2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-04-10 携帯電話のメールアドレスを変更します。

私の携帯電話のメールアドレスが流出しているようだ、というお話は以前致しました。

本日、ネーチャンの写真入りのメールが、携帯に登場してきて、私は「切れました」。

いや、かつてのように報復メールのDOS攻撃をかけるということはしません。今となっては、あんまり効果もないでしょうしね。

一番簡単な手段 ―― メールアドレスを変更する ―― ことに決めました。

-----

世の中には、メールアドレスを変更することに対して、抵抗がある人が多いようです。

友人関係や仕事の重要なアイテムである以上、メールアドレスを変更することは、それなりのインパクトがあるとは思います。

嫁さんの場合、仕事の依頼はメールでやってくるので、特に大変だと思います。

-----

私の場合、この辺の「マインド」がちょっと違うようでして、メールアドレスは勿論、携帯電話の電話番号を変更した後でも、そのまま放置してしまいます(勿論、業務で使っている電話は別ですが)。

「携帯電話をかけあう友人が存在しない」という環境が、それを簡単に実現させてしまうのです。

そのような環境が「気にしない」「苦に感じない」という人生は、どっかが間違っているのかもしれませんが、これは私の巨大な「強み」と認識しています。

-----

しかし、こうやって定期的な人間関係の整理をしていると、「お前の携帯が繋がらない。どうなっている!」とクレームをしてくる人もいます。

事情を説明すると「なぜ、電話番号の変更を知らせないのだ」と文句を言われます。その辺は、逆に察して欲しいと思うのですが。

結果として、携帯電話番号を変えることによって、もっとも「享受を得たい利益」が、逆に得られないという矛盾も含むことにもなる訳です。

「無報告の電話番号変更」も、これでなかなか難しいのです。

-----

しかし、「これは、逆の使い方もあるな」と思いつきました。

「電話がかかってこなくて寂しい」と感じる人は、世の中に多いのですよね(私はよく知らんのですが、小説とかブログとか読んでいると、ちょいちょい目にする)。

どうでしょうか。いっそうのこと電話番号を変えてしまっては。

電話がかかってこないのは、あなたの人柄や人格とは無関係です。物理的に繋がらないんだから、しょうがない、と思えるですよね(思えないか)。

いかん、話が二転、三転していますね。元に戻します。

-----

ともあれ、私の携帯電話の電子メールは、明日から変更されます。

これで、スパムメールを全部殺せるかと思うと、非常にいい気分です。

私のように、さくさくメールアドレスを変更する風習や文化が根づくといいだろうに、と思うのですが、世界がこのパラダイムに至るのは、難しいのかもしれません。


2014-04-10 「残念なことですが、就活にも『向き/不向き』があるのです」

以前、某会社の社長さんにインタビューに行ったことがあります。

In other time, I went to a company to conduct an interview for the chief executive.

その会社では、就活を行っている学生に、就活のアドバイスをするセミナーも提供しているとの話でした。

I heard that the company provides students of job hunting with some seminars.

江端:「就活というのは、私達の時代の、特に理系の人間にはイメージできないのですが、今も若い人は、全員が大変なのですよね」

"However I can't make an image of the hardship of job hunting of college students, all of them seem to share tremendous burden of toil.

ところが、意外にも社長さんは「そうでもないのですよ、江端さん」と応えられました。

Contrary to my expectation, Mr. President told me that it was not true.

■内定を取れる人は、どこでも、いくつでも内定を取っている

-The students who can get an offer letter can get many offer letters.

■内定を取れない人は、どうしても内定が取れない

-On the other hand, the students who cannot get it cannot get them.

のだそうです。

江端:「え? そういうもんなんですか?」

"You don't say so!"

社長さん:「残念なことですが、就活にも『向き/不向き』があるのです」

"I am sorry that it is absolutely true that each person has their own job-hunting capabilities."

-----

就活であれ、英語であれ、「『愛されない』って本当に辛いことだなぁ」と、実感しながら、帰宅したのを覚えています。

I remember that I went home with thinking despairingly

"For job-hunting or English, "Not be loved" is deeply painful."


2015-04-10 『私の心に言葉を届けたいなら、私を屈服させるだけの実績を持ってきやがれ』

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

このように、人に説教する資格の一つとして、「成功」というものは、確かに分かりやすい評価ポイントと成りえます。

Thus, I think that a success is an understandable key value index, as a qualification of the lecture.

-----

私の評価ポイントに何もヒットしない人が、偉そうに語っているのを聞かされるのは、

When a person I am not interested in at all, tries to make me hear his/her lecture, I am afraid that it is just

「時間の無駄」

"wasting time "

であり、加えて、私の貴重な時間を一方的に簒奪する

and he/she is a

「ドロボウ」

"burglar", who deprives my precious time.

であると認識します。

ですから、その人の話など真面目に聞く訳がありません。

So I think that I have no reason to hear his/her lecture seriously.

私の場合、

In my case, I always say in my mind that

『私の心に言葉を届けたいなら、私を屈服させるだけの実績を持ってきやがれ』

"If you want to get your message across me, show me your fruits I call forth admiration"

と考えながら、神妙な顔をして、頭の中ではエッセイの構成を考えています。

and have another idea of my writing in mind with serious face.

-----

一方、私にとって、人を説教するというのは、もっとも楽しい行為の一つです。

On the other hand, giving my lecture to others is very amazing for me.

この辺については、あまり多くを語りません。

I don't want to tell it. Please read the reference.

(続く)

(To be continued)


2016-04-10 この感じは、『電子メールも使えない、中年のおっさん」の失職の恐怖』と思えば、しっくりくるのかなぁ、と思っています。

芥川龍之介先生が「ぼんやりとした不安」を感じて自殺をしたのが、1927年ですので、すでに90年程昔の話になります。

"Ryunosuke Akutagawa" who was one of the famous novelist at 1927 in Japan, killed himself because of "vague uneasiness"(it is also the famous phrase in our Japanese).

どこで読んだのか忘れたのですが、芥川先生が感じていた、この「ぼんやりした不安」というのは、どうやら「失職」だったらしいです。

Though I forgot when and where I read an article, the article said that the reason why he elected suicide seemed to be a "job loss".

要するに「不景気」

In short, it was "depression"

なにしろ、芥川先生は、文学一筋でやってきた為、他の仕事については完全に素人。

Akutargawa-sensei was an amateur, except for literature. He had been a literature devoted.

この感じは、『電子メールも使えない、中年のおっさん」の失職の恐怖』と思えば、しっくりくるのかなぁ、と思っています。

I think we can understand the feeling of "the fear of a middle-aged uncle who cannot even use e-mail".

-----

そこにくると、みなさん。エンジニアはいいですよ。

Everyone. I want to say "Engineers is good".

電子メール、ワード、エクセルが使えない ―― などということを、そもそも想定しない職業です(使えて当然)。

We don't assume that "an engineer who cannot use E-mail, Word, Excel(not thinking of it).

統計もやらされて、ハードやソフトの設計もやらされて、プロトタイプなら「自分で作れ」と言われ、竹の子のように出てくる新しい技術のキャッチアップもやらされて、

Any engineer is going to be asked to study statistics, hardware and software design, to make prototype by "doing it yourself", and to catch up new technologies represented one after another.

とにかく「技術の習得に忙しい」。

Anyway, "an engineer is busy for the acquisition of technology".

「一流になれる」という話とは別ですが、短期間の技の習得の能力は、他の職種よりも抜きんでていると思います。

I cannot guarantee that you are going to become a leading engineer, however, you will get the ability of the acquisition of the skills of the short-term. I think it stands out than other occupations.

-----

芥川先生が、サイドビジネスでエンジニアをやっていたら、きっと「ぼんやりとした不安」で自殺をすることは、なかっただろうと思います。

If Akutagawa-sensei had been an engineer as a side business, he should not have elected suicide for the "vague uneasiness".

もっとも、その場合では、「芥川賞」というのも設立されなかったと思いますが。

However, in that case, I make sure that "Akutagawa-prize" had not been established.


2017-04-10 ―― 人類は生まれながらにしてコンサバ

本日も、小田急は、人身事故で、ダイヤが乱れまくっていました。

Today, the diagram of my commute train line got out of order by a physical injury.

今朝のスケジュールの2つが、キャンセルと遅着となりました。

Two schedules of this morning were cancelled or delayed.

1年間も「人身事故シリーズ」の連載を完了した私としては、やはり、無力感を感じずにはいられません。

However, I, who had finished the series of "train physical injury" for one year, feel helpless.

勿論、私のコラムごときが世の中を変えるとは思っていませんが。

Of course, I don't think that I can change the world by my writing.

-----

私もデータをとって確認したのですが、年度始めや、学期始めの頃は、人身事故(飛び込み自殺)は増える傾向にあります。

I have already checked some data, and I know that the numbers of accident are going to increase at the beginning of the fiscal year and semester.

そして、年度末、学期末は、逆に減少傾向にあります。

And the numbers are going to decrease at the end of period.

これらを検証するまでもなく、私たち人類は「再起動が辛く」「環境の変化が嫌い」なのです。

Needless to verify these, our human beings are "hard to restart" and "dislike environmental changes".

―― 人類は生まれながらにしてコンサバ(Conservative:保守的)

"Human being are conservative by nature"

というのは、私の中では、検証不要の事実です。

This is no need for verification in my mind.

-----

さて、「働き方改革」という政府主導の大きな改革が始まっています。

Now, a government-led reforms, "improvement of work way" have begun in Japan.

思い切った労働時間の短縮(主に「残業時間の撤廃」)の改革は、旧形態の労働形態を変化させるための、強制力として意義があるものだと思っています。

I think that it is meaningful that the reform of shortened working hours (mainly "elimination of overtime hours") is as a mandatory force to change the old form of labor.

なぜなら、これまで誰もが言い続けてきた「徐々に改革する」が、これまで、全然機能してこなかったことが明かだからです。

Because "gradual improvement" that everyone continued to say, has worked well since now.

「労働(labor)」には、「苦痛」「強制」という意味があります。

The meaning of a word "labor" includes "pain" or "enforcement".

「苦痛」であるなら、放っておいても「時短」は進むはずです。

If it is "pain", the shortend working hours might progress automatically.

そのように進まないのであれば、このような「強制力」もやむなし、と思っています。

However, if the progress doesn't work well, the "enforcement" cannot be helped.

しかし、その一方で、もし「人類が生まれながらにしてコンサバ」であるなら、このような急激な「強制力」を発生させれば、

On the other hand, if "human being are conservative by nature" and the rapid "enforcement" happens,

何かの反動が発生することは、避けられないだろうと思っています。

I am afraid that we cannot avoid some problems against the enforcement.

-----

「時短」で事故が起きる ―― ということは、いかにも起きそうな気がしています。

I think ""Shortend working hours" makes an accident" ---- migt happen indeed.


2018-04-10 少くとも、「御社のTOEICスコアの全社平均を下げてみせる」 ―― という点にかけては、絶対の自信があります。

他の人のコラムなどを読んでいると、

When I read others blogs and columns, I sometimes found the following sentences.

という内容を見つけることがあります。

―― 正直うれしい

"Honestly speaking, I felt happy"

です。

-----

新人教育まっさかりの最中ですが、私を「新人教育の『講師』に招く」というチョイスをご検討頂けたら、と思います。

Now, freshpeople education programs are going in many companies, and I hope if you can consider the choice "invite me to" as a lecturer.

御社の、「英語」に関する信仰を、コテンパに破壊してみせます。

I will destroy your company's faith about "English".

少くとも、「御社のTOEICスコアの全社平均を下げてみせる」 ―― という点にかけては、絶対の自信があります。

At least, I am absolutely confident in the point that "I will lower the company average of your company's TOEIC score".