2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|

2013-11-20 秘密は守りますから、「私」にだけコッソリ教え(以下省略)

以前、生涯未婚率の予測のコラムを執筆しました。

The other day, I wrote the column of the percentage of unmarried people in life time.

本日、たまたま、厚生労働省白書(平成23年)のデータを見つけました。

Today I happened to find the same kinds of data in the white book published by Health, Labor and Welfare Ministry.

私の予測傾向と概ね一致していたので、ちょっとホッとしています。

I am relieved to know that the data seems to be almost same as my prediction of population trend.

こちらは週末研究員。あちらは後ろ盾が国家である組織です。

I am a just weekend researcher, but they are the authorities base on Japanese government.

私のようなヘボい計算(電卓とパソコン)ではなく、きちっとしたシミュレーションプログラムによる計算をしているハズです。

They could use many intellectual researcher and high spec computer though I just use poor tools, like pocket calculator and PC in my house.

信用度が格段に違うと思います。

I think that the credibility differed from my environment.

-----

一方、私は、生涯未婚率の予測に30時間以上の時間を突っ込んできたので、厚生労働省発表のグラフと、私の予測の「差異」があることを見抜いています。

On the other hand, I had been working to predict the population movement for more then 30 hours, so I could find out the important difference between my result and their ones.

[差異1](私が怖くて採用できなかった)女性の生涯未婚率に指数関数の補完を採用している(ように見える)。

[1] They (looks like) adopt the exponential function in order to calculate female unmarried ratios.(I was scared to use this function)

[差異2]ほんの僅かですが(ほとんどの人は見つけることはできまい)、2025年から増加傾向が若干鈍化している。

[2] The increasing ratio will become show down slightly from 2025. (Few person noticed that).

なぜだろう。

Why did the differences happen?

私のように単純な「線形増加」としていないからには、何か加味すべき要因があったハズです。

There might be some factors that should be added for them though they didn't use the liner increment.

もの凄く興味があります。

I really want to know the reasons.

-----

厚生労働省の白書作成の担当者様。

Dear Mr./Mrs. Authors who were in charge of this white book.

計算に用いたシミュレーションプログラム、スプレッドシート(エクセル等)マクロを、開示して貰いたいのですが、無理でしょうか?

Would you please show me simulation programs and/or macro programs of the spread sheet that you have used?

「国民に開示しろ」なんて野暮なことは言いません。

I never talk nonsense like "You should open all materials for all of Japanese!".

秘密は守りますから、「私」にだけコッソリ教え(以下省略)

I pledge that I keep your secrets, so please show me ONLY (The rest is omitted.).


2014-11-20 ―― 22:00から翌日始業時間までぶっつづけの「蛍の光」

最近、私の職場では、22時になると「蛍の光」を流して、帰宅を促すというイベントが実施されるようになりました。

Recently, at our office, the event that the music "Hotaru-no-hikari (Auld Lang Syne)" plays to ask the office workers go home has started.

日本人のDNAには「蛍の光」を聴取すると、帰宅したくなるという、反射因子が含まれていることは有名です(ウソです)。

It is a famous story that our Japanese DNA includes the special element that we become to go home when we hear the song.

ですから、22:00に「蛍の光」を流すことには、長時間残業(長残)を駆逐する為に、一定の効果が期待できるとは思います。

So, I am expecting an effect to terminate "long hour", playing the music from 22:00.

-----

が、私に言わせると、まだ甘い。

However, if you ask me, it is still mild.

「蛍の光」は、そのリピートがいつ終わるか分からない、という恐怖感を共なう態様で使用されてこそ効果があるのです。

"Hotaru-no-Hikari" becomes more effective, when nobody know when the song will stop with fright.

どうせやるなら、

If you do it at all,

―― 22:00から翌日始業時間までぶっつづけの「蛍の光」

"Nonstop "Hotaru-no-Hikari" from 22:00 to the next starting time."

ここまでやれば、長時間残業(長残)は劇的に減ることは間違いないでしょう。

If we can do this stage, I believe the "long hour" is going to become terminated dynamically.

メンタルヘルスを併発する怖れもありますが、ここは長残撲滅に重きを置くべきでしょう。

However some mental diseases are afraid to be happened, we should pay attention for the "long hour" destruction.

-----

もっとも、「蛍の光」に対する耐性を獲得してしまう可能性も否定できません。

Of course, there seems to be risk that we could get a tolerance against "Hotaru-no-Hikari".

そこで、ここは

So, I will propose to use the following songs

■「君が代」

"Kimigayo"(the Japanese national anthem)

■「赤とんぼ」

"Aka-Tonbo (a red dragonfly)"

■「遠き山に日は落ちて」

"Tooki Yamani Hi wa Ochite (Going Home)"

■「あの日に帰りたい」

"AnoHini Kaeritai (I want to go back to the day)"

■「五番街のマリー」

"Marry in the fifth street"

■スコットランド民謡「ロッホ・ローモンド」

“Loch Lomond in Scottish folk song"

などを各種取りまぜて構成するなど、我が社の安全衛生委員会は、もっと色々工夫をすべきでしょう。

And make the program to play them randomly.

The safety and health committee in our company should concentrate this issue more.


2015-11-20 「ボジョレ・ヌーボーの解禁日」というフレーズを聞くと、私は、ムッした気分なります。

「ボジョレ・ヌーボーの解禁日」というフレーズを聞くと、私は、ムッした気分なります。

I feel bad whenever I hear the phase of "Open day of Beaujolais Nouveau".

合法品を、誰が、いつ、どのように売ろうが、買おうが、お前の知ったことか! と思ってしまうのです。

It is not your business even if I try to sell and buy legal things whenever and wherever.

-----

ちょっと調べてみたのですが、やっぱり解禁日以前に、ボジョレ・ヌーボーを売ろうが、買おうが、法的拘束力はゼロです(日本国内では)。

Let me check about this issue. and I could confirm that there is no legally binding whoever sells or buys before the open day.

そりゃそうでしょう。

Quite so.

商品の自由売買は、自由主義経済の基本原理ですから。

Free trading is a basic principle of free economy.

ま、もっとも、仕入れ元と仕入れ先が、解禁日前の販売を、私的契約で縛っていた場合は、契約不履行として、違約金の請求を行うことは可能のようです(当たり前ですが)。

Of course, when buyer and seller make a contract to prevent the good from selling before the open day, it is possible to make a claim for damages by the defaulting contract.

しかし、たかだか仕入れルートの私的契約ごときで、「解禁」なんて言葉使うかなあ?

However, is it usual to use the words "the open day" even it is just a private contract ?

で、それを、まるで、「大切な日」のように吹聴するメーカも、マスコミも、私は不快です。

I find makers and medias offensive to trumpet the day, like a important annual.

せめて、「ボジョレ・ヌーボーの一番美味しい日」くらいの表現で十分だろうと思うのですよ。

I think that it is enough to express "the best day to start Beaujolais Nouveau"

-----

そもそも、私は、あの薄っぺらい味のワインを「美味しい」と思えたことが、一度もないのです。

Above all, I have never thought that the no rich taste wine is good before.

In comparison, I think my hand-made wine had been better.


2016-11-20 ―― そんなの『いい加減にしてみました3』に決まっているじゃない!

『オー・ヘンリーの著作の「賢者の贈り物」は、夫婦のコミュニケーション不足だ』いうことを、得意気に言う奴が増えてきました。

Recently, some guys come to say that " "The Gift of the Magi" written by O. Henry is expressive of "lack of communication of of marriage" with proud look.

でも、もう、このネタ「古い」です。

However, I am afraid that this tip becomes too old.

今さら、この話を出すと恥をかきますので、得意気に言うのは、避けた方が良いと思います。

I think that It's too late to say such a thing and you will be disgraced. So you should avoid to say this story.

少くとも、私はバカにします。

At least I will make fun of you absolutely.

私は、この問題を「ゲーム理論」の観点から論じてみたいと考えており、その論理構築を、今年のクリスマスまでに完成したいと思っています。

I will reconstruction this story from the view of "Game Theory", I am going to complete it by the day of this year's Christmas.

それはさておき。

Above and beyond this

-----

次女の誕生日が近づいています。

The birthday of my junior daughter is coming soon.

今回、私は、誕生日プレゼントとして、

This time, I offered two options as her birthday present,

■コミック『鋼の錬金術師』の全巻セット

- Comic "FULLMETAL ALCHEMIST" All the volume set

と、

or

■伊東四朗・三宅裕司コントライブ「いい加減にしてみました3」のDVD

- Ito Shiro and Miyake Yuji Comte live of DVD "Give me a break 3"

をオファしました。

次女に「どっちかを選べ」とメールを打ったら、

When I mailed the second daughter "alternative"

次女から、

she replied by return mail

―― そんなの『いい加減にしてみました3』に決まっているじゃない!

"It goes without saying that the DVD"

というリプライメールが戻ってきました。

-----

うちの次女は、「笑い」については、結構なこだわりを見せる、中学二年生です。

My junior daughter is a junior high school second grader who shows pretty commitment about "laugh".


2017-11-20 「水土日の週休3日制度」の法制化

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

"Let's turn the world by "Number" : Work style reform(4)

The meaningless "short time" is a SOS warning from "Tsundere government"

-----

色々調べているんですが、どうも、この「働き方改革」には、華がありません

I am investigating various things, but, indeed, there is no flower in this "working reform"

1960年に池田内閣の下で策定された「所得倍増計画」のような、前向きなメッセージがあるといいんですが。

I hope there is a positive message like the "Income Doubling Plan" formulated under the Ikeda Cabinet in 1960.

思うに「時短」という、曖昧な言葉を含む目標は、大抵上手くいきません。

I don't think that the goal that includes ambiguous words "short-time" is good in many cases..

そして、数値目標であっても、現在のように、40時間とか、80時間とか、柔軟性の入る余地のある目標もだめです。

In addition, I also don't think that the present way with time restriction like 40 hours or 80 hours is good. Because those numbers has have the flexibility.

「年休取得推進」、というような、「エイエイオー」型の目標設定もだめです。

I am afraid that setting a goal such as "Promotion of annual holiday acquisition" will work well.

-----

「水土日の週休3日制度」の法制化

Legislation of "three days week holidays including Wednesday"

ここまでやらないと、「所得倍増計画」程度のインパクトはないと思います。

I think that there is no impact of the "Income Doubling Plan" unless we do so far.