0207|09|
2007|09|10|12|
2008|01|02|03|
2009|01|05|08|10|11|12|
2010|01|02|03|04|09|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|04|05|06|07|

2021-03-01 ―― マカロンの作り方は、数学で言うところのNP困難問題と同じである [長年日記]

私は、菓子の製造方法について、全く知見がありませんが、通常の加工食品より、緻密な制御が必要である、ということくらいは知っています。

I don't have any knowledge about how to make confectioneries, but I do know that they require more precise control than normal processed foods.

特に重要なのが、材料の量。グラム単位で緻密に計測する必要があるそうです。

What is especially important is the amount of material, which they says should be measured precisely in grams.

また、わずかな温度や時間によって、できあがるお菓子の味が全く変わってくるのだそうです。

Also, the slightest change in temperature or time can completely change the taste of the finished pastry.

さまざまなお菓子の中でも、「マカロン」は、超絶難しい ―― という話を、次女から聞かさました。

My junior daughter told me that among the various sweets, "macarons" are extremely difficult to make.

私の聞いたところでは、マカロンの味を左右するパラメータは、軽く10を越え、そのパラメータが独立変数でないようです。

From what I've heard, there are lightly more than 10 parameters that affect the taste of macarons, and it seems that these parameters are not independent variables.

「独立変数ではない」とは、変数どうしが影響し合うということで、つまるところ、最適解が線形に求められない、ということで ――

The term "not independent variables" means that the variables influence each other, and in short, the optimal solution cannot be obtained linearly.

つまり、これは、マカロンを最高の状態で完成させる、材料の量、混合比、燃焼温度、放熱時間、外気温や湿度その他もろもろが、簡易に求められない、という難問であるということで、

This means that the amount of ingredients, mixing ratio, combustion temperature, heat release time, outside temperature and humidity, and other factors that make macarons perfect are not easily determined.

―― マカロンの作り方は、数学で言うところのNP困難問題と同じである

"Making macaroons is like an NP-hard problem in mathematics"

と、(私なりの解釈ですが)次女はそのような話をしていました。

(That's my interpretation) my junior daughter talked about it that way.

『しかるに、バレンタインに「手作りマカロン」を平気で要求してくる、あの男は馬鹿か?』

"And yet, that guy who insists on homemade macaroons for Valentine's Day is an idiot?"

と、娘は、自分の彼氏を罵倒しまくっていました。

She was cursing her boyfriend all the time.

-----

ええ、今の私は、次女の憤りが手に取るように分かります。

Yes, now I understand my second daughter's indignation.

江端:「絶対的にお前が正しい。課題の困難さを理解していない上に、気楽に人に要求するやつはだなぁ、「極刑」に値するといっても良いであろう」

Ebata: "You are absolutely right. Those who don't understand the difficulty of the task, and who comfortably make demands of others, deserve the ultimate punishment.

江端:「『NP困難であるDial-A-Ride問題に、人間の心理状態を加えて上で、リアルタイムで解くことを「簡単」のように言う奴は馬鹿なのか?』って思っているぞ!」

Ebata: "I'm also thinking, 'Is that guy stupid enough to think that adding human psychological states to an NP-hard Dial-A-Ride problem, and then solving it in real time, is 'easy'? That's what I'm thinking!

と、親子二人で、世の中の理不尽に対して、怒りの雄叫びを上げ続けていました。

The two of us, father and daughter, continued to scream in anger at the unreasonableness of the world.


2021-03-02 『うん! 私は、緩んでいます。だから、ここにいるんですよ。あなたも、下らない質問をしないで下さいね!!』 [長年日記]

緊急事態宣言 ―― というからには、戒厳令がセットメニューでなければならないと思うのです。

When it comes to declaring a state of emergency, I think "martial law" should be on the menu.

「戒厳令」ということになれば、当然、新宿や渋谷のスクランブル交差点に、戦車と小火器を携帯した自衛隊隊員が、仁王立ちで、街行く市民を睨めつけていなければならない、と思うのです。

If "martial law" were to be declared, of course there would have to be Self-Defense Forces personnel with tanks and small arms at the scramble intersections of Shinjuku and Shibuya, standing on their heads and glaring at the citizens on the street.

自衛隊 ―― となると、治安出動となりますが、

The Self-Defense Forces -- that would mean mobilizing security forces, however,

我が国では、『実際に治安出動が発令されたことは一度もない』です。

In Japan, there has never been a "security mobilization" actually issued.

これが発動されるためには、大手町あたりが火の海になっているか、自衛隊基地がミサイル攻撃を受けている、くらいのレベルでないとダメでしょう。

In order for this to be triggered, it would have to be at a level where Otemachi is on fire or the SDF base is under missile attack.

内閣として安易に切れるカードではありません。

This is not a card that the Cabinet can easily play.

―― 感染症ごときで、治安出動できるか

"I don't know if I can mobilize security for an infectious disease"

と、私でも思います。

I think that.

-----

街行く人が、インタビューで「緩んできていますね」と語るのは、なんというか違和感を感じます。

When people on the street talk about "loosening up" in interviews, I feel somewhat uncomfortable.

そもそも、テレビ局の人間は、インタビューする相手を間違っているし、インタビューに応じている人もどうかしていると思う。

In the first place, I think the people at the TV station are interviewing the wrong people, and I think the people being interviewed are nonsense.

私なら、この手のインタビューが近寄ってきたら、直ぐに逃げます。

For me, I would run away immediately if this kind of interview approached me.

もし、逃げないで、受け答えするのであれば、

If I don't run away and answer...

『うん! 私は、緩んでいます。だから、ここにいるんですよ。あなたも、下らない質問をしないで下さいね!!』

"Yes! I'm loose. That's why I'm here. You don't have to ask me any lame questions either!

と応答して、夕方のニュースの映像に出てきて、名前と住所を晒されて、炎上を喰らう覚悟があります。

I will respond as such. And I'm ready to appear in the evening news footage, have my name and address exposed, and go to the flames.

というか、インタビューするなら、一日15時間以上、自宅のPCで、シミュレーションとコーディングをやっている、この私に聞くのが筋だろうが、と思うのです。

I mean, if they're going to interview someone, it's me, I think, who spends more than 15 hours a day doing simulations and coding on my PC at home.

我が家において、「緩んできていますね」とか「緩んできてはいませんね」とコメントできるのは、この私くらいです。

In my family, I am the only one who can comment that things are loosening up or that things are not loosening up.

(続く)

(To be continued)


2021-03-03 ―― ティーンエイジャの、コロナリテラシーは、私たちの想像を絶するほど『低い』 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

次女:「私は、パパの新型コロナに関する情報が徹底しているから、同級生の中では「コロナリテラシー」は高い方だよ」

Junior Daughter: "I'm more 'Corona literate' than most of my classmates because I'm thoroughly informed about Dad's new Corona.

江端:「でも、結構頻繁に友人と外出しているよね」

Ebata: "But you go out with your friends quite often, don't you?

次女:「まあ、高校生活、最後の一ヶ月だし」

JD: "Well, it's my last month of high school.

江端:「では、同級生のコロナリテラシーを10段階として、自分のリテラシーは、いくつだと思う」

E: "So, on a scale of one to ten, how would you rate your corona literacy in comparison to your classmates?

次女:「"9"かな」

JD: "I think it's a nine."

次女の話を聞いた家族が、全員ビックリしていました。

All the family members who heard my junior daughter's story were surprised.

私は、次女の状況分析力をそれなりに信頼しているので、この値は"真"であると認定することができます。

I have a fair amount of faith in my second daughter's ability to analyze situations, so I can qualify this value as "true".

とすれば、

If that's the case,

―― ティーンエイジャの、コロナリテラシーは、私たちの想像を絶するほど『低い』

"Teenagers' corona literacy is 'low' beyond our imagination"

という可能性は『高い』です。

This possibility is 'high'.

しかし、若者の多くは、ちゃんと感染対策をしていると思います。

However, I believe that most young people are taking proper measures to prevent infection.

I believe they are really more serious than the lowly old men who are talking loudly in restaurants.

しかし、そこには「死の影」が全く感じられないのです。

However, there is no sense of "shadow of death" there at all.

-----

現時点で、16歳以下の若者の新型コロナによる死亡者数は0で、ワクチン接種対象外です。

At this time, there have been zero deaths from the new coronavirus in young people under the age of 16, and they are not eligible for vaccination.

これで、『死の恐怖と隣り合わせの高齢者』と意識を共有しろ、というのは、かなり無茶だと思います。

I think it's quite absurd to ask people to share their consciousness with "elderly people who live with the fear of death".

「全世代で等しい死亡率」であるとか、逆に「子どもを集中的に襲うウイルス」なら、状況は変わっていたでしょう。

The situation would have been different if the virus had "equal mortality in all generations" and "concentrated on children.

いわゆるスペイン風邪のように「乳幼児を直撃」「若者から重症化」という特性を持っていたのであれば ――

If, like the so-called Spanish flu, it would have been the characteristics of "hitting infants directly" and "severe disease in young people" --

今回の緊急事態宣言の中において「緩み」などという言葉は出てこなかっただろうなぁ、と思うのです。

I don't think the word "loosening" would have been used in the declaration of the state of emergency this time.


2021-03-04 ―― 特許権の死刑執行人 [長年日記]

特許権は、出願から20年で満了します。そして、特許権の維持費は、満了近づくにつれ高額になります。

Patent rights expire 20 years after filing. And the cost of maintaining a patent becomes more and more expensive as it approaches expiration.

ですので、権利行使の予定のない特許権に対しては、「放棄」という手続をすることがあります。

Therefore, if we do not plan to exercise our patent rights, I may have to go through a procedure called "abandonment".

最近、この放棄手続の問い合わせが、私のところにくるのですよ、頻繁に。

Lately, I've been getting inquiries about this "abandonment" procedure, frequently.

まあ、私が主筆発明者であるのなら当然なのですが、そうでない場合にも問い合わせが来ます。

Well, it is natural if I am the lead inventor, but I get inquiries even when I am not.

今日なんて、共同発明者でもない特許の「放棄」の判断の問い合わせが来ました。

Today, I received an inquiry about a decision to "abandon" a patent that I was not a co-inventor on.

しかし、特許権の放棄というのは、結構、気の重い決断です。

However, the decision to abandon a patent is quite a daunting one.

万が一、放棄後に、どっかの会社が特許技術を行使したとしても、特許料をせしめることができなくなります。

Even if some other company exercises the patented technology after the abandonment, we will not be able to collect the patent fee.

放棄後に、億の単位のお金を取り損ねることが「絶対にない」とは言えないからです。

This is because we can never be sure that we will not miss out on hundreds of millions of dollars after the abandonment.

-----

しかし、技術の世界において20年前と今は、ほとんど別世界といってもいいです。

However, in the world of technology, it is almost a different world today than it was 20 years ago.

特許権が行使できる可能性は絶望的に低いです。

It is hopelessly unlikely that a patent can be enforced.

加えて、私は「自分の発明」以外は、愛せないのです。

In addition, I can't love patent of others.

他人の特許発明の価値を判断する場合、そこに「愛」はありません。

When judging the value of someone else's patented invention, there is no "love" in it.

「金(の計算)」があるのみです。

There is only "money (calculation)".

-----

という訳で、最近の私は、

So, lately, I've been a

―― 特許権の死刑執行人

"Death Penalty Executioners of patent right"

をやっています。

まあ、法務大臣の死刑執行命令書の署名に比べれば、気楽なものですが。

Well, it's a piece of cake compared to the Justice Minister's signature on the death penalty order.


2021-03-05 『ああ、あれは、ざっくり言って、"2.26事件"と同じだよ』 [長年日記]

Here, I wrote about a story that developed into a big problem in the summer of 2015 when the prefectural governor of Kagoshima Prefecture said, 'High school girls should be taught the names of flowers and grasses rather than trigonometric functions'.

また、

In addition,

In this column, "Recurrent Education [Part 1]: Trigonometric Functions Unnecessary and How to Destroy Individuality," I raised the following issues.

■古典は必要か → 使う場面ないじゃんか?

Do we need the 'classics' → Why don't we use them?

■歴史は必要か → 昔の話を持ちだしてどうする?

Do we need 'history' → When do we use the story?

■英語は必要か → (江端試算では)4%の日本人しか使っていないぞ?

Do we need 'English' → (Ebata's estimate) only 4% of Japanese use it?

■現国は必要か → 文庫本が読める程度の漢字を知っていればいいんじゃないの?

Do we need to study 'Japanese'? → It's enough if we know enough kanji to read a paperback book.

■体育は必要か → 日常生活で、走ったり跳んだり泳いだりする必要性はあるか?

Do we need 'physical' → Do we need to run, jump, or swim in daily life?

■理科は必要か → リトマス試験紙が何色になるかが、そんなに重要か?

Do we need 'science' → Is it really that important what color the litmus test paper turns?

と問いつめれば、「畢竟(ひっきょう)、全ての学校教育は否定される」という結論に至るはずだ、という論を展開しました。

I argued that if we look at it this way, wewill come to the conclusion that "in the end, all schooling will be rejected.

-----

で、現在、ミャンマーで発生している「軍部によるクーデター事件」について語る時に、

So, when we talk about the "military coup d'etat incident" that is currently occurring in Myanmar.

『ああ、あれは、ざっくり言って、"2.26事件"と同じだよ』

"Yeah, that's roughly the same as the 2.26 incident"

と言った時に、

When I replied that way,

「ああ、なるほどね」

"Oh, I see"

と答える国民が、多数派の国になるか、

Will the people who answer this way become the majority? or,

「はあ? 何それ?」

"What? What's that?"

と答える国民が、多数派の国になるか、

Will the people who answer this way become the majority?

の、違いなのだろう、と思っています。

At the end of the day, this is what makes the difference, I believe.

-----

『国民の知的レベルは低いままにしておく方が統治しやすい』といったのは、毛沢東です。

It was Mao Zedong who said, "It is easier to rule if the intellectual level of the people is kept low.

私は、『国民の知的レベルを低いままにしておくと、感染症で国が滅びる』と思っています。

I believe that 'if the intellectual level of the people is kept low, infectious diseases will destroy the country.

-----

「毛沢東?はあ?それ誰?」と答える国民が・・・(以下省略)。

"Mao Zedong? Huh? Who is that? The people answered....(Omitted below)


2021-03-06 それでは、今から、町内を歩いてきます。 [長年日記]

アルコールを止めてから、体調が良いです。

Since I stopped drinking alcohol, I feel better.

人間ドッグも、ここ2~3年は、基本的にオールグリーンになっております。

For the past two or three years, the human dog has basically been all green.

体重も「(軽く表示させる為の)体重計の乗り方の工夫」などもあって、目標体重 + 1kg以内を、なんとか維持し続けております。

I've managed to keep my weight within 1kg of my target weight, thanks in part to my ingenuity in using the scale (to make it display a lighter weight).

-----

問題は、在宅勤務下における「運動不足」です。

The problem is the "lack of exercise" under telecommuting.

iPadを持ち歩いて、読書をしながらの町内一周の歩行を心掛けていますが、日常の仕事が立て込んでくると、ついついサボってしまいます。

I carry my iPad with me and try to walk around the town while reading, but I tend to skip it when my daily work gets busy.

今日も『面倒だなー』と思いつつ、テレビで録画しておいた、

Today, I thought, 'This is too much trouble,' and I watched recorded TV program, whose title is

"Working Cells BLACK"

を見ました。

-----

それでは、今から、町内を歩いてきます。

Okay, I'm going to walk around the town now.


2021-03-07 ―― 旧日本軍か? 陸軍か? それとも軍隊か? 軍隊に所属すれば、アンチエイジングの効果を得られるのか? [長年日記]

BS1スペシャル「全貌 二・二六事件~最高機密文章で迫る~」(再放送)を見ました。

I watched the BS1 Special "2.26 Incident - Approaching with Top Secret Documents" (rebroadcast).

私、Nスペは、「キューバ危機・戦慄の記録 十月の悪夢」を超える作品はないだろうと思っていたのですが、これも凄い作品でした。

I thought that N-Spe would never be able to surpass "The Cuban Missile Crisis: A Shuddering Record, Nightmare in October", but this was another great work.

珍しく、私以外の家族も、真剣に見ていました ―― 映画とは異なった迫力と恐怖がありました。

Unusually, my other family members were also watching the program seriously. There was a different kind of power and fear than in the movies.

―― 陸軍の青年将校のクーデターの発生から鎮圧までを、海軍のネットワークがリアルタイムで把握し続けていた

The Navy's network kept track of the coup d'etat of the army's young officers in real time, from its inception to its suppression.

という、近年発見された資料を元に作られたものです。

This is based on a recently discovered document.

-----

私、父が、海軍兵学校の学生だった(在学中に終戦)ので、「陸軍 vs 海軍」については、かなり生々しい話を聞いています。

My father was a student at the Naval Academy (the war ended while he was still in school), so I have heard some very vivid stories about the Army vs. the Navy.

まあ、それはさておき。

Well, that's aside.

この番組では、「青年将校が占拠している国会議事堂を、戦艦からの遠方射撃(射程40km)で直接攻撃する」という計画があり、すでに東京湾に戦艦長門が東京湾に配備されていた、という話を聞いて ―― 正直、青さめました。

In this program, I heard that there was a plan to "directly attack the Diet building occupied by young officers with distant fire (40km range) from a battleship", and that the battleship Nagato had already been deployed in Tokyo Bay -- to be honest, I was pale.

この話、レーザを使った、ピンポイントのミサイル攻撃ができる時代の話ではりません。

This is not the era of pinpoint missile attacks using lasers.

―― 千代田区、全滅

"Chiyoda Ward, annihilation"

と、私も思いました。

I thought so too.

-----

それより、私が一番驚いたのは、反乱軍(に、自動的に組込まれてしまった)当時の陸軍兵 ―― 御歳103歳のインタビューの対応でした。

What surprised me the most was the interview with a 103 year old army soldier who was automatically included in the rebel army.

うそだろ? この理路整然としたしゃべり方、当時の詳細な記憶の証言、どう見たって103歳の御老人のものではない。

No way, right? The way he speaks so clearly, the details of his memories of that time, they don't seem to belong to a 103-year-old man.

「65歳」といっても、十分に通じる若々しさでした。

He looked youthful enough to pass for "65 years old".

―― 旧日本軍か? 陸軍か? それとも軍隊か? 軍隊に所属すれば、アンチエイジングの効果を得られるのか?

Is it "Old Japanese Army" ? Would I get the anti-aging benefits if I joined the military?

『自衛隊のシニア隊員募集』というものはないのか、と思ってしまった私でした。

I wondered if there was such a thing as "recruiting senior members of the Self-Defense Forces.


2021-03-08 ―― 体温を測って見せるのは、自分の為ではなくて、回りの人間の安心の為 [長年日記]

最近、朝方、寒さで目が覚めます。

Lately, I wake up in the morning with a cold feeling.

この理由は分かっていて、運動不足による筋力量の減少です。

We know the reason for this. It is the loss of muscle mass due to lack of exercise.

ただ今の時期、「寒い」などと言えば、家族がざわめき出すのは当然で、体温計を押しつけられました。

But at this time of year, if I say something like "it's cold," it's natural for my family to start buzzing, and they push thermometers at me.

私は、確信をもって『風邪とかインフルエンザとか、もう一つの怖い何かではないから』と思っているのですが、

I'm pretty sure it's not 'the common cold or the flu or another scary something, however,

―― 体温を測って見せるのは、自分の為ではなくて、回りの人間の安心の為

"Taking my temperature is not for my own sake, but for the peace of mind of those around me"

であることを知っていますので、素直に従いました。

I knew this, so I obeyed what my family told me.

-----

体温、計測しました。2回。

I've taken my temperature twice.

熱がないことは証明されました。

It proved that my body temperature was not high enough.

なにしろ、一回目の計測が34.2度、二回目は33.9度でしたから。

The first measurement was 34.2 degrees and the second was 33.9 degrees.

------

確認されたのは、体温計の故障でした。

The thermometer malfunction has been confirmed.

本日中に、体温計を換えて、再計測です。

I'll change the thermometer and take another measurement later today.


2021-03-09 という風に、江端家は、ITプラットフォームに関しては、世間の縮図となっています。 [長年日記]

次女:iPhoneを中心としたiOS派

Junior daughter:iPhone and other iOS users

長女:ChromoBookを自費で購入するAndroid派

Senior daughter:Android user who bought ChromoBook at her own expense

嫁さん:娘たちと完全同一機種を購入して、設定を丸投げする派

Wife:who buys the exact same model as her daughters and throws in the whole setup.

江端:職務上、プラットフォームに好みを言える立場にないオールラウンダー

Ebata:All-rounder who is not in a position to express a preference for the platform due to his duties.

-----

という風に、江端家は、ITプラットフォームに関しては、世間の縮図となっています。

Thus, when it comes to IT platforms, the Ebata family has become a microcosm of the world.


2021-03-10 『自分が安心したい為だけに、被災地の人に迷惑をかけるな』 [長年日記]

私、これまで新型コロナ感染の「苦痛」について、コラムの中で散々述べてきたのですが、所詮は「伝聞」に過ぎません。

I have been talking a lot about the "pain" of the new corona infection in my column, but it is just "hearsay".

そういう訳で、「苦痛」について是非ご覧頂きたいのは、このYouTubeです

That's why I'd like you to check out this YouTube video about the "pain".

"This is what happened when I got infected! ~From the experience of the new corona infection to the aftereffects, I will "explain" it - (March 2, 2021)"

-----

私、(普通の)風邪で寝込んでいる時ですら、簡単に「死にたい」と思うほど、苦痛に対して弱い人間です

I am a person who is so vulnerable to pain that even when I'm in bed with a (normal) cold, I easily feel like I want to die.

これ見ていたら、「私は、COVID-19闘病中に、10回くらいは自殺を試みてみるんじゃないか」と思えるほどでした。

Watching this made me think, "I'm probably going to try to kill myself at least 10 times during my COVID-19 struggle.

-----

ちなみに、この報道局の方がおっしゃっている「感染入院中の人間に、電話やメール、LINEをしてこないで欲しい」というのは、本当によく分かります。

By the way, I really understand what this news station staff is saying, "I don't want people to call, email, or call me on line when I'm in the hospital with an infected patient.

そういう意味で、被災地の被災直後の、『お見舞い電話』などというという、バカげた慣習も叩き潰したいです。

In this sense, I would like to crush the ridiculous practice of "sympathy calls" immediately after the disaster in the affected areas.

江端家では、家族の誰かが、地震や災害の直後に電話しようとすると ―― 私が止めます。

In the Ebata family, if a family member tries to call a relative or friend right after an earthquake or disaster -- I stop them.

『震災地の貴重な通信リソース(救難通信が最優先)を"お見舞い"ごときで消費するな』

"Don't consume precious communication resources in the disaster area just for "sympathy". Their first priority is rescue communications"

『自分が安心したい為だけに、被災地の人に迷惑をかけるな』

"Don't bother the people in the disaster area just to make yourself feel safe.

と、言い聞かせています。

That's what I tell my family.


2021-03-11 私、自分の家族だけ(他人は見捨てて)で、真っ先に脱出を図ろうとしたことを思い出しています。 [長年日記]

3.11から10年目の今日、黙祷の時間に、1分遅れてしまいました。

Today, the tenth anniversary of 3.11, I was one minute late for the silent prayer.

(アラームというのは、味気ない気がしたのです)町内放送を当てにしていたのです、終了時しかアナウンスが聞こえませんでし。

I relied on the town announcement (because I thought an alarm would be tasteless), but I only heard the announcement at the end of the prayer

10年前の、14:46の地震発生時、本当に怖かった。

Ten years ago, when the earthquake hit at 14:46, I was really scared.

横浜にいた私ですら、オフィスの中で死ぬのではないか、と思えたくらいでした。

Even I, who was in Yokohama, felt like I was going to die in my office.

そして、私たちが屋外に避難した頃 ―― 、地震発生から31分後。

And when we evacuated outdoors - 31 minutes after the earthquake,

私たちがワイワイガヤガヤと会話していた、まさにその時に、2万人近い人々を殺害する津波が到達していたことに ―― 今でも、「後ろめたい気持ち」が拭えません。

At the very moment when we were having a lively conversation, the tsunami had reached the area killing nearly 20,000 people. Even now, I can't shake the feeling of guilt.

あの日の夜、私は会社の倉庫でラジオを聞きながら、夜が明けるのを待っていたのですが ―― その時でさえ、ラジオから流れてくるニュースは、『行方不明者、数十人』でした。

That night, I was in the warehouse of my office, listening to the radio and waiting for the night to end. Even then, the news coming over the radio was 'dozens of people missing'.

ニュースは憶測のデータを流してはなりませんので、仕方がないことだとは思いますし ―― 誤った情報で、無関係の人々を集団殺害したという、関東大震災の教訓を思い出さえば、これが正しいことは分かっているのですが。

The news should not be filled with speculative data, so I think it is inevitable and we have to remember the lessons of the Great Kanto Earthquake, where misinformation led to the mass murder of innocent people. So we know this is correct, however,

―― 全体像が把握できない災害というのは、本当に怖い

"It's really scary to have a disaster where we can't grasp the whole picture"

と実感したものです。

I realized that.

But of course, the biggest fear in my life is the "reactor containment explosion".

I remember that I, my own family alone (abandoning others), was the first to try to escape.

ただ、これに関しては、今でも一片も「後ろめたい気持ち」はありません。

However, I still don't have a shred of "guilt" about this.

これからも、私は、自分が完全に安全なところに逃げた「後」に、他の人の救出活動を開始する予定です。

I will continue to start rescue operations for others, "after" I have escaped to complete safety.

-----

それにしても、本日のNHKの震災特集の放送は、一日中、凄かった。

By the way, today's NHK special broadcast on the earthquake was amazing all day long.

久々に「NHKの本気を見た」と思いました。

It's been a while since I've seen "NHK's Seriousness".


2021-03-12 ちなみに、私は「NHKスペシャル 原発メルトダウン 危機の88時間」の方を、お勧めしたいです。 [長年日記]

本日、地上波で放送されている、映画「Fukushima 50」の冒頭15分だけ見て、仕事(コーディング)に戻りました。

Today, I watched the first 15 minutes of the movie "Fukushima 50" on terrestrial TV, and went back to work (coding).

ビデオ録画してあるので、後でゆっくり見ようと思います。

I've recorded a video and will watch it later.

By the way, I would like to recommend "NHK Special: 88 Hours of Nuclear Meltdown Crisis.

「内容の正確さ」では勝っていると思います。

I think it wins about "accuracy of content".

-----

そんなこともあって、当時(10年前)の自分のブログを、ぼんやりと読んでいました。

As it happened, I was vaguely reading my own blog from back then (10 years ago).

Ultraman is not coming.

Is it really "unexpected"?

Suspicious of SPEEDI

Level 7

Different layer

再度読み返してみて『修正を必要とする点なし』と結論付けました。

I reread them and concluded that 'no corrections are needed'.

-----

そういえば、こんなのも書いていました。

By the way, I also wrote this.

What if the result of watching the movie "Fukushima 50" is the same as "13 Days"?

ちなみに、上記のブログの中で紹介している、

By the way, in the above blog, I'm referring to

"Countdown Meltdown"

本当にお勧めです。ぜひ御一読を ―― 多分、映画より「怖い」です。

is really good. Please read it -- it's probably more "scary" than the movie.

-----

ちなみに、

Incidentally,

If you'd like to get a complete picture of the accident, this is also a good report to start -- it's more "readable" than you might think.


2021-03-13 異世界モノのストーリーで、異世界転生前の職業で突出しているのが「プログラマ」です。 [長年日記]

異世界モノのストーリーで、異世界転生前の職業で突出しているのが「プログラマ」です。

In stories about "another world", one of the most prominent occupations before being reincarnated into another world a "programmer".

大抵の場合、この名詞の前には「ブラック企業の」が付きます。

Most of the time, this noun is preceded by "black company's".

「プログラマ」が「ブラック企業」となるのは、理由があります。

There's a reason why "programmers" are linked to "black companies.

(1)プログラマの人口が圧倒的に少ないこと

(1) The population of programmers is overwhelmingly small.

(2)プログラマでない人間の多くが、プログラムの発注元(クライアント)であること

(2) Many people who are not programmers are the clients who order the programs.

(3)そのクライアントが、プログラムというものを本質的に(絶望的に)理解していないこと

(3) That the client essentially (hopelessly) doesn't understand what a program is.

この3つの要件が揃うからです。

This is because these three requirements are aligned.

-----

加えて、最近のプログラム言語は、「簡単」を謳いながら、どんどん「複雑」になっています。

In addition, recently, programming languages are becoming more and more "complex" while claiming to be "simple".

これは間違いありません。

There is no doubt about this.

プログラムの設計者は、既存プログラミング言語の不満を、新しい言語を作ることで「鬱憤(うっぷん)」を晴らしているように思えます。

It seems to me that program designers are relieving their frustration with existing programming languages by creating new ones.

それは、それで結構なのですが、プログラムのユーザ(開発者)にとっては、迷惑この上もありません。

That's fine, but it's annoying as hell for the users (developers) of the program.

-----

もちろん、本当に「簡単なプログラミング言語」を目指しているものもあります。

Of course, there are some that really aim to be "simple programming languages".

しかし、こちらは「簡単」になっている代わりに、実現できる機能も「簡単」になってしまい、加えてパフォーマンス(処理速度やリソースの利用率)も劣化することが多いようです。

However, instead of being "simple", the functions that can be achieved are also "simple", and in addition, the performance (processing speed and resource utilization) often deteriorates.

とは言え、私は、新しいプログラミング言語に文句が言いたい訳ではないのです。

However, I don't want to complain about a new programming language.

-----

I have been quite critical of the MEXT's programming education, but recently I have come to understand that there is another way to think about it.

以前、ちょっとお話しました

I told you a little bit about it before.

"STEM Education"

が、我が国の「格差を決定的に広げる」か、あるいは、逆に「格差問題を根本的に解決する」になるかもかもしれない、ということが分かってきたからです。

seems to be able to either "critically widen the gap" in our country or, conversely, "fundamentally solve the problem of inequality.

(続く)

(To be continued)


2021-03-14 コンピュータ教育には、「投資価値がある」と。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

実は、文部科学省のプログラミング教育とは別に、

Actually, apart from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology's programming education, tThis is the fact of

―― 富裕層の中でも、特に先見の明のある保護者によって、密かに(という訳でもないだろうが)、プライベートなプログラミング教育が始められている

"Private programming education has been secretly (or not so secretly) initiated by some particularly farsighted parents among the wealthy.

という事実です。

まず、現在は、地域の小学校などを起点とした小さなコミュニティとして、プラットフォームは ―― ここ大変重要ですが、

First of all, as a small community, starting with local elementary schools, they are currently using

"Windowsとか、Scratchという話ではなく、「Raspberry Pi(ラズパイ)とロボット」を教材として使っている"

"Raspberry Pi and robots" as teaching materials, rather than Windows or Scratch as platforms.

という点です。

私が、衝撃を受けたのはこの「ロボット」です(凄く簡易な、いわゆる「模型キットのロボット」ですが)

What shocked me was this "robot" (a very simple so-called "model kit robot").

従来のコンピュータ教育は、PCの中で「閉じた」ものでした。

Traditional computer education has been "closed" to the PC.

しかし、プライベートなプログラミング教育では、「ロボット」を使うことで、PCと現実世界とのリンクを教えている、という点にあります。

However, the point is that private programming education teaches the link between the PC and the real world by using "robots".

-----

ロボットは、プログラムを使って正しい指示を与えなければ、1mmも動き出すことはありません。

The robot will not start moving even a millimeter unless they give it the right instructions using a program.

ロボットに、「自分で考えて動け」と怒鳴ったところで、無駄なのです。

It is useless to yell at a robot to think and move on its own.

そして、ロボットが動かない場合、その原因は、100%そのプログラムの製作者が悪い ――

And "if the robot doesn't work, the cause is 100% the fault of the creator of the program"

この「STEM教育」の本質は、プログラミングだけでなく、「責任分岐点」の考え方をクリアにする、という点にあると思います。

I believe that the essence of this "STEM education" is not only programming, but also clearing up the idea of the "junction point of responsibility".

で、この「責任分岐点」の考え方は、(多分)マネージメントには不可欠な要素の一つなのだろう、と考えています。

And I'm thinking that this idea of "responsibility juncture" is (probably) one of the essential elements of management.

実際、現在の巨大ITプラットフォーであるGAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)の創立者は、全員、プログラマー出身者です。

In fact, the founders of GAFA (Google, Apple, Facebook, Amazon), the current giant IT platform, all came from a programmer background.

そして、「富裕層の中でも、特に先見の明のある保護者」は、気がついてきているのです ――

And the "wealthy, especially the farsighted parents" are starting to take notice.

コンピュータ教育には、「投資価値がある」と。

Computer education is "a worthwhile investment.

(続く)

(To be continued)


2021-03-15 そもそも、我が国には、「コンピュータ教育を施す教育者」という発想がありません ―― もっとも、これは仕方がないとも言えます。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

実際、コンピュータ教育は、想定されるリターンに対して、投資コストが安いです。

In fact, the investigate cost of computer education is cheaper than the estimated benefit.

インフラ(ハードウェア)のみに着目すれば、PCなんて3万円くらいですし、ラズパイ+ロボットでも1万円程度です。

About the only cost of infrastructure (Hardware), PC is about \30k and Raspberry pi and Modeled robot is about \10k.

ソフトウェア(開発環境)は、高品質で無料なものが、ネット上にゴロゴロ転がっています。

There are a lot of free and high-quality software(e.g. developing tools) on the net.

そして、会社という「箱」も不要です。100%リモートワーク可能です。

In addition, we don't need a box, called "company". 100% remote work is possible.

問題があるとすれば 「人材」と「人件費」ですね。

The remaining problems are "human-resources" and "personal-costs".

そもそも、我が国には、「コンピュータ教育を施す教育者」という発想がありません ―― もっとも、これは仕方がないとも言えます。

To begin with, we Japanese has no idea for develop teachers for computer education. I am afraid that it cannot be helped.

冒頭に記載した、

At the front of this thread I wrote

■異世界モノのストーリーで、異世界転生前の職業で突出しているのが「プログラマ」です。

- In stories about "another world", one of the most prominent occupation before being reincarnated into another world a programmer"

■大抵の場合、この名詞の前には「ブラック企業の」が付きます。

- Most of the time, the noun is proceeded by "black company's".

から分かるように、こんな業界に、子どもを入れたいという保護者がいるわけがありません、でした。

From the view point of the gradians, they don't used to send their children to the nightmare field.

しかし、今、本当に僅かで、ゆっくりではありますが、コンピュータ教育のパラダイムシフトが起きつつあります。

However, this speed is very timid an slow, the paradigm shift of computer education comes to change.

-----

そして、この「プライベートなSTEM教育」は、

And this "private STEM education" will make us

(1)富裕層との「格差を決定的に広げる」

(1)expand the disparity between the wealthy and others

か、あるいは、逆に

or conversely,

(2)低コストな投資によって「格差問題を根本的に解決する」

(2)resolve the problem of disparity by low-cost investments

か、どっちに転ぶのか、分からない状況です。

Now nobody would know which way we are going.


2021-03-16 ―― "3DCG"を、サイドエフェクトではなくて、メインコンテンツとした作品 [長年日記]

TVアニメ「ホリミヤ」は、次女が絶賛のアニメです。

The TV anime "Horimiya" is an anime that my second daughter is raving about.

I like not only the animation but also the 3DCG (Three Dimensional Computer Graphics) of the ending.

-----

3D技術については、Unidyとか、WebGLとか、私もそこそこその技術については知っていますし使ってもいますが、

As for 3D technology, I know and use Unidy, WebGL, and other technologies.

―― "3DCG"を、サイドエフェクトではなくて、メインコンテンツとした作品

As "a work that uses 3DCG as the main content, not as a side effect"

として、「いいなー」と思っています。

I think it's good.

-----

私は、高校の文化祭や、大学の学祭で、この程度の楽曲と映像のメディアミックスの作品が、普通に展示される日を待っています。

I'm waiting for the day when this kind of media mix of music and video will be displayed at high school festivals and university festivals.

―― というか、そのくらい、やってくれよ、若人。

"Why not do that, younth!"

私は、現在の学生演劇が、30年も前と全く変らないワークフレームで演じられていることに、ショックを受けています。

I am shocked to find that student theater today is performed with a work frame that is exactly the same as it was 30 years ago.

今や、メディアミックスなんか、当たり前に取り入れていると思っていましたが、学生演劇が、驚くほど保守的(後進的)なことに驚いています。

I was surprised at how conservative (backward) the student theater scene is, although I thought media mixes were commonplace nowadays.


2021-03-17 私の35日間分の写真枚数(約200枚)を、次女は、1時間弱で軽く越えました。 [長年日記]

今日は、長女の卒業式ですが、保護者は会場に入れませんでしたので、近くの公園で写真撮影をしました。

Today is my senior daughter's graduation ceremony, but parents were not allowed in the hall, so we took pictures at a nearby park.

次女が、袴で装った長女とその家族を写した枚数は、現時点で確認されているだけで、251枚です。

The junior daughter took 251 photos of the senior daughter dressed in hakama and her family dressed as of now.

-----

私が、30年前に、20日間、中国大陸を放浪した時の写真は、フイルム6巻、合計 96枚

When I wandered around mainland China for 20 days 30 years ago, I took 6 rolls of film with a total of 96 photos.

15日間、ネパールとインドを移動していた時の枚数も、ほぼ同数でした。

The number of picture during the 15 days I was traveling between Nepal and India was almost the same.

私の35日間分の写真枚数(約200枚)を、次女は、1時間弱で軽く越えました。

In less than an hour, my junior daughter took more photos than I did in 35 days (about 200).

-----

空港のセキュリティチェックでX線によってフィルムが感光するのを防ぐために、これらのフィルムは鉛入りの袋に入れて運びました。

In order to prevent the film from being sensitized by x-ray rays at airport security checks, these films were packed in leaded bags and transported.

当時の中国では、写真撮影をする場所(軍事施設の近くとか)にも、随分気を使ったものです(今も、かもしれませんが)

In China at that time, I was very careful about where I took photos (near military facilities, etc.) (although this may still be the case).

-----

今では、膨大な写真の中から、手元に残す「ベストショット」を選ぶ作業が大変そうです(特に、嫁さんが)

Nowadays, it seems to be a difficult task to choose the "best shot" to keep in hand from the huge number of photos (especially for my wife).


2021-03-18 正直、「レーベンスボルン(生命の泉)」も「産めよ、殖やせよ」も、私はゴメンです。 [長年日記]

I watched the BS World Documentary "Hitler's Children".

一言で言えば、「特定人種(アーリア民族)の子ども量産計画」です。

In a word, it is a "plan to mass-produce children of a specific race (Aryan race).

かの独裁者の理念『第三帝国の千年王国』に基づく(特定民族の絶滅計画と同時に実施された)計画の一つです。

This is one of the plans (implemented at the same time as the plan for the extermination of certain ethnic groups) based on the dictator's idea of the "Thousand Year Kingdom of the Third Reich.

-----

かなり前に、このようなイラストを描きましたが、その番組では、本当にこのイラストそっくりの映像が出てきて、軽い嘔吐感を覚えました。

A long time ago, I drew an illustration like this one, and in that program, I really saw an image that looked exactly like this illustration, which made me feel mildly nauseous.

もちろん、1940年の当時は、「試験管ベイビー」も「クローン」の技術もありませんでした。

Of course, back in 1940, there were no "test tube babies" or "cloning" technology.

ですので、、生身の男女を生殖させる場所「レーベンスボルン(生命の泉)」をドイツ国内、そしてフランスに設けて、子どもを「生産」していました。

Therefore, "Ravensborn" (fountain of life) were established in Germany and France to "produce" children, where reproduction took place between living men and women.

-----

日本でも、戦前・戦中の出産数は多いです。

In Japan, the number of births before and during the war is also high.

衛生、社会インフラ、医療技術で死亡リスクが高く、また、「富国強兵」の観点から、出産が「産めよ、殖やせよ」と国策的に奨励されていたことが要因です。

This was due to the high risk of mortality in terms of sanitation, social infrastructure, and medical technology, as well as the fact that childbirth was encouraged by national policy to "give birth and reproduce" from the perspective of a "wealthy nation with a strong military.

『平均5児以上をもうける』("平均"というところが凄い)

"Have an average of five or more children" (the "average" part is amazing)

という、現在では「夢物語か?」というようなことが政策として組込まれ、そして、律儀な日本国民は、これを達成していました。

"Is this a pipe dream?" of today, was incorporated as a policy, and the Japanese people, who were disciplined, had accomplished this.

そして、当時の政府は、多子家庭に対しての優遇策を、無子家庭や独身者には冷遇策を課していました。

And the government at that time imposed preferential treatment for families with many children, and cold treatment for families with no children and single people.

-----

正直、「レーベンスボルン(生命の泉)」も「産めよ、殖やせよ」も、私はゴメンです。

To be honest, I like neither "Ravensborn" (the fountain of life) nor "Give birth, breed.

「国家権力の圧力で、子どもを量産する社会」なんぞを目にするくらいなら ――

I don't want to see a society that mass-produces children under the pressure of state power.

「個人の自由意志で、少子高齢化で朽ちていく国家」に立合い続ける方が、私はいいです。

I would rather continue to watch the nation decay with declining birthrates and aging population at the free will of individuals.


2021-03-19 でも、それって『かっこ悪い』よね? [長年日記]

コールバックを作ることは、そんなに難しくないんですよ。同じ言語でしたらね。

It's not that difficult to create a callback. As long as it's in the same language.

でもね、GOとC++の間で共通するトリガーイベントを作る方法が ―― 今日、一日、世界中を探し回ったんですけど ―― 見つけられないんですよ。

But you know, I can't find a way to make trigger events common between GO and C++ -- I've been looking all over the world today -- and I can't find it.

ならば、UDPとかTCPとかで待ち受けすれば良い、と。うん、まあ、それは分かるのですけどね。実際にライブラリも作っちゃったし。

So, why don't I just use UDP or TCP to listen in? Yeah, well, I understand that. I've actually made a library for it.

でもね、稼動オブジェクト1万個を同時に接続するUDPなんぞをやったら、一瞬でソケットリソースが使い尽されてしまうでしょう。実際、先月、これでプログラムを落したし。

But I know, if I do a UDP connection with 10,000 active objects at the same time, I'll run out of socket resources in an instant. In fact, I had a program go down last month because of this.

で、一番いいのが、GOのチャネルを使う方法なんですけど、これを、C++に連携させる方法が ―― ない。

So, the best way to do this is to use the GO channel, but there is no way to link this to C++.

GOのライブラリをリンクしたC++のライブラリをリンクした、GOプログラムを動かせればいいんだけど、昨日の試作では、ことごとく失敗した訳です。

It would be nice to be able to run a GO program with a C++ library linked to the GO library, but yesterday's prototype failed at every step.

もちろん、ポーリングすればいいだけのことですよ。サンプリング1秒でも、大した負荷にはならないでしょう。

Of course, I will use "polling" methods. One second of sampling won't be much of a load.

でも、それって『かっこ悪い』よね?

But that's not 'cool', is it?

プログラムのコールをどう実装しようが、私以外の人は知り得ないことですよ ―― でも、『この私』が納得していないんです。

No one but me can know how to implement the calls in the program -- but 'I' am not convinced.

ここ重要です。

This is important.

-----

という訳で、昨日は、朝から深夜に至るまで、この機能を実現する為に、頭を抱え続けて、そして失敗しました。

So yesterday, from morning till late at night, I kept trying to figure out how to make this work, and I failed.

今日は、仕上げなければならない論文ドラフトがあるので、この問題を考えることは一旦中止します。

I have a draft paper I need to finish today, so I will stop thinking about this issue for now.

悔しいので、メモだけ残しておいて、後日の復讐戦に備えます。

It's frustrating, so I'll just leave a note and prepare for the revenge battle later.


2021-03-20 年内の、国民の全員(希望者のみ)第1回のワクチン接種は可能かもしれませんが ―― [長年日記]

It's been a year since I received that shocking email from my "Dr. Shibata of the Run-Over".

あのメールを読んだのが、日帰り一人スキーのスキー場のロッジで、ランチを食べている時でした。

I was eating lunch at the lodge of a ski resort for a one-day solo skiing trip when I read that e-mail.

夢中で読み続けて、スプーンからおかずを落としたことに気がつかないくらいでした。

I was so engrossed in reading that I didn't even notice that I dropped a side dish from my spoon.

私にとっては、あのメールが、「新型コロナ」と関わるターニングポイントとなりました。

For me, that e-mail was the turning point in my involvement with the "new Corona".

-----

なんか、日々のニュースに追い立てられる感じで、全体像がぼやけてきている気がしますので、新型コロナに関する大きな動きを、月単位で纏めてみました。

I feel like I'm being overwhelmed by the daily news, and the whole picture is getting blurry. So, here is a monthly summary of the major developments related to the new Corona.

2019/12 中国武漢で原因不明の肺炎患者の発生

2019/12 Outbreak of pneumonia patients with unknown cause in Wuhan, China

2020/01

2020/01

2020/02 ダイヤモンド・プリンセス号事件、小中高休校要請

2020/02 Diamond Princess incident, request to close elementary, junior high and high schools

2020/03 WHOパンデミック宣言、マスク騒動

2020/03 WHO Pandemic Declaration, Mask Riots

2020/04 緊急事態宣言発令

2020/04 Emergency Declaration Order

2020/05 緊急事態宣言延長→解除

2020/05 Emergency declaration extended→released

2020/06 移動自粛要請解除、新規感染者100人越え(国内(×東京都))

2020/06 Request for voluntary restraint on movement lifted, over 100 newly infected (Japan (not only Tokyo))

2020/07 「Go Toトラベル」キャンペーン開始、新規感染者1000人越え(国内(×東京都))

2020/07 "Go To Travel" campaign started, more than 1,000 newly infected people (domestic (not only Tokyo))

2020/08

2020/08

2020/09

2020/09

2020/10 「Go Toトラベル」東京を追加

2020/10 "Go To Travel" Tokyo added.

2020/11 "Go To"札幌・大阪停止、東京都、飲食店時短要請再開

2020/11 "Go To" Sapporo and Osaka suspended; Tokyo Metropolitan Government resumes request for shorter hours at restaurants.

2020/12 医療体制が逼迫、ファイザーワクチン申請、変異株国内発見

2020/12 Healthcare system strained, Pfizer vaccine application filed, mutant strain found in Japan

2021/01 緊急事態宣言再発令、「Go Toトラベル」全面停止

2021/01 Recurrence of emergency declaration, complete suspension of "Go To Travel".

2021/02 緊急事態宣言延長、ワクチン接種開始

2021/02 Emergency declaration extended, vaccination started

2021/03 緊急事態宣言解除

2021/03 Emergency declaration lifted

-----

こうやって俯瞰してみると、2020年の1月と、8~9月に、大きな動きがなかったことが分かります。

Looking at it this way, we can see that there was no significant movement in January and August-September of 2020.

そして、1月の"油断"のツケを4~5月に、8~9月の"甘い見積り"のツケを11~12月に支払っていることが明白です。

And it is clear that the "carelessness" of January is being paid for in April and May, and the "loose estimates" of August and September are being paid for in November and December.

しかし、政府の対応は、システム屋の私から見れば、概ね妥当です。

However, the government's response is generally reasonable from my point of view as a system engineer.

スイッチのON/OFFを行いながら、系(システム)の全滅を防ぐのは、自宅のクーラー、産業用ロボット、交通管制システムに至るまで、制御システムの基本です。

Preventing the annihilation of a system while switching it on and off is the basis of control systems, from home air conditioners to industrial robots to traffic control systems.

そして、国家というのは国民というシステム要素からなる巨大システムです。

And a nation is a huge system made up of system elements called "citizens".

-----

2月17日から本日までのワクチン接種者(1回目)の最大は人数は、7万人/日です。

The maximum number of people vaccinated (1st dose) from Feb. 17 to today is 70,000/day.

これを、"3倍"程度まで増やせる(1日20万人)として、1億2600万人の一回目接種が完了するのに必要な日数は、630日、21ヶ月、1年9ヶ月必要です。

Assuming that this number can be increased to "triple" (200,000 people per day), the number of days required to complete the first round of vaccination for 126 million people would be 630 days, 21 months, or 1 year and 9 months.

ちなみに、政府は"6倍"と見積っているようです。『高齢者約3600万人の接種を、2カ月と3週間の完了』ということから、3600÷83日= = 43.3万人となるからです。

Incidentally, the government seems to be estimating a six-fold increase. This is because "the vaccination of 36 million elderly people will be completed in 2 months and 3 weeks", which means 3600/83 days = 433,000 people.

米国では200万人/日になっているようですので、もっとペースは上がるかもしれません。

In the U.S., it seems to be 2 million people/day, so the pace may be even higher.

----

年内の、国民の全員(希望者のみ)第1回のワクチン接種は可能かもしれませんが ――

It may be possible to vaccinate the entire population (only those who wish to be vaccinated) with the first vaccine before the end of the year, but--

オリンピックに間に合わないことだけは確実です。

The only thing we can be sure of is that we won't make it to the Tokyo Olympics.

-----

今回の緊急事態宣言の解除"OFF"のリバウンドが、いつ、どこに、やってくるのか。

When and where will the rebound from the "off" of the emergency declaration come?

こればかりは、誰にも分かりません。

No one can know this much.


2021-03-21 『腹掻き切って、国民に詫びて見せろ』―― てな、時代錯誤的なバカげたことを書いてみてもよかったかな、とか、今なら思っています。 [長年日記]

(昨日の続きです)

(Continuation from yesterday)

そうだ、この機会に、「私の心を"折り"に来た方々」も纏めておきたい ―― 私が、忘れないように。

Well, I would like to take this opportunity to summarize the people who came to "break" my heart -- before I forget.

■東京高検の 黒川弘務 検事長 → 外出自粛や「3密」回避の要請に反して賭博(マージャン)行為

Tokyo High Public Prosecutor's Office Chief Prosecutor Hiromu Kurokawa → Gambled against requests to refrain from going out and avoid "three secrets".

■菅義偉首相 → 4人以上の会食制限要請をしつつ、8人での会食を実施

Prime Minister Yoshihide Suga → While requesting to limit the number of diners to four or more, he held a dinner with eight people.

■自民党の二階俊博幹事長 → 同上

Toshihiro Nikai, Secretary General of the LDP → Same as above

■橋本聖子五輪担当相 → 6人での会食を実施

Minister of State for the Olympic Games Seiko Hashimoto → Dinner with six people

■自民党の石破茂元幹事長 → 大人数で「ふぐ会食」を実施

Shigeru Ishiba, former secretary general of the Liberal Democratic Party (LDP), holds a fugu dinner for a large group of people.

■山崎拓元自民党副総裁 → 同上

Takumoto Yamazaki, Vice President of the LDP → Same as above

■公明党の 遠山清彦 衆院議員 → 緊急事態宣言下2021年1月22日、深夜まで東京・銀座のクラブに滞在

Kiyohiko Toyama, a member of the House of Representatives from the New Komeito Party, stayed at a club in Ginza, Tokyo until midnight on January 22, 2021, under a declared state of emergency.

■自民党の 松本純 元国家公安委員長 → 深夜に銀座のクラブを訪ねていた

Jun Matsumoto, former National Public Safety Commissioner of the Liberal Democratic Party, visited a club in Ginza late at night.

■自民党の 大塚高司 衆院議院運営委員会理事 → 深夜に銀座のクラブを訪ねていた

Director of the House of Representatives Steering Committee, Takashi Otsuka of the Liberal Democratic Party → He was visiting a club in Ginza late at night.

■自民党の 田野瀬太道 文部科学副大臣 → 深夜に銀座のクラブを訪ねていた

Vice Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology Taido Tanose of the Liberal Democratic Party (LDP) → visited a club in Ginza late at night.

ちょっと調べてみたら、まだまだ出てきました。

I did a little research and found a lot more.

■飯泉嘉門 徳島県知事 → 県議ら46人で会食

Kamon Iizumi, Governor of Tokushima Prefecture → Dinner with 46 members of the prefectural assembly

■埼玉県議会の自民党議員団 → 埼玉県議会の自民党県議団約30人が、12月18日の夜、さいたま市内のホテルで打ち上げ

The LDP members of the Saitama Prefectural Assembly → About 30 members of the LDP members of the Saitama Prefectural Assembly were launched at a hotel in Saitama City on the night of December 18.

■愛知県西尾市の自民党会派「市民クラブ」に所属する市議14人 → 12月18日に市議の経営する旅館で12月議会の打ち上げと称し、女性コンパニオン3人を呼んで大々的に宴会をしていました。

Fourteen city councilors belonging to the "Citizen's Club," a faction of the LDP in Nishio City, Aichi Prefecture → On December 18, they invited three female companions to a large banquet at an inn run by the city councilor, calling it the launch of the December assembly.

・・・もう面倒になったのでやめますが、つまるところ、この人たちも『"一人だけ欠席"するのが怖くてたまらない』という『ヘタレ』なんですよ。

I'm going to stop now because it's getting tedious, but the bottom line is that these people are also "badasses" who are afraid of being the only one absent.

もう少し丁寧に説明すると、

Let me explain it a little more carefully.

『頭の悪いな陽キャが、"コロナなんか大丈夫だよ、俺たち若いのは関係ないべ"、と騒いで、在学中のクラスの有志の集まりを企画して、そこに、"一人だけコロナを理由に欠席"することでヘタレ扱いされるのが怖くて、出席してしまう真のヘタレ』

"If you're the only one who's absent because of Corona, you're afraid of being treated like a slacker, so you attend.

という感じですかね ――

like this one.

-----

私、冒頭の「東京高検の 黒川弘務 検事長」が、世間からの批判がどうあれ、自責と自罰の念から、自殺をしてしまうのではないかと、かなり心配していました。

I was quite worried that the chief prosecutor of the Tokyo High Public Prosecutors Office, Hiromu Kurokawa, would commit suicide out of remorse and self-punishment, regardless of the criticism from the public.

東京高検といえば、国家権力の闇を暴く正義の組織であり、検事長は、東京地検を含む、地方検察庁及び区検察庁の職員を指揮監督する、正義の組織のトップです。

The Tokyo High Public Prosecutors Office is an organization of justice that exposes the darkness of state power, and the chief prosecutor is the head of the organization of justice, directing and supervising the staff of the District Public Prosecutors Office and the District Public Prosecutors Office.

やはり、私の世代で思い出すのは「ロッキード事件」です。

After all, what my generation remembers is the Lockheed case.

東京高検(が管轄する東京地検特捜部)は、私達のヒーローでした。

The Tokyo District Public Prosecutors Office Special Investigation Department, under the jurisdiction of the Tokyo High Public Prosecutors Office, was our hero.

この職位の人が、「コロナ渦での賭けマージャン」をすることは―― 顔の見えない国民や、法律の規定うんぬんはどうあれ、組織や自分の部下に対して、顔向けができない恥辱の行為のはずです(よね?)。

For a person in this position to play "betting mah-jongg in the Corona vortex" should be a disgrace to the faceless public, to the organization and to one's own subordinates, regardless of what the law says (right?). It's a shame that you can't face the organization or your subordinates.

そして、これまで多くの日本人が、このような「恥」に対して、自決(自殺)という方法で、自分の組織や家族への謝罪を試みるということをやってきました。

And many Japanese have tried to apologize to their organizations and families for such "shame" by committing suicide.

ですから、私は、本当に心配していました。

So I was really worried about it.

故に、この件については一切触れませんでしたが ―― どうやら、杞憂だったようです。

That's why I didn't mention any of this -- apparently, my fears were unfounded.

安心しました。

I was relieved.

-----

『腹掻き切って、国民に詫びて見せろ』―― てな、時代錯誤的なバカげたことを書いてみてもよかったかな、とか、今なら思っています。

Now I wonder if it would have been better to write something anachronistic like, "Cut your belly open and show your apologies to the people.


2021-03-22 『PVに関しては、お気になさらないでください。特にシバタ先生のコンテンツを掲載することは、PVよりも、社会的意義の方が大きいと考えております』 [長年日記]

本日は、コラムがリリースされた日なので、日記はお休みです。

Today, new my column is released, so I take a day off.

Let's turn the world by "Number"(66) : Extra edition

The 7 True Stories the Doctor Wants to Tell You Before You Get the Corona Vaccine

と、

and

Let's turn the world by "Number"(67) : Extra edition

Appendix: The 9 supplementary points that the doctor wants to tell you more about

-----

今回は、2本立てになっています。

This time, it is in two pieces.

シバタ先生との原稿の交換をしている最中に ―― それは、もう、雪山の山頂から転がり落ちる雪ダルマのように ―― 膨大に膨れ上がる原稿を、呆然と眺めていました。

While I was exchanging manuscripts with Dr. Shibata, I was looking at the vastly expanding manuscript in a daze, like a snowball rolling down from the top of a snow mountain.

『これは収拾がつかないな』と思ったので、付録分は、私のWebサイトに回して、本文からリンクを張ろう」 ―― という予定だったのですが、

I thought, "This is getting out of hand," so I was going to put the appendix on my website and link to it from the text.

―― いえ、全て、EE Times Japanにて、掲載させて頂きます

"Don't worry. everything will be published in EE Times Japan!"

と、担当のMさん(*)が、ここ一番の侠気(おとこぎ)を見せて下さいました。

Ms. M, who is in charge of the project, showed us her chivalry at the very last moment.

Mさんからのメールを読んで、私は両手の拳を口のところに持って行って、『ステキ!』と叫んでしまうところでした。

When I read Ms. M's e-mail, I brought both fists to my mouth and almost shouted, "Generous!"

(*)ちなみにMさんは、女性です。

-----

今回の「シバタレポート(後半)」、医学専門書や論文を除けば、現時点において「我が国でもっとも詳しい新型コロナウイルスに関するコラム」と言い切っても良いと思います。

I think it is fair to say that this "Shibata Report (latter half)" is "the most detailed column on the new coronavirus in Japan" at present, excluding medical technical books and papers.

『でも、Mさん。これほどの膨大で高度な内容となると、PV(ページビュー)は期待できないかもしれませんよ』

"But, Ms. M. you may not be able to expect PV (page views) with such a huge and advanced content"

と、心配する私に対して、Mさんは言われました。

In response to my concern, Ms. M said

『PVに関しては、お気になさらないでください。特にシバタ先生のコンテンツを掲載することは、PVよりも、社会的意義の方が大きいと考えております』

"Please don't worry about the PV. We believe that the social significance of publishing Dr. Shibata's content is greater than the PV"

-----

貧弱なコンテンツを、キャッチーな題目を使ってPVを稼ごうとする、ヘタレサイトの編集者たち!

Editors of lousy sites trying to use catchy titles to generate PV with poor content!

刮目せよ!

Watch out!

この高い志(こころざし)を有する、MさんとEE Times Japan編集部の心意気に、平伏するがいい!!

The spirit of Ms. M and the EE Times Japan editorial staff, who have such high aspirations, should make you bow down!

-----

実際のところ、私は「恵まれている」のだろうと思います。

In fact, I guess I am "blessed".

最前線のリアルタイム情報を分かりやすい内容で提供して頂けるコントリビュータと、社会的責任を自負する編集社との間で、ゲートウェイをさせて貰える立ち位置にいることを ――

Being in a position where I can act as a gateway between contributors who can provide front-line, real-time information with easy-to-understand content, and editors who take pride in their social responsibility.

かなり本気で、心から、感謝しています。

For that, I am truly grateful from the bottom of my heart.

-----

あ、それと、意外な観点からレビューをしてくれる、「素晴しい"無礼な後輩"」にも感謝しています。

Oh, I also thank to my wonderful "rude junior colleague" who reviews my columns from unexpected perspectives.

以前、謝辞を忘れて、叱られたことを、今、思い出しました。

I just remembered that I was scolded for forgetting to give an acknowledgement before.


2021-03-23 1995年の地上波の「ヤシマ作戦」と「MAGIシステム乗っ取り」で止まっていた私の中で、今、何かが動き始めました。 [長年日記]

我が家の長女が、今頃になって「エヴァンゲリオン」にロックオンされました。

Our senior daughter is now locked onto "Evangelion".

彼女は、現在、上映中の映画から始まったようです。

She seems to have started with a movie that is currently being shown.

『最終回からアニメにはまる父親の血脈』という訳でもないのでしょうが ―― こういう入り方も良いものです。

It may not be "Her father's bloodline that got me into anime after the last episode", but it's good to get into it this way.

-----

これまでも述べてきたように、私は、「エヴァンゲリオン」にハマることのできなかった一人です。

As I have mentioned, I am one of those people who could never get into "Evangelion".

ハマれない人と、ハマれない人のどちらが不幸か、と言われれば、言うまでもなく後者です。

If you ask me who is more unhappy, those who can't get into it or those who can't get into it, it goes without saying that it is the latter.

ですから、これからは、家族の中に「解説者」ができることで、私も興味を持てるようになるかもしれないなー、などと、と思っていたところ ――

So I was thinking that from now on, I might be able to have a "commentator" in the family, so that I can be interested in it, and so on.

驚愕の記事を見つけました。

I found the article astonishing.

======

今回は、絶賛公開中の「シンエヴァンゲリオン劇場版」で、ユーミンの唄うこの映画の挿入歌「VOYAGER~日付のない墓標」が使用されたことで突如、注目を浴びた1984(昭和59)年公開のSF映画「さよならジュピター」をご紹介します。

This time, I'd like to introduce you to the science fiction movie "Sayonara Jupiter," released in 1984 (Showa 59), which suddenly drew attention when the movie's insert song "VOYAGER - Tombstone without a Date" sung by Eumin was used in "Shin Evangelion the Movie," which is currently being released to rave reviews.

=====

なん・・だと・・

What the...?

「VOYAGER~日付のない墓標」だと。

You said "VOYAGER - Tombstone Without a Date" didn't you?

"Novel Goodbye Jupiter", the best science fiction about an engineer in the 22nd century

その原作を台無しにしてしまった「映画 さよならジュピター」

The movie "Goodbye Jupiter" ruined the original story.

そして、その映画の中で誕生した、「名曲 VOYAGER~日付のない墓標」が「シンエヴァンゲリオン劇場版」で使われいる・・だと。

The song "VOYAGER - Tombstone without a Date" was created in the movie and is used in Shin Evangelion the Movie.

-----

「さよならジュピター」に関わるものであれば、それがなんであれ、全て私のフィールドです。

Anything related to "Goodbye Jupiter" is my field.

1995年の地上波の「ヤシマ作戦」と「MAGIシステム乗っ取り」で止まっていた私の中で、今、何かが動き始めました。

Something has now started to move in me, which had stopped with the 1995 terrestrial "Operation Yakima" and the "MAGI system takeover".


2021-03-24 私のブログは、テロリスト、またはテロリスト予備軍に真っ先に検索されている訳ですよ ―― 釈然としませんが。 [長年日記]

私のkobore.netサイトでお世話になっているプロバイダの管理用インターフェースがリニューアルしたようです。

It seems that the administration interface of the provider of my kobore.net site has been renewed.

そこで、kobore.netサイトのアクセス状況を見てみたのですが、ビックリしました。

So I took a look at the access status of the kobore.net site, and was surprised.

先ずは、アクセス先です。

The first step is to access the site.

kobore.netのトップページからアクセスしているのは、全体の4%程度でした。ということは、日々のアクセスカウントは、実質アクセスカウンターの25倍程度見ておかなればならないようです。

Only about 4% of the total number of accesses were from the top page of kobore.net. This means that the daily access count should be about 25 times higher than the actual access counter.

The 34% of direct access to the blog was expected, but what surprised me was that "5%" of the access was to the English version of the blog.

「英語版なんか、誰も読んでいないだろう」と、これまで惰性で続けていたのですが、これは結構無視できない数値でした。

I've been updating the English version of the site out of sheer inertia, thinking that no one would be reading it, but this was a number that I couldn't ignore.

-----

では、どこからのアクセスがあるのか、を調べてみると、

So, let's see where they're coming from.

分かる範囲で言えば、上から、日本、ドイツ、欧州(というカテゴリ)、チェコ、ウクライナ、ロシア、そして米国ですね。

As far as I can tell, from the top, it's Japan, Germany, Europe (a category), Czech Republic, Ukraine, Russia, and the United States.

アクセス場所の不明が全体の67%もあるので、アテにできる順位ではありませんが、まあ、なんというか ―― 80年前の枢軸国(イタリアがいないけど) ―― に思いを馳せていました。

This is not a reliable ranking, as 67% of the total number of access locations are unknown, however, what can I say -- I was thinking about the Axis Powers (without Italy, though) 80 years ago.

たしかに、私にとっても、これまで一緒に働いて、一番相性のよかった外国人は、ドイツの人でした。

Indeed, for me, the most compatible foreigner I have ever worked with has been a German.

-----

まあ、ここまではいいですよ。

Well, so far, so good.

納得できないのが、「どのようなキーワードで、kobore.netに達したか」です。

What I don't agree with is "What keywords did you use to reach kobore.net?

「爆弾の作り方」って、何?

What do you mean, "how to make a bomb"?

"Well, I know ... It's this page."

私のブログは、テロリスト、またはテロリスト予備軍に真っ先に検索されている訳ですよ ―― 釈然としませんが。

My blog is one of the first to be searched for by terrorists or potential terrorists -- I don't get it.

まあ、実際、「有害サイト指定」受けていたこともあります。

Well, actually, there was a time when it was designated as a "harmful site".

多分、題目だけで判断されて、内容は読まれていないのだろう、と思っています。

I believe that people are probably only judging the title and not reading the content.


2021-03-25 ―― あの子なら、何をしても帰ってくるよ [長年日記]

小学生だったか、中学校だったか忘れましたが、誤って新幹線に乗り込んで東京まで運ばれてしまったことがあります。

I don't remember if I was in elementary school or junior high school, but I once accidentally boarded a bullet train and was transported to Tokyo.

その時、一緒に行動していた友人が、私の親に一連の事象を連絡してくれました。

A friend who was with me at the time called my parents to inform them of the sequence of events.

その電話を受けた母は、友人にこう言ったそうです。

When my mother received the phone call, she said to my friend, "I'm sorry.

―― あの子なら、何をしても帰ってくるよ

"He'll come back, no matter what"

-----

これを、「全幅の信頼」と呼ぶのか「完全な放任」と呼ぶのか ―― 分かりませんが、

I don't know whether to call this "total trust" or "total abandonment.

「愛がなかった」とは、思っていないんですよね、この私でも。

I don't believe that there was no love, even for me.


2021-03-26 成功することだけが「成果」ではない ―― 私は、それを良く知っています。 [長年日記]

東京オリンピックの聖火リレーが始まりました。

The torch relay for the Tokyo Olympics has begun.

コロナ禍下におけるオリンピック開催決定を「太平洋戦争に突入した過去の日本政府と同じ」と言う人もいます。

Some people say that the decision to hold the Olympics in the midst of the Corona disaster is the same as the Japanese government's decision in the past to enter the Pacific War.

However, with regard to the Pacific War, there is a strong aspect of public opinion that "led to the war.

ですので、このロジックには、違和感があります。

Therefore, I feel uncomfortable with this logic.

-----

「アスリート達のこれまでの努力を考えると、オリンピックは開催すべきだ」

"Considering all the hard work these athletes have put in, the Olympics should be held."

という意見もありますが、私は、この考え方に、個人的に共感できません。

However, I personally do not share this view.

もし、私の娘が、オリンピックに出場する選手であれば、IOCの委員に直訴するくらいのことはしたかもしれません(拉致、監禁、恐喝くらいもするかもしれません)

If my daughter is an Olympic athlete, I might go so far as to appeal directly to the IOC commissioners (or even kidnap, imprison, or blackmail her).

しかし、私は、オリンピックに出場するような選手に知り合いがいません。

However, I do not know any athletes who would compete in the Olympics.

そして、私は、赤の他人の立場に同情できるほど、できた人間ではありません。

And I'm not the kind of person who is capable of sympathizing with a stranger's situation.

私にとっては、来期の仕事の内容や、次女の学費や、ローンの返済や、人間ドックの結果の方が、はるかに深刻な問題です。

For me, the details of my job for the next term, my second daughter's tuition, the repayment of my loan, and the results of my physical examination are much more serious issues.

それに、生まれついての運動音痴でもありますので、スポーツ一般に興味がありません ―― 特定のスポーツについては、(理不尽な理由で)嫌悪しているくらいです。

I am so uncoordinated naturally, so I'm not interested in sports in general -- I even have an aversion (for irrational reasons) to certain sports.

-----

結論から言うと、私は、この状況(コロナ禍)で開催されるオリンピックを「見てみたい」という、その一点のみで、オリンピック開催を支持しています。

In conclusion, I support the holding of the Olympic Games for one reason only: I would like to "see" the Olympics held in this situation (corona disaster).

今回のオリンピックの開催は、想像を絶する難しさだと思います。

I think it is unimaginably difficult to organize this Olympics.

アスリートの方々には感情移入できない私でも、開催運営を行う事務局の人達には、心からの同情と支援と声援を贈れます。

Even though I can't empathize with the athletes, I can offer my heartfelt sympathy, support, and cheers to the people in charge of organizing the event.

そして、このオリンピックは、その成否に関係なく『東京モデル』という、新しいオリンピックのモデルになると思っています。

And regardless of its success or failure, I believe that this Olympics will become a new Olympic model, the "Tokyo Model".

私は、オリンピックが、日本の国体よりショボい・・・もとい、小規模に行われても、無観客でも、参加国が1ケタであっても、全く問題ないと考えています。

I don't think it's a problem if the Olympics are smaller than Japan's national games, or if they are held on a smaller scale, or if there are no spectators, or if the number of participating countries is in the single digits.

将来の話をすれば、リアルタイムネットワークを使った、競技の各国での分散開催にして、個人またはチームでの対抗が必要な競技は、今回は中止してもよい、というくらいまで思っています。

In the future, I would like to see the competitions held in different countries using a real-time network, so that competitions that require individual or team competition can be cancelled.

古代オリンピックまで遡って「競走1種目」とまでは言いませんが、ぶっちゃけ、そこまで腹を括っていいんじゃないかな、と。

I'm not saying that we should go back to the ancient Olympics and make it "one event," but frankly, I think we should be prepared to go that far.

まあ、各種の商業的な利権が絡むイベントであるので、そんな簡単に語ることはできない、とは分かってはいるのですが。

Well, I know it's not that easy to talk about this event since there are various commercial interests involved.

-----

そもそも、私、今回と同様な世界パンデミックは、これからも度々発生する、と思っています。

In the first place, I believe that global pandemics similar to this Corona will occur again and again in the future.

Now that I've studied the mutant virus, I have a feeling that 'that's exactly what's going to happen every four years or so.

ならば、今回の『東京モデル』は、これからのオリンピックやその他の大型イベントに対する、大きなユースケースになるはずです ―― その成否に関係なく。

If so, then the "Tokyo Model" should be a great use case for the Olympics and other major events in the future -- regardless of their success or failure.

今回のオリンピックの強行で、1日1万人の感染者が発生して、医療崩壊どころか、医療現場の逃散が発生し、死ななくても良い人が、ゴロゴロ死ぬかもしれません。

If the Olympics are forced to go ahead, 10,000 people a day will be infected, which will not only cause a collapse of medical care, but also an exodus from the medical field, and many people who do not need to die may die.

その中には私や私の家族も入っているかもしれません。

Some of them may be me and my family.

その結果、この日記の内容を読み直して、死ぬほど後悔するかもしれません。

As a result, I may regret re-reading the contents of this diary.

ですが ―― そうでないかもしれない。

But -- or maybe not.

結局のところ、やってみないと分からないのです。

After all, we can't know until we try.

-----

ならば、私は、今の私の気持ち「見てみたい」を優先します。

Then I'll prioritize my current feeling of "I want to see it".

Success is not the only "achievement" -- I know that very well.


2021-03-27 実のところ、私は、真に「ハートフル」な人間なのです。 [長年日記]

私の衣服に対する「絶望的な無関心」について、嫁さんは、結婚して2年後には諦めていたようです。

As for my "abject indifference" to clothing, my wife seemed to have given up on that after two years of marriage.

嫁さんは、私を、「オタク」&「秋葉原」で語られる男たちと、同じカテゴリーとして見ているのかもしれませんが、実はこれも正しくありません。

My wife may see me as being in the same category as the men talked about in "Otaku" & "Akihabara", but this is actually not correct either.

彼らは、彼らなりの、こだわりがあって、あのような(どのような?)装いをしているのだと思います ―― 多分。

I think they have their own particular way of dressing like that. They are wearing such (what?) clothing because they are particular about it -- maybe.

しかし、私は、私なりの、衣服に対するこだわりがあります。

However, I have my own particular way of thinking about clothes.

それは、「意匠(デザイン)」ではなく、「機能(ファンクション)」です。

It is not "design" but "function.

具体的には、(1)コスト、(2)耐久性、(3)着心地、(4)流用性です。

Specifically, (1) cost, (2) durability, (3) comfort, and (4) reusability.

安い、長期間着られる、簡単にほつれたり破れたりしない、外見を良くする為に身体を締めつけたり、不快な感触がない、身体の稼動範囲に制限が加わったりしない、どのような服と合わせても違和感がない ―― 等々、です。

Cheap, Wearable for a long time, not easily frayed or torn, not constrict the body, not feel uncomfortable, keep to range of motion of the body, not uncomfortable when trying to fit any kind of clothing.

-----

私は、衣服をAmazonで購入することが多く、特にジーンズについては、100%、Amazon(というか、中国に)発注しています。

I buy a lot of my clothes from Amazon.com, especially jeans, which I order 100% from Amazon.com (it means "from China").

ただし、着荷後に、そのジーンズを自分で「裾上げ」しなければなりません。

However, I have to "hem" the jeans myself after it arrive.

私には、手縫いの技術がありませんし、ミシンの操作方法も知りません(そもそも、我が家にはミシンがない)。

I don't have any hand-sewing skills, nor do I know how to operate a sewing machine (we don't have one in the first place).

ですので、もっぱら「裾上げテープ」に頼っているのですが、これも時間の経過とともに、剥れてきてしまいます。まあ1年は持ちません。

So, I have been relying on "hemming tape", but this also peels off as time goes by. It doesn't last more than a year.

-----

そもそも、裾が崩れてきているのに気がつくのは、ジーンズを着た時です。

To begin with, it is when I put on your jeans that I notice that the hem is falling apart.

私は、外出5分前に服を着るので、裾の崩れに気がついた時には、もう手遅れになります。

I get dressed five minutes before I go out, so by the time I notice the hem crumbling, it's too late.

しかし、着ていく服を考え直すことは、私にとっては「面倒」というか正直「苦痛」です。

However, rethinking what to wear is a "hassle" or honestly a "pain" for me.

-----

そこで、お勧めするのが「木工用ボンド」です。

Therefore, I recommend "wood glue".

(As I have already mentioned several times, I am also trying to restore dishes with wood glue.)

裾の落ちたところに、木工用ボンドを塗りたくって、さらに、ホッチキスで仮固定します。

I apply wood glue to the fallen hem, and temporarily fix it with staples.

そして、そのまま外出します ―― 外出後、1時間もすれば、固着しますので、ホッチキスの針を手で取り除けば足ります。

Then I go out -- an hour after I leave the house, it will stick and it's enough to remove the staple needle by hand.

例えば、駅のベンチでホッチキスを取り外します。

For example, I remove a stapler from a station bench.

ボンドは、ジーンズの内側に塗布するので、外観の問題はありません。

The bond is applied to the inside of the jeans, so there are no appearance issues.

(外側に塗布しなければならない場合は、その上から、服と同色の油性マジックで塗れば、そこそこ目立ちません)

(If I have to apply it on the outside, I can paint over it with an oil-based magic marker of the same color as your clothes. It is so-so)

-----

I've already reported on my use of wood glue.

最近は、

Recently I am trying it for

■ポケットの穴の空いたジャケット

- Jacket with holes in the pockets

■背中の破れたウインドブレーカー

- Windbreaker with torn back

など、次々と修復をしています。

-----

家族は、このような私の行為を「貧乏くさい」と言いますが、これは2つの意味で語弊があります。

My family calls this kind of behavior of mine "poor-looking" which is a misnomer in two ways.

第1に、我が家は、常に金銭に余裕がありません。「貧乏くさい」のではなく「貧乏」です。

First of all, our family has always been tight on money. So This is not "poor-looking" but "poor"

第2に、物品の一部(裾やら穴やら)が欠損したくらいで、その物品を簡単に廃棄することを、どのように考えるか、です。

Secondly, how do I consider it easy to dispose of an item just because a part of it (hem, hole, etc.) is missing?

―― そこに愛はあるんか?

I wonder if there is any love in your mind"

と、思うのです。

-----

私は、秋葉原のジャンク屋で拾ってきた物品で、自宅セキュリティシステムを作り上げるエンジニアです。

I am an engineer who builds home security systems with parts I pick up at junk shops in Akihabara.

私には、まだ十分に使える機能を有する物品が、その目的を果せないでいることが、納得できないのです。

I am not convinced that parts that is still functional enough to be used them not fulfilling their purpose.

実のところ、私は、真に「ハートフル」な人間なのです。

As a matter of fact, I am a truly "heartfelt" person.

「人間嫌い」ではありますが。

I'm a misanthrope, though.


2021-03-28 という訳で、「未来の子供の為に」という言葉を乱用する奴 ―― 例えば、カルト宗教の教祖、国会の質問をする野党議員、町内会のジジイなど ―― を見ていると、私は、非常に不愉快な気分になるんです。 [長年日記]

「尊皇攘夷」さえ成しとげていれば ―― 太平洋戦争も、バブル崩壊も、福島原発事故も、そしてコロナ禍も発生せず、年間GDP0.01%の成長を続けながらも、平和な国家を維持できたはずである

If only the "Emperor and Expulsion of the Barbarians" had been accomplished, Japan could have avoided the Pacific War, the bursting of the bubble economy, the Fukushima nuclear accident, and the corona disaster, and maintained a peaceful state with an annual GDP growth rate of 0.01%.

そのように結論付けた日本国政府は、夷狄を打ち払い、日本の「1000年鎖国」達成する為の、対戦型アンドロイド兵器を、今から170年前の江戸時代末期に送り込む計画の実施に着手した。

Having come to this conclusion, the Japanese government began to implement a plan to send anti-Android weapons to the end of the Edo period, 170 years ago, for the purpose of defeating foreign enemies ---- In order to achieve Japan's "1,000-year isolation.

―― という映画の構想を、私は聞いたことがありません。

I've never heard of this movie idea.

-----

私達は、歴史改竄を目的として「未来から現在に送られてくるアンドロイド」の映画を見ることはできても、「現在から過去に送り込むアンドロイド」は受け入れることができません。

We can watch movies about androids being sent from the future to the present for the purpose of falsifying history, but we cannot accept androids being sent from the present to the past.

私達の視点は、いつでも「現時点の自分の生きている世界」が基準です。

Our perspective is always based on the world we live in at the moment.

私たちは、「現在と異なっている自分達の世界」を考えることが「面倒くさい」からです。

We are "bothered" by the idea of our world being different from the present.

不幸な過去の上に成り立っている現在であっても ―― 私達は、過去を改竄してまで「現在と違う世界」を作り出したい気力がないのです。

Even though the present is built on an unhappy past -- we don't have the energy to falsify the past to create a "different world" from the present.

-----

例えば、太平洋戦争によって、300万人以上が死亡し、日本というシステムはほぼ壊滅しました。

For example, the Pacific War killed more than 3 million people in our country and almost destroyed the Japanese system.

しかし、太平洋戦争を回避したら、今の日本はどうなっていただろうか、という、小説もシミュレーションも映画も、私は目にしたことがありません。

However, I have not seen any novel, simulation, or movie that shows what Japan would have been like today if the Pacific War had been avoided.

つまるところ、そういうことをやったとしても、どうせ過去は変えられないのだから、無駄な試みということであり ―― やるだけ無駄なのです。

Even though the present is built on an unhappy past -- we don't have the energy to falsify the past to create a "different world" from the present.

-----

「未来の子供の為に」という言葉の下で、夷狄殲滅が論じられ、太平洋戦争が開戦され、不動産の異常な価値向上が作り出され、原子力エネルギーの研究開発が行われ、今は、外出自粛がされています。

For the sake of the children of the future, barbarian extermination was discussed, the Pacific War was started, the abnormal increase in the value of real estate was created, research and development of nuclear energy was carried out, and now people are refraining from going out.

でも、「未来の子供たち」はどう思うのでしょうね?

But what will the "children of the future" think?

過去の人間から見た「未来の子供たち」である私達は、「過去の大人達の決定」に対して『よくやってくれた!』と思っているでしょうか。それとも『いらんことしてくれやがって・・・』と思っているでしょうか。

Do we, the "children of the future" from the perspective of the people of the past, think that the decisions of the "adults of the past" were "well done! Do we, the "children of the future" from the perspective of the past, think, "Well done! Or do we think, "They did something we didn't want?

「未来の子供たち」である私たちは、ぶっちゃけ『どーでもいい』と思っています。

We, the "children of the future," honestly "don't give a damn.

私達には、過去を賞賛したり憎悪したりする暇はないんですよ。

We don't have time to admire or hate the past.

現在の日々を生きることに一生懸命で、そんなこと考えている時間も発想もないのです。

We are so busy living in the present that we don't have time or ideas to think about such things.

-----

という訳で、「未来の子供の為に」という言葉を乱用する奴 ―― 例えば、カルト宗教の教祖、国会の質問をする野党議員、町内会のジジイなど ―― を見ていると、私は、非常に不愉快な気分になるんです。

That's why I feel very uncomfortable when I see people who abuse the phrase "for the sake of future generations" -- for example, cult leaders, opposition party members who ask questions in the Diet, and old men in neighborhood associations.


2021-03-29 さぞかし、これまでの私は『"お上"の言うことを聞くだけの、愚劣蒙昧な民草』に見えたことでしょう。 [長年日記]

-----

厚生労働省は30日、職員23人が深夜まで会食していた問題で、会食を主催した老健局の老人保健課長を同日付で大臣官房付に異動させる人事を発表した。

The Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) announced on March 30 that the director of the Health and Welfare Bureau for the Elderly, who hosted the dinner, will be transferred to the Minister's Secretariat on the same day.

事実上の更迭となる。田村憲久厚労相も管理責任をとり大臣給与2カ月分を自主返納する

This is a de facto ouster. Health and Welfare Minister Norihisa Tamura will also take responsibility for the management and voluntarily return two months of his salary.

(ちなみに、本日の、日本の新規新型コロナ感染者は、2000人を突破)

(Incidentally, the number of new cases of new corona infection in Japan today exceeded 2,000.)

-----

―― もう、私、疲れました。

"I'm so, so tired"

つまり、「そういうことだ」と、ようやく分かりました。

In other words, I finally understood, "That's what it means.

我が国の司令部がルールを守らないのに、フィールドで戦う私達が、司令部に従う義務はないでしょう。

If our command center doesn't follow the rules, we who fight on the field are not obligated to follow the command center.

さぞかし、これまでの私は『"お上"の言うことを聞くだけの、愚劣蒙昧な民草』に見えたことでしょう。

I'm sure that I look like a foolish and ignorant people who only listen to what the "boss" tells them.

笑えよ。

Laugh at me.

-----

皆さんも、好きに振るまっていいと思いますよ。

I think you can all behave as you like.

今、関東は、桜も見ごろです。

The cherry blossoms are now at their best in the Kanto region.

夜桜は、さぞキレイでしょう。

The cherry blossoms might be beautiful at night.

『え? 厚生労働省の職員がやっているんだから、危険なんかあるわけないじゃないですか~』で、いいでしょう、

"What? There's no way there's any danger, since it's being done by an employee of the Ministry of Health, Labor and Welfare.

私は、自分の身を守る(感染から発病による苦痛と死の回避)以外の目的では、もう、何もしません。

I will no longer do anything for any other purpose than to protect myself (avoid pain and death from infection to illness).

-----

まあ、厚生労働省が、以下を対応してくれたら、少しはモチベーションを回復できるかもしれませんが。

Well, if the Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) would respond to the following, I might be able to regain some motivation.

■当該、職員23人の全員の氏名の公開

- Disclosure of the names of all 23 staff members concerned.

■本件に関する、当該職員の所感(反省でも、反論でも、怒りでも、なんでもOK)のWebへの掲載

- Posting on the Web of the staff member's impressions of the case (reflections, objections, anger, whatever).

「更迭」も「減給」も必要ありません。興味もありませんし、ぶっちゃけどうでもいいです、そんなこと。

There is no need for "ouster" or "pay cut". I'm not interested, and frankly I don't care, about that.

氏名を公開して頂くだけで十分です。

It is enough that they disclose their names.

後日、インタビューに伺いたいのです。

I would like to come back later for an interview.


2021-03-30 ―― 豚のアデノウイルスに、命を助けて貰う [長年日記]

I know that the vaccine made by AstraZeneca uses chimpanzee cold virus.

しかし、豚由来の成分が、そのワクチンに使われていることは知りませんでした。

However, I did not know that pig-derived ingredients were used in that vaccine.

(これが事実かどうかは、ウラを取っていませんが、今回は、事実として話を進めます)

(I don't know if this is true or not, but I'm going to assume it is true)

-----

でも、イスラム教徒の方から見れば、大問題なんだろうと思います。

But from a Muslim point of view, I think it's a big problem.

In fact, there seems to be a "halal controversy" in Indonesia.

ここでいう「豚のアデノウイルス(がチンパンジー由来のアデノウイスルと同じであれば)」は、COVID-19のスパイクタンパク質の部分を運搬する、ただの「コンテナ装置」です。

The "pig adenovirus (if it is the same as the chimpanzee derived adenovirus)" here is just a "container" that carries the spike protein part of COVID-19.

「豚食」と同列に論じられるか、というと、科学的には否と言えると思います。

If you ask me whether it can be discussed in the same as "pig-eating," I think scientifically I can say no.

しかし ―― 科学と宗教を同列に論じることは、基本的に、人間の文化、歴史、なにより信仰の本質を損うものであり、暴論です。

However, to equate science with religion is basically a tirade that undermines human culture, history, and above all, the nature of faith.

-----

この機会に、イスラム教が「豚食」を禁じている理由について調べてみました。

I took this opportunity to look into the reasons why Islam forbids "pig-eating".

各種の論がありましたが、ロジカルに説明できているものは見つけられませんでした。

There are various arguments, but I couldn't find one that explained it logically.

つまるところ「コーランが豚食を禁じている」から、「豚食をしない」という話に帰着するようです。

To put it bluntly, it seems to come down to "the Koran forbids eating pork" and therefore "not eating pork".

まあ、トートロジーという感じもしなくはありませんが。

Well, I think that is tautology.

また、これは、イスラム教が、他宗教との差別化を出すための、戦略的観点もあるような気がします。

I also feel that this is a strategic point of view for Islam to differentiate itself from other religions.

(これは私の私見ではありますが)宗教というのは、「死後の脅迫システム」である点では、全て同じです。

(This is my own personal opinion, however) all religions are the same in that they are "after-death threat systems".

それ故、『豚食禁止』というのは、なかなか分かりやすい差別化ポイントとも言えます。

Therefore, the "no pork" policy is an easy differentiation point to understand.

「アストロゼネカ社のワクチンが、ハラルか否か」という論争はどうあれ、7世紀初頭から実に1400年程もの期間、『豚食禁止』を主張し続けてきた宗教が、

Regardless of the controversy over whether AstroZeneca's vaccine is halal or not, The religion that has been advocating the "ban on eating pork" for some 1,400 years, since the early 7th century,

―― 豚のアデノウイルスに、命を助けて貰う

"will get the pig adenovirus to save their life"

という構図は、なんとも決まりが悪いだろうなぁ、とは思います。

I'm sure it would be very unpleasant for them to see that picture.

-----

私は、この「ハラル論」争には1mmも興味はないのですが、私のワクチン接種の順番がきたら、アルトラゼネカ社でなく、ファイザー社のワクチンをお願いしたいです(勿論、私達には選択権はありません)。

I'm not interested in this "halal" debate even 1mm, but when it's my turn to be vaccinated, I'd like to request Pfizer's vaccine instead of Altrazeneca's (of course, we don't have a choice).

Just the thought of putting a computer-designed mRAN vaccine into your body is enough to make you swoon.

なにしろ、私、ITエンジニアですから。

After all, I'm an IT engineer.


2021-03-31 ―― いずれ、こうなる私を、あまり冷たく扱うな [長年日記]

父の最期の入院前の、自宅での食事の時の会話です。

This was a conversation we had at home during a meal before my father's last hospitalization.

-----

父:「智一、"ダイナミック"とはどういう意味かな?」

"Tomoichi, what do you mean 'dynamic'?"

私:「動いている、止っていない状態のことだよ」

"It's a moving, unstoppable state.

(2分後)

(2 minutes later)

父:「智一、"ダイナミック"とはどういう意味かな?」

"Tomoichi, what do you mean 'dynamic'?"

私:「力強い、行動的という、形容詞として使われることがあるよ」

"Sometimes it's used as an adjective, like powerful or dynamic.

(2分後)

(2 minutes later)

父:「智一、"ダイナミック"とはどういう意味かな?」

"Tomoichi, what do you mean 'dynamic'?"

私:「生き生きした、活力に満ちたという、人格を表現する言葉だよ」

"It's a word that describes a person's personality: lively, full of vitality"

『さて、私は、何通りの答え方ができるかな?』―― と、食事中に「自分との勝負」をしている感じでした。

"Well, how many different ways can I answer that?" I felt I was "playing a game with myself" while eating.

-----

なぜ、私がこのようなことを記載しているかというと、

The reason why I describe the above,

―― いずれ、私も、こうなる

"Sooner or later, this will happen to me"

ということを、娘たちに言っておきたい、ということと、

I want to tell my daughters what I am going to be.

―― いずれ、こうなる私を、あまり冷たく扱うな

"Don't be too cold to me in the future"

と、今のうちに言い残しておきたい、と思いまして。

I think that I want to leave them at that now.