0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023|01|

2023-01-01 こんな風に、何かの課題に頭を抱えながら、最期を迎えられたら ―― [長年日記]

I went through the New Year's Eve, trying the methods described in this book, not getting it to work, and in the process of getting my head around it.

去年もこんな感じで、今年もこんな感じに過ぎていくのだろうと思います。

Last year was like this, and I am sure this year will pass like this as well.

とは言え ――

However,

こんな風に、何かの課題に頭を抱えながら、最期を迎えられたら、

"If I could meet my end like this, with some issue on my mind ――"

それは、それで、私らしいのかなとも思っています。

I guess that is just like me.

今年もよろしくお願いします。

I look forward to working with you this year.

江端

Ebata


2023-01-02 『自分のニーズが、世界のニーズではない』ということを、今、しみじみと実感しています。 [長年日記]

Between the end of the year and this year, two of my books have sold.

どなたかは存じませんが、お買い上げ頂き、誠にありがとうございます。

I don't know who you are, but thank you very much for your purchase.

でも、販売冊数の合計は、2桁に至っていません。

But the total number of books sold has not reached double digits.

『自分のニーズが、世界のニーズではない』ということを、今、しみじみと実感しています。

I am now keenly aware that 'my needs are not the needs of the world'.


2023-01-03 分かっています ―― 「事前の情報収集不足」と「自分の力量の過信」です。 [長年日記]

今年の年末年始の休暇の開始から今に至るまで、私は自信をもって「1時間もサボっていない」と断言できます。

From the start of this year's New Year's vacation to now, I can confidently say that I have not skipped an hour.

この正月に見たテレビ番組は、録画しておいた『芸能人格付けチェック! 2023お正月スペシャル』だけです。

The only TV program I watched this New Year's was the recorded "Celebrity Ratings Check! 2023 New Year's Special".

なのに、予定しているスケジュールが、2.5日も遅延しているのは、なぜでしょうか。

Why, then, is the planned schedule delayed by 2.5 days?

分かっています ―― 「事前の情報収集不足」と「自分の力量の過信」です。

I know -- "lack of information gathering in advance" and "overconfidence in one's own abilities".

今年も、この2つが私を窮地に追い込むのだろうなぁ、と思うと、今から気が重いです。

I am now feeling a bit overwhelmed, thinking that these two will probably put me in a tight spot this year as well.


2023-01-04 なるほど、『私たちは、みんな、20年前のスパコンを使っている』ことになる訳です。 [長年日記]

『今のパーソナルコンピュータ(PC)の性能は、20年前のスーパーコンピュータ(スパコン)の性能と同じである』

"The performance of a personal computer (PC) today is the same as that of a supercomputer 20 years ago"

という話を聞いて、ちょっと計算してみました。

After hearing the story, I did some calculations.

- 2000年以降、PCとスパコンの性能差は、ざっくり1万倍になる

- After 2000, the performance difference between PCs and supercomputers have been roughly 10,000 times

- ムーアの法則「18ヶ月で性能が倍になる」

- Moore's Law "doubles performance in 18 months."

から考えると、

Given that from the information,

2^(x/1.5)= 10000 を解けばいい。

Solve 2^(x/1.5) = 10000.

x = 19.93 年

x = 19.93 years

なるほど、『私たちは、みんな、20年前のスパコンを使っている』ことになる訳です。

I see, 'We are all using 20-year-old supercomputers'.

つまり、理屈上、2003年の段階で、スパコンで計算していた天気予報や地震予測計算は、自分の部屋でもできます。

In other words, in theory, as of 2003, weather forecasts and earthquake prediction calculations that were being calculated on supercomputers can be done in your own room.

私から見れば『20年間待ち続ければいい』のです。

From my point of view, 'I just have to wait for 20 years'.

逆に言えば、スパコンへの開発や投資コスト(約1300億円、保守コスト抜き)は、この『20年間の先行』にあると言うことです。

Conversely, the cost of development and investment in supercomputers (about 130 billion yen, not including maintenance costs) is in this '20-year leading'.

皆さんが、どう考えるのは分かりませんが、私は、概ね妥当なコストだと思います。

I don't know what you all think, but I think the cost is generally reasonable.


2023-01-05 「数学を18歳まで必修にします」――イギリスのスナク首相が年頭の演説で新たな教育方針を示しました。 [長年日記]

「数学を18歳まで必修にします」――イギリスのスナク首相が年頭の演説で新たな教育方針を示しました。

"Mathematics will be compulsory until the age of 18"--British Prime Minister Rishi Sunak laid out his new education policy in his New Year's address.

スナク首相は、『現在、16歳から19歳のうち半数しか数学を学んでいないとして「データがあらゆるところにあり、統計があらゆる仕事を支える世界」で数学は重要だ』と訴えました。

The Prime Minister Rishi Sunak stressed that "mathematics is important in 'a world where data is everywhere and statistics support every job', however 'only half of 16- to 19-year-olds are currently learning mathematics'.

私もそう思います。

I agree with him.

しかし、現在の日本の数学教育で、同じ施策を強行したら「若者の苦痛の時間が長くなるだけ」だろう、とも思っています。

However, I also believe that if the same measures are enforced in the current Japanese mathematics education, "it will only prolong the time of suffering for young people.

-----

I believe that what is needed in mathematics education today is "mathematics as a 'tasty tool' that can be used throughout one's life.

『一生使い倒せる、"おいしい道具"としての英語』に比べれば、数学ははるかに『使用頻度の高い道具』だと思います。

Compared to English, mathematics is a much more frequently used tool, I think.


2023-01-06 会社の同僚に聞いた話なのですが「地元の鉄道が廃線になったけど、BRTの導入で逆に移動が快適になった」という話を聞きました。 [長年日記]

今後、鉄道に置き換えわっていく公共交通がBRT(Bus Rapid Transit)です。

BRTs (Bus Rapid Transit) is a public transportation system that will replace railroads in the future.

途上国でも積極的に導入されているようです。

BRTs seem to be actively being introduced in developing countries.

鉄道を飛ばして、いきなりBRT導入がされているようです。

It seems that BRT is being introduced suddenly, skipping the railroads.

-----

会社の同僚に聞いた話なのですが「地元の鉄道が廃線になったけど、BRTの導入で逆に移動が快適になった」という話を聞きました。

I heard from a colleague at work that "the local railroad line was closed down, but the introduction of BRT has conversely made travel more comfortable.

バス以外に入ってこれない専用レーンで(あるいは、路線の上にアスファルトを引いて専用道路にする)バスだけを走らせる ―― それは、もう鉄道と同じです。

Running only buses in a dedicated lane that only buses can enter (or asphalt over the route to make it a dedicated road) -- it's already the same as a railroad.

なにしろ安い。

After all, they are cheap.

構築コストはもちろんですが、メンテコストが恐しく安いし、輸送効率の費用対効果がケタ違いに優れています。

The cost of construction, of course, but maintenance costs are horrendously low, and the cost-effectiveness of transportation efficiency is outstanding.

突出しているのは、人件費です。バス停には駅員は不要です。

What sticks out is the cost of labor. Bus stops do not need station staff.

鉄道を存続させたい人の心理には、鉄道ではなく「○○駅」という「名前」が重要だ、という話を聞いたことがあります。

I have heard that the "name" of "XX station" is important to the mind of those who want to keep the railroad alive, not the railroad.

ならば、BRTの停車場を「駅舎」にして、それを「駅」を称呼すればいい、と思います。

Then I think we should make the BRT stop a "station house" and call it a "station".

-----

I googled the phrase "still need a railroad."

ふむ、「コンテナ車両の有効性」が語られていますが、BRTの路線にコンテナを搭載したトラックを走らせれば足りるんじゃない?

Hmmm, "effectiveness of container vehicles" is mentioned, but wouldn't it be enough to run trucks with containers on BRT routes?

コンテナの移動については、車両ごとトラックに牽引させれば、一般道まで走れるという特典まで付いてきます。

About moving containers, they offers the privilege of having the entire vehicle towed by a truck, moreover , which can then be driven on public roads.

はっきりいって、大量の人間を一気に運ぶニーズのない場所では、電車よりBRTの方が、圧倒的に美味しいです。

Clearly, in places where there is no need to transport large numbers of people at once, BRT is far more palatable than trains.

観光地などでは、観光客の需要を満たす問題もあると思いますが、それは鉄道であっても同じ問題に直面するので、争点にはなりません。

In tourist areas, etc., there will be problems meeting the demand of tourists, but that is not a point of contention, since the same problems would be faced by railroads.

逆に、観光シーズンには、BRTの車両数を増やす、あるいは、例外的に一般バスを借り入れてダイヤに組み込むなど、鉄道よりも柔軟性の高い運用ができると思います。

Conversely, during the tourist season, the BRT could operate with greater flexibility than rail, such as increasing the number of BRT vehicles or, on an exceptional basis, borrowing regular buses and incorporating them into the timetable.

CO2排出については、程なく電気自動車の実用化でケリがつくでしょう。

CO2 emissions will soon be settled with the commercialization of electric vehicles.

-----

とは言え、私は、この分野については門外漢です。

I am, however, an amateur in this field.

私の見落していることが沢山あると思いますので、教えて頂ければ嬉しいです。

I am sure there are many things I am missing, and I would be happy to learn about them.

但し、『利権』とか『ブランド』とか『コネクション』とか『票田』とか、そういう話は不要です。

However, you don't need to talk about "interests," "brands," "connections," "vote banks," and the like.

純粋に、技術的、経済的な話に限定でお願いします。

Please limit our discussion to purely technical and economic matters.


2023-01-07 『どっかに、バックドアを仕込まれたかもしれない』と思うと、気持ち悪くなりました。 [長年日記]

私は、『自分の名前(×ハンドル名)と出所(メールアドレス等)を明示しない人の意見は聞かない』ことにしています。

I will not 'listen to the opinions of those who do not specify their name (x handle name) and source (email address, etc.).

それ故、WebサイトもYouTubeも、コメント欄は、すべてOFF(書き込み不可)としています。

Hence, all comment sections, both on the website and on YouTube, are turned off (no writing).

-----

ところが、最近、Wordpressの管理画面(×ユーザ画面)に、こんなのが出てきて、うっとうしいことこの上もありません。

Recently, however, I have been seeing something like this on the Wordpress admin (not user) screen, and it is beyond annoying.

スパムのようなものだろう、と思っていますが、このような画面が出てくるのかが分かりません。

I thought it must be some kind of spam, but I don't understand how this kind of screen comes up.

そもそも、私のページには、コメント欄がありません。

To begin with, my page does not have a comments section.

『どっかに、バックドアを仕込まれたかもしれない』と思うと、気持ち悪くなりました。

It made me sick to think, 'Somewhere, someone might have planted a back door'.

-----

で、ちょっと調べてみたら、「投稿の編集画面」にこんなのがありました。

So I did a little digging and found this in the "Edit Post" screen.

即、チェックを外しておきました。

I immediately unchecked the box.

油断大敵です。

It is a tricky business.


2023-01-08 データさえ公開して貰えれば、交通工学専攻の学生たちが、ほっといても、勝手にアプリを作り出しますよ。 [長年日記]

先週の金曜日、小田急で人身事故があり、講義に遅刻しました。

Last Friday, I was late for a lecture due to a personal injury accident on the Odakyu train.

1時間近く余裕を持って出発したのですが、私を閉じ込めたままで電車が止ってしまっては、どうしようもありません。

I left with almost an hour to spare, but there was nothing I could do while the train stopped with me trapped inside.

私、鉄道の人身事故については、普通の人よりも理解していると自負しています。

I am proud to say that I understand personal injury on the railroad.

が、―― やっぱり、腹は立ちます。

But - I'm still angry

今でも、

Even now,

『人身事故の責任は、―― 生死を問わず ―― 人身事故を発生させた当事者にあるに決まっとろうが』

"The responsibility for any personal injury, dead or alive, lies with the person who caused it"

と思っており、鉄道会社は責任はないと思います ―― ちゃんと、国土交通省の「ホームドア設置」の指導に対応していれば、ですが。

I think no responsibility of train companies, if only they are properly compliant with the MLIT's guidance on the installation of platform doors.

-----

私は、人身事故発生後の運行の回復予測が「死ぬほど」難しいことを知っています。

I know that it is "deathly" difficult to predict the recovery of operations after a personal injury event.

ならば、リアルタイムの列車の位置情報を、CUI(コマンドベースインターフェース)で構わないので、公開して貰えればいいのに、と思っています。

Even so, I would like them to open real-time train location information published in a CUI (command-based interface) if possible.

GPS情報が無理なら、閉塞区間の情報か、駅待機情報で構いません。

If GPS information is not possible, closed section information or station standby information is acceptable.

鉄道会社に『Webで公開しろ』とか、『アプリを作れ』とか言いません ―― それは、民間(私を含む)に丸投げしてもらって結構です。

I will not tell the railroad companies to 'publish on the Web' or 'make an app' -- that can be left entirely to the private sector (including me).

データさえ公開して貰えれば、交通工学専攻の学生たちが、ほっといても、勝手にアプリを作り出しますよ。

As long as the data is made available to the public, traffic engineering students will create applications on their own, even if they are left alone.

それについては、賭けてもいいです。

You can bet on that.

そのアプリで、彼らが卒業論文を書ければ、Win-Winです。

If they can use that application to write their thesis, it's a win-win.

CUIであれ何であれ、そこにデータがあれば、何かを解析するように訓練されているんです、私たちは。

If there is data there, whether it is CUI or whatever, we are trained to parse something, we are trained to parse something.

-----

まあ、上記の話を纏めると、

Well, to summarize the above story,

『私(江端)のためだけに、人身事故発生後のリアルタイムの列車の位置情報を開示しろ』

'For my (Ebata's) sake alone, disclose the real-time location of the train after the personal injury accident'

と言っているように聞こえなくもありません。

It sounds as if I am saying that.

それでも、鉄道会社が、うかつにダイヤの回復予測時間を口にできないなら ――

Still, if a train company can't carelessly say a projected timetable recovery time--

人身事故発生から収束までのリアルタイムのデータ"だけ"開示して、あとは民間の会社(あるいは学生などに)丸投げして、責任回避を図ればよいのです。

They should only disclose "real-time" data from the time of the accident to the time the accident is resolved, and then throw the rest to private companies (or students, etc.) to avoid their responsibility.


2023-01-09 『壊れた時、自分の手で直せないものは、使えん』というのは、かなり普遍的な真理だと思っています。 [長年日記]

DXが叫ばれて久しいですが、

It's been a long time with being said "DX is needed", however,

―― 現場でアナログで運用されているものを、DXに変更するのは相当に難しい

"It is quite difficult to change from analog operation to DX in the field."

を痛感しています。

I am acutely aware of the fact.

特に「ホワイトボード」と「付箋」で運用されているアナログシステムを、デジタル化することは、絶望的に難しいです。

It is hopelessly difficult to digitize an analog system, especially one that operates with "whiteboards" and "sticky notes.

(写真の出典は、https://mainichi.jp/articles/20210330/k00/00m/040/249000c)

-----

アナログシステムはメリットが多いのです。

Analog systems have many advantages.

誰もが見ることができ、マクロでもミクロでも状況を把握することができ、かつ、誰もがアクセス(追加、削除、変更)ができます。

Everyone can see it, everyone can monitor the situation, both macro and micro, and everyone can access (add, delete, modify) it.

上記の写真は、『現場にデジタルを押しつけたら、間違いなく運用が破綻する』と雄弁に語ってくものだと思います。

I think the above photo speaks eloquently to the fact that 'if you impose digital on the field, you will definitely ruin the operation.

-----

この写真のスケジュール管理システムを見ている限り、現状のDXができることは、

As far as this photo scheduling system is concerned, all the current DX can do is

(A)このホワイトボードの内容を、カメラを使って取り込み、画像処理・文字認識を用いて認識すること

(A) To capture the contents of this whiteboard using a camera and recognize them using image processing and character recognition.

(B)そこから読み取ったデータを、担当者に当日のスケジュールを自動的にメールやSNSで通知すること

(B) Automatically to notify the person in charge of the day's schedule of the data read from it via e-mail or SNS.

(C)スケジュールに矛盾(重複、誤認識)が発生したら、それをスケジュール管理者に警告すること

(C) To alert the scheduler of any inconsistencies (duplications, misidentifications) to the manager.

というあたりが、限界だと思います。

I think that is the limit of what we can do.

-----

重要なことは、

The important things to remember are that

■アナログとデジタルの両方を動かし続け、『100%完全なデジタル移行』という考え方は諦めること

- To continue to move both analog and digital, and to give up the idea of "100% complete digital migration.

■十分な時間をかけて(数年~10年単位)、アナログの"クローン"を、デジタルで作っていくこと

- To create analog "clones" digitally over a long enough period of time (several years to 10 years).

加えて、

In addition,

■デジタルシステムの設計、構築、運用は、原則として現場の人間自身の手で行うこと

- In principle, the design, construction, and operation of digital systems should be carried out by the people on site themselves.

が重要かと思います ―― 最後のフレーズは、かなり無茶であることは、分かっていますが。

is important -- I know that last phrase is rather absurd.

『壊れた時、自分の手で直せないものは、使えん』というのは、かなり普遍的な真理だと思っています。

I believe it is a fairly universal truth that 'if you can't fix it with your own hands when it breaks, you can't use it'.


2023-01-10 別の言い方をすれば『私(江端)は、組織(会社)の従順な犬』ということです。 [長年日記]

本日の打ち合わせで、グループメンバの一人が、来週からの海外出張の話をしていました。

At today's meeting, one of the group members was talking about his overseas business trip starting next week.

他のメンバーの『いいなぁ』とか『羨しいなぁ』という声を聞きながら、

I heard the other members say, "I like it" and "I envy you, however I thought

―― "若い"って凄いなぁ

-- "Young" is great!

と思っていました。

だって、国内出張であれば、

Because if I am traveling domestically

(0)空港に行かなくてよくて、発着の遅延や欠航の心配がない

(0) No need to go to the airport and worry about delayed or cancelled arrivals and departures

(1)時差ボケがない

(1) No jet lag

(2)パスポートや書類などを気にしなくてもいい

(2) Don't have to worry about passports, documents, etc.

(3)外国語でのプレゼンの練習やら、現地の打ち合わせで『判ったようなフリ』をする演技をしなくてもいい

(3) No need to practice presentations in a foreign language or act like you "understand" in local meetings.

なにより、

Above all,

(4)日本語が100%使える

(4) 100% Japanese is available.

のです ―― 国内出張(特に国内で行われる国際学会)バンザイです。

"Banzai!" for Domestic business trips (especially international conferences held in Japan)

-----

今の私が生きている世界線をアルファ世界線とすれば、20年前の私は別の世界線(ベータ世界線)に生きていたのだと思います。

If the world line I live in now is the Alpha world line, then 20 years ago I was living in a different world line (Beta world line).

とは言え、今でも、私は『業務命令の発動』によって、簡単に世界線移動をすると思います。

However, I still think I would easily move to another world by 'invoking a business order'.

『業務命令』というのは、世界線移動を発生させるくらいの、巨大なエネルギーを持っているのです。

The "business order" has such enormous energy that it can make me move to another world-line.

別の言い方をすれば『私(江端)は、組織(会社)の従順な犬』ということです。

In other words, "I (Ebata) am an obedient dog of the organization (company)".


2023-01-11 『なるほど、世界を相手にする戦争とは、こういう風にやるのか』と、非常に感心しました。 [長年日記]

I watched the BS1 special "Putin: The Unknown Gas Strategy - An In-Depth Look at 20 Years of Offensive and Defense".

『なるほど、世界を相手にする戦争とは、こういう風にやるのか』と、非常に感心しました。

I was very impressed, thinking, 'I see, this is how a war against the world is conducted.

これに比べると、同じ大国でも、『米国の戦争は場当たりで節操がないなぁ』と感じました。

Compared to this, even the same superpower, I felt that 'U.S. wars are opportunistic and unrestrained.

日本の太平洋戦争の開戦のおそまつさに至っては、『プーチンの爪の垢を煎じて飲め』と言えるくらいです。

When it comes to Japan's lousy start of the Pacific War, I could say, "Drink from Putin's fingernails.

ちなみに、私は「正義」や「善悪」の話はしていません。

By the way, I am not talking about "justice" or "right and wrong".

純粋に、「戦争のやり方」の話をしています。

I am talking purely about "how to conduct warfare".

まあ、日本は、資源もないし、大国でもありませんので、ロシアも米国も、全く参考にはなりませんが。

Well, Japan has no resources and is not a great power, so neither Russia nor the U.S. can be of any help at all.

-----

ところで、以前、オイルショックで酷い目にあった後の、我が国のエネルギー輸入事情について、書いたことがあります。

By the way, I have written before about our country's energy import situation after the terrible oil shock.

『今の日本は、「外国の気まぐれ」対策として、バラバラの国から、ちまちまとエネルギー燃料を買い付けています。ざっくりこんな感じです』

"Today, Japan is buying energy fuels from disparate countries in a piecemeal fashion as a countermeasure to 'foreign whims. Here's a rough table of what's going on"

『コスト度外視で、どんなささいなコネでも作っておくという、「全方向」からエネルギー資源を確保するという涙ぐましい戦略が見てとれます』

"The "tearful strategy to secure energy resources from 'all directions' is evident: 'We will make any connections, no matter how trivial, without regard to cost"

―― てなことを書いていました。

-----

現在、ドイツは、ロシアからエネルギーで散々痛めつけられています。

Germany is currently being hurt a lot by Russia with energy.

今後、ドイツは我が国と同様「全方向政策」に変換するのだろうなぁ、と、思いながら、番組を見ていました。

I was watching the program, thinking that Germany will probably convert to an "all-round policy" in the future, just like our country.


2023-01-12 『ボランティア活動参加 = ディズニーランド来園』というレベルまで、意識を軽量化しましょう。 [長年日記]

I was watching TV and saw news about the Kamagasaki wintering struggle.

大学の自治寮に住んでいた時に、何度か先輩からボランティア要員としての誘いを受けていたのですが、帰省などもあって、一度も行くことはありませんでした。

When I lived in the university's self-governing dormitory, I had received several invitations from seniors to be volunteer personnel, but I never went because I had to return home.

今ごろになって『行っておけばよかったな』と思っています。

By now I'm thinking, 'I wish I had gone.

-----

I volunteered at the time of the Great Hanshin-Awaji Earthquake.

電力が完全に途絶えた漆黒の闇の街と、骨の髄まで凍りつくような夜の辛さを、今も覚えています。

I still remember the jet-black darkness of the city with its power completely cut off and the pain of the night that chilled me to the bone.

-----

最近のウェルビーイングの研究では、ボランティアのような「他利行為」は、自分の幸福度を上げる「自利行為」であることは、常識らしいです。

In recent research on wellbeing, it seems to be common knowledge that "altruistic acts" such as volunteering are "self-interested acts" that increase one's well-being.

―― ボランティアは偽善ではないのか ?

"Isn't volunteering hypocritical? "

などと悩む必要はありません。

You don't have to worry about such things.

それどころか、『ボランティアは、自分の娯楽です』と言い切ってO.K.です。

On the contrary, it is O.K. to say, 'Volunteering is my pastime'

そのようなボランティア活動でも、十分にWin-Winの関係を築くことができるのです。

Even such volunteer work can be a sufficient win-win.

『ボランティア活動参加 = ディズニーランド来園』というレベルまで、意識を軽量化しましょう。

Let's lighten our awareness to the level of "participating in volunteer activities = visiting Disneyland.

ですから、好きな時に始めて、好きな時に止めしまって、全く構いません。

Therefore, you can start whenever you want and stop whenever you want.

「ディズニーランドに来園したら、閉館まで居なければならない」なんてことはないですからね。

"Even if you come to Disneyland, you don't have to stay until the park closes."

-----

誰かが何かを言ってきたら、私が、ガッチリとあなたを弁護します。

If someone says to you something, I will defend you.


2023-01-13 『海外で貧困の現実を知りました』「それ国内でわかんなかったの? いいね押す代わりに、目玉に親指入れてやろうか」 [長年日記]

私、瀬戸口みずきさんの著書が好きなのですが、その中でも「ローカル女子の遠吠え」は特に好きです。

I like Mizuki Setoguchi's books, especially "Howl of a Local Girl".

第9巻に記載されていた番外編の以下のセリフは、胸を打ちました。

The following lines from the extra edition listed in Volume 9 struck a chord.

======

『海外で貧困の現実を知りました』

"I learned about the reality of poverty overseas"

「それ国内でわかんなかったの? いいね押す代わりに、目玉に親指入れてやろうか」

"You didn't get that in Japan? I'll put my thumb in your eyeball instead of hitting the 'good' button"

======

少なくとも、私のティーンエイジャは、『目玉に親指入れらても文句は言えなかった』と思います。

At least, I think my teenager 'couldn't complain about having his thumb in his eyeball.

そして、"今ごろ"になって、その現実を(資料やデータから)知り、呆然とし、そして、そこから『目を背ける大人』になりました。 T

hen, "around this time", I learned of the reality (from data and documents), was stunned, and became an adult who "turned away" from the serious problem.

子ども達が、私のような大人にならないよう、また、私の大人を量産しないような教育を ―― (私以外のエラい人に)期待しています。

I hope that my children will be educated -- (by great other than myself) so that they will not become adults like me and not mass produce adults like me.

----

それと、以下のセリフも好きです。

And I also like the following lines.

======

「うーん・・・ 左右とか上下とかじゃなくて、人生ってもっと3Dじゃない?」

"Ummm... isn't life more 3D, not just left to right or up and down?"

======

うん、人生の次元は3Dどころか、もっとあると思います。

Yeah, I agree that there are more dimensions to life than just 3D.

ただ、私の場合は、極端に次元数が少ない気がします ―― 「パソコンの前に座っている/座っていない」の軸があるだけです。

However, I feel that I have an extremely low number of dimensions -- I just have a "sitting/not sitting in front of a computer" axis.

-----

ちなみに、現在、物理学において定説となっている理論(超弦理論)では、宇宙は少なくとも11次元あるそうです。

Incidentally, the currently accepted theory in physics (superstring theory) says that the universe has at least 11 dimensions.

いつか、きちんと勉強して、コラムのネタにしてみたいです。

Someday I would like to study it properly and use it as fodder for a column.


2023-01-14 今、壮絶に凹んでいます。 [長年日記]

先週、時間をかけて、十分に練り上げたつもりの資料で、発表してきましたが、質疑応答で、

I gave a presentation last week with materials that I thought were well thought out, but during the Q&A session

―― よく分からん

"I don't understand"

と言れて、今、壮絶に凹んでいます。

I am now in a spectacularly depressed state after that.

少なくとも、この週末は、何かをしようとする気力が出ずに、ボーっとしていました。

At least, I was in a daze this past weekend, unable to muster the energy to do anything.

体重が1日で1kg落ちました。

My weight dropped 1 kg in one day.

-----

ただ、私、この年齢になって、この「よく分からん」が『よく分かる』のです。

However, I, at my age, 'understand' this "I don't know" very well.

私も、ここ10年くらい、社内で(特に発明のブレスト)で、このフレーズを乱発して、色々な人(特に若手)を凹ましてきたことは間違いありません。

I have no doubt that I have also used this phrase wildly in my company (especially at invention brainstorming sessions) for the past 10 years, and I made many people (especially younger people) depressed.

そういう意味では、私のようなシニアは、時々、こういう辛辣な言葉を言われて凹むことは、結構大切なことなのかもしれません。

In that sense, it is probably quite important for seniors like me to be depressed by such harsh words from time to time.

とは言え、やっぱり、凹むのは辛いです。

But it is still hard to be depressed.

たとえ、それがダイエットになろうとも、です。

Even if it works for a diet.


2023-01-15 ―― <北>が核ミサイルを打ち込むなら、「今」やってくれないかな [長年日記]

As a continuation of yesterday's diary, in the Ebata family, when we feel down or depressed,

―― <北>が核ミサイルを打ち込むなら、「今」やってくれないかな

-- If the is going to launch nuclear missiles, I hope they do it "now".

―― 都心ではではなく、多摩地区に直撃で

-- not in the center of Tokyo, but directly in the Tama area.

という、会話を、(主に長女と二人)でします。

We have conversations (mainly with my eldest daughter) about this.

これって、「死刑になりたくて、人を殺害しようとした」という奴より、悪質と言えるかもしれません。

This could be considered more vicious than the guy who "wanted to be executed and tried to murder people.

-----

上記のような文を偉そうに書いている奴の正体は、実際は、この程度の豆腐のようなメンタルの持ち主です。

The guy who writes the above diary pretending a great writer, is, in fact, of this level of tofu-like mentality.

笑ってやって下さい。

Please laugh at me.


2023-01-16 ―― 優れた発明が出願審査請求されず、どーでもいい凡庸な発明が出願審査請求される [長年日記]

特許庁に特許明細書を提出(出願)するだけでは、特許権を得ることはできません。

Simply submitting a patent specification to the Patent Office (filing an application) is not enough to obtain a patent right.

出願から3年以内に、特許庁に自分の発明を審査して貰う請求をする必要があります。

You must file a request to have your invention examined by the Patent Office within three years of filing the application.

これを「出願審査請求」と言います。

This is called a "request for application examination".

この請求をすることで、はじめて特許の審査官と出願人(発明者)とのバトルが開始されることになります。

By filing this request, the battle between the patent examiner and the applicant (inventor) will begin for the first time.

請求をしなければ、その発明を、特許発明にバージョンアップさせることはできません(つまり、特許権は得られない)。

If you do not file a claim, you cannot have your invention upgraded to a patented invention (i.e., you cannot obtain a patent right).

However, the "request for application examination" is expensive.

=====

特許出願 14,000円

Patent application 14,000 yen

出願審査請求 138,000円+(請求項の数×4,000円)

Request for application examination: 138,000 yen + (number of claims x 4,000 yen)

=====

ですので、普通の会社においては、出願数に対して、出願審査請求の数を絞ることになります。

So, in an ordinary company, the number of requests for application examination is narrowed down in relation to the number of applications.

-----

さて、この「出願審査請求」を誰が判断するか? ―― 多くの場合、発明者本人です。

Now, who makes the decision on this "request for application examination"? -- in many cases, the inventor himself/herself.

なぜなら、他人の発明を理解することは、もの凄く難しいからです。

This is because it is extremely difficult to understand other people's inventions.

ところが、ここに問題があります。

However, there is a problem here.

企業の発明者の中には、

There are two types of inventors in a company.

(1)凄く優れた発明をしたのに、自己評価レベルが低すぎて、簡単に出願審査請求を諦めてしまう人

(1) Those who have made a very good invention, but their self-evaluation level is too low and they easily give up on their request for application examination.

(2)恐しく凡庸な発明なのに、自己評価レベルが高すぎて、バシバシ出願審査請求をしてしまう人

(2) Those who request application examination too frequently because their self-evaluation level is too high, even though their invention is terribly mediocre.

の2種類がいます。

つまり、

In other words,

―― 優れた発明が出願審査請求されず、どーでもいい凡庸な発明が出願審査請求される

"Excellent inventions are not requested for application examination, while mediocre inventions are requested for application examination."

という事態が発生してしまうのです。

This above situation occurs.

-----

で、私がどういうタイプの人間かというと、当然、上記(2)です。

And what type of person am I, of course, (2) above.

会社(というか社会)においては、『努力をしている奴』よりも、『能力がある奴』よりも、『騒いでいる奴』の方が強い、というのは、ある意味、事実です。

In a sense, it is a true that in a company (or rather, society), "those who make a fuss" are stronger than "those who make an effort" or "those who are capable".

嫌な話だとは思いますが。

I know it is a disgusting story.


2023-01-17 「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみる [長年日記]

「「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論」の最新記事が掲載されました。

The latest article on "New Behavioral Theory for 'Engineers Not Loved by Money'" has been published.

■最新記事

-Latest Articles

A serious analysis of "Can I be happy there without money?" from the perspective of religion and happiness.

今回は、「なぜ、カルトの信者はあんなに幸せそうなのか」という疑問に端を発して、「お金がなくてもそこそこ幸せになれるのか」を宗教と幸福感から真剣に解析してみました。

In this issue, I have seriously analyzed the question "Why do cult members seem so happy?" from the perspective of religion and happiness, starting with the question "Why do they seem so happy even without money?


2023-01-18 『次女が、iPad + ibisPaint + Apple Pen で、サクサクと、高品質の作品を量産しているのを見ていると、なんか対抗したくなる』 [長年日記]

現在、私は、PCにSAIをインストールして、マウスを使ってイラストを作っています。

I currently have SAI installed on my PC and use a mouse to create illustrations.

本格的にデジ絵をマスターしたい訳ではないのですが、iPadのibisPaintを使って、リモートワークのホワイトボード代わりに使えないかな、と思っています。

I don't want to master digital painting in earnest, but I am wondering if I can use ibisPaint on my iPad as a whiteboard for remote work.

で、今悩んでいるのは、Apple Penを買うか、廉価版を買うか、です。

So now I am wondering if I should buy the Apple Pen or the lower priced version.

- Apple Pen(第2世代)は、19000円以上

- Apple Pen (2nd generation) is over 19,000 yen

- KINGONEスタイラスペンは、3000円以下

- KINGONE stylus pen is less than 3000 yen

です。

『Apple Pen2本 + αで 、iPadが1台買える』と思うと、Apple Penの購入には、抵抗があります。

I am reluctant to buy an Apple Pen when I think that "two Apple Pens + α can buy one iPad".

調べているうちに、Apple Penのメリットは、筆圧検知らしい、ということが分かってきました。

In the course of my research, I have learned that the advantage of the Apple Pen seems to be pressure detection.

太い線と細い線を、筆圧で変化させられる、という点が、デジ絵を仕事または趣味にしている人には、非常に重要らしいのです。

The ability to change between thick and thin lines with brush pressure is said to be very important for people who are into digital painting as a job or a hobby.

これ、分かります。

I understand this.

現在、私も、SAIを使っていて、実際、線の太さを変えるのに、一度メニューに戻らなければならないのですが、これが、『結構うっとうしい』のです。

I am also currently using SAI and actually have to go back to the menu once to change the line thickness, which is "quite annoying".

-----

という訳で、今、悩んでいます。

So, I am now struggling.

これまで通り、PC + SAI + マウスで絵を作り続けてもいいのですが、

I can continue to create pictures with my PC + SAI + mouse as I have in the past, but

『次女が、iPad + ibisPaint + Apple Pen で、サクサクと、高品質の作品を量産しているのを見ていると、なんか対抗したくなる』

"When I see my second daughter creating high quality works with her iPad, ibisPaint, and Apple Pen, I feel like competing with her"

・・・ではなくて、

is not true.

「絵心ゼロ」の私が、自分のコラムのイラストであれば、自己責任で、自力でイラストを描ける時代になっているのです。

I, who have "zero artistic ability," can now illustrate my own columns on my own, at my own risk.

目の前に、パーソナルなお絵描きの環境があるなら、やれることなら、やるべきでしょう。

If I have a personal painting environment in front of me, I should do what I can.

-----

よし、Apple Penにしよう。

Okay, let's go with the Apple Pen.

ただし"第一世代"の"中古"を探そう(5500円くらいで、手に入りそうです)。

However, I should look for a "used" "first generation" (about 5500 yen).

いつでも、私は、土壇場で意気地がないのです。

At all times, I am a coward at the last minute.


2023-01-19 『ブラックアウトになったら、ストーブの前に家族が固まって暖を取る』という目処はつきました。 [長年日記]

我が家の暖房器具は、基本的にはガスまたは石油ファンヒータです。

Our heating system is basically gas or oil fan heaters.

しかし、一台だけアナログの石油ストーブがあります。

However, there is one analog oil heater.

アナログ、とは、いわゆるコンセントのない、自立起動・運用ストーブであり ―― まあ、普通のストーブで、普段は全く使っていません。

Analog, is what is called an unplugged, self-starting and operating stove -- well, a normal stove, but we usually don't use it at all.

東日本大震災(2011年3月11日)の時、大規模なブラックアウト(停電)と、計画停電が発生しました。

During the Great East Japan Earthquake (March 11, 2011), there was a massive blackout and rolling blackouts.

加えて、現在の国内のエネルギー供給状況を考えると、近い未来に「数日~十数日間の停電」は発生するだろうと考えています。

In addition, given the current domestic energy supply situation, I believe that "several to a dozen days of power outages" will occur in the near future.

-----

で、先日、このストーブの実証実験を行ってみた結果、無事に、ストーブの起動と運用を確認したのですが

So, the other day, I conducted a combustion experiment on this stove, and I was able to confirm that the stove was up and operational, without incident, however,

―― 火力が弱すぎる

-- Too little firepower.

■ストーブの上に置いたヤカンの水が沸騰しない

- The water in the kettle on the stove does not boil.

■「対流熱」の効果が発生せず、リビングの温度が上っていかない

- The effect of "convective heat" does not occur and the living room temperature does not rise.

■ストーブに近寄って、直接手をかざして「放射熱」を得ることで精一杯

- What I do my best is to get "radiant heat" by approaching the stove and holding my hand directly over it.

という結果に、正直、呆然としています。

I am honestly stunned by the results.

-----

私が小学生の頃は、このようなストーブしかなく、大学の下宿でもこのタイプのストーブでした。

When I was in elementary school, this was the only type of stove available, and I used the same type of stove in my college boarding house.

そういえば、始めて石油ファンヒータを体験した時、あっと言う間に部屋の温度が上昇し、『魔法か!』と思ったことを思い出しました。

I remember the first time I experienced an oil fan heater, the room temperature rose so quickly that I thought, "Is it magic?"

逆に言えば、私達は、快適さの為に、あの頃と比較して、整数倍のエネルギー消費をしている、ということのようです。

Conversely, I seem to be consuming integer times more energy for comfort than we did back then.

しかし、その一方で、石油ファンヒータに内蔵されたセンサとコンピュータが無駄なエネルギー消費を留めている、とも言えるようで、正確な比較はできてないです。

On the other hand, however, it seems that the sensors and computers built into the oil fan heaters are holding back unnecessary energy consumption, and I have not been able to make an accurate comparison.

というのは、今回の燃焼実験では「アナログ石油ストーブの石油消費の速度が、石油ファンヒータよりも早かった」ように思えたからです。

This is because in this combustion experiment, "the rate of oil consumption of the analog oil heater seemed to be faster than that of the oil fan heater.

-----

ともあれ、我が家では、「停電に供えたアナログストーブの準備」は完了し、ホッとしています。

Anyway, I am relieved that the "preparation of analog stoves for power outages" was complete in our home.

『ブラックアウトになったら、ストーブの前に家族が固まって暖を取る』という目処はつきました。

I could get a good prospect of 'When the blackout hits, the family will gather in front of the stove to keep warm'


2023-01-20 『本当に、意義のない、無駄な人生を生きてきたなぁ』と、つぶやきながら、私は死んでいくつもりです。 [長年日記]

人生を有意義に生きる方法として「やるべきことではなくて『やらないこと』を決める」という意見を、最近見かけます。

I have recently seen the opinion that one way to live a meaningful life is to decide "what not to do" instead of what to do.

また、「すでに完成しているものを、再度自力で作ること」を『車輪の再発明』という言い方をして、再三、エンジニア(特にソフトウェアエンジニア)に警告がされてきました。

Engineers (especially software engineers) have been warned again and again about "reinventing the wheel," a term that refers to "taking something that has already been completed and making it again on your own.

上記に対して、私の態度は昔から一貫しています。

My attitude toward the above has always been consistent.

―― ふうん

"hmm"

です。

-----

今日、講義で、紙とエンピツを使って、最短経路問題であるダイクストラ法と、修正ラベル法を解いていました。

Today, in lecture, we were solving Dijkstra and modified label methods as the shortest path problem, using paper and an empit.

久々に、その解法の美しさに感動していました。

After a long time, I was impressed by the beauty of the solution.

I had even coded both the Dijkstra and Warchal Floyd methods on my own.

However, there are plenty of such routing problem algorithms and others on the Internet, and there are also extensive free libraries.

私のやっていることは、典型的な『車輪の再発明』です ―― だから、これは「無駄」なのでしょう。

What I am doing is typical 'reinventing the wheel' -- so I guess this is 'futile'.

-----

しかし、私は、それらのアルゴリズムを自力でコーディングしていたので、自由に改造ができました。

However, I had coded those algorithms on my own and was free to modify them.

その改造のおかげで、100万人都市の、飛び込み自殺による列車ダイヤの大混乱から収束までの経緯を5分間で計算するアルゴリズムを考案して、査読論文を一本通しました。

Thanks to that modification, I devised an algorithm to calculate how a city of one million people went from train schedule havoc caused by a suicide jump to convergence in five minutes, and got one peer-reviewed paper through.

また、私が、「やるべきことではなくて『やらないこと』を決める」てなことをしてしまったら、私がこれまで続けてきた日記やコラムは、その時点で、「即、終了」となってしまうでしょう。

Also, if I were to decide "what not to do" instead of what I should do, the diaries and columns I have been keeping would be "terminated immediately" at that point.

-----

まあ、私の人生は、無駄が多く、かつ、有意義でもないのでしょう ―― が、それならそれで、私は構いません。

Well, I guess my life is not very meaningful or meaningful -- but that's OK with me.

『本当に、意義のない、無駄な人生を生きてきたなぁ』と、つぶやきながら、私は死んでいくつもりです。

I will die muttering, 'I have truly lived a meaningless and futile life'.


2023-01-21 昨日、スーパー銭湯のレストランで食した「肉汁つけソバ」が美味しかったので、自分で作って、嫁さんに振る舞ってみました。 [長年日記]

関東に来てから、私、ずっと蕎麦が好きです。

I have always loved soba since I came to Kanto area.

関東の蕎麦は、たいてい美味しいです。

Soba in the Kanto region is usually delicious.

The soba restaurant (even if it is a stand-up buckwheat noodle shop) attached to the station is also properly delicious.

-----

昨日、スーパー銭湯のレストランで食した「肉汁つけソバ」が美味しかったので、自分で作って、嫁さんに振る舞ってみました。

Yesterday, I enjoyed the "buckwheat noodles with gravy" that I had at a restaurant in a super public bathhouse, so I cooked it myself and served it to my wife.

Here is the recipe I used as a reference.

『昨日に比べると味が薄い』と感じたので、つけ汁の素材を少しずつ増していきながら、味見をし続けました。

I kept tasting, gradually increasing the amount of ingredients in the dipping sauce, because I felt it was 'less flavorful than yesterday'.

その内、訳が分からなくなってきて、ある時点から味の修正ができなくなってしまいました。

Eventually, I lost the taste, and at some point I couldn't modify the taste.

料理にも「ポイント・オブ・ノーリターン」があります。

Cooking also has a "point of no return".

(脳死判定に使わている用語でしたが、最近は温暖化対策などでも使われているようです)

(The term used to be used for brain death determination, but recently it seems to be used for global warming countermeasures, etc.)

まあ、そこそこ美味しかったですし、嫁さんにも好評だったので、また作ってみようと思います。

Well, it was delicious there, and my wife loved it, so I will cook it again.

-----

今日の話は、次のコラムの前フリに使う予定のネタです。

Today's story is the one I plan to use as a preamble to my next column.


2023-01-22 その後、私が彼の日本での名付け親になったような気分になりました。 [長年日記]

昨日、留学生の一人から、「名前を日本語(カタカナとひらがな)で表記してくれ」、と頼まれました。

Yesterday, one of the international students asked me to write his name in Japanese (katakana and hiragana).

―― は?

"What?"

と思いましたよ。

I thought it.

外国人なら、自分の名前を外国語表記しても許されるだろう、と思っていました。

I thought that if I were a foreigner, I would be allowed to write my name in a foreign language.

それに、カタカナとひらがな表記の強要は、ちょっと外国の人に失礼ではないかな、と思うのですよ。

Besides, I think that forcing people to write in katakana and hiragana is a bit rude to people from other countries.

-----

ところが、日本の法律では、日本語表記が必須となっているのですよ ―― 例えば「特許法」。

However, Japanese law requires Japanese notation -- for example, "Patent Law".

例えば、特開昭55-043192の発明者は、

For example, the inventors of JP Shou 55-043192 was

『レ-ム・ゲゼルシヤフト・ミツト・ベシユレンクテル・ハフツング』さん

Mr. "Rehm Gesellschaft Mitut Beschurenkutter Haftung".

となっています。

この名前なら、なんとなく「ドイツ人」かな、と思えますし、ドイツ語は、日本語発音がしやすいのいいのですが ――

I think this name sounds somewhat "German," and German is easy to pronounce in Japanese, but--

中東、アフリカ、そして、東南アジア(日本を除く)の国々の人は、そもそも、ローマ字的に表記されていないので、文字から発音を推測することが、全くできないのです。

People in the Middle East, Africa, and Southeast Asia (excluding Japan) cannot guess the pronunciation from the letters because they are not written in the Roman alphabet.

-----

で、私は、文字を読んで日本語変換するのを諦めて、

And I gave up reading the letters and converting them to Japanese, and said

『ゆっくりと名前を発音してみてくれないかな?』

"Would you try to pronounce you name as slowly as you can ?"

といって、その音声を、そのまま、カタカナで書き下してみました。

I wrote down the sound in katakana as it is.

『あのさ、もし書類に記載する必要があるなら、私が、今、ここで書き込むよ?』

'You know what, if you need me to fill out the paperwork, I'll write it right here, right now'

と申し出たのですが、彼は「日本語の勉強にもなるから、自分でやる」と言いました。

I offered to do it, but he said he would do it himself because it would help him learn Japanese.

立派な心掛けだと思います。

I think it is an admirable mindset.

-----

その後、私が彼の日本での名付け親になったような気分になりました。

After that, I felt like I was his godparent in Japan.


2023-01-23 その点、私は、コラムなどで『過去の自分の栄光』を語れるフィールドがあって、かなり幸せだなぁ、と思っています。 [長年日記]

■自分の魅力や能力を、過去の実績で語っても無駄

- Talking about one's attractiveness and abilities in terms of past achievements is useless.

■自分の魅力や能力をを主張したいのであれば、まさに"今"の、"現在進行形"の自分の仕事や学業で見(魅)せなければならない

- If you want to assert your attractiveness and abilities, you must show them through your work and studies in the "present" and "ongoing" state.

―― と。

以前、私の娘に、自分の過去の経歴をメールで送ってきたおっさん(定年後)のことを思い出していました。

I was reminded of an old man (retired) who once emailed my daughter about his past career.

仕事やら海外赴任や自分の職歴やらの情報が書かれていて ―― この私ですら、その内容に"ドン引き"しました。

It contained information about my job, overseas assignments, his work history, etc. - even I was "taken aback" by the contents.

本件、娘から相談されたので、私が穏便な対応策(個人情報保護に関する事項)を娘にアドバイスして、事なきに至ったようですが。

Since my daughter consulted me on this matter, I advised her on how to deal with the matter (matters related to the protection of personal information) in a calm manner. After that it seemed to be resolved.

-----

―― 自分のシニアを放置し続けると、どんどん自分を見苦しくすることになる

"If you continue to neglect "your old", you will make yourself look worse and worse"

ということを、私に実感させてくれた事件でした。

This was an matter who made me realize that.

しかし、『シニアになると、ジュニアの頃のパフォーマンス』が発揮できなくなるのは、本当です。

However, it is true that 'as you become a senior, you cannot perform as well as you did as a junior.

ですから、『過去の自分の栄光にすがりつきたい』『他の人に、過去の自分のスゴさを理解して貰いたい』というシニアの気持ちは、よく分かるのです。

Therefore, I understand the senior's desire to 'hang on to his past glory' and 'have others understand how great he was in the past.

-----

その点、私は、コラムなどで『過去の自分の栄光』を語れるフィールドがあって、かなり幸せだなぁ、と思っています。

In that respect, I am quite happy to have a field where I can talk about my 'past glory' in my columns and so on.

故に、今、私は、最大の感謝と忖度(そんたく)を込めて叫びます。

Therefore, I now want to exclaim with the utmost gratitude and condescension.

"Long live the editors of EE Times Japan!"


2023-01-24 そういえば、「江端 = サイバー攻撃者」というイメージをもっている人がいるように思えます。 [長年日記]

私のブログを読んで頂いている方なら、私がC/C++の後継言語として(そして、人生最後の言語として)として、Go言語を使っていることはご存知かと思います。

If you have been reading my blog, you know that I am using Go language as a successor to C/C++ (and as the last language in my life).

Personally, I still prefer to use C/C++, but there are two things that C/C++ just can't achieve.

- 軽量スレッド(Goroutine)

-Lightweight threads (Goroutine)

- チャネル(Channel)

- Channel

in Golang

があるのです。

-----

さて、本日、

Well, today. I found an article whose title was

"Why the programming language "Go" is so popular with attackers"

という記事を見つけました。

これは、『これからのエンジニアがGo言語に興味を持つきっかけになるかもしれない』と思い、期待して読んだのですが、「そうかなぁ」という"???"な内容でした。

I read this with high expectations, thinking that it 'might trigger future engineers' interest in the Go language,' but I wondered "Is that so?"

「今時、マルチプラットフォーム対応でないプログラム言語があったら知りたいくらいだ」と思いますし、

I'd like to know if there is a programming language that is not multi-platform compatible nowadays.

「攻撃プログラムがディスクにロードされずに、オンメモリで攻撃するなど普通だ」とも思いました。

I also thought, "It's normal, for example, for an attacking program to attack on-memory, without being loaded to disk."

つまるところ、最大の理由は、『Go言語のコードが(まだ)珍しい』『現時点で、Goがまだマイナーな言語である』というだけのことのように読めました。

After all, I thought the biggest reason is just that 'Go language code is (still) rare' and 'Go is still a minor language at this point'.

-----

私としては、

As for me,

『Goroutineを使った、1000万のサーバの同時攻撃』

"A simultaneous attack on 10 million servers using Goroutine",

とか

or

『懦弱なサーバの発見と同時に、集中攻撃を開始』

Launch a concentrated attack as soon as a vulnerable server is discovered.

などのような、これまでにない自律的な攻撃プログラムをGo言語で作れる ―― というような内容を期待していたので、正直ガッカリしています。

I was expecting to be able to create an unprecedented autonomous attack program in the Go language, so I am honestly disappointed.

-----

そういえば、「江端 = サイバー攻撃者」というイメージをもっている人がいるように思えます。

Come to think of it, apparently the public has an image of "Ebata = cyber attacker".

はっきり言いますが、誤解です。

To be clear, this is a misunderstanding.

むしろ、サイバー攻撃の被害者となる可能性の方が高いです。

Rather, they are more likely to be victims of cyber attacks.

先日も、『江端さんなら、公共カメラをハックして、家からモニタリングできるのではないですか?』というメールを頂きました。

The other day, I received an e-mail from someone who asked me, "Mr. Ebata, I think you could hack a public camera and monitor it from your home".

このような誤解は、私にとっては、結構な"賞賛"でもあるのですが ―― 残念ながら、私には、その「スキル」がないですし、なにより「時間」がないです。

This kind of misunderstanding is quite "admirable" to me -- unfortunately, I don't have the "skills" and most of all, I don't have the "time".

アニメやドラマの世界では、ハッカー(正確にはクラッカー)が、たちまち国家や企業のサーバに侵入したりしていますが、あれ、かなりの"幻想"です。

In the world of cartoons and dramas, hackers (crackers, to be precise) quickly break into national and corporate servers. However, that is quite an "illusion.

サイバー攻撃は、私に言わせると「どぶ掃除」のような作業だと思います ―― 面倒で、根気もいります。

Cyberattacks, in my opinion, are a "ditch-cleaning" process -- tedious and requires a lot of patience.

ただ、十分な時間をかけて、身元がバレないように、ゆっくりとトライアルを続ければ、多くのシステムは突破できると思います。

However, if you take enough time and continue the trial slowly enough so that your identity is not revealed, I believe that much of the security can be breached.

問題は、そのようなスキルと時間が、誰にでもあるわけではない、ということです。

The problem is that such skills and time are not available to everyone.

ですから、システムを突破される時間より短い時間で定期的にパスワードを変更するだけで、相当に高い確率でサイバー攻撃は阻止できるのですが ―― これをサボる人が、実に多いんですよね。

Therefore, simply changing passwords on a regular basis in less time than it takes to break through the system will stop a cyber attack with a fairly high probability -- but there are so many people who skip this.


2023-01-25 知らない方も多いかと思いますが、私たち国民全員に、逮捕権があります。 [長年日記]

以前、町内会で広報係を担当していたことがありました。

I used to be in charge of "public relations" at a neighborhood association.

町内イベントの撮影を行う必要があったので、私は町内会費で「腕章」を購入しました。

I had to shoot town events, so I purchased "armbands" with my township dues.

こんなのです。

It is like this.

これを装着しているだけで、心理的に作業がしやすくなったのを覚えています。

I remember that just wearing this made it psychologically easier to work with.

「他人から自分がどう見えるか」という視点での安心感が大きかったです。

I felt a great deal of relief from the perspective of "how I was seen from others".

-----

逆にいえば、この腕章の「悪用」は簡単です。

Conversely, it is easy to "abuse" this armband.

盗撮等など、堂々とやられる可能性があります。

Voyeurism, etc., may be done with impunity.

という訳で、皆さんは、腕章をして撮影をしている人がいたら

So, if you find someone wearing an armband and taking pictures,

―― 身分証明書の提示を要求しましょう

"you may demand him/her to see their ID"

逆に「お前は誰か」と問われたら、堂々と『警察の関係者だ』と言いはりましょう。

On the other hand, if they ask, "Who are you?", you proudly claim, "I'm related to a police official".

日本国民は、公共サービスの被提供者ですから、全員『警察の関係者』です。

Japanese citizens are the recipients of public services, so we are all 'related to police personnel.

もし、そいつが逃げ出そうとしたら、取り抑えましょう。

If he/she tries to escape, restrain him/her.

Many of you may not know this, but all of us citizens have the right to arrest.


2023-01-26 現在、政府は「"異次元"の少子化対策」を唄っていますが、どうせ、"異次元"という言葉を使うのであれば、 [長年日記]

NHKBS Premium Humanience "Genome Editing": Is it a Technology to Create New Human Beings?

ヒューマニエンスは、MCの織田裕二さんが『その内容を理解している/感動している』という様子が伝わってきて、とても気持ちがいいのです(織田さんの映画は、ちょっと私には合わなかったですが)。

"Humanience" is very pleasant because you can see how the MC, Yuji Oda, 'understands/is moved by its content' (although Oda's film was not quite right for me).

比して、「サイエンスZERO」は、ゲストコメンテータが『その内容を理解できていない/感動していない』という様子が、手に取るように分かり、イライラして、視聴するのを止めました。

In contrast, I found the guest commentators on "Science ZERO" to be unimpressed and not understanding the content, which irritated me and made me stop watching the program.

それはさておき。

That aside.

-----

さて、今回の"ゲノム編集"では、やはり「デザイナーベイビー」の話が出てきました。

Now, in this issue of "Genome Editing," they are also talking about "Designer Babies.

I think I am less resistant to human cloning and designer babies than most people.

とは言え、

However,

- Foster a child with DNA 100% identical to your own (genetically, 100% your own)

- Design, give birth to, and nurture a child with the talents you desire.

というのは、私ですら、(現時点においては)倫理的に大問題であることは分かります。

Even I can understand that these are major ethical issues (at this time).

In fact, the Chinese researcher who enforced this was convicted.

-----

このような「DNAの人為的な編集」による生命の誕生と、今や不妊治療では当たり前(主流)となった「試験管ベイビー」が、同列に論じられないことは、よく分かっています。

I understand that the birth of life through such "artificial editing of DNA" and the "test-tube baby" that has now become the norm (mainstream) in fertility treatment cannot be discussed in the same stage.

とは言え、今や、体外受精による出産は、今や16人に1人です。

Nevertheless, IVF births now account for 1 in 16 births.

学校の1クラスあたり2人は、試験管ベイビーで誕生してきたわです。

Two per school class have been born in test tube babies.

「試験管ベイビー」について、思考停止のタブーを続けていたら、2022年の新生児80万人のうち、5万人は誕生していなかったことになります。

If we had continued our thoughtless taboo about "test tube babies," 50,000 of the 800,000 newborns in 2022 would not have been born.

-----

現在、政府は「"異次元"の少子化対策」を唄っていますが、どうせ、"異次元"という言葉を使うのであれば、

Currently, the government is talking about "countermeasures against the declining birthrate in the "other dimension," but if you are going to use the word "other dimension," why not try the followings?

(1)人間への体細胞クローンの法律の緩和

(1) Relaxation of regulations on human somatic cell cloning

(2)人口子宮装置の研究開発費の大型投入

(2) Large R&D expenditures for artificial uterus equipment

(3) Large-scale introduction of reproductive R&D funding for same-sex couples

くらいのことを、やればいいのに、と思っています。

もちろん、上記(2)、(3)については、国民の合意形成と、立法措置も併わせて行っていく必要があります。

Of course, it is necessary to build public consensus on (2) and (3) above, as well as to take legislative measures.

-----

私は、この日本国を、壮大な実証実験フィールドにすることに、あまり抵抗がありません。

I have little resistance to making this country of Japan a grand demonstration field.

我が国が、上記(1)~(3)のような技術を確立し法的な保護を与えれば、世界中から我が国への移民希望者が殺到し、労働人口問題など、たちまち解決すると思うのですが ――

If Japan could establish and provide legal protection for the technologies listed in (1) through (3) above, I believe that immigrants from all over the world would come to Japan in droves, and the labor population problem would be quickly solved.

Well, it will not be possible in the foreseeable future (in 100 years) in our country, which is in a mess over matters as minor as married couples' separate surnames and my number card.


2023-01-27 私が、これらについて詳しいのは、ちょっと特殊な青春時代を過してきたからです。 [長年日記]

―― 連合(日本労働組合総連合会)って、もう解散してもいいんじゃないかな

"RENGO (Japanese Trade Union Confederation) should be dissolved by now."

と、思っていた時期が、私にもありました。

There was a time when I thought that I would be able to do the same.

しかし、20年の時を経て、未曾有のインフレがやってきて、今年は、その存在意義が問われることになっています。

However, after 20 years, unprecedented inflation has come and gone, and this year, its very existence is being questioned.

とは言え、日本のインフレ率は、海外と比べると『小雨程度』らしいです。

However, the inflation rate in Japan is said to be "about the same as a drizzle" compared to other countries.

I was surprised when I watched "Capitalism of Desire 2023: Betting on the Triangle of Reversal".

それはさておき。

That aside.

-----

「ストライキ」という言葉ですら、多くの人には理解できないかもしれません。

Even the word "strike" may be incomprehensible to many people.

いわんや「ロックアウト」(×ロックダウン)などは、全くダメでしょう。

A "lockout" (x lockdown), so to speak, would be no-no.

私と同じ世代ですら、知らないかもしれません。

Even people of my generation may not know about it.

I know a lot about these things because of my rather peculiar youth.


2023-01-28 さて、今日は、ここから宿題のレポート作成です。 [長年日記]

I did my homework (measuring traffic) in the parking lot of a convenience store near a nearby super public bath.

時間帯が悪かったようです。

It seems that the time of day was wrong.

昼のコンビニは、作業用のトラックが沢山やっていて視野が妨げられて、若干の計測ミスも発生したと思います。

I think the convenience store at noon had a lot of work trucks doing their thing, which obstructed the field of vision and caused some measurement errors.

それと、200台/1時間で良かったのですが、下の写真に示しますように、1000台近い車が走っていました。

Also, 200 cars per hour was enough, but as shown in the photo below, there were nearly 1,000 cars on the road.

このアプリがなければ計測できなかったと思います。

I would not have been able to measure without this app.

さて、今日は、ここから宿題のレポート作成です。

Well, today, I am now working on my homework report.

取得したデータはこちら →

The data I obtained is here →.

以上


2023-01-29 最近は、ロキソニン入りの剥れにくい湿布があり、これが非常に効果的なのですが、この貼り方が凄く難しい。個人で貼るのは無理であると断言できます。 [長年日記]

先週中頃から腰が痛くなってきて、昨日は寝返りが打てない状況になってきました。

My back has been hurting since the middle of last week and yesterday I could not turn over.

いわゆる、「ギックリがないギックリ腰」の状態です。

This is the so-called "gimpy back with no shocked pain" condition.

原因は『激務』であることは分かっていますが、激務であろうがなかろうが、やることは山積みです。

I know the cause is 'hard work,' but hard work or not, there is a lot of work to be done.

それと、ギックリ腰は、「一日休んだら直る」というものではありません。

And, a gimpy back is not something that can be "fixed after a day's rest.

これは、毎日の負荷を減らし、痛みに耐えながら、日々を送るしか手がありません。

This can only be done by reducing the daily load and enduring the pain.

ギックリ腰は『休み続けるよりは、日常生活を続ける方が直りが早い』という報告もあるようです。

Some people report that "continuing with daily activities is quicker to heal a slipped back than continuing to rest".

-----

問題なのが、「湿布貼り」です。

The problem is the "poultice application".

これ、一人ではできないのです ―― 特に背中や腰については、絶望的です。

This, I can't do alone -- especially with my back and hips, it's hopeless.

最近は、ロキソニン入りの剥れにくい湿布があり、これが非常に効果的なのですが、この貼り方が凄く難しい。

Recently, there is a poultice containing Loxonin that does not peel off easily, which is very effective, but it is very difficult to apply this poultice.

個人で貼るのは無理であると断言できます。

I can assure you that it is impossible for an individual to put it up.

今は、嫁さんが貼ってくれますが、嫁さんが先に逝ってしまったら、私には頼る人がいません。

Right now, my wife is putting it up, but if she passes away before I do, I will have no one to rely on.

(ちなみに、『私が、嫁さんより長生きする』は、結婚時の契約事項です)

(Incidentally, "I will outlive my wife" is a contractual condition of marriage.)

-----

機械・電気・情報工学専攻の学生諸君。

Dear students of Mechanical, Electrical and Computer Engineering.

「ロキソニンSテープ」の自律貼り付け機能を実現する、センサ、アクチュエータ、ロボット、アルゴリズムを開発したら、

Once you develop sensors, actuators, robots, and algorithms that enable the autonomous application of the Loxonin S Tape, you will be able to develop a new product that can be used in a wide variety of applications.

"Are you guys kidding me about the nursing field?"

と、私が叫ばずにすみ、それどころか、世界に対して胸を貼れる研究成果になることは、私が保証します。

I assure you that I will not have to shout it. On the contrary, the results of your research will be something you can be proud of to the world.

企業が、これらの研究に着手しないのは、企業がバカだからではなく(いや、バカかもしれませんが)、人体に対して直接手を触れる機械についての安全基準が高すぎて、開発投資コストがペイしないからです。

Companies do not embark on these studies not because they are stupid (well, maybe they are stupid), but because the safety standards for machines that directly touch the human body are too high to pay for the development research costs.

アカデミズムの価値は、そういう分野に縛られない ―― 自分が被験者となって試して、(プロトタイプであっても)発表できるチャンスがあることです。

The value of academism is that you are not bound to such a field -- you have the chance to be the test subject, try it out, and present it (even as a prototype).

-----

『「ロキソニンSテープ」の自律貼り付け機能』を有するロボットアームの開発は ―― それが、非常に稚拙なものであったとしても、意義のある研究開発になります。

The development of a robotic arm with "automatic application function of 'Loxonin S Tape'" -- even if it is a very poor one -- would be a significant research and development.

そのプロトタイプが完成すれば、企業が投資対効果を真面目に計算できる状況になります。

Once that prototype is completed, the company will be in a position to make a serious calculation of return on investment.

学生研究の意義は、"そこ"にあるのです。

That is the significance of student research.

多分、あなたは"名声"も得られると思います。

Maybe you will get "fame" too.


2023-01-30 昨日、たまたまNetFlixで「小河ドラマ 龍馬がくる」を"つまみ見"して、非常に驚愕し、感動しました。 [長年日記]

As I mentioned above, I have long wondered about "Sakamoto Ryoma's view of heroism" from an engineering approach. I thought that

―― ストーリー(解釈)に無理がありすぎる

"The story (interpretation) is too unreasonable"

と思っていたからです。

-----

Yesterday, I happened to "snag" a copy of "Kogawara Drama Ryoma ga Kuru" on NetFlix and was very surprised and impressed.

このドラマに出演されている武田鉄也さんは、熱烈な坂本竜馬ファンで、これまでも数々の竜馬作品に出演されています。

Mr.Tetsuya Takeda, who appears in this drama, is an ardent Sakamoto Ryoma fan and has appeared in numerous Ryoma productions.

この方が『過去からタイムリープしてきた「何もしてこなかった凡庸な坂本竜馬」と共に、一緒に坂本竜馬のドラマを作る』という番組に出演されたことに、私は感動しました。

I was impressed by the fact that he appeared in the program "Making a drama about Sakamoto Ryoma together with 'a mediocre Sakamoto Ryoma who has done nothing' who has time leapt from the past.

武田鉄也さんが、どのような「坂本竜馬観」を持っているのかは、私は知り得ません。

I cannot know what kind of "view of Sakamoto Ryoma", Mr. Tetsuya Takeda has.

しかし、どのような「坂本竜馬」であれ、それを作品として作り上げるという姿勢に、プロフェッショナルの矜持を感じました。

However, no matter what kind of "Sakamoto Ryoma" he has, I felt his pride of a professional in the way he created it as a work of art.