is going to be over.

しかし、論文 ―― いわゆるジャーナルに掲載されるものとなれば、そういう軽いノリでの提出ができないのです。

However, about "paper" that is posted in a thesis - so-called journal, we cannot submit it with easy-going feeling.

(続く)

(To be continued)


2018-09-14 もし、本当に"アマデウス"を救出するなら、大学のデータセンタに大型トラックで突っ込んで、ディスク本体を強奪しなければならない。

以前、私は、

"So, I like Rintaro Okabe who don't wear a white coat in Steins Gate Zero"

と記載しました。

I wrote before it.

しかし、

However,

シュタインズゲートゼロ第21話で、復活した「鳳凰院凶真」を見ながら、泣いて、笑いました(Lyra/ライア)。

In Steins Gate Zero 21 story, I was watching an revived "Hououin Kyouma" with laughing and crying.

(監督は、宮野さんを一切コントロールしなかったに違いない、と思うくらい凄い演技だった)

(I believed that the director must have never control Mr. Miyano, that performance was amazing.)

----

However, I have already written it in the column,

私が試算した"アマデウス"の本体の規模は、37.5テラバイトです。

The scale of the main body, I calculated of "Amadeus" is 37.5 terabytes.

■USB 転送速度 = 60 MB/s と試算した場合、コピー時間は172.5時間

- Calculating USB transfer speed = 60 MB / s, the copy time will be 172.5 hours

■SATA 転送速度 = 375 MB/sと試算した場合、コピー時間は71.25時間

- Calculating SATA transfer rate = 375 MB / s, the copy time will be 71.25 hours

となります。

さらに、ネットワークの転送速度がボトルネックになります。

In addition, the transfer rate of the network becomes a bottleneck.

もし1TBのデータを100Mbpsの通信回線で転送した場合、100Mbpsの回線は1時間ごとに45GB程度のデータを転送することができ、1TBのデータすべてを転送し終えるには、およそ丸一日かかり ―― つまり、

If 1 TB of data is transferred over a 100 Mbps communication line, a line of 100 Mbps can transfer about 45 GB of data every hour, and it takes about one full day to finish transferring all 1 TB of data ---- It means,

アマデウスの本体を、リモートに移動させるには、計算上、一ヶ月強の時間が必要となります。

In order to move Amadeus's body remotely, it will take a month or more.

仮に、ローカルのマシンに(レスキネン教授に気付かれないように、大学のデータセンタ内の別の記憶領域に退避させる)としても、3日はかかる計算になります。

Even if it is on the local machine (to evacuate to another storage area in the university's data center so as not to be noticed by Professor Leskinen), it will take 3 days to calculate.

『"アマデウス"を破壊するだけなら、乱数的に記憶セクタをビット書き換え攻撃などで破壊すれば足りるので、数分でできるとは思うけど、それじゃあ、意味ないしなぁ』

"If you merely destroy" Amadeus", it is sufficient to destroy the storage sector randomly by bit rewriting attacks, etc, in a few minutes. But it will be nonsense"

----

結論:もし、本当に"アマデウス"を救出するなら、大学のデータセンタに大型トラックで突っ込んで、ディスク本体を強奪しなければならない。

Conclusion: If they truly rescue "Amadeus", they have to rush into the university data center with a heavy-duty truck and snatch the disc body.

コンピュータ関連のアタックというと、遠隔からのリモート攻撃をイメージしてしまいます。

When it comes to computer-related attacks, we imagine a remote attack from a remote location,

しかし、テラバイトオーダのアプリケーション本体を、丸ごと奪還することを考えると、現時点では、古典的な強奪方法しかありません。

However, considering recapturing the whole application body of terabyte order, they should do a classical robbery method at the moment.

----

しかしスーパーハッカーであるところの「ダル」ならば、もっとスマートな作戦を立てたと、私は信じています。

But I believe that the super hacker "Dull", has made a smarter strategy.

(例えば、100箇所のサーバから同時に大学のデータセンタに攻撃をしかけて、アマデウスをバラバラに分解して持ち去り、後で組み立てるとか)

For example, from 100 servers simultaneously attack an university data center, to disassemble Amadeus into disjointed pieces, and to take it away,a and to assemble later, etc.