2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|

2013-11-24 私たち夫婦は、どちらも許せないものがあるのです。

2クール程前、高津カリノさんの4コマコミック「サーバントxサービス」がアニメ化されて、放送されていました。

Two quater of year ago, the animation "Servant x Service" has been broadcasting. That animation is based on Ms. Karino Takatsu's four-panel cartoon

嫁さんの許諾を得て、家族でそのアニメを見ていたのですが、嫁さんが、しばしば、テレビ画面に向かって怒っていました。

With my wife's permission, we whole family, kept watching the animation every week. But my wife often got angry saying,

―― 遊んでいないで、仕事しろ。仕事!

Don't Play at workplace! Work earnestly!

-----

現在、竹宮ゆゆこさん原作による、ライトノベル「ゴールデンタイム」がアニメ化されて、放送されています。

Now, the animation "Golden Time" is broadcasting. That animation is based on Ms. Yuyuko Takemiya's novel.

こっちも嫁さんの許諾を得て、家族でそのアニメを見ていたのですが、今度は、私が、テレビ画面に向かって怒っています。

With my wife's permission too , we whole family, are watching the animation every week. But I often get angry saying,

―― 遊んでいないで、勉強しろ。勉強!

Don't Play at college! Study earnestly!

-----

銀行の窓口業務で忙殺されていた嫁さんと、苦学生でキャンパスライフを送ってきた私。

My wife, she had been buried under office counter work in a bank, and I has been a self-supporting student during college life.

どちらも、許せないものがあるのです。

Both of us has been having what we can never afford.


2014-11-24 「(そのテーマは)危ないんじゃないの」

(昨日の続きです)

「(そのテーマは)危ないんじゃないの」

"The theme seems to be dangerous"

と、嫁さんに言われました。

My wife told me.

うん、確かに危いと思う。

I can agree with her. It should be dangerous.

穏やかな人生を送る為には、政治、野球、他人の色恋沙汰、の3つには関わってはならない、と言われています。

In order to live the calm life, it is said that we never touch with "politics", "baseball" and "love affaire for others".

それに、70年代安保闘争に関わった政治団体のいくつかは、まだ存続していますし、現在にあっても「暴力革命」自体を否定している訳でもないようです。

In addition, there are several political bodies in the present, and they don't seem to deny "violent revolution".

こういうことには一切関わらず、日和って人生を送るのが正解です。

The correct answer is to dance and sing all weathers, not to being in these issues.

-----

ですけど、このまま忘れ去ってしまうには、惜しいんですよ。

However I feel regret for erasing this era in my memory.

この時代のネタは、上手く掘り起こせば面白いコンテンツになるはずですし、現在の世相と比較すれば、何か見えてくるものもあると思うんですよ。

I think that the topics of this era become interesting if we can dig them, we could find something exciting comparing the era and the present.

ですから、

So, I always think

―― 私でない、どこからの誰かが、やってくれなかなー

"Whoever, wherever try to do, except for me

と考えながら、日々を過しています。

and, I pass my days.


2015-11-24 『同じマンションに住んでいる住人どうしが、一生の間に一度も会話をしないという世界が、ITの世界でも、普通になりつつある』

I had used "VMware", one of virtual machine(VM) software before more than ten years.

『いずれ、クライアントではなくて、サーバの方を持ち歩くようになる』てな話をしていたのですが、今や、本当にそうなりつつありますね。

I predicted that "in the near future, we are going to take out not a client but a sever." and it will be realized indeed.

今、仕事で、OracleのVitrualBoxという仮想化ソフトを使っているのですが、ゲストOSのエクスポート、インポートが簡単すぎて、怖いくらいです。

Now I use a VM software, that name is "VirtualBox" presented by Oracle Co.. The software can export and import a guest OS with ease unbelievably.

ソフトウェア単位ではなく、OSを含めて丸ごと持っていけるので、ハードウェアの相性だの、デバイスドライバの不具合だの、一切考える必要なし。

We can take out a whole OS system including softwares, so we don't have to worry about compatibility of hardware and device driver problems.

これからのソフトウェアの、特にサーバ系の開発は、もはやコーディング単位でなく、ゲストOS単位で発注されるようになりますね、確実に。

According to the outsourcing software development, we are asking not program codes but Guest OS including the codes, absolutely.

1つのPCサーバの中に、いくつゲストOS作ったって、構わないですしね。

Because, we don't care how many Guest OSs are included in a PC server, now.

-----

うん、一体何の話をしているのか、全然分からない人が大半だと思います。

Yes I know well. Most people cannot understand what Ebata is writing in the above.

簡単に言いますとね、

Simply speaking,

『同じマンションに住んでいる住人どうしが、一生の間に一度も会話をしないという世界が、ITの世界でも、普通になりつつある』

"It becomes natural in the IT world that residents in a same combo are likely to never say one word in their life"

という話なんです。

クライアントから全くアクセスされることなく、そのうち、誰にも知られることなく、孤独に、サーバの電源が切られるまで、ただ生きているだけのオペレーティングシステム達。

The Guest OS is going to not be visited by any clients, and just waiting a client as long as their life. No one knows them and just live their life alone.

いかん、書いていたら、切なくて、泣きそうになってきてしまった。

No-no, I am almost close to tears when writing today's diary with grief.

-----

今日は、最後まで、誰かに理解して貰おうという気力を欠いた日記でした(そういう日だって、あるさ)。

In conclusion, this diary has a luck of efforts to be understood by reader at all. These things can happen.


2016-11-24 『死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね』というTwitterのメッセージ

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number" Accident resulting in injury or death (34) "

New six hypotheses of one-under of trains have come

-----

『死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね』というTwitterのメッセージに

Insisting on "a Twitter message of "DieDieDieDieDieDieDieDieDie" is meaningful"

「価値がある」と言い張る

そういう研究員は、

Such a senior researcher

実在します。

has existed.


2017-11-24 私という「魚」は「パソコン」という、水の中にいる期間が、通常の人と比べて長かった ―― それだけのことです。

私は、水の中にいる魚のように「パソコン」を使うことができます(と思っています)。

I think I can use "personal computer" like a fish in the water.

文章や画像を簡単に繋ぎ、音楽を聞きながらイラストを描くことができます ―― ほんとんど自分の思った通りに。

I can easily create sentences and images and draw illustrations while listening to music, as I thought.

しかし、これが、スマホを使うことになると、陸に水揚げされた魚のようです。

However, I am like a fish, on a fishing boat when using a smartphone.

もう、その細工さときたら、船の上でジタバタするしかできることがない、というくらいです。

It is likely that nothing I can do but to snatch on the ship uglily.

この違いは、私の生きてきた日常(報告書や特許明細書の執筆が日常)と、パソコンの改造も普通にしなければならない環境の違いであって、私の「努力」とは関係がありません。

This difference means that my daily routines (the writing of reports and patent specifications is everyday) and environments that I have to repair my personal computer daily. It has nothing to do with my "effort".

一方、スマホが消滅する未来を想定することはできないので、これから私は不細工のまま、スマホと付き合っていうしかありません。

On the other hand, since I can not assume the future where smartphones disappear, I have to go out with a smartphone, even if I am ugly.

いずれにしても、私という「魚」は「パソコン」という、水の中にいる期間が、通常の人と比べて長かった ―― それだけのことです。

I am a fish, and I have been in the water, called "PC", longer compared with the normal person. That's all.

-----

だから、私は、"水の中にいる期間"で育成された能力を鼻にかけて自慢する奴が、私は大っ嫌いなのです。

So, I dislike a person who boasts of his ability to nurture the skills developed in the period "in the water".

●外国の長期滞在していて語学に堪能な人間で、外国語を上手く使えない日本人を馬鹿にする奴

- A person who who is fluent in languages while staying abroad for a long time, and makes a fool of Japanese who can not use a foreign language well

●外交の第一線にいて国際地政学に通じている人間が、日本人のことを「平和ボケ」と馬鹿にする奴

- A person who is at the forefront of diplomacy and is familiar with international geopolitics, and makes a fool of Japanese as "peaceful blur"

●原子力のエネルギー研究や、放射能の分析析処理に拘ってた人間で、「放射能」に対する知見のない人間を馬鹿にする奴

- A person concerned with nuclear energy research and analysis of radioactivity, and makes a fool of people who has no knowledge of "radiation".

●政治に携ってきた官僚や政治家の人間で、ポピュリズム(populism)に走る大衆を馬鹿にする奴

- A bureaucrat or a politician who has been involved in politics, and and makes a fool of people who runs populism.

―― お前ら全員、死ね

"I wish that all of you had died"

と、かなり本気で思っています。

I am pretty serious.

(続く)

(To be continued)