0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

2021-11-01 結論: 今回のコラムの「付録1」だけは絶対に読んで。特に12歳以下の子どもを持つ保護者は。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

-----

本日は、私のコラムの編集担当をして頂いているMさんのメールを、本人の許諾を頂いて公開させて頂きます。

Today, I would like to share with you an e-mail from Ms. M, who is in charge of editing my column, with her permission.

====== ここから ======

====== From here ======

江端様

Mr. Ebata.

お世話になっております。ご確認をありがとうございました。記事は、11時半に公開致します。

Thank you for your confirmation. The article will be published at 11:30.

確かに長いのですが、面白かったですね。

Yes, this column was long, but it was interesting.

※後輩さんのレビューを読んで、1ページ目の目次の下に「お時間ない方は、シバタレポートだけでも読んでくれ」と、追記致しました。

After reading your co-worker's review, I added a note under the table of contents on the first page, "If you don't have time, just read the Shibata Report.

次女さんのレビューを読み、ちょっとだけ思ったのは、変な言い方ですが、「恐怖心が足りない人も多数いるんだろうな」ということです。

I read your second daughter's review and thought for a moment, in a strange way, that there must be a large number of people who do not have enough fear.

一時期、「コロナを正しく恐れよう」と、ニュースなどでもいわれましたが、おそらく、死者数がかなり少ない日本人にとっては、「コロナでどんどん人が亡くなっていく」という状況を、現実のものとして感じられないんだろうなと思うのです。

At one time, there was a lot of talk on the news about "fearing Corona correctly," but I think that Japanese people, for whom the number of deaths is quite small, probably cannot feel the reality of a situation in which "more and more people are dying by Corona".

イタリアのように、死者がトラックでがんがん運ばれているわけでもなく、NYのように、火葬が間に合わず、病院の隣の巨大な倉庫に大量の遺体が保管されている、ということもなく、確かに感染者は一時期急増したけど、「コロナって本当にそんなに怖いものなの?」と感じている若い方も多いのかもしれません。

It's not like Italy, where the dead are being trucked in by the truckload, or like New York, where cremation can't be done in time and a lot of bodies are stored in a huge warehouse next to the hospital. The number of infected people has increased rapidly, however, many young people may be wondering, "Is corona really that scary?

あとは、重症がどれだけつらいか、恐ろしいかを想像しにくいということも、あるかもしれません。

The other thing may be that it's hard to imagine how painful and frightening the COVID-19 can be.

私などは、今回の「付録1」を読んだだけで「ひーーー!ぜったい、ぜったい、感染したくない!!!」と、怖くて仕方なくなるのですが…。

In my opinion, I just read this "Appendix 1" and said, "Heee! I really, really don't want to get infected! I'm so scared....

これがもし、SARSのように致死率が高かったり、エボラのように、穴という穴から出血して亡くなるという恐ろしい死に方をしたりする感染症のパンデミックであれば、外出自粛も、ワクチン接種も、全然違う捉え方をされていたかも、とも思っています。

If this had been a pandemic of an infectious disease with a high fatality rate like SARS or a horrible death rate like Ebola, where people bleed to death from holes in the ground, I wonder if people would have taken a completely different approach to refraining from going out and getting vaccinated.

私には大学生の友達や知り合いはいないのですが、もし聞けるならば「ぶっちゃけ、コロナって怖い?」と聞いてみたいです。

I don't have any friends or acquaintances who are college students. However I would like to ask them, "To be frank, is Corona scary? , if possible,

長くなりました(返信は不要です)が、シバタ先生に、くれぐれもお礼をお伝えいただければと思います。

It's a long story (no need to reply), but I hope you will let Dr. Shibata know how much I appreciate his help.

どうぞよろしくお願い致します。

I'm looking forward to working with you two.

M

M

====== ここまで ======

====== To here ======

Conclusion: Just be sure to read "Appendix 1" of this column. Especially for parents with children under the age of 12.


2021-11-02 視力検査とは、「目」で見るのではありません。「心」で計算するものです。 [長年日記]

昨日、人間ドックに行ってきました。

Yesterday, I went for a physical checkup.

I enjoy my own "ultra-precise weight management" as a hobby.

ですから、人間ドックの日には、目標体重と誤差0.1kg以下(つまり、メータスケールではドンピシャ)を出すことに、愉悦を感じるという、妙な性癖があります。

Therefore, on the day of my physical checkup, I have a strange habit of feeling pleasure in achieving my target weight with an error of less than 0.1kg (that is, right on the meter scale).

まあ、社会通念的には「良い性癖」だとは思うのですが ―― 『健康管理』というより、『健康"制御"』している感じですが。

Well, I guess it's a socially accepted "good habit". It's not so much "health management" as it is "health control".

当日は、病院までの発汗量まで計算して、備えていました。

On the day of the event, I had prepared to even calculate the amount of sweating I would have to do to get to the hospital.

-----

昨日は、これまで経験のない「午後スタートの人間ドック」でした。

Yesterday was the "afternoon start human health checkup" which I have never experienced before.

病院に到着してみたら、参加者は私一人だけでした。

When I arrived at the hospital, I was the only participant.

実質、待ち時間なしで、どんどん検査を行えたのはよかったのですが

It was good that we could do more and more tests with practically no waiting time, however,

―― 体重測定の順番の前に、バリウムを飲まされる

"They made me take a Valium before my turn to be weighed"

という、予想外のトラブルに見舞われました。

This was an unexpected trouble.

『なんてことをしてくれるんだ! これで、私の体重が300gは増えてしまうではないか!!』

"How dare you! This is going to add at least 300 grams to my weight!"

と ―― しかし、そんなんことで、「バリウム検査を、体重測定の後にしてくれ」と言えるほど、私も心臓は強くない方です。

I wanted to scream, but I don't have a strong enough heart to ask for a barium test after my weigh-in.

-----

結果として、+0.1kgという結果になりました。

The result was +0.1kg.

あのバリウムさえなければ、-0.2kgになっていたことを思えば、逆に目標値に近くなったとも言えますが ――

If it weren't for the Valium, I would have been -0.2kg, which was far to my goal.

今一つ、納得できません。

However, I am still not convinced.

来年からは、「巡回セールスマン問題」ならぬ、「巡回検査問題」も加えて、事前検討をしたいと思います。

From next year, I would like to add the "traveling check-up problem" like, "traveling salesman problem" for preliminary consideration.

-----

ちなみに、視力は、くだんの「江端式ベイズ推論予測」を使って両目とも"1.5"を叩き出しました。

By the way, I got 1.5 in both eyes using the "Ebata Bayesian Prediction".

ちなみに、私は裸眼では、パソコンの文字すら読めません ―― が、

By the way, I can't even read the words on my computer with my naked eyes -- but

視力検査とは、「目」で見るのではありません。「心」で計算するものです。

An eye test is not something you see with your eyes. "It's something you calculate with your mind.


2021-11-03 ―― 国民から毛虫のように嫌われていても、党としては絶対に必要な人物 [長年日記]

『選挙の投票が締め切られた後の、選挙速報番組って、自己採点みたいなものだよな ―― 他人の』

"After the polls close, a quick election report is like a self-grading program -- someone else's"

と思いながら、録画していた選挙特番を、ダラダラと見ています。

I've been lazily watching the election specials that I had recorded.

もうすでに分かっている選挙結果をレビューするのは、非常に悪趣味ですが、同時に愉悦でもあります。

Reviewing election results that we already know is in very bad taste, but also a pleasure.

-----

結果が分った後から見る、選挙前の新聞各社の予測や、テレビ各局の出口調査結果をレビューするのも楽しいです。

It is also fun to review the predictions of the newspapers before the election and the exit poll results of the TV stations, which we will see after the results are known.

As I wrote over here, I wonder if predicting elections is still "difficult".

あるいは、各党の獲得議席の順番は、きちんと当ててきていることは「凄い」というべきなのか。

Or should I say that it is "great" that the order of seats won by each party has been guessed correctly?

今回は、各局の予測精度を調べて、比較してやろうと思っていたのですが、面倒くさくてやめてしまいました。

For this election, I was going to check the prediction accuracy of each station and compare them, but it was too much trouble and I decided not to do it.

実際に「当選確実」は、各局の独自の(勝手な)判断ですので、時々「訂正」が出ることもあります。

The "virtual winner" is determined by each station on its own (arbitrary) basis, so sometimes "corrections" are made.

しかし、これに対して、怒り心頭という人もいないようです ―― 立候補者とその支援者を除けば、開票後の結果が分かれば、それで十分ですので。

However, no one seems to be very angry about this. Except for the candidates and their supporters, it is enough for them to know the results after the polls open.

-----

不思議なもので、最近「選挙速報番組」が面白いです。

It's a strange thing, but lately "election bulletin programs" have been interesting.

特に、有力な候補者が落選するのは愉快です。

It is especially amusing to see a strong candidate fail to get elected.

しかし、比例区選挙で復活すると腹が立ちます。

However, I get angry when they come back in proportional district elections.

今回、2人ほどこのような人物がいました(興味のある人は、私の過去ブログを御参照下さい)

This time, there were two such people (if you are interested, please refer to my past blogs).

「比例人名簿も、各党で作るのではなく有権者の投票で作ればいいのに」と言いたくなります。

"I think, "Why don't we make the proportional voter list by voter's ballot instead of making it by each party?

でも、比例人名簿なんか作らなくても(全員を名簿1位にして)、惜敗率の高い順から当選としていけば、国民の納得感も高いと思うのです。

However, I think that the public would be more satisfied if there was no need to create a proportional list (make everyone on the list number one), and the winners would be chosen in order of the percentage of close defeats.

まあ、党の運営という観点では、

Well, in terms of running the party,

―― 国民から毛虫のように嫌われていても、党としては絶対に必要な人物

"A person who may be hated like a caterpillar by the people, but is absolutely necessary for the party"

というのはいると思います。

is existed.

なんというか「社員が全員当選して、社長だけが落選した会社」みたいな感じでしょうか。

I guess it's kind of like "the company where all the employees were elected and only the president was not.

『でも、あいつと、あいつだけは、我が国の国政には不要な人物だと思うんだよなぁ』 ―― と、私のように同じように考えている人は、世の中に沢山いるでしょう。

But I don't think both he and she are the only ones we need in our national government. I'm sure there are many people in the world who think the same way I do.

だからこそ、この投票システムは「これで良い」のかもしれませんが。

Maybe that's why this voting system is "the way to go," though.

-----

ともあれ「党首やら幹事長からが小選挙区で落選することがある」というこの選挙というイベントは、

Anyway, this election event, in which "party leaders and secretary generals sometimes fail to win"

―― 実に楽しい

is really fun.

です。

是非、皆さんにも、このイベントに参加して、一緒に楽しんで頂きたいです。

I hope that you will join us and have fun with us at this event.


2021-11-04 何年か後に、『GHz帯の電波の直接照射によって、発ガン率が劇的に高まることが分かった』としても、その時には手遅れです [長年日記]

我が家では、現在、無線LANのアクセスポイントが「5台」起動しています。

In our house, we currently have "five" wireless LAN access points activated.

我が家は、巨大な屋敷ではなく、普通の一戸建てです。

Our house is not a huge mansion, but an ordinary single-family house.

なぜ、こんなことになっているかというと、『無線LANが繋がらない』と家族が私に不平を言ってくるからです。

The reason why this is happening is because my family complains to me that 'the wireless LAN is not connected.

-----

以前にも説明しましたが、私、無線LANの通信というものを信じておらず、特にリモートワーク用の機器は、全部LANケーブルで繋げています。

As I've explained before, I don't believe in wireless LAN communication, especially for remote work, so I use LAN cables to connect all my devices.

無線は「ヌルポイント」という、距離に関係なく無線電波が干渉して消失するポイントが発生するので、結構な頻度で伝送失敗するケースが発生します。

Wireless causes "null points," which are points where wireless radio waves interfere and disappear regardless of distance, so there are cases of transmission failure quite often.

こういう場合は、場所をちょっとずらすとか、あるいは、いったんデバイスを切って、再接続することをすれば足りるのですが、私を除く家族は、そういう技術的な工夫をせずに、もっとも簡単なことをやります。

In such a case, it would be enough to shift the location a bit or disconnect and reconnect the device, but my family, except for me, does the simplest thing without such technical devices.

―― 私に文句を言う

"Complaining to me"

-----

別に私、無線インフラの管理責任者でもないし、報酬を貰っている訳でもないのですが。

I'm not in charge of managing the wireless infrastructure, and I'm not paid to do so.

むしろ、日本人の普通の家では考えられないくらい贅沢なIT環境を安定供給しているつもりなんですけど ―― ちょっとした不具合がでれば、すぐにクレームをつけてきます。

Rather, I think I am providing a stable supply of a luxurious IT environment that is unthinkable in a normal Japanese home. Even so, if there is a slight problem, they will immediately complain.

これは、日本のみならず世界のインフラ(水道、ガス、電気)をメンテナンスしている事業者への、一般人の対応と同じです。

This is the same way the general public deals with the businesses that maintain the infrastructure (water, gas, electricity) in Japan and around the world.

水道、ガス、電気は、まあ、命の関わるインフラですが、ホームLANは、そういう訳ではありません。

Water, gas, and electricity are, well, life-threatening infrastructures, but that's not the case with home LAN.

ホームLANなど、なければ、ないなりになんとかなるものです。

If they don't have a home LAN, for example, they can do by without it.

-----

で、まあ、私がどうしたかと言うと、テーブルの真横までLANケーブルをひっぱってきて、小型の無線LANのアクセスポイントを、キッチンテーブルの真横に置く、という、徹底的な「近距離戦略」を行いました。

So, what I did was to pull the LAN cable right up to the table and put a small wireless LAN access point right next to the kitchen table, a thorough "short distance strategy".

距離にして、1メートルちょっと、といったところでしょうか。

The distance is a little more than a meter, I think.

もうこれは、スマホに、LANケーブルを接続するのと、ほとんど同じようなものだと思いました。

I already thought that this was almost like connecting a LAN cable to my phone.

ここまで近ければ、ヌルポイントも発生のしようがありません。

If it is this close, there is no way for a null point to occur.

しかしまあ、2.4GHz, 5GHzの電波を体にダイレクトの照射されているようなものです。

But well, it's like having 2.4GHz and 5GHz radio waves irradiated directly into your body.

何年か後に、『GHz帯の電波の直接照射によって、発ガン率が劇的に高まることが分かった』としても、その時には手遅れです

Even if we find out years later that direct exposure to radio waves in the GHz band dramatically increases cancer rates, by then it will be too late.

が ―― まあ、その場合、100万人オーダの同胞(世界中なら何億人の同胞)が道連れなので、多分、あんまり悔しくはならないと思います。

But -- well, in that case, I probably won't be too disappointed, since I'll have a million or so compatriots (or hundreds of millions of compatriots around the world) with me.

I have written a similar story here.


2021-11-05 『死刑になりたいから事件を起こした』 [長年日記]

―― 悪気がないのは、分かっているんだけど

"I know you don't mean any harm."

という場面があります。

We often find ourselves in these situations.

例えば、

For example,

■SNSで紹介された記事をクリックしたら、それが有料サイトで見られなかった時、とか

- When I clicked on an article featured on a social networking site and it was not available on a paid site.

■飲み会で、日本最高学府を卒業した人が数人が、自分の出身大学をディスっている話で盛り上がっている時、とか

- When a few graduates of Japan's highest university are having a good time at a drinking party, talking about how they disrespected their home university.

です。

私は、紹介した人や、盛り上がっている人たちを良く知っていて、彼らに『誰かを貶めよう』という気持ちが1mmもないことを知っていますが ―― やはり気分の良いものではありません。

I know the people I've introduced and the people I've had the pleasure of drinking with, and I know that they don't have the slightest desire to 'put anyone down' -- but it's still not a good feeling.

-----

私、小田急沿線の住民であり、京王線も良く利用しています。

I am a resident of the Odakyu line, and I often use the Keio line as well.

小田急、京王とくれば、例の「無差別殺傷未遂事件」です。

When it comes to Odakyu and Keio, there is the "attempted indiscriminate murder case".

この事件について、『乗客で立ち向かえ』とか、バカなこと言っている、本当に救い難いバカがいます。

There are some really irredeemable idiots who are saying stupid things about this incident, such as "passengers should fight back.

「犯人はナイフしか持っていなかった」というのは、「今」だから分かることです。

We know "now" that "The killer only had a knife.

乗客はガソリンを体に撒かれて火を付けられていたかもしれませんし、もしかしたら犯人は『爆発物』を持っている可能性もあったのです。

The passengers could have had gasoline sprayed on their bodies and set on fire by the perpetrators, and maybe the perpetrators had 'explosives' in their possession.

Considering this situation, there is no doubt that "escape" is the best solution (even if it is localized) in that incident.

-----

問題なのは、この事件の加害者の動機です。

The problem is the motive of the perpetrator in this case.

『死刑になりたいから事件を起こした』

"I did this because I want the death penalty"

全く意味不明で、このような動機で殺傷事件を起こす犯人に、対抗する手段はありません。

This motive makes no sense at all, and there is no way to counter a murderer with such a motive.

I had discussed this area 10 years ago.

しかし、今回は別の観点から考えてみました。

This time, however, I thought about it from a different perspective.

それは、

That is,

―― 悪意のない他人の振舞いを、悪意として把握してしまう能力の自己開発

"Self-development of the ability to grasp the behavior of others without malice as malice"

です。

-----

冒頭の話は「え? 他人の、有料ニュースサイトの登録まで、考えなければならないの?」とか、「母校の話で盛り上がることが、いけないの?」と言われれば、まったく反論できません。

The first part of my story was "What? Do I have to think about subscribing to someone else's paid news site?" or "Is it wrong to get excited about my alma mater? I can't argue with that at all.

「『止めてくれ』と頼む」ことなど、どんなロジックを使っても導出できません。

No amount of logic can derive "ask them to stop".

しかし、ムカつきます ―― これは事実で、そして、理屈ではありません。

But it pisses me off -- this is a fact, and not a logic.

そして、この感情は予測不能です。

And these feelings are unpredictable.

-----

例えば ―― 私のコラムを読むのが不快な人はいると思います。

For example -- I know there are people who are uncomfortable reading my columns.

下手すると、「私のコラムが存在していること」だけでなく、「私という存在」自体がムカついている人もいると思います。

If it is not good enough, I think some people are pissed off not only that my column exists, but that I exist at all.

もちろん、私は『理不尽だ』と叫ぶことはできますが、感情はいつだって理不尽なものです。

Of course, I can shout 'unreasonable,' but emotions are always unreasonable.

ですから、私は、娘たちにも良く言い聞かせています。

That's why I often remind my daughters of this.

『自分の出身校でのできごとを話でさえ、面白くないと感じる人がいる』

"There are people who find it uninteresting even to talk about your stories at your campus"

『いわゆる、高学歴と言われている人ほど、この件についてナイーブ(無知)になりがちだ』

"The more educated they are, the more naive they tend to be about this issue.

『だから、普段から会話の話題には十分に気をつけるようにしなさい』―― と。

"So, be very careful about the topics of your conversations"

-----

繰返しますが、この手の事件の被害者は100%の被害者であって、加害者に配慮してやる必要なんぞはありません。

Again, the victims in these cases are 100% victims, and there is no need to give any consideration to the perpetrators.

しかし、この手の事件は、これからも続きます。

However, this type of incident will continue to happen.

根本的な解決方法はないでしょう。

There will be no fundamental solution.

他人の外見や振舞いなどから、予見や予測のみで、その人から離れておくこと

"To stay away from another person based solely on foresight or prediction based on his or her appearance or behavior"

―― これを『差別』と呼ぶ人もいるでしょう(例えば、私(江端))

"Some people may call this 'discrimination' (for example, it is me (Ebata)).

が、これからは、こういう予見や予測の能力が必要となる時代になっていくのかもしれません。

However, we may be living in an age where this kind of ability to foresee and predict will be necessary.


2021-11-06 「ええ、最近は『マインドコントロール』を少々・・・」 [長年日記]

I read "Mind Control" by Takashi Okada.

過去のマインドコントロール研究が、体系的に纏められており、とても勉強になりました。

I learned a lot from the systematic way in which past mind control research has been summarized.

私、ここ20年近く、機械やシステムのコントロール(制御)の研究開発をしてきました。

I have been doing research and development on control of machines and systems for almost 20 years.

そんでもって、そろそろ「人間のコントロール」に興味が湧いてきている、というのは、本当です。

And it's true that I'm getting more and more interested in "human control".

-----

しかし、

But,

―― 江端が、再び『ダークサイド』に舵を切り始めた

"Ebata started to steer to the "dark side" again."

というのは、間違っています。

is not true.

そもそも、コロナ禍において、呼び掛けられている『行動変容』とは、広義の「人間のコントロール」です。

In the first place, the "behavioral change" called for in the Corona disaster is "human control" in a broad sense.

ですが、『行動変容』は、自分の信念を根本から変えてしまう「マインドコントロール」とは根本的に異なります。

However, "behavior change" is fundamentally different from "mind control", which is the practice of fundamentally changing one's beliefs.

マインドコントロールとは、その人のこれまでの人生での環境や考え方を叩き潰した上で、特定の思想や考え方を強制的に埋めこむものです。

Mind control is the process of forcibly implanting a particular thought or idea into a person's mind, after knocking down the environment and way of thinking that the person has had in his or her life.

----

とは言え、マインドコントロールの手法は、行動変容を誘導させる技術にも使えそうです。

Nevertheless, mind control techniques can be used for techniques to induce behavioral change.

(1)情報入力を徹底的に制限する(ゼロにする)、逆に、膨大な情報を与え続ける

(1) Thoroughly limit (reduce to zero) the input of information, and conversely, continue to provide a vast amount of information.

(2)高度な緊張下で、常時考えさせ続けて、脳を疲労状態に陥いらせる

(2) Putting the brain into a state of fatigue by keeping it constantly thinking under high tension.

(3)自己判断をさせないようにして、依存状態を維持し続ける

(3) Keeping them from making their own decisions and keeping them dependent on a specific person.

あれ、これの話どっかで見たな ―― と、デジャブを感じたので、少し考えたら『なんだ、ここ2年のコロナ禍におけるSNSやマスコミととそっくりじゃないか』と気がつきました。

I felt a sense of deja vu and thought, "Oh, I've seen this story somewhere before", and then I realized, "This is just like the social networking sites and the media in the last two years regarding the Corona disaster.

これは、「ワクチンを拒否し続ける人」だけでなく「ワクチンを肯定する人」にも、同じようなことが言えると思います。

I think this is true not only for those who continue to reject vaccines, but also for those who are pro-vaccine.

自分の調査と勉強と信念だけで、ワクチンの接種を決断した人、または、その拒否を決断した人 ―― そんな人は、ほとんどいないと思います。

I believe that there are very few people who have made the decision to vaccinate or refuse to vaccinate based solely on their own research, study and beliefs.

-----

今のところ、私は、他人の脳を制御する(マインドコントロール)のような高度な技は使えませんが、自分で、自分の脳を破壊しかけたことがありました ―― ダイエットで。

At the moment, I can't use advanced techniques like controlling other people's brains (mind control), but I almost destroyed my own brain once -- with a diet.

Yes, at that time, I was blue in the face when I realized how easy it was to destroy my own brain.

-----

2016年の米国大統領の選挙で、SNSのフェイクニュースを利用して、トランプ氏を勝利に導いたという暴露本を、以前購入したのですが、その著者の文体(『俺スゲー』)が鼻について、そのまま読むのは止めてしまいました。

I once bought a book exposing how the author used fake news on social networking sites to lead Trump to victory in the 2016 U.S. presidential election, but the author's writing style ("I'm awesome") made me uncomfortable, so I stopped reading it.

もう一度、読み直してみようと思います。

I'm going to read it again.

でも、

However,

「江端さん。今、何の仕事をされているんですか?」

"Mr. Ebata. What are you working on now?"

「ええ、最近は『マインドコントロール』を少々・・・」

"Yeah, I've been doing a little 'mind control' lately..."

など言ったら、どん引きされると思うので、ちょっと言い方は考えたいと思います。

If I say something like that, I think I will be met with disapproval. So, I'd like to think about how to say it.


2021-11-07 開催側の感染防止の最大限の努力に応じて、参加側の協力の仕方も、色々あります。 [長年日記]

本日、夫婦で、娘の学園祭に行ってきて、娘の登場する屋外舞台を見てきました。

Today, my wife and I went to our daughter's school festival and saw the outdoor stage where she appeared.

一応、会場整理券は貰ったのですが、随分遠い所だったので、舞台の近くで立っていたら、実行委員会のウインドブレーカーを着た学生さんから、注意をされました。

I was given a ticket for the venue, but it was very far away, so I stood near the stage. However, a student wearing a windbreaker from the organizing committee warned me.

彼らにとって『誰かに個人的に注意する』というのは、それなりに気の重い作業だったと思います。

I think that for them, 'warning someone personally' was a rather daunting task.

注意されることで、逆ギレするバカもゼロとは言えません。

It doesn't mean that there aren't idiots who get upset by being warned.

それなりにリスクのあるお仕事だと思います。

It was a risky job in its own right.

私が見ている限り、彼らは、立ち見の密状態を一つも許していませんでした

As far as I could watch, they hadn't allowed a single standing dense condition.

―― とても立派なことだ、と感心しました。

"It is very admirable, I thought."

Oh, by the way, the representative of the demonstration who claimed that "Corona doesn't exist" said, "Do your research and study it...

私は、すでに、現役の医師のアドバイスを受けて、論文調査や試算を行った7本のコロナ関係のコラムを執筆しました。

I have already written seven corona-related columns, which were based on the advice of active doctors, research papers and estimates.

Using the genome (Wuhan version) sequence of the corona spike protein, we also attempted to simulate RNA strand breaks in the virus.

ここから先、私は「何を調べて」「何を勉強すれば良い」のか、具体的に教えて欲しいです。

From here on, I would like them to tell me exactly what I need to "look into" and "study".

それはさておき。

But that's beside the point.

-----

で、今日、私がどうしていたかというと、嫁さんと別行動をとって、会場の周辺を一人でずっと歩き続けていました ―― ちょっと疲れましたが。

So, what I did today was to separate from my wife and walk around the venue by myself for a long time -- I was a bit tired.

歩き続けることで、感染した空気の滞留を回避でき、密状態の発生を妨げることできます。

By continuing to walk, you can avoid the stagnation of infected air and prevent the development of dense conditions.

舞台の内容に集中はできませんでしたが、この状況であるなら、十分と思いました。

I couldn't concentrate on the content of the stage, but I thought it was enough, given the circumstances.

開催側の感染防止の最大限の努力に応じて、参加側の協力の仕方も、色々あります。

Depending on the host's best efforts to prevent infection, there are many ways for the participants to cooperate.


2021-11-08 ですが、私が「愛猫家であり、愛犬家である」という事実と、「"犬肉食"を法律で規定すること」は、問題は別である ―― と言い切れるほどの程度の分別はあります。 [長年日記]

お隣の国、韓国では「犬肉食」という文化があるそうです。

In the neighboring country, Korea, there is a culture called "dog-eating".

韓国の大統領が、この「犬肉食」の禁止検討を指示して、論争が再燃しているそうです。

I heard that the controversy has been rekindled by the South Korean president's order to consider banning this "dog-eating" practice.

I remembered that my mentor once sent me this e-mail.

-----

私、この問題については、原則としてノータッチです。

I, as a rule, have no comment on this issue.

ただ、『クジラやイルカは可愛いから、食べたらダメ』という風のロジックに対しては、絶対に承服しかねます。

However, I definitely do not agree with the logic that says, "Whales and dolphins are cute, so we shouldn't eat them".

人間が、生きていく上で、命を犠牲にしているのは事実です。そして、これは仕方のないことでです。

It is a fact that human beings sacrifice other lives in order to survive. And this is something that cannot be helped.

「どの命は許され、どの命は許されないのか」が、「可愛い」か「否」かという基準で判断するのは、納得しかねます。

I don't agree that "which lives are allowed and which are not" should be judged on the basis of "cute" or "not cute."

まあ、世界中でも2000年くらい遡れば、人肉食も普通のことでしたからね(今でも、カリバリズムは残っているようです)

Well, if you go back about 2000 years in the world, cannibalism was a normal thing (even now, it seems that calibarism still exists).

極端ですが、私の死去の後、全部を献体に使った残りの肉を、誰かが食して『私に感想聞かせて貰えればなぁ』、と思うこともあります。まあ、2つの意味で無理ですが。

It's extreme, but after my death, there are times when I wish someone would eat the rest of the meat that I used for the body donation and ask me what I thought of it -- even it is impossible in two ways.

「死体損壊等の罪に問われる」からと、「死んだ私は感想を聞けない」から。

Because "I'll be charged with destruction of a corpse, etc." and because "I'm dead and can't ask for feedback.

-----

私、ネコもイヌも大好きです。

I love both cats and dogs.

子どもの頃、家族で飼っていました。

My family had both when I was a child.

飼っていたイヌが死んだ時、私の父は『自分の親が死んだ時よりも、悲しい』と言いました。

When my dog died, my father said, "I'm sadder than when my own parents died.

私も、その時、一生分の涙を流したかと思われるほど、号泣した記憶があります。

I remember crying so hard at that time that I thought I had shed a lifetime's worth of tears.

ですが、私が「愛猫家であり、愛犬家である」という事実と、「"犬肉食"を法律で規定すること」は、問題は別である ―― と言い切れるほどの程度の分別はあります。

However, the fact that I am a cat lover and a dog lover is not the same as the fact that I am a dog eater. I have the good sense to say as much.


2021-11-09 『子どもを作れば損をすることが分っていても、なお子供と一緒に人生を生きたい』という不思議な生物を、『親』と呼びます。 [長年日記]

I once calculated the "price of a child".

Also, I've made an estimate that the more children there are, the more money the government will make.

この計算は、極めて単純なもので、国家による子ども一人当たりの投資金額(1368万円)に対する平均生涯税収の比率を求めたものです。

The calculation is quite simple: the ratio of average lifetime tax revenue to the amount invested per child by the state (13.68 million yen).

育成投資に対して、1.56倍のリターンが返ってくる(のが本当であるとすれば)、子どもは優良な投資物件です。

With a return of 1.56 times the investment in child care (if that is true), a child is a good investment property.

少なくとも銀行に金を預けるよりは、ずっといいです。

At least it's much better than keeping your money in the bank.

もっとも、この投資を回収できるのは国家であって、私たちの家庭ではありません。

However, it is the state that can recoup this investment, not our families.

私たちは、子どもというバイバスを通じて、国家によって、なけなしの家計から税金を巻き挙げられているという、悪意に満ちた見方もできます。

We can also look at it in a malicious way that we are taxed out of our meager household budgets by the state through our children.

-----

とまあ ―― 私は、こういう計算ばかりしてきたので、

And well -- I've been doing a lot of these calculations.

新型コロナの感染拡大を受けた支援策を巡り、公明党が衆院選の公約に掲げていた「18歳以下に現金10万円を一律給付する」という案を、『不公平だ』と感じずに済んでいます。

I don't have to feel 'unfair' about the proposal by the Komeito Party to uniformly provide 100,000 yen in cash to people under the age of 18, which was a pledge made in the lower house election regarding support measures in response to the spread of the new corona infection.

正直に言えば、『ひとり100万円でもペイしないなぁ』と思っているくらいです。

To be honest, I'm thinking, 'Even one million yen per person won't pay off.

『子どもを作れば損をすることが分っていても、なお子供と一緒に人生を生きたい』という不思議な生物を、『親』と呼びます。

Parents are mysterious creatures that want to live life with their children, even though they will lose money if they have children.

-----

といいつつ、次女が、今年19歳になってしまったことを

However, my second daughter turned 19 years old this year.

―― 残念!

"Bummer!"

という気持ちがないでもありません。

I have the feeling.


2021-11-10 という訳で、私に言わせれば「死にたいけど、死にきれない」だの、「死刑になりたい」だの言っている奴は、『覚悟が足りない』のです。 [長年日記]

私、学生の頃の友人(女性)に、

I once told this story to a friend (a woman) when I was in college.

『私、他人に親切にしてこなかったし、これからも親切にするつもりものないので、親切にされることを期待できる身分ではないと思うんだ』

"I've never been kind to others, and I don't intend to be, so I don't think I'm in a position where I can expect to be treated kindly"

『いつも思い浮べるのは、冬の深夜の街で、電柱の側でうずくまって、誰にも声をかけられることなく、死んでいく自分の姿なんだよね ―― 生ゴミの袋のように放置されて』

"I always think of myself cowering by a telephone pole in a city late at night in winter, dying with no one to talk to -- like a bag of garbage"

『ただ、「その時、誰も助けてくれないことを、決して恨むまい」ということだけは誓っている』

The only thing I vow is that I will never begrudge anyone for not helping me when the time comes.

『それが、"バランスの取れた私の死に方"だと思うんだ』

"I think that's a balanced way for me to die."

『ただ、"寒い"というのはいいんだけど、"激痛"とか"苦痛"とか、そういう痛覚系が麻痺していると嬉しいなあ、と、ちょっとだけ贅沢なこと考えているけどね』

"However, I'm thinking that 'cold' is fine, but I'd be happy if my sense of pain, such as 'intense pain' or 'suffering,' is numbed.

という話をしたことがあります。

-----

後日、彼女は、彼女の親に、その話をしたと聞きました ―― はずかしいから、あんまり人には言って欲しくなかったんですが。

Later, I heard that she had told her parents about it -- I wanted her not to tell about the story to others.

ところが、彼女の両親は、

However, her parents said,

「見上げた若者だ」

"A fine young man"

と、言って、随分、私の評価が高くなったそうです。

They had come to appreciate me a lot.

普通なら『気持ちの悪い奴』と評価されて、『そういう人とお付き合いするのは止めなさい』と言われるとと思うのですが。

Normally, I would think that I would be evaluated as a 'creepy guy' and told to stop associating with me.

私みたいな考え方する人って、結構いるのかもしれません。

Maybe there are a lot of people who think like me.

-----

という訳で、私に言わせれば「死にたいけど、死にきれない」だの、「死刑になりたい」だの言っている奴は、『覚悟が足りない』のです。

So, in my opinion, those who say "I want to die, but I can't" or "I want to be executed" are "not prepared enough".

In addition, it is 'not enough study'.


2021-11-11 『映画の光に、煙草の煙りが映る』という光景が、映画観賞の「普通」だったのです。 [長年日記]

江端家は、どの駅からも均等に遠く、一番近くのコンビニまで10分の歩行が必要で、一番近くのスーパーマーケットは、徒歩での移動の気力が分かない ―― という立地の悪さです。

The Ebata house is equally far from all the stations, the nearest convenience store is a 10-minute walk away, and the closest supermarket is in a location that I can't muster the energy to walk to -- it's a bad location.

先日、GPSロガーで調べたら、標高76メートルの高台にあるため、浸水被害の可能性はないのですが、近くに土手があるので、土砂災害の可能性を完全には否定できません。

The other day, I checked with my GPS logger and found that there is no possibility of flooding damage because the house is located at an elevation of 76 meters above sea level. However, there is a bank nearby, so the possibility of landslide damage cannot be completely ruled out.

一応、ハザードマップで見たら危険区域には入っていませんでしたが、100メートル離れた場所は、レッドアラートが記載されています。

In case you're wondering, I looked at the hazard map and it was not in the danger zone, but 100 meters away is listed as a Red Alert.

ただ、我が家は、映画館が近いんですよ。

However, our house is close to a movie theater.

裏道を使えば、車で15分くらいで到着するくらいには。

If I take the back roads, it's about a 15 minute drive to get there.

-----

昔は、「映画を見に行く」というのは、ビッグイベントで、ハレでした。

In the past, "going to the movies" was a big event, and a celebration.

年に1回か2回切れるカード、という感じでした。

It was like a card that could be used once or twice a year.

ところが、私を除く家族は、夕食を食べた後で、サクサクとレイトショーを見に行きます。

However, my family, with the exception of myself, go to see the late show easily after having dinner .

-----

これは、「シネマコンプレックス」という、映画館の仕組みにあります。

The reason for this is the "cinema complex" system of movie theaters.

各スクリーンの客席数に差をつけて、集客力の見込める作品は客席数の多いスクリーンで上映し、封切りから時間の経った作品や、集客力の落ちた作品は客席数の少ないスクリーンで上映することができます。

In a cinema complex, the number of seats in each screen is differentiated, so that films that are expected to attract a large number of viewers can be shown on the screen with the largest number of seats, and films that have been released for a long time or have lost their ability to attract viewers can be shown on the screen with the smallest number of seats.

ショッピングセンターや、スーパーマーケットに併設されており、比較的大きな駅にあります。

It is attached to a shopping center and a supermarket, and is located in a relatively large station.

-----

昔は、映画を見るためには、都心に出て『シネラマ』という大画面のある大きな会場に入らねばらなず、当然、インターネット予約などもなく、映画館に入る為に、3~4時間待ち、ということもざらにありました。

In the past, in order to see a movie, you had to go to the city center and go to Cinerama, a large venue with a big screen, and of course, there were no Internet reservations, so it was not uncommon to wait three to four hours to get into a movie theater.

それと、信じられないかもしれませんが、館内で喫煙もできました。分煙にもなっていませんでした。

And, believe it or not, smoking was allowed in the theater. It wasn't even a separate smoking area.

『映画の光に、煙草の煙りが映る』という光景が、映画観賞の「普通」だったのです。

The sight of cigarette smoke reflected in the light of a movie was the "normal" way to watch a movie.

映画の画面をカメラで撮影する奴もいました。

Some of them were taking pictures of the movie screen with their cameras.

映画の画面をフラッシュをたいて撮影する奴もいて、子供心に『世の中には、救いがたいバカがいるものだなぁ』と思っていました。

Some of them were taking pictures with flashes, and as a child, I thought to myself, "There are some irredeemable idiots in this world.

-----

AmazonやらNetFlixやらで、新作映画は、パソコンやスマホで簡単に見れるようになりました。

With Amazon and NetFlix, new movies are now easily available on your computer or smartphone.

これって、映画館としては大打撃だと思うんだけど、製作者としてはペイできる程度の収入は確保できる、ということでしょうか。

I think this is a big blow to the movie theaters, but for the producers, it means that they can secure enough income to pay for it.

いずれにしても、私としては、『映画館にでかけて映画を見る』というイベントは、私の中では、『非日常』のままにしておきたいと思うのです。

In any case, for me, I would like to keep the event of "going to the cinema to see a movie" as "extraordinary" in my mind.


2021-11-12 それは、数学、科学、ITができない奴が虐げられる世界 ―― 『理系にあらざれば、人にあらず』 [長年日記]

ハードウェアとソフトウェア(アルゴリズム)の進歩によって、チェス → 将棋 → 囲碁 のチャンピオンは、全てコンピュータに奪われてきました。

With the advancement of hardware and software (algorithms), the champions of Chess, Shogi, and Go have all been taken by computers.

しかし、チェス、将棋、囲碁のファンが減少しているかというと、そうでもないように思えます。

However, it seems that the number of chess, shogi and go fans is not declining.

私は、これらのゲームのトレンドについては良く知らないのですが、サブカル(コミック、アニメ、ラノベ)については、よく接しています。

I don't know much about these gaming trends, but I do know a lot about the subculture (comics, anime, and light-novel).

これらのフィールドから見ると、これらのゲームを題材としたコンテンツは、むしろ増えているような気がします。

As I look at these fields, I feel that the content based on these games is rather increasing.

-----

考えてみれば、当たり前のことかもしれません。

Needless to say, it may be obvious.

重量上げをやればブルドーザに勝てる訳ありませんし、新幹線より早く走ることのできる人間もいません。

No one can beat a bulldozer when it comes to lifting weights, and no one can run faster than a bullet train.

だからといって、将来オリンピックが無くなるかというと、そういうことにはならないと思います。

But that doesn't mean that the Olympics will disappear in the future.

人間の能力という制約やら、努力やら、信念やら、面倒くさいアナログ属性からなる人間というオブジェクトは、それ自体が興味深いコンテンツです。

The object of human beings, consisting of the constraints of human ability, effort, beliefs, and other troublesome analog attributes, is an interesting content in itself.

それ故、そのオブジェクトとオブジェクトのゲーム対決は、それだけで、「作品」となるものなのでしょう。

Therefore, the game confrontation between the object and the object would be a "work of art" by itself.

-----

先日、NHKスペシャル「2030 未来への分岐点 (5)「AI戦争 果てなき恐怖」」を見ました。

The other day, I watched the NHK special "2030: A Crossroads for the Future (5) 'AI War: Endless Fear'.

これは、上記とは逆に「人間を含めないと、兵器はその能力を最大限に発揮する」ということを証明する内容でした。

This was to prove that, contrary to the above, "weapons reach their full potential when humans are not included.

コンピュータで制御された戦闘機と、パイロットが操作する戦闘機で空中戦(但しシミュレータで)で行ったところ、全ての戦闘でパイロットが敗北となっていました。

When conducted aerial battles (in a simulator) between computer-controlled fighters and pilot-operated fighters, the pilots were defeated in every battle.

色々な要因がありますが、基本的に、「人間がいない戦闘機は、無茶苦茶な操縦 『人間が失神/死亡してしまうような加速度での旋回ができる』という点が大きいです。

There are many factors, but basically, "a fighter without a human being is capable of reckless maneuvering "and turning at accelerations that would cause a human being to faint or die.

つまり「無人兵器は、人間の生存限界を無視できる」ということです。

In other words, "unmanned weapons can ignore the limits of human survival.

それに比べれば、"AIうんぬん"は、小さな要因です。

Compared to that, "AI" is a small factor.

-----

さて、今日ご紹介するアニメは、「ヘヴィー・オブジェクト」です。

Well, the anime I would like to introduce to you today is "Heavy Object".

このアニメ、私の中では、「シュタインズゲート/ゼロ」に匹敵する、全私の中での最高レベルのアニメなのですが、あまり知られていません。

This anime, in my opinion, is one of the best in all of me, comparable to Steins;Gate/Zero, but it's not well known.

いわゆる数理計算、予測、その他『いわゆる』AIの技術者にとっては、こたえられない充実の内容です。

For engineers of so-called mathematical computation, prediction, and other "so-called" AI, the contents are irresistible.

また、『いわゆる』AI戦争と言われているものの、かなり正確な姿を描いている、という点でも高評価です。

It also gets high marks for being a fairly accurate portrayal of the 'so-called' AI wars.

特に、ヘヴィー・オブジェクトの第23話に出てくるセリフ ――

In particular, the line from episode 23 of Heavy Object

■戦争は人間が持つ原始的な本能だ。

- War is a primitive human instinct.

■だからこそ理性で制御されなければならない。

- That is why it must be controlled by reason.

■オブジェクトという力の象徴で、デジタルに管理された戦争は、実は戦争ではない。

- With the symbol of power of The OBJECT, a digitally managed war is not really a war.

■安全のための装置なのだよ。

- It's a safety device.

には、深く考えさせられました。

made me think deeply about the AI-War.

クラウゼヴィッツの「戦争は外交手段の一手段である」から考えれば、

In view of Clausewitz's "War is a means of diplomacy."

- いわゆるAIが、仮想空間で戦闘を行い、数秒で勝敗を決することができて、

- A so-called AI can fight a battle in virtual space and decide the winner in seconds.

- それでもケリがつかない場合は、無人兵器が現実世界で戦闘をすることで、

- And if that doesn't settle the score, unmanned weapons will do the fighting in the real world.

『人的被害がゼロの戦争』を実現できれば、それは、「AI兵器を前提とした、AI外交」みたいなことを実現できる訳です、

If we can achieve such a war with zero human casualties, then we can achieve something like "AI diplomacy based on AI weapons.

-----

―― それは・・・悪くないな

"That's... not bad."

と思いました。

I thought that.

つまり、その戦争におけるヒーローは、私のようなITエンジニアとなる世界です。

In other words, it is a world where the heroes in that war will be IT engineers like me.

それは、数学、科学、ITができない奴が虐げられる世界 ―― 『理系にあらざれば、人にあらず』

It's a world where those who can't do math, science, or IT are oppressed -- "If you're not a person of science, you're not a person"

という、パラダイスです。

It's a paradise.


2021-11-13 ドラマの場面の中で、『このUSBメモリが安全であることは、スタッフが確認しています』などとテロップを入れたら、もうドラマは台無しだろうなぁ・・・ [長年日記]

家族を見ていても、あるいはNetFlixで海外ドラマを見ていても思うことなのですが、

when I watch my family, or even when I watch foreign dramas on NetFlix, I think

―― こいつら、本当に、他人のUSBメモリを、簡単にパソコンに接続するなぁ

"These guys really do make it easy to connect other people's USB flash drives to their computers"

と思います。

私たち企業のエンジニアは、出所不明のUSBメモリを、簡単にはパソコンに接続しません ―― そのように訓練されているからです。

Our corporate engineers do not easily connect USB flash drives of unknown origin to their computers -- we are trained to do so.

私の場合は、まず、そのUSBメモリを

In my case, the first thing I did was to get that USB flash drive, is

(1)ネットワークに繋っていない古いパソコンに繋いで、

(1) To connect it to an old computer that is not connected to the network.

(2)ファイルを一通り目視でチェックして、

(2) To visually check all the files.

さらに

in addition,

(3)ウイルススキャンをかけて、

(3) To run a virus scan

ようやく、メインのコンピュータに繋ぎます。

Finally, I connect it to the main computer.

It's not joking that I'm aware that "USB memory stick = bomb".

-----

以前、屋外実証実験の最中に、緊急にファイルを移動させる必要があり、コンビニでUSBメモリを購入したのですが ―― そのことで、結構な大騒ぎとなりました。

Once, in the middle of an outdoor demonstration, I needed to move a file urgently and bought a USB flash drive at a convenience store -- which caused quite a commotion.

私は、コンビニでのこのUSBメモリの購入に「20秒」必要としました。

I needed "20 seconds" to purchase this USB flash drive at the convenience store.

しかし、このUSBメモリに関して「物理破壊済み証明書」を貰い「滅却完了」まで、少なくとも関係者3人を巻き込んで、少なくとも「のべ20時間以上」を費やしたのは、間違いありません。

However, there is no doubt that it took at least 20 hours, involving at least three people, to get a "Certificate of Physical Destruction" for this USB memory stick and complete its destruction.

大袈裟に言えば、私たちのフィールドでは、「USBメモリの所持」は、「拳銃所持」と同義です。

To put it bluntly, in our field, "possession of a USB flash drive" is synonymous with "possession of a handgun.

-----

とは言え、海外ドラマで、『刑事が犯人から奪いとったばかりのUSBメモリを、いったん署に持ち帰って、USBメモリにウイルスがないことを確認している』という場面を入れたら、

However, if there is a scene in a foreign drama in which a detective brings back to the station a USB memory stick that he/she has just taken from a criminal and checks to see if the USB memory stick contains a virus.

―― 間違いなく、犯罪者はその場で逃走して、事件は迷宮入り

"No doubt, the perpetrator fled the scene and the case went cold"

だろうなぁ、と思います。

I think that.

ドラマの場面の中で、『このUSBメモリが安全であることは、スタッフが確認しています』などとテロップを入れたら、もうドラマは台無しだろうなぁ・・・

If a message such as "The staff has confirmed that this USB memory stick is safe" is inserted in a scene of a drama, the drama will be ruined...

など、下らないことを考えています。

I'm thinking about the trivial things.


2021-11-14 私のような奴を、「"LGBT"分ったフリ派」とでも言うのでしょうか。 [長年日記]

私は、勉強に勉強を重ねることで、自分の中の差別的な意識を乗り越えるように試みています。

I am a person who want to overcomes my own sense of discrimination by studying and studying.

しかし、このような頭でっかちなロジックでは、現実世界の差別意識との乖離を乗り越えられないことがしばしばあります。

However, I am afraid that this heady logic often fails to overcome the disconnect with real-world discriminatory attitudes.

例1:

Example 1:

おばさんの服を着た、外見が酷い(不潔感MAX)、肥満で、髭の生えた、清潔感がマイナスに振りきれているおっさん(おばさん)が、ソバを食べている私の横に座った時 ―― 加えて、すさまじい凄い体臭で、私の食欲がゼロになってしまった時、

When the old person in aunt's clothes, who looked terrible, obese, bearded, and had a negative sense of cleanliness, sat down next to me eating buckwheat, in addition to that, when my appetite was reduced to zero due to her tremendous, terrible body odor.

『気持ち悪い』『不快』という感情だけで私の脳のパフォーマンスは100%に振り切れて、そのおっさん(おばさん)の前では、"LGBT"という概念は、吹っ飛びました。

Just the feeling of "disgusting" and "uncomfortable" was enough to push my brain performance to 100%, and the concept of "LGBT" was blown away in front of that person.

コミックや小説や映画の「美しい」世界は、現実の世界とは、随分違うものであり、今の私は、その2つの距離を補完する媒介を持ち合わせていません。

The "beautiful" world of comics, novels, and movies is very different from the real world, and right now I don't have a medium to complement the distance between the two.

例2:

Example 2:

「ホモ」と「ゲイ」では、「ゲイ」の方が、差別的な呼称であると長いこと思っていましたが、それが、全く逆であったことを知ったのは2年前です。

For a long time, I thought that "gay" was the more discriminatory term between "homo" and "gay," but it wasn't until two years ago that I learned that it was quite the opposite.

で、その違いをロジックで説明されても理解できず、感覚的にはずっと、「???」という状態が続いていました。

So, even when the difference was explained to me in terms of logic, I couldn't keep understanding it.

ある時、『「ホモ」という言葉は「ニグロ」という差別的用語と同じ意味合いである』と聞いて、ようやく肚の底から納得できました。

One day, I heard that the word "homo" has the same meaning as the discriminatory term "negro," and I was finally convinced from the bottom of my heart.

今では、私は「ホモ」という言葉は使わずに、「ゲイ」で統一しています。

Now I don't use the word "homo", but rather "gay" as a unifying term.

ただ、この話は「ニグロ」という言葉の意味合いが分からなければ、分かりません。

However, you can't understand this story unless you understand the connotation of the word "negro".

実際、嫁さんに、上記の話をしても「???」という感じでした。

In fact, when I mentioned the above to my wife, she looked like "what's what?"

-----

とは言え、私のような「頭でっかちなロジック派」は多いと思うのです。

However, I think there are many "heady logicians" like me.

私のような奴を、「"LGBT"分ったフリ派」とでも言うのでしょうか。

I guess you could call people like me the "LGBT pretenders".

とりあえず、「"LGBT"は分からん、と堂々という奴」よりは、「"LGBT"分ったフリ派」は、ほんのちょっとだけマシですが、やっぱり、まだまだ遠いと思います。

At any rate, the "LGBT pretenders" are only a little bit better than the "people who proudly say they don't understand LGBT".

残念ですが、「この問題を一気に解決する方法」というのは、期待できないと思います。

Unfortunately, I don't think we can expect to find "a way to solve this problem all at once".

LGBTが少しづつ日常的になることで、コミックや小説や映画の「美しい」世界と現実の世界の乖離が、少しづつ埋められていくことが必要なのだろう、と考えています。

I believe that the gap between the "beautiful" world of comics, novels and movies and the real world will be bridged little by little as LGBT people become more and more commonplace.


2021-11-15 逆に、今回、私が無理矢理捻り出した、真逆の陰謀論「ワクチン非接種者殺害計画」の方が、現実味を増してきたような気がします。 [長年日記]

「ここ1ヶ月間のコロナ死者の7割がワクチン未接種、2回のワクチン接種後の死亡者は2%」というニュースが、昨日からニュースサイトに掲載されています。

News sites have been reporting since yesterday that "70% of coronary deaths in the past month were unvaccinated, and 2% of deaths occurred after two doses of vaccine.

でもって、このニュースの内容自体が、マスコミと政府の陰謀と信じている人もいるだろうなぁ、と思っています。

And, I'm sure there are people who believe that this news story itself is a conspiracy of the media and the government.

"I believe that government conspiracies are common, but for the conspiracies about coronavirus vaccines, it is impossible because there are no stakeholders"

という話を、簡単なシミュレーション結果と一緒に、こちらに書いておきました。

I've written about it here, along with the results of a simple simulation.

興味のある方は、ご一読下さい。

If you are interested, please read on.

-----

On the contrary, I feel that the backwards conspiracy theory that I forced myself to come up with this time, the "plan to kill non-vaccinated people," is becoming more realistic.

しかし、こちらも、陰謀論としては『弱い』です。

However, this one is also 'weak' as a conspiracy theory.

例えば、一昨日、政府が「第6波対策の方針」を明確して、この陰謀論を、政府自身が潰しました。

For example, the day before yesterday, this conspiracy theory was squashed by the government itself, as the government clarified its policy on the 6th wave.

-----

総じて、「陰謀のPDCA」は、そもそも、P(Plan)からして難しく、D(Do)は絶望的に難しいです。

In general, the "PDCA of conspiracy" is difficult, just for P (Plan), and D (Do) is hopelessly difficult.

陰謀を実施するだけの価値のある潤沢な資金のあるステークホルダーといえば ―― そうですね、やっぱり「軍需産業のコングロマリット」クラスでないと厳しいのではないかなぁ、と思っています。

Speaking of stakeholders with ample funds worthy of carrying out a conspiracy -- well, I guess it would have to be a "military conglomerate" class.


2021-11-16 ―― 通貨の概念のない未開の地において、コインや紙幣を見せられた原住民程度にしか、"NFT"を理解できないのです [長年日記]

以前、非代替性トークン(Non-Fungible Token、NFT)についてのコラムを書きました。

I wrote a previous column about Non-Fungible Token (NFT).

そのコラムの中で、『YouTubeで解説されていたNFTの内容について技術的に検証した結果』の概要を記載しました。

In that column, I outlined the results of a "technical review of the content of the NFT as explained on YouTube.

By the way, I also added a message saying, 'If I misunderstand them, please let me know'.

-----

コラムがリリースされた後、再度YouTubeを確認したら、私が参照したコンテンツが、全部削除されていました。

After the column was released, I checked YouTube again and found that all the content I referred to had been removed.

やっぱり、

Well,

『所感 : "バカ言ってんじゃねーよ"』

"Comment: "Don't be stupid."

などと書かれると、怖くなるのかもしれません。

They may be scared when they read the lines.

いや、『恥をかかされた』と、私を恨んでいるかもしれません。

Rather, they might resent me for 'humiliating' them.

しかし、私は『NFTに関する技術的な解説が間違っている』と言っただけで、NFTそのものを否定している訳ではありません。

However, I just said that the technical explanation of NFT is wrong, not that I am denying NFT itself.

『NFTを通貨として取り扱う世界が、絶対に来ない』とも思っていません。

I don't think that "the world where NFTs are used as currency will never come".

この感じを一言で説明するのであれば、

If I had to describe this feeling in one word, it would be,

『NFTが将来どうなろうが、どーでもいい』という感じです。

"I don't care what the future holds for NFT"

-----

NFTで儲けて幸せになれる人がいれば、素直に「おめでとう」と言います。

If someone can make money with NFT and be happy, I will honestly say "Congratulations".

加えて、NFTで損して不幸せになる人がいなければ、素直に「素晴しい」と言います。

In addition, if no one loses money and becomes unhappy with NFT, I will honestly say "it is great".

ともあれ、私は、

Anyway,

My understanding of NFT is that of a native who was shown coins and paper money in an uncivilized land without concept of currency.


2021-11-17 この流出後、娘たちには、予備校やら、専門学校やら、成人式の着物のレンタルやらのDMが山のように届いています。 [長年日記]

最近、クレジッドカード情報の流出事故が山のようにあります。

Lately, there have been a lot of accidents involving credit card information leaks.

江端家がこれらの事故から免れたとは思えません。

It is unlikely that the Ebata family was spared from these accidents.

しかし、その流出先から江端家の被害報告は勿論、詫び状一つ届いていませんが、被害がなかったのかどうか怪しいものです。

However, the Ebata family has not received a single letter of apology, let alone a report of damage, from the source of the leak, but it is doubtful that there was no damage

-----

ベネッセ個人情報流出事件で、江端家が受けた補償は、500円分の磁気カード1枚です。

The compensation the Ebata family received for the Benesse personal information leak was a single magnetic card worth 500 yen.

この流出後、娘たちには、予備校やら、専門学校やら、成人式の着物のレンタルやらのDMが山のように届いています。

After this leak, my daughters received a mountain of DMs from prep schools, vocational schools, and kimono rentals for their coming-of-age ceremony.

我が家の住所、氏名等の個人情報が無制限に拡散している状況は、もはや、止めようもありません。

There is no longer any way to stop the unrestricted spread of personal information, such as the name and address of our family.

------

もちろん、500円であったとしても、1万件流出すれば、500万円の損害賠償になります(被害者数は3504万件だったとか)。

Of course, even if the price is 500 yen, if 10,000 cases are leaked, it will result in 5 million yen in damages (the number of victims was 3.54 million).

しかし、その金額が、5000万だろうが、175億円だろうが、そんなこと、私たちの知ったことではありません。

But whether that amount is 50 million yen or 17.5 billion yen is none of our business.

問題は、これからも、私たちが知らない会社から、DMが届き続ける事実です。

The problem is the fact that we will continue to receive DMs from companies we do not know.

因果関係は証明しようがありませんが、江端家では『ベネッセが悪い』で統一されています。

There is no way to prove causality, but the Ebata family is unified in their belief that 'Benesse is to blame.

(続く)

(To be continued)


2021-11-18 いや、「命を狙う」てなことまでは考えないかもしれませんが、「自宅の庭に生ゴミを投げつけられる」くらいのことはされるかも、と覚悟はしています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

以前の私なら、運転免許証の写真などを開示することには、もの凄い心理的抵抗がありました。

In the past, I would have had tremendous psychological resistance to disclosing things like my driver's license photo.

ワクチン接種証明書なんぞ、究極の個人情報です。

A vaccination certificate is the ultimate in personal information.

ですが、今の私は、かなり「どーでもよくなってきています」

But now I'm pretty sure I don't really care anymore.

実際、運転免許証とワクチン接種証明書の写真を送り込んで、アプリ登録を完了しています。

In fact, I sent in photos of my driver's license and vaccination certificate to complete the app registration.

(ただ、このアプリの提供するサービスを使う機会は、当面なさそうなのですが)

(However, I don't think I'll have the opportunity to use the services provided by this app in the foreseeable future.)

この情報が流出するようなことがあれば、もう、私の全ての個人情報が流出したのと同義でしょう。

If this information were to be leaked, it would be the equivalent of all my personal information being leaked.

-----

しかし、最近の私は、『個人情報の流出のリスク』よりも、『もっと便利で簡単な運用』の方に意識が向いています。

However, these days, I am more conscious of "more convenient and easier operation" rather than "risk of personal information leakage.

このようなアプリ登録は面倒なので、ワクチン接種証明は、とっととマイナンバーカードと紐付けて欲しいです。

Registering for such an application is a hassle, so I would like to see vaccination proof linked to my number card as soon as possible.

私の場合、カードリーダを自宅PCに接続していますが、今はスマホを使った読み込みもできるようなので、カードリーダーも不要でしょう。

In my case, I have a card reader connected to my home PC, but now I can use my phone to read the data, so I guess we don't need a card reader.

ワクチン接種ができない人の為に、PCR検査結果もマイナンバーカードとサクっと紐づけできるようにしておけば、有効期間経過後(例:3日後)に自動失効させるようにもできます。

For those who can't get vaccinated, PCR test results can also be quickly linked to the My Number Card, so that the card can be automatically revoked after its validity period (e.g., 3 days).

こうすれば、トラブルも少なくなりそうです。

This way, there will be less trouble.

ともあれ、私の『自分の個人情報を秘匿しようという意識』が薄れているのは事実です。

Anyway, it is true that my 'awareness of keeping my personal information confidential' is waning.

-----

私の個人情報の価値は、500円くらいなのでしょうが、ある一定の対象には、高値で取引される可能性があります。

The value of my personal information is probably about $500, but for certain targets, it could be worth a lot of money.

思いつくだけでも、「ビットコインの団体」「ダイエットの団体」「ネット詐欺の団体」「人工知能の団体」がありそうです。

Just off the top of my head, I can think of "Bitcoin groups," "diet groups," "internet scam groups," and "artificial intelligence groups.

あと「コロナワクチン拒否の団体または個人」は、私を直接狙うかもしれません。

Also, the "coronary vaccine rejecting groups or individuals" may target me directly.

いや、「命を狙う」てなことまでは考えないかもしれませんが、「自宅の庭に生ゴミを投げつけられる」くらいのことはされるかも、と覚悟はしています。

No, they may not think about "trying to kill me," but I am prepared for them to do something like "throwing garbage in my yard.

もしそういう事件が起ったら、みなさんに、直ぐにご報告します ―― 我が家の監視カメラの映像付きで。

If such an incident occurs, I'll let you all know right away -- with security camera video clip of my house.


2021-11-19 少なくとも私は、『札束』に対して、追従、忖度、甘受、従順、唯唯諾諾、土下座することに、1mmも抵抗はありません。 [長年日記]

『アンガーコントロール』というのは、私には難しい ―― という話は、これまでに何度もしてきました。

I've often said that "anger control" is difficult for me.

『怒りが発生したら、6秒待て』と良く書かれていますが、私の怒りは、その程度のライフタイムではありません。

It is often said, "When anger arises, wait six seconds," but my anger does not have that kind of lifetime.

私の場合、6日、60日は、怒りが軽く維持しますし、へたすると6年間以上、維持し続けることがあります。

In my case, my anger stays light for six or sixty days, and sometimes for six years or more.

私は、一瞬で「カーッ」となるような怒りは少ないです。

I have very little anger that can boil over in an instant.

ネチっこくて、ダラダラと長く、かつ、自分のロジックで、怒りを連鎖反応させて、臨界に達するような、たちの悪い怒り方をします。

In my case, I have a nasty anger that is persistent, lingering and long, and using my own logic, I can set off a chain reaction of anger that reaches critical mass.

まあ、はっきり言って、『私って、かなり最低』という自覚はあります。

Well, to put it bluntly, I'm aware that 'I'm pretty much the worst.

しかし、だからといって、自分の『自己肯定感』が揺らぐ、ということはありません。

However, this does not mean that my "self-esteem" will be shaken.

むしろ『他者否定感』を増大させます。

Rather, it increases the sense of denial of others.

つまり

It means,

―― 私は悪くない。世界が悪い

"It is not my fault but the world's fault"

です。

-----

私、メールの文面で、簡単に「カチン」と感じてしまう方です。

I'm the kind of person who gets easily "offended" by the text of an email.

That's why I even put out this warning.

とは言え、こんな注意書きに効果があるのは、利害関係にない人間だけです。

However, the only people who would benefit from such a warning are disinterested parties.

仕事においては、こんなことは日常茶飯事で、目くじらを立てていては、仕事になりません。

In my work, this kind of thing happens every day, and I can't do my job if I'm upset about it.

なぜなら、仕事とは、縦横無尽の面倒くさいリンクが張り巡らされたネットワークで成立しているからです。

This is because work is made up of a network of inexhaustible and tedious links.

その優位性は、仕事の内容で簡単にひっくり返ります。

That advantage can easily be turned upside down by the nature of the work.

具体的には、「動かせる"金"を、誰が持っているかどうか」で決まります。

Specifically, it depends on who has the "money" to make the move.

どんなに不愉快な奴でも、それが、いつか、自分にとっての"金主"になることがあります ―― 歳を取れば、こんなことは、日常的に、普通に、当たり前にあることが分かります(本当)。

No matter how unpleasant a person may be, he or she may one day become a "gold master" for you. As you get older, you realize that this is a normal, everyday thing.

-----

ですので、私の『アンガーマネージメント』は、腹が立った相手の顔を『札束』に見たてることです。

So, my "anger management" is to look at the face of the person I am angry with as a wad of cash.

私たちが相手にしているモノは、『人間』ではありません。

The thing we are dealing with is not a "human being".

あれは『札束』がしゃべっているのです。

The wad of cash is talking.

少なくとも私は、『札束』に対して、追従、忖度、甘受、従順、唯唯諾諾、土下座することに、1mmも抵抗はありません。

At least I don't have the slightest qualms about following, discerning, accepting, obeying, acquiescing, and getting down on my knees to "the wad of cash"


2021-11-20 今週末は、原稿締切前の修羅場週なので、私の机の上の写真で勘弁して下さい。 [長年日記]

今週末は、原稿締切前の修羅場週なので、私の机の上の写真で勘弁して下さい。

This weekend is the week before my manuscript deadline, so please excuse the disclosure of the photo on my desk.


2021-11-21 日本人のノーベル受賞者って、ほとんど日本の大学に在籍していないんだけど、これで『日本の誇り』なんて言えるのかな、と思っています。 [長年日記]

11月号のコラムの原稿(月末リリースの予定)を見直ししていて、『冗長だな』と思い、やむなく削除したフレーズを、ここに、残しておきます。

I was reviewing the draft of my column for the November issue (to be released at the end of the month), and I thought it was redundant, so I had to delete some phrases.

I've written a lot about those of us Japanese who are just crazy about the TOEIC in Japan, but don't want to go abroad and don't have the ability to use foreign talent

In this survey, I was shocked to learn that children's IT education, which has finally started in Japan, is almost 20 years behind that of the UK and the US, and I was also shocked at the small budget for IT R&D in Japan (*).

■日本人のノーベル受賞者って、ほとんど日本の大学に在籍していないんだけど、これで『日本の誇り』なんて言えるのかな、と思っています。

Most of the Japanese Nobel laureates have not been enrolled in Japanese universities, and I wonder how they can be called "proud of Japan".

■私の同僚で起業した奴は何人かいたけど(全員、不快な奴だったけど、確かに優秀ではあった)、その後、名前を聞いたことがないんだが、ちゃんと我が国は彼らを支援していたのだろうか、と今でも疑問です。

There were a few of my colleagues who started their own businesses (they were all unpleasant, but certainly brilliant), but I haven't heard their names since, and I still wonder if our country was supporting them properly.

■日本の企業でGAFAのようになれる可能性があったのは、NTTドコモの"i-mode"くらいだったような気がするんだけどなぁ、と思い返しています。

I think the only Japanese company that had the potential to be like GAFA was NTT Docomo's "i-mode".

■若い研究員の考える新しいネットサービスが、『市場規模と費用対効果の試算を出せ』という幹部の一言によって潰され、彼らが、エクセルの計算に疲れ張てて、士気を失なっていくのを、私は何度も見ました。

Many times I have seen young researchers' ideas for new Internet services crushed by a single word from a senior executive: "Give me an estimate of the market size and cost-effectiveness," and I have seen them become demoralized, exhausted by Excel calculations.


2021-11-22 だって、どうせ、やつら『何だか分からんが、とにかく動かせ!止めるな! 予算を越えるな!!』って叫んでいるだけでしょう? [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

■国民のマイナンバーカードの取得率が低いのは、政府がメリットを提示できていないからです。

マイナンバーカードと運転免許証と保険証の統合をする程度のことに、何年かかっとるんだ? と思いますし、そこに、クレジットカードとSUICAも、機能アドインするくらいのことができんのかなぁ、と思っています。

The reason why people are not getting their own My Number cards is because the government has not been able to present the benefits. How many years is it going to take to integrate my number card with my driver's license and insurance card? I also wonder if it would be possible to add credit card and SUICA functions to the cards.

■私は、コロナ禍においてもリモートワークが進まなかった会社は、基本的に、社長一人が(×罰社員)がIT音痴である、ということを知っています。

社長は「できない」のではなく「やらない」ということも知っています。

社長が仕事のやり方を替えないのは「面倒くさい」からです。

I know that in companies where remote work was not promoted even during the Corona disaster, the president alone (not the employees) is basically IT illiterate. I know that it's not that the president "can't" do it, but that he "won't" do it. The reason why the president doesn't change the way he works is because it's too much trouble.

■IT統合が死ぬほど難しいことを、私は良く知っています。

ですから、私がシステムを作る時には、基本的にはスクラッチから作り直すことにします。

しかし、これは、私のシステムが、実験目的であり、組織的構造や社内政治圧力と無関係で作れる、という気楽さがあるからであることも分かっています。

I know very well that IT integration is deathly difficult, so when I build a system, I basically rebuild it from scratch. However I also know that this is because my systems are experimental, and I am comfortable building them independently of organizational structure and internal political pressure.

■それでも、銀行システムが2021年だけで6回停止するというのは、『異常事態』である、ということは分かります。

電子政府とか、官民連携とかを、本気で実現したいのであれば、システム開発部隊の長に、社長、あるいは、内閣総理大臣ですら口を出せない程度と、協力な権限を与えなければ不可能であることは、私には「手に取るように分かる」のです。

The fact that the banking system will be shut down six times in 2021 alone is an extraordinary situation. If you really want to realize e-government or public-private partnership, you have to give the head of the system development unit a degree of authority and cooperation that even the president or the prime minister cannot interfere with.

■権力のあるITオンチが、システム開発の最大のガン、であることは、私にだって分かります。

だって、どうせ、やつら『何だか分からんが、とにかく動かせ!止めるな! 予算を越えるな!!』って叫んでいるだけでしょう?

なんでそんなこと分かるかって?

そりゃ、あの政治家たちのITオンチぶりを見ていれば、分かりますよ。

I know that IT illiterates with power are the biggest cancer in system development. Because, anyway, they're like, "I don't know what it is, but just move it! Don't stop! Don't exceed the budget!" How do I know that? Well, you only have to look at how IT-illiterate those politicians are.

以上

That's all.


2021-11-23 嫁さん:「じゃあ、私が終日ブルマを履いて、家事をしていてもいいの?」 [長年日記]

コロナ禍の在宅勤務で、働き手が、終日自宅にいることが多くなりました。

With telecommuting during the Corona disaster, workers are now often at home all day.

嫁さんによると、『家の中で、旦那が一日中ジャージを着ていることに我慢ができない』という奥さんが多いのだそうです。

According to my wife, many wives say, 'I can't stand the fact that my husband wears their jersey all day long in the house'.

江端:「ジャージは、機能性に高い優れた衣服であると思うが?」

Ebata: "I think jerseys are excellent, highly functional garments"

嫁さん:「じゃあ、一日中、ジャージを着れと言われたら、抵抗はない?」

Wife: "So, if I asked you to wear a jersey all day, would you resist?"

私は即答しました。

I gave her an immediate answer.

江端:「1mmもないな。むしろ歓迎といってもいいだろう。それを嫌悪する心理が分からない」

Ebata: "Not even a millimeter. It's more like a welcome. I don't understand the psychology behind your dislike of it."

嫁さん:「じゃあ、私が終日ブルマを履いて、家事をしていてもいいの?」

Wife: "Then Can I wear my bloomer all day during housework"

江端:「それは絶対に嫌だ。勘弁して欲しい。しかし、ジャージとブルマは、等価交換できる概念か?」

Ebata: "I absolutely hate that. I want you to give me a break. But are jerseys and bloomers concepts that can be exchanged equivalently?"

嫁さん:「両方とも、日常的な着衣ではないと意味では同じだと思う」

Wife: "I think they're both the same in the sense that they're not everyday garments."

嫁さんは、「等価交換」と言うのであれば、ジャージとブルマを、部屋着として着衣する夫婦は「相互に認容するか」「相互の拒否するか」のどちらかしかない、と、言っているのです。

My wife said that if we are talking about "equivalent exchange," then a couple who wears jerseys and bloomers as loungewear can only have "mutual acceptance" or "mutual rejection.

江端:「いや、『ブルマの日常的着衣』と『ジャージの日常的着衣』は、その非日常感において、比較にならないほどの差があると思うが」

Ebata: "No, I think there's an incomparable difference in the sense of the extraordinary between 'the daily wear of bloomers' and 'the daily wear of jerseys.

嫁さん:「私には、『同程度に忌避される非日常』だと思う」

Wife: "For me, it's 'equally repellent extraordinary'"

-----

この議論が、ロジックでは解決できないことは、嫁さんも私も分かっています。

Both My wife and I know that this discussion cannot be solved by logic.

これは感性の問題だからです。

This is because it is a matter of sensitivity.

ただ、感性の違いであっても、その違いを相対的に認識することはできます。

However, even differences in sensitivity can be recognized relative to each other.

私は「ブルマは圧倒的に非日常」であると感じているのに対して、嫁さんは「ブルマもジャージも同程度に非日常、かつ、忌避的」である、と感じている訳です。

I feel that bloomers are overwhelmingly unusual, while my wife feels that bloomers and jerseys are equally unusual and repellent.

『日常と非日常を決定する主体は、自分ではなく他人である』

"The subject who determines the ordinary and the extraordinary is not myself, but others"

その一点において、私たち夫婦は合意ができていますので、お互いの受忍範囲を越えるような着衣や装飾はしないことにしています。

On that one point, we come to an agreement, so we do not wear clothes or decorations that are beyond our mutual acceptance.

というか、私は、嫁さんの着衣(『ブルマの日常的着衣」というような超非日常的事項を除けば)には興味がありません。

I mean, I'm not interested in my wife's clothes (except for very unusual matters such as "daily wearing of bloomers").

結果として、嫁さんが、私の着衣に、一方的にクレーム(要求)をしてくるだけです。

As a result, my wife just makes a one-sided complaint (demand) about my clothes.

-----

嫁さん:「私は、"ステテコ"も、だめだな」

Wife:"I cannot stand 'long men's underpants'"

江端:「うちのじいちゃん(父)は、ステテコを部屋着として着衣していたぞ」

Ebata: "My grandpa (father) used to wear 'long men's underpants' as his loungewear.

嫁さん:「おじいちゃんはいいんだよ」

Wife: "Grandpa is O.K."

江端:「おい! 『非日常』に、対象別の基準が入ってきているぞ」

Ebata: "Hey! There's a subject-specific standard coming in for "unusual."

嫁さん:「だから、『非日常』は、言語化できないんだってば」

Wife: "That's why 'extraordinary' can't be verbalized."

江端:「それは、分かってはいるけど、言語化を試みて、なんとか1mmでも歩みよれる努力はしよう」

Ebata: "I know that, but we are going to try to verbalize it and make an effort to get closer, even if it's only by 1mm.


2021-11-24 「そこに、創作者に対する敬意はあるのか」と思うことはあります。 [長年日記]

「萌えキャラ」というものが、最近、色々騒がれているようです ―― が、私は、妙なことに巻き込まれるのは嫌なので沈黙を決め込みます。

There seems to be a lot of fuss about "moe characters" these days -- but I don't want to get involved in anything strange, so I'll keep quiet.

私は、コラムの執筆が完了すると、イラストを描き始めるのですが、これは、私にとっては「自分に対するご褒美」みたいなものです。

When I finish writing a column, I start illustrating it, which for me is like a "reward" for myself.

まあ、私は、私のイラストに興味のある人がいるとは思っていません。

Well, I don't expect anyone to be interested in my illustrations.

実際、「自分に対するご褒美」みたいな気持ちで描いているものが、そんなに凄いものになる訳はありません。

In fact, there is no way that something that I draw with a feeling of "reward for myself" becomes great.

それに、次女が言うように 『どっかで見たようなイラストだね』という感想は、残念ながら、私も同意しています。

And, as my second daughter said, "Your illustrations look like something we've seen somewhere else," which, unfortunately, I agree with.

-----

私は、『絵を描くのが楽しい』というよりは、ドローソフト(私はSAIを使っています)を使って、『色々な技が使えることが楽しい』です。

For me, it's not so much 'drawing is fun' as it is 'being able to use a variety of techniques' with drawing software (I use SAI).

■ ここの部分だけ、切り取りたいな

- I just want to cut this part out.

■ このキャラクターは、ちょっと発光させてみたいな

- I'd like to make this character bright a little.

■ この絵は、ちょっと白黒を強めに出したいな

- In this picture, I want to make it a little more black and white.

みたいなことを、ドローソフトを使うと、チョイチョイとできる感じが好きです。

I like the feeling of being able to do things like that in a snap with draw software.

間違えた操作で、予想もしなかったような効果が出たりすると驚きます。

I may be surprised to find that a wrong operation can produce effects that I never expected.

■ 自分でポーズを取って、ビデオ撮影して、キャプチャしたものからイラストを作るのも、面白いですし、

- It's also interesting to pose myself, take a video, and create an illustration from the captured images.

■ 男性のキャラクタを使って、それを女性のキャラクタに変換したりする作業も、楽しいです

- It's also fun to take a male character and transform it into a female character.

しかし、これは、所詮は「技術」の話です。

However, this is just a matter of "technology".

私は、自分の作品を「芸術品」と思ったことは、一度もありません。

I have never considered my work to be a "work of art".

-----

私のような画才のない一技術者が、まがりなりにも、イラストを描くことを実現させてくれる、IT(パソコン)に対して、感謝をしています。

I am grateful to IT (computers) for making it possible for an engineer like me, who has no artistic talent, to draw illustrations.

私は、ドローソフトでイラストを描き始めてから、芸術品一般は勿論ですが、アニメや、それこそ「萌え絵」と言われているものや、そしてその創作者の方々に、心からの敬意を払っています。

Ever since I started illustrating with drawing software, I have had a deep respect for not only art in general, but also for anime and what is often referred to as "moe" art, and its creators.

「萌えキャラ」というものが、最近、色々騒がれているようです ―― が、私は、妙なことに巻き込まれるのは嫌なので沈黙を決め込んでいますが、

There seems to be a lot of fuss about "moe characters" these days -- but I don't want to get involved in anything strange, so I'll keep quiet.

「そこに、創作者に対する敬意はあるのか」と思うことはあります。

However, I often wonder "Is there any respect for the creator there?


2021-11-25 コミュニケーションは大切です。ですが、非コミュニケーションも、それに劣らず大切なことなのです。 [長年日記]

若い人に『手痛い失敗』をさせないことが大切だ ―― と思っています。

I believe that it is important not to let young people make "painful mistakes".

昔、どんなに説明しても『プログラムローディング方式はダメだ』と信じる部長がいて、研究ユニットの研究開発が滞ったことがありました。

In the past, there was a department head who believed that the program loading method was no good, no matter how much I explained, and the research unit's R&D was stalled.

もちろん、今や、プログラムローディング方式の一つであるJavaScriptは、Webブラウザで、複雑な物理計算結果を、その動きを示しながら表示できるまでになっています。

Of course, JavaScript, one of the program loading methods, is now capable of displaying the results of complex physical calculations in a web browser, showing them in action.

これは、ネットワークの速度や、コンピュータのパフォーマンスが、当時とは比較にならないほど向上したからです。

This is because the speed of networks and the performance of computers have improved to a degree that is unparalleled in those days.

ところが、その部長は、若いころの『プログラムローディング方式』の研究で、手痛い失敗で、回復できないほどの負の記憶を植えつけられたらしいです(と、他の人から聞きました)。

However, the head of the department had made a painful mistake in his research of the "program loading method" when he was young, and had been imbued with negative memories that he could not recover from (or so I was told by others).

当然、その部の研究は、プログラムローディング方式について、後塵を拝することになりました

Naturally, the department's research took a back seat to the program loading method.

This is true not only for R&D, but also for patents.

-----

上司の思い込みは、失敗の記憶とペアになって強化され、その上司の権力によって、部下にも影響を与えることになります。

The boss's assumptions are reinforced when paired with memories of failure, and the boss's power to influence his subordinates.

そして、「自分の失敗」を、「部下が成功させた」というのは、正直不愉快なことでもあります。

And to be honest, it is also unpleasant to hear that "my failure" was made successful by a subordinate.

加えて、たちの悪いことに、上司は、「ロジカルに『それが上手くいかない理由』を部下に説明できてしまう」のです。

What's worse, the boss can "logically explain to the subordinate why it won't work.

なにしろ、自分がやって失敗したのですから、そんなことは簡単です。

After all, they did it and failed, so it's easy.

こうして、生れる前のテクノロジーは、1mmの悪意もなく、組織的に運命的に潰されることになります。

Thus, pre-born technology will be systematically and fatally crushed without malice.

そして、私も、間違いなく、同じ愚を繰返していると思います ―― 『私は若手のアイデアを潰しまくっている』という絶対的な自信があります。

And I'm pretty sure I'm repeating the same foolishness -- I'm absolutely confident that I'm crushing the ideas of young people.

-----

ここから得られる教訓は、

The lesson to take from this is, like,

(1)上司は、部下の暴走を見逃す、と言う勇気を持つこと。そして、見逃すことによって、その責任が自分に返ってくるという理不尽を受け入れること

(1)The boss must have the courage of, "I will overlook a subordinate's outburst". And, by letting it go, they must accept the unreasonable results that the responsibility will come back to them.

(2)部下は、上司に研究を報告しないこと。それが成功するまでは、黙って一人で孤独にアンダーテーブルで研究を続けること

(2)Subordinates should not report their research to their bosses. Until they succeed in doing so, they need to continue their research under-table in silence and in solitude.

という、報告・連絡・相談(ホウレンソウ)のアンチテーゼが必要である、ということです。

is the antithesis against reporting, communication, and consultation

上司は部下の独断先行を苦笑いで許し、部下は自分の信じる研究を、自分の時間(睡眠時間、休日)でやるという覚悟をすることが必要です。

Bosses must be prepared to forgive their subordinates' arbitrary preoccupations with a wry smile, and subordinates must be prepared to do the research they believe in on their own time (sleep time, holidays).

コミュニケーションは大切です。

Communication is important.

ですが、非コミュニケーションも、それに劣らず大切なことなのです。

However, non-communication is just as important.

If you read this book, you will understand that.


2021-11-26 『図表や文章の位置を変えたりしながら調整していくと、なんか、ちゃんとしたコラムになっている(ように見える)』 [長年日記]

「どこから手をつけたらいいのか分からない」ってこと、結構ありますよね。

"I don't know where to start" is pretty common.

私の場合、毎月のコラム原稿がそれです。

In my case, it's my monthly column manuscript.

とりあえず、思いつく図表を適当な枚数描いて、それを並べて、その図表に間に文章を流し込みます。

For now, draw as many charts and tables as I can think of, arrange them in a row, and pour text in between them.

ぶっちゃけますけど、

Let me be frank.

―― 完成のイメージなんか、全然持たずに、文章作成しています

I'm working on the text without having any idea of how it will turn out.

-----

ところが、

However,

『図表や文章の位置を変えたりしながら調整していくと、なんか、ちゃんとしたコラムになっている(ように見える)』

"It comes to be like a proper column when I adjust it by changing the position of figures and sentences"

のです。

これが、パソコン時代の、文章作成作業のミラクルです。

This is the miracle of the writing process in the computer age.

『パソコンがない時代の人は、どうやって資料や作品を作成していたのだろうか』と考えるだけで、尊敬できてしまいます。

"How did people create materials and works of art when there were no computers?" Just thinking about it makes me respect them more.

-----

文章を書くのが苦手という人に、私ができるアドバイスがあるとすれば、

If there's one piece of advice I can give to someone who has trouble with writing, I say to them,

『荒唐無稽で、デタラメで、論理破綻している文章を、まず、ザーっと100行くらい書いてみろ』

"First, write a hundred lines of ridiculous, bullshit, logic-defying text"

と言います。

その後で、その文章をバラバラにして再構成します。

After that, take the text apart and reconstruct it.

そして、これが大切なのですが、『未完成でもいいからネット等で公開する』ことです。

The most important thing is to publish your work on the Internet, even if it is not completed.

『ネットの向こう側で、嘲笑、失笑されている』と実感することが、大切です。

It is important to realize that you are being ridiculed and laughed at on the other side of the Internet.

実際にこの日記も、「最初の1行」を書いた後は、だらだらと適当に文章を書いて、それを並びかえたものです。

In fact, in this diary, after I wrote the "first line," I just wrote random sentences and rearranged them.

-----

『江端のことは知らんが、私は最初から理路整然と文章を書けるぞ』と主張をする人がいても、私はその人の言うことを信じませんし、もし、それが本当であったとしたら ―― 私は、その人、嫌いです。

If someone claims, "I don't know about Ebata, but I can write in an orderly fashion from the beginning," I don't believe them, and if that were true -- I hate that person.


2021-11-27 ―― こんなに英語がダメダメな奴が、こんなもしょーもない質問しているなら、私も質問してみようかな [長年日記]

私たち、日本人は『日本人だけが英語が苦手である』と思いがちです。

We Japanese tend to think that "only Japanese people are bad at English".

しかし、『英語に愛されない外国人』はいます ―― 恐らく、山のようにいます。

However, there are foreigners who are not loved by English language -- probably a lot of them.

-----

今年の9月に、リモートで国際学会での発表と聴講をしていました。

In September of this year, I was remotely presenting and auditing at an international conference.

日本時間でスタート18:00、終了が02:00という、洒落にならない時間になりましたが ――

The event started at 18:00 Japan time and ended at 02:00, which is an unbelievable time, however,

それでも、飛行機に乗って、ホテルに宿泊して、レストランでメニューに困り、時差ボケで最低の体調で聴講することを考えれば、

Still, considering that I had to get on a plane, stay in a hotel, have trouble with the menu at a restaurant, and listen to a lecture in my worst condition due to jet lag..., this is a

『天国』

"Paradise"

です。

開催後のアンケートで、『今後もリモートでの開催を希望するか』という項目のアンケートには、5段階の評価で"5"を付けました。コメント欄にもその旨を記載しておきました

In the questionnaire after the conference, I gave a rating of "5" on a 5-point scale when asked if I would like the conference to be held remotely in the future. I also mentioned this in the comments section.

ま、それはさておき。

Well, that's beside the point.

-----

学会発表で、東欧の若い研究者(女性)の発表を聴講していたのですが、自信なさげで、声が小さく、論旨も良く分からない ―― という、発表がありました。

At the conference, I was listening to a presentation by a young researcher (female) from Eastern Europe, who seemed unsure of herself, her voice was quiet, and her argument was not clear.

『あ、これ、大学生だ。しかも、多分、教授にごり押しされて、発表させられたタイプだ』

"Oh, this is a college student. And she's probably the type of guy who was pushed into doing a presentation by her professor.

と、看破しました。

I've seen it through.

で、予想どおり、彼女は、座長(セッションの議長)からの質問に対して、全く答えられませんでした。

So, as expected, she could not answer any of the questions from the chairperson (the chair of the session).

答えられないプレゼンテータに対して、"evaluate"の言葉の意味を、座長が教えているのを聞いて、『・・・く、空気が重い』という苦痛の時間を体験しました。

I experienced a painful time when I heard the chairperson telling the presenters who couldn't answer the question what the word "evaluate" meant, and the air was heavy.

この質問時間は時間切れで終了したのですが、なんとも後味が悪いものでした。

This question period ended when time ran out, but it was a very bad aftertaste.

-----

この場合の正解は、

The correct answer in this case is

『質問の内容が分からないくても、沈黙せずに、でたらめな英語ででたらめな回答を一方的に喋るまくる』

"Even if I don't understand the question, I don't stay silent, I just go on and on with my bullshit answers in bullshit English"

です。

これは、実質「沈黙」と同じことです。

This is practically the same thing as "silence".

しかし、聴衆が「失笑」と「嘲笑」と「生あたたかい優しい目」で見てくれる、という効果があります。

However, the effect is that the audience will look at me with "guffaws", "ridicule" and "warm, kind eyes".

また、私と同じような「英語に愛されないエンジニア」には、その戦略(でたらめな英語で、でたらめな回答を押し通す)を理解して貰えます。

Also, "engineers who don't love English" like me can understand my strategy (use bullshit English, push through bullshit answers).

上手く行くと、そのセッションが盛り上がります。

If it goes well, the session will be a lot of fun.

―― こんなに英語がダメダメな奴が、こんなもしょーもない質問しているなら、私も質問してみようかな

"Let me try a question, if the guy whose English is this bad is asking such dumb questions"

という気持ちになるようです。

Such feeling seems to coming to the audience, I think.

結果として、私の参加したセッションは大いに盛り上がって、喜んだ座長がリモートで記念写真を取っていたくらいです。

As a result, the session I attended was so exciting that the delighted chairperson even took a commemorative photo remotely.

-----

「英語に愛されないエンジニア」は、インターナショナルで役に立ちます。

The Engineer Who is not Loved by English" is useful internationally.

『場』のしきい値を思いっきり下げて、みんなをリラックスさせます。

Lower the threshold of the "field" as much as possible to make everyone relax.

もちろん、公の場で『道化』になる覚悟は必要ですが ―― まあ、肚を括れば、なんとかなります。

Of course, you have to be prepared to be a clown in public, but if you have the courage, you can do it.

どうせ、その時を過ぎれば、誰もあなたのことなど覚えていません。

After that time, no one will remember you.


2021-11-28 私:「ないわ! 二階席のテーブル(私の机)も、プログラムリスト、参考資料と書籍で、満席だ!!」 [長年日記]

我が家のダイニングテーブルは、4人用なので、家族全員が着席できる ―― はずなのですが、

Our dining table is designed for four people, so the whole family can be seated, however,

感染予防用の2つのパーティションを購入後、そのパーティションに書類を貼りつけるようになり、

After purchasing two partitions for infection prevention, we started attaching documents to the partitions.

娘たちが、読書したり、スマホでアニメ見たり、レポート作成したり、製図を書いたり、リモート授業を受講したり、

My daughters are reading, watching cartoons on their phones, writing reports, drawing, taking remote classes, etc. on the table,

テーブルの上は、ノートパソコン、各種資料、請求書、書籍等が散乱している状態となっており、

with being cluttered with laptops, various documents, invoices, books, etc.

テーブルの定員は、今や『2名』が上限となっています。

The maximum number of people at a table is now just "two".

-----

先程、パンケーキとスクランブルエッグを作り、皿に盛って着席しようとしたのですが、すでに、嫁さんと次女によって、テーブル席が占拠されていました。

I had just made pancakes and scrambled eggs, put them on plates and was about to be seated, but the table was already occupied by my wife and second daughter.

仕方がないので、トレイに皿を置いて、

I had no choice but to put my plate on the tray.

『部屋で食べてくる』

"I'll eat in my room."

と言って、階段を上がり始めました。

I said, and started up the stairs.

次女:「二階席は、比較的、空席がございますーー」

Daughter: "The seats on the second floor are relatively empty.

私:「ないわ! 二階席のテーブル(私の机)も、プログラムリスト、参考資料と書籍で、満席だ!!」

I: "No! Even the upstairs table (my desk) is full, with program lists, reference materials and books!"

と、愚痴を言いつつ、自分の部屋に向かいました。

I complained and went to my room.


2021-11-29 『まあ、行政機関に対するストーカーなら、国民の権利だろう ―― 適正な運用の範囲であれば』 [長年日記]

As I wrote in my article "Disclosure of All Political Organizations Failing to Submit Political Fund Balance Reports Online," I went to the post office and submitted the Administrative Text Disclosure Request Form to Ministry of Internal Affairs and Communications (formerly Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications).

きっと記載不備を指摘されて、何回か再提出することになると思いますが ―― 完全正確な書類を作成する時間よりは、そっちの方が時間が短い(ことが多い)です。

I'm sure I'll be pointed out as incomplete and I'll have to resubmit several times -- that's less time (and often more) than it takes to create a completely accurate document.

私は、これを"ping処理"と読んでいます。

I call this "pinging".

Ping(ピンガー)とは、潜水艦が、敵潜水艦、または、駆逐艦等の洋上戦艦の位置を特定するために使われる、アクティブソナーの発する音波のことです。

A pinger is a sound wave emitted by an active sonar used by a submarine to locate an enemy submarine or an offshore warship such as a destroyer.

ネットワークの世界では、ターゲットのマシンの稼動を確認する為に、">ping (相手のIPアドレス等)"というコマンドインターフェースで使われています。

In the network world, the command interface ">ping (e.g. IP address of the other machine)" is used to check the operation of the target machine.

要するに「メッセージを投げつけられたら、応答せざるを得ない」という性質を利用したコミュニケーションです。

In essence, it is communication that takes advantage of the nature of "when a message is thrown at you, you have no choice but to respond.

まあ、相手側にとっては、甚だ迷惑なコミュニケーションであることは ―― 潜水艦であろうが、コンピュータであろうが、そして行政手続であろうが ―― 共通していると思います。

Well, I think we can all agree that it's a very annoying communication for the other side -- whether it's a submarine, a computer, or an administrative procedure.

-----

"ping処理"の濫用形態が、電話やメールやSNSでのストーカー行為ですが、

Well, abusive forms of "pinging" is stalking through phone calls, emails, and social networking sites, however I think

『まあ、行政機関に対するストーカーなら、国民の権利だろう ―― 適正な運用の範囲であれば』

"Well, if I am stalking a government agency, it's our right -- as long as it's done properly."

と思っています。

-----

私の知る限り、国土交通省、厚生労働省は、電話で親切に対応してくれました。

As far as I know, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism and the Ministry of Health, Labor and Welfare were kind enough to help me over the phone.

文部科学省は1回だけWebのコメント欄で質問したことがありますが、その時は、無視されました。

I had only asked a question to The Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) in the comments section of the web once, but at that time, I was ignored.

さて、総務省は、どうかな?

Now, how will the Ministry of Internal Affairs and Communications respond?


2021-11-30 「『無様に泣き叫ぶシニア』になる勇気」 ―― これが、私たちに残された老後戦略なのです。 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

-----

中国(大陸の方)では、高齢者がスマホを使い倒しているらしいです。

In China (the mainland), I heard that the elderly are using their smartphones to the fullest.

理由は単純で、

The reason is simple.

『政府は行政サービスをスマホで提供している。使う/使わないは、お前たちの勝手だ』

The government is providing government services through smartphones. It's up to you to use it or not."

と言い切って、スマホを使わない人をバッサリと切り捨てているそうです。

They seem to be cutting off people who don't use smartphones by saying the above.

スマホを使えなければ、生きていくことができない ―― そりゃ、だれだって、命懸けでスマホの操作を覚えるでしょう。

If they can't use a smartphone, they can't live -- anyone would risk their life to learn how to use a smartphone.

-----

この話、結構、残酷なこと言っていると思いますが ―― 私も会社の中では同じような目にあっています。

I think this story is pretty brutal -- however, I've been through the same thing in my company.

会社は、社員の意見など聞くことなく、勝手に業務システムを変更してしまいます。

Companies change their business systems at will, without listening to the opinions of their employees.

それまで、蓄積してきたオペレーションの知識は、その瞬間、ドブに捨てられます。

At that moment, all the operational knowledge I have accumulated will be thrown away.

また1から、いや、ゼロから、学び始めなければなりません。

I have to start learning again from even scratch.

そして、どんなに恥しくても、大声で『助けて下さい!』と叫べない奴は ―― (社内で)死にます。

And those who can't shout out loud, no matter how embarrassing, "Please help me! (within the company) " will die.

面子もプライドもあったもんじゃありません。

There is no honor, no pride.

『無様に泣き叫ぶシニアたち』―― これが、ITシステムを使わされている世界の現状です。

"Senior citizens crying out in vain." This is the state of the world in which we are forced to use IT systems.

-----

という訳で、(今回のコラム以外の方法では)「デジタル競争力世界第28位」から挽回する為には、

So, in order to recover from being "the 28th most digitally competitive in the world" (in ways other than this column), we need to make citizens who

■大声で『助けて下さい!』と叫べぶことができるようになり、

- are able to shout out, "Please help me! in a loud voice, and

■そこに手を差し延べることができるになる

- are able to reach out to the voice.

国民の育成だと思うのです。

だから ―― 私を含めて、高齢者の皆さんは諦めて下さい。

So -- please give up, all you elderly people, including me.

「『無様に泣き叫ぶシニア』になる勇気」 ―― これが、私たちに残された老後戦略なのです。

"To be a wailing old man". This is the only retirement strategy we have left.